カテゴリ:スポーツ全般( 1216 )

神戸製鋼6連勝、有原粘投、そして凱旋門賞

ラグビートップリーグ第6節、土曜日は2試合開催された。いずれも注目カードである。ヤマハは神戸製鋼と対戦した。4強と言われるチーム同士の対決、いずれのチームが勝利するのか注目である。
試合は神戸製鋼が先制し、ヤマハが追いかける展開であった。ヤマハとしては前半35分過ぎに2トライ(&ゴール)を奪われたことが痛かった。いずれも神戸製鋼のSHエリスの好判断によるものであった。
神戸製鋼はオールブラックス、ワラビーズで100キャップ以上の実績を持つ選手を擁しており、前述のエリスの他、FBアシュリークーパーの状況判断の的確さにはだいぶ助けられていると思う。
d0183174_09204378.jpg
後半にはいり、神戸製鋼がトライをあげリードを拡げたが、9分にヤマハが反撃のトライをあげ、攻撃を持続して神戸製鋼陣内へせまった。そして28分にトライを奪い19-28と9点差に迫ったが、結局追い上げもそこまでであった。
試合はロスタイムに神戸製鋼がダメ押しトライをあげ38-19で開幕6連勝をかざった。一方のヤマハは4勝2敗、4強対決はサントリー、神戸製鋼と連敗してしまった。立て直しが急務だと思われる。
プロ野球シーズン終了まで2回の登板予定があると思われる有原航平、昨日の西武戦に先発した。この試合とおそらく最終戦の楽天戦に先発が予定されている2試合で勝利投手となれば2桁勝利とあってかなり気合のはいった投球であった。
d0183174_09203567.jpeg
捕手も黒羽根とあって、いつもとは違い丁寧な投球、力感はないがその分コーナーをつくなどの繊細な投球を魅せてくれた。しかし守備陣が記録には反映されないミスをして3回、6回、7回に失点してしまった。
日本ハム打線は19残塁の後遺症からかチャンスでタイムリーがでないこともあったがそれでも4回、5回に得点して2-3で8回をむかえた。
この回一死から近藤が四球で出塁すると中田、レアードの連打で3-3の同点に追いついた。レアードのヒットをレフトがもたつく間に中田が好走塁で3塁まですすんだのがよかった。これで横尾は気楽になったかライトへ犠牲フライをあげ4-3と逆転し、最後は増井が抑えて有原に9勝目をプレゼントした。
8回の攻撃中、ベンチ前で投球練習をする有原を観て打線も奮起したのではないかとも思えるが、有原もこのような気迫を出していれば既に2桁勝利はあげていたのではないかとも思う。いずれにしろ贔屓チームが勝つことは気分がいい。
今日、フランスロンシャン競馬場で凱旋門賞が行われる。日本馬が勝てないレースのひとつであり、毎年挑戦して今一歩の成績である。今年はサトノダイヤモンドが挑戦する。同時にサトノノブレスも挑戦とあって同じ馬主の鵜案が2頭、なにやら連携してくれそうな気がする。
しかし前哨戦でイマイチだったサトノダイヤモンド、本番はどんな走りをしてくれるだろうか。

[PR]
by motokunnk | 2017-10-01 09:22 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

夢再び、ビッグアーサー復活にかける

一番人気以外で出走するのはデビュー戦以来のことである。ビッグアーサー、まともに走れば一番速いはずである。調教で悪かったのは本人のやる気の問題でいざ本番となれば走ってくれるだろう。
d0183174_21310930.jpg
期待をこめてビッグアーサーを本命とした。対抗はレッドファルクス、3番手はレッツゴードンキとした。
そしておさえはセイウンコウセイ、メラグラーナ、ダンスディレクター。明日の中山スプリント戦、どの馬が最初にゴールラインをまたぐのだろうか。

スプリンターSの予想
◎ ビッグアーサー
〇 レッドファルクス
▲ レッツゴードンキ
△ セイウンコウセイ、メラグラーナ、ダンスディレクター

[PR]
by motokunnk | 2017-09-30 21:32 | スポーツ全般 | Trackback(8) | Comments(0)

