<   2010年 08月 ( 29 )   > この月の画像一覧

高橋是清翁記念公園の紹介

青山通り(国道246号線)沿い、カナダ大使館の隣にこの公園はある。公園を入ると、すぐ目につく説明板がある。
港区の設置した「最初の赤坂区役所跡・近代地方自治の発祥」という碑である。明治維新で廃藩置県が行われ、現在の港区は麻布区・赤坂区・芝区の3つの区にわかれていたそうである。
さて、明治初期の歴史を紐解くのは別の機会にし、高橋是清について調べてみる。高橋是清は明治の政治家で、首相経験者でもある。蔵相も7回も勤めるなど、金融界での重鎮というイメージが強い。その高橋是清の邸宅跡がこの公園である。
園内には高橋是清の銅像や公園の記念碑などがある。
d0183174_2126458.jpg
邸宅は第二次大戦で焼失してしまったが、母屋はそれ以前に移築され、「江戸東京たてもの園」(都立小金井公園内)で公開されているそうである。
[PR]
by motokunnk | 2010-08-31 21:26 | 公園・庭園・遊歩道 | Trackback | Comments(0)

松涛地区の大山稲荷神社

閑静な住宅が並ぶ渋谷・松涛地区の一角にこの稲荷神社がある。小さいが、道に面しているので目立つお稲荷さんである。パワースポットとしてネットでも取り上げられているようだ。
d0183174_21382963.jpg

ただし由緒のページは見つからず、誰が何の目的で建立したのかは不明である。大山という名称はこの地区の名称(大山町という地名が近くに存在)からであろうが。
唯一と思われる紹介のページはこちらである → http://jinjajin.jp/modules/newdb/detail.php?id=62
これによれば、ご利益は商売繁盛、五穀豊穣他とあり、伏見稲荷大社と関係があるそうである。また情報があれば追記しようと思う。
d0183174_9112486.jpg

[PR]
by motokunnk | 2010-08-29 09:11 | 神社・仏閣・城郭 | Trackback | Comments(0)

F1ベルギーGP開幕、小林可夢偉の頑張りに注目

昨シーズン後半数戦にトヨタからF1に参戦した小林可夢偉がトヨタのF1撤退により今シーズンはザウバーからF1に参戦している。ご存知のように小林可夢偉は中島一貴と同様にトヨタの育成ドライバーの一人である。平手晃平を