ラグビートップリーグ、日本ハムは残塁記録、サンウルブスHC

ラグビートップリーグ第6節が行われた。金曜日は個人的に注目する2試合は秩父宮競技場で行われた。まず第1試合、ホワイトカンファレンス3、4位につけるリコーとNECの一戦である。3勝2敗と1つ勝ち越してはいるものの、ベスト4にはいるにはもう一つも負けられない状況の両チーム、ここは正念場であった。
試合は一進一退の展開でどちらが先制するかわからない面白い内容、そんな中リコーが前半24分にPGで先制すると、NECにシンビン者がでてしまった。これで数的優位にたったリコーが33分に2015年W杯で活躍したLOブロードハーストがゴール前のラックから飛び込んで10-0とリードを拡げ折り返した。
後半にはいりPGで3点を取り返されたが失点はこの3点のみで後半はリコーのワンサイドゲームとなってしまった。29-3という大差、ボーナスポイントもゲットし4勝2敗と3位の座に踏みとどまった。
第2試合は東芝と豊田自動織機が対戦した。東芝は開幕戦でNECに勝利して以来4連敗、豊田自動織機も5連敗と連敗ストップをかかげたの一戦となった。
このところ接戦を落とし続けている東芝、7分にトライ(&ゴール)で7-0とリードした。初勝利を目指す豊田自動織機は20分にPG、30分にトライ(&ゴール)で10点をあげた。東芝は逆転され7-10となってしまった。しかし39分にリーチが爆走しチャンスをつかむと再逆転となるトライ(&ゴール)20あげ前半を14-10で折り返した。
ここ数試合、前半のリードを守れない試合が続いていたが、この試合も後半に豊田自動織機にトライ(&ゴール)をあげられ14-17とリードを奪われてしまった。ここから反撃する東芝であったが24フェーズかけた攻撃も豊田自動織機の粘りにあって得点することはできず試合は刻々とノーサイドの時間が近づいてきた。
d0183174_09185468.jpg
その中、後半38分相手ゴール前に進んだ東芝はスクラムでアドバンテージをもらい有利な立場となった。ここでSOがキックパス、インゴールに転がったボールをWTB豊島翔平が確保して押さえ、値千金の逆転トライを決めた。結局残り時間をしのぎ切った東芝は19-17で勝利し今季の2勝目をあげた。
辛勝であったが勝利は何よりの薬である。実力はあるチームなのでトップリーグの台風の目となる活躍を期待したい。
昨日の日本ハムの攻撃はチグハグであった。ルーキー堀が先発し、2回に失投で1発を浴びた以外は無失点におさえていたピッチングをサポートすることができなかった。
d0183174_09190409.jpeg
5回の満塁のチャンスをことごとくつぶしてしまう19残塁の拙攻であった。19残塁はプロ野球タイ記録だそうだ。今日はこんなことがない試合を望むばかりである。今季も残り6試合となると来季を見据えたチーム構想が憶測されつつある。そんな中、大野翔太の中日への移籍が掲載された。予想の範疇ではあるが海外FA権を取得した大野翔太、清水、市川そして大羽根と捕手が充実しつつある日本ハムでの出場機会も減少しているだけに意外と信ぴょう性が高い。中田翔もFA移籍の噂があり、大谷翔平のMLB挑戦と来季の日本ハムは若手中心のメンバーでの覇権奪回となるかもしれない。
サンウルブスのHCを日本代表のジョゼフHCが兼任することが発表された。2019年、W杯イヤーでの兼任は予想されていたが1年前倒しの兼任発表、日本代表強化につながるのかが注目である。
d0183174_09191391.jpg
ジョセフHCは、1季前倒ししたサンウルブズ指揮官への就任を「責任の重大さはよく理解している。大きなチャレンジを大変楽しみにしている」とコメントした。

[PR]
by motokunnk | 2017-09-30 09:21 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

ダルビッシュ3年ぶりの2桁、宮西10年連続50試合登板

ドジャーズのダルビッシュがホームゲームで圧巻の投球を魅せた。過去ドジャースタジアムで勝星がなかったことが信じられないくらいの投球であった。
初回に3点先制してもらったことが投球を楽にした感はあるが、この日のダルビッシュは全盛時を思わせる制球でパドレス打線を封じ込めた。7回2安打1失点9奪三振の好投であった。
d0183174_09135833.jpg
試合は9-3でドジャーズが勝利し、年間100勝の大台にのるとともにダルビッシュもドジャーズで4勝目、今季10勝目をあげた。プレイオフにむけ、ダルビッシュが調子をあげたきたようでドジャーズにとってはようやく心強い投手が実績に見合う投球ができるようになってきたようだ。
日本ハムの宮西が昨日のオリックス戦に4番手として8回に登板、1回を無失点におさえた。宮西にとっては10年連続しての50試合登板であった。パリーグでは初めての記録だそうでセリーグでも中日の岩瀬以外は成し遂げていない記録である。無事これ名馬という格言があるが、まさしく宮西にあてはまる言葉ではないだろうか。昨年は最優秀中継ぎ投手としてタイトルを獲得し日本一獲得に貢献した宮西、まだまだ日本ハムが必要とする戦力だと思う。
d0183174_09140829.jpeg
試合は6-2で勝利、石川の初勝利はならなかったがいい投球内容であった。打線では石井一成が自己初となる4安打を放った。8月末に一軍再昇格したときは、中島の怪我の代役と思っていたが、ショートとして先発するようになり、一軍復帰の際に語っていた打率2割以上も夢ではなさそうな気配である。
今日日本ハムの先発は斎藤佑樹が予定されている。多分最後の先発チャンスではないだろうか。今回結果を出さなければ来季は中継ぎ降格は当然、戦力外通告もありえる瀬戸際ではないだろうか。
そして将棋・棋聖戦予選に藤井四段が登場する。一次予選2回戦の相手は竹内雄悟四段である。対局は午前10時からでなんとネットで生中継される。要チェックである。

[PR]
by motokunnk | 2017-09-27 09:19 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

ヨネックスオープン、トップリーグ第5節終了、井口の引退試合

ダブルス3種目に日本人ペアが進出したバドミントンのヨネックスオープンが終了した。優勝したのは女子ダブルスのタカマツペアであったがその他の選手も実力は発揮してようだ。
タカマツペアは強かったの一言である。第1ゲーム14-17と3ポイントリードされながらここから連続ポイントをあげ韓国ペアを一気に逆転してしまった。第1ゲームを先取すると第2ゲームは序盤を除いて終始リードする展開で危なげなくマッチポイントをむかえ高橋のスマッシュが決まって勝利が確定した。
d0183174_09190966.jpg
3年ぶり2度目の優勝にタカマツペアの実力を感じた。リオ五輪のときより確実に進歩している!
混合ダブルスはペア結成わずか3戦目の保木・廣田ペアが決勝まで進出したが、決勝は完敗であった。3戦目ながらオーストラリアオープンで予選を突破、韓国オープンではベスト8入り、そして今回は準優勝と3戦すべてで結果をだしており、本来は本業のダブルス強化の一環であろうが混合ダブルスでその結果がでていることが面白い。
d0183174_09193005.jpg
今後ペア継続かどうかは定かではないが少なくともスーパーシリーズ第9戦のデンマークオープン、第10戦のフランスオープンでもエントリー予定だそうなので結果に注目したい。
ラグビートップリーグ第5節が終了した。日曜日は2試合が行われた。ヤマハが順当に勝利をおさめ、2敗同士の対決となった試合はNTTドコモが近鉄を振り切った。トップリーグも各チーム5試合を消化し上位チームと下位チームの実力差がみえるように思えてきた。
パナソニック、サントリーの強さが盤石のようである。それに続く神戸製鋼、ヤマハも強さは認めるが安定感が今一歩のようだ。トヨタ自動車、NTTコムはやはり上位チームに比べると何か足りないような気がする。
まだまだ5節が終わったばかりだがベスト4の顔ぶれは昨年と変わらないような気がしてきた。
ロッテ・井口の引退試合、日本ハムは高梨裕稔が先発した。加藤に一発は打たれてしまったが、ロッテ打線をランナーはだすが要所をしめる投球で7回まで投げ1失点の内容であった。
d0183174_09192157.jpeg
味方打線は7回に逆転し、8回にも追加点を奪って3-1としたが9回にドラマがあった。
無死1塁からなんと試合の主役でもある井口が同点2ランである。これで勢いにのったロッテが延長戦を制して井口の引退試合に花を添えた。高梨は勝利投手にはなれなかったが7回を1失点でおさえる投球は来季につながる投球であったと思う。

[PR]
by motokunnk | 2017-09-25 09:21 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

ダブルス3種目で決勝進出、有原我慢の投球で8勝目

ヨネックスオープン準決勝、女子シングルスの奥原希望は右膝の炎症で棄権してしまった。準々決勝の試合のときに右膝がテーピングされていたので心配ではあったがどうもそのときから痛みがあったようだ。
奥原希望は調子がよくなると怪我をしてしまうめぐり合わせのようだ。東京オリンピックが集大成であるならばそのときまでのスケジューリングをたてて怪我を治して頑張ってほしい。
準決勝に進んだその他の日本人選手、なんとダブルス3種目で決勝進出となった。びっくりしたのは男子ダブルスである。伏兵と思われていた井上拓斗・金子祐樹組がロシアペアを破っての決勝進出である。
d0183174_09414258.jpg
ロシアペアは準々決勝で園田啓悟、嘉村健士組を破っており、実力は一級品、実際第1ゲームはあっさりとロシアペアに奪われてしまった。しかし第2ゲームにはいりといきなり連続ポイントを奪ってリードを拡げると終盤ロシアペアに猛追されてしまったが21-18で奪って勝敗は第3ゲームの結果次第となった。
このゲームもリードを奪っての展開であったが終盤追いつかれて逆にリードを奪われてしまった。しかし17-17と再び追いついた井上・金子ペアは連続ポイントをあげて20-17とマッチポイントを握った。ロシアペアも反撃し19点まで追い上げたが最後は21-19で逃げ切り、決勝進出である。井上・金子ペアとしては初のスーパーシリーズ決勝進出である。
そしてもうひとつのビックリが混合ダブルスであった。保木・廣田ペアの決勝進出はビックリものである。ペア結成わずか3か月、ペアとしての練習も「20分程度3回くらいやった」急造ペアである。ただダブルスとしては廣田は世界選手権銀メダル、保木もスーパーシリーズでの優勝経験もあり、ジャパンオープンもそれぞれダブルスを主体に考えていたようだ。
d0183174_09415844.jpg
それが混合ダブルスでの決勝進出、日本人ペアとしては初の快挙だそうだ。決勝はのびのびとプレイしてほしいと思う。そして女子ダブルスはタカマツペアが順当に決勝にコマをすすめて2度目の優勝を目指す。今日の決勝、どんな試合をしてくれるかそれぞれ楽しみである。
ラグビートップリーグもインターバル明けの第5節、優勝を狙うチームがそろそろはっきりしだす時期である。サントリーとパナソニックは2強ともいえる試合を魅せてくれそれぞれボーナスポイントを獲得しての勝利をあげた。
今シーズンベスト4入りを目指すNTTコムにとっては負けられない試合が続くが、第5節は豊田自動織機がその相手であった。しかし試合はホームチームの豊田自動織機が終始リードしそれをNTTコムが追いかける展開で前半も終了直前にマフィのトライで追いつき12-12で後半をむかえた。
後半はPGでリードを奪うが、直後にシンビンをおかして14人となった苦しい戦いの中でまたまた逆転されてしまった。15-19とリードされたが慌てずに攻め続けたのが奏功し、15分に逆転のトライ(&ゴール)をあげるとPG、トライ(&ゴール)で一気に豊田自動織機を32-19と突き放して勝利を確実なものとした。
不運なシンビンをもらい14人で戦う時間帯もあったが最終的には32-24で勝利し最低限の勝点4をあげたことはよかったのではないだろうか。一方の豊田自動織機は開幕5連敗となり未だに白星のない苦しいシーズンとなってしまっている。
日本ハムは有原航平が自身の8勝目を目指してロッテ戦に先発した。しかし有原の出来は絶好調からは程遠いものであった。なんとか攻めのピッチングでロッテ打線をおさえようとするが2回そして3回に失点してしまい、0-3とリードされてしまった。
しかし4回以降は三者凡退のイニングをつくり味方打線の反撃を待った。打線は6回にロッテ先発の関谷をとらえた。石井が2塁打で出塁、一死2塁から松本がタイムリーで1点をとると中田にもタイムリーがでて1点差にせまり、レアードのゴロが1塁悪送球となり一気に3-3の同点に追いついた。
d0183174_09413282.jpeg
有原は7回、二死1、2塁のピンチもペーニャを打ち取り無失点に切り抜けると8回には大谷の一発がでて4-3とリードを奪った。8回はマーティン、そして9回は増井がそれぞれ三人でロッテ打線をおさえて4-3で勝利し有原に8勝目をプレゼントした。
歯車が2試合いい方向でかみあっており、今日の試合も期待ができる。今日のロッテ戦は井口資仁の引退試合でもあり、多分超満員のスタンドの中でのプレイとなりそうだ。満員のロッテファンの中、どんなプレイを魅せてくれるか、先¥先発予定は高梨裕稔である。

[PR]
by motokunnk | 2017-09-24 09:44 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

奥原、タカマツら4強、東芝は惜しい敗戦

バドミントン・ヨネックスオープンの準々決勝が行われた。地元開催とあって多数の日本人選手が出場したこの大会、ベスト4まで勝ち進んだ選手も多かった。
女子シングルスではリオ五輪金メダルのマリンに山口茜が挑戦したが、ゲームカウント0-2で敗れてしまった。一方奥原希望は2-0でツァン・ベイウェンを破り準決勝に進出した。
d0183174_09203937.jpg
この試合、いつもの奥原らしくない戦い方であったが、試合後のインタビューで体調不良だったことを話していた。準決勝の相手はマリンである。1日しか猶予はないが体調をベストに近い状態に回復させ試合に臨んでほしい。
タカマツペアは日本人対決となった準々決勝をファイナルゲームに持ち込まれながらも勝利し準決勝に進んだ。準決勝の相手は福島・廣田ペアである。リオ五輪金メダリストと世界選手権銀メダリストの対決、どちらのペアが強いのか注目である。
福万・與猶ペアも準決勝に進出しており、勝利すれば決勝で日本人ペア同士の戦いが観れることになる。女子ダブルスは日本人ペアが強い!
ラグビー・トップリーグが1週間のインターバル後再開した。昨日は開幕戦勝利後3連敗の東芝と目下4連勝中の神戸製鋼が対戦した。土砂降りの悪天候の中での試合にも関わらず5千人の観衆が集まった秩父宮競技場であった。
試合は東芝が先制した。8分にトライ、15分にPGを加算して8-0とした。雨中の中でもハンドリングエラーはそれほどなく、東芝としてはいいゲーム展開をしているようだ。
ただ神戸製鋼も実力があるだけにすぐ反撃され21、28分に連続してトライを奪われ8-10とリードを奪われてしまった。しかしこの日の東芝には執念に近いものが感じられ38分にSHからのパントをSOがダイレクトキャッチしてそのままゴール脇に走りこんでトライ、ゴールも決まって15-10で前半を終了した。
前節のトヨタ戦も前半のリードを守れずに敗退してしまっただけに後半の戦い方に注目していた。後半9分、相手パスをインターセプトしたPR浅原がそのまま走り切ってトライを追加して22-10としたときは一瞬、東芝の勝利が近づいたと思ってしまった。
しかし試合はそのままは終わらず神戸製鋼にトライを奪われ22-22の同点に追いつかれてしまった。その後東芝もPGで25-22と一旦はリードを奪ったが、後半27分にスローフォワードくさいパスで再々逆転のトライを奪われ万事休す、試合はノーサイド直前にもPGを決められ25-32で敗れてしまった。
d0183174_09204867.jpg
ただ勝とうという執念は後半もきれることなく80分間続いたと思われる。この執念があれば2勝目をあげる日も近いのではないかと思う。
参考URL → 奥原希望、4強・写真転載サイト
参考URL → 東芝は4連敗・写真転載サイト
参考URL → 注目のカード

[PR]
by motokunnk | 2017-09-23 09:22 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

大谷不調、奥原は完勝、サンウルブス日程

バドミントンヨネックスオープン2回戦、女子シングルスで注目のカードが行われた。8月の世界選手権(奥原優勝)、先週の韓国オープン(プサルラ・V・シンドゥ優勝)の決勝戦の再戦となった一戦である。
いずれもファイナルゲームまでもつれこんだ熱戦だっただけにこの試合も熱戦が予想された。第1ゲームは11-11から奥原が連続ポイントで15-11とリードした。しかしプルサラも挽回し15-16と奥原を逆転してリードを奪った。
しかし奥原、ここから一段ギアをあげ正確なショットを打ち込みこのゲームを21-18で先取した。
d0183174_09245450.jpg
体調面で不調だったプルサラは第2ゲームにはいると集中力がとぎれてしまった。奥原はリードを重ねていき、9-2と大量リード、しかし大量リードにも気を抜かずに21-8で第2ゲームも奪い完勝、ベスト8に進んだ。
その他でも日本勢の活躍は目立ち、タカマツペアを筆頭に準々決勝にコマをすすめた。日本人同士の試合もあり注目のカードも目白押し、どの選手、ペアが準決勝に進出するのか楽しみである。
ポスティングでのMLB移籍がほぼ確実といわれる日本ハム・大谷翔平が今季4度目の先発をした。MLB関係者が多数ネット裏で観戦する中、試合は開始された。前回の登板より球数制限が100球から110球と上限があげられたせいか、初回から全力投球ではない大谷がそこにはいた。
どうも本人もしっくり感がないようで、制球面でも抜け球が多かった。それでもランナーは背負うものの要所は抑えるピッチングであった。
d0183174_09244327.jpeg
打線は初回に先制すると3回には無死2、3塁から松本剛が15打席ぶりの安打をはなって3-0とリードを拡げると、横尾も9月にはいって4本目となる一発をはなち、5-0とほぼ試合を決定づけるリードを奪った。
大量リードにもかかわらず、大谷翔平はピリッとした投球はなく、6回終了時に降板したが三者凡退に打ち取ったイニングはなく今後に課題を残す試合となった。
次回登板は未定であるが、課題を克服した大谷翔平の完ぺきなピッチングをぜひ見たいものである。
スーパーラグビー2018の日程が発表された。昨シーズンまでは南アフリカ地区に所属していたサンウルブスだが、グループ再編が行われ今季からはオーストラリア地区で戦うこととなった。
その開幕戦、サンウルブスはオーストラリア地区で昨年優勝したブランビーズと秩父宮競技場で戦うこととなった。W杯まであと2年をきり、許可最終年となるシーズン、どんな戦いを魅せてくれるのかこちらも楽しみにしたい。
ただトップリーグ人気に陰りがあるという。国内リーグを盛り上げ、サンウルブスが活躍してこその日本代表強化である。10月末から行われる日本代表のテストマッチで快勝することがラグビー人気上昇の一助となるはずそのためにはまずトップリーグでの白熱した試合が第一だと思う。

[PR]
by motokunnk | 2017-09-22 09:26 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

ドルフィンズ白星発進、琢磨はリタイア、日本ハム吉田初勝利

NFL第2週が行われた(正確にはMNFは今から行われるが)。ハリケーンの影響で第1週の試合がなかったドルフィンズの開幕戦はチャージャーズとの一戦であった。
LAに本拠を移し、スタジアムのこけら落としとなったこの試合、ドルフィンズのQBは移籍してきたカトラーであった。そのカトラーは落ち着いてプレイをこなし、33回中23回のパス成功、330ヤードを獲得し1TDの成績、レーティングも101.8と開幕戦としては上出来であった。
第1QにFGで先制したドルフィンズであったが、第2QにFGとTDで逆転され3-10で前半終了。後半にはいり、同点のTDを決めたがすぐに勝越しTDを決められてしまった。ただドルフィンズも粘りFGで点差をつめると第4Qには2本のFGを決め19-17と試合をリードした。
特に再逆転のFGは残り1分、54ヤードのFGをパーキーが決めたものであった。チャージャーズも残り数秒で再逆転の44ヤードのFGチャンスをつかんだがボールは外れてしまい地元初戦での勝利はならなかった。
d0183174_09410593.jpg
RBアジャイも122ヤードを走り、QBカトラーをサポートしたことも勝因であったが、キッカーのパーキーが4本のFGを決めたことも(チャージャーズのキッカーが2本のFGを外した)大きかった。開幕戦を勝利したドルフィンズ、次戦は同地区のジェッツ戦である。
開幕戦でまさかの黒星をきっしてしまったペイトリオッツであったが第2週はセインツを相手に第1QでQBブレディのTDパスが3本決まり20-3と試合を大きくリードし、そのリードを守って36-20で今シーズンの初勝利をあげた。
NFCチャンピオンのファルコンズとパッカーズのQB対決はファルコンズのライアンに軍配、34-23でファルコンズは開幕2連勝となった。第2週を終了し、下馬評通りのチームが順当に勝利をあげているようだ。
インディカーシリーズ最終戦が行われ、予選5番手からスタートした佐藤琢磨であったが、スタート直後に接触事故を起こしてしまい最終戦はリタイアに終わってしまった。それでもシーズンでは通算8位となりインディカーシリーズ参戦最上位を獲得した。インディ500優勝が実績として素晴らしいものであったと思う。
d0183174_09411480.jpg
「忘れられないシーズンになりました。チームとともに素晴らしい時間を過ごし、26号車のメカニックたちと深い絆で結ばれました。アンドレッティ・オートスポーツのメンバーひとりひとりに充分なお礼を申し上げることなど、とてもできそうにありません。本当に最高のシーズンでしたし、信じられないような栄冠を獲得できたと思います。」とはレース後の佐藤琢磨のコメントである。
来シーズンのシートは決まっていないがどこのチームでインディカーシリーズに参戦するのか注目したい。
前の試合でまさかの逆転負けをきっしてしまった日本ハムであったがオリックス3連戦、勝越しを期して吉田侑樹が先発した。2年目の吉田過去3回の登板では好投、KOを繰り返しており今回は好投の順番ではある。
オリックスの先発は山崎、日本ハム戦では好投しているだけに油断は禁物である。その山崎の立ち上がりを攻め、日本ハムが先制した。1点を先制してなお一死満塁から横尾がライトフェンス直撃の2塁打、これで2点を追加、その後内野ゴロで1点を追加し一気に4-0と試合を有利に進めることに成功した。
吉田は2回に1点をかえされ3回以降もランナーを出す苦しい投球であったが無失点でおさえていた。一方の打線は二番手の小林に完璧に打ちとられて前の試合を思い出させる展開であった。
d0183174_09412299.jpeg
この嫌な流れを断ち切ったのはレアードであった。6回に一発を放って待望の追加点をあげると7回には西川が自身シーズン最多となる9号をライトスタンドに打ち込み、7-1とし試合を決定づけた。
吉田は7回を投げ1失点の好投でプロ入り初勝利をあげ、同期の横尾と一緒にお立ち台にあがり喜びを語ってくれた。

[PR]
by motokunnk | 2017-09-19 09:43 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

トヨタは3位、佐藤は予選5位、グラチャンバレーは

WEC第6戦サーキット・オブ・ジ・アメリカズ6時間レース決勝が行われた。予選で1秒以上ポルシェから離されてしまったトヨタであったが決勝では善戦し、レース序盤はポルシェを上回るスピードをみせ、トップ争いをした。
d0183174_09053773.jpg
しかし速さは持続せずに徐々にポルシェから遅れだし、最終的には予選同様3、4位でのフィニッシュとなった。第7戦はいよいよ富士6時間レースである。昨年唯一の勝利をあげているサーキットだけにトヨタとしても地元の利を活かしたレースをしてポルシェを負かしてほしいものだ。
インディカーシリーズもあっという間に最終戦をむかえてしまった。今シーズンはインディ500優勝という仕事を成し遂げてくれた佐藤琢磨であったがその後のレースでは好走はするが結果に結びつかないことが多くシリーズランキングも8位、そして最終戦を前にアンドレッティ・オートスポートは琢磨のマシン(No。26)のドライバーにザック・ビーチを選んだようだ。1年でアンドレッティ・オートスポートとの契約を解除することになる佐藤琢磨であるが、2012年に所属していたレイホール・レターマン・ラニガン・レーシングに復帰することになるとみられている。
d0183174_09054780.jpg
そんな中行われたソノマで予選5番手、ホンダ勢ではトップとなるタイムをマークして決勝にすすんだ。決勝ではアンドレッティ最後のレースとなるが、見事な走りで表彰台を確保してほしい。
グラチャンバレー最終戦が行われた。日本の相手はリオ五輪の金メダルチームのブラジルである。グラチャンバレーも3連覇しており、世界ランクも1位のチーム、そのチームにどこまで善戦できるかがポイントであった。
しかし第1、第2セットは一度もリードすることなく、17-25、15-25で奪われてしまった。そしてむかえた第3セット、出だしからブラジルにリードされてしまうがそれでも必死にくらいつき20-21と1点差まで追い上げた。
d0183174_09055664.jpg
しかし頑張りもそこまでで結局22-25でこのセットも奪われ5戦全敗の成績に終わってしまった。6チーム中最下位の成績であったが日本チームとしてはランキング上位のチームの胸を借りたことが財産となり3年後の東京オリンピックにつながっていくものと信じたい。

[PR]
by motokunnk | 2017-09-18 09:07 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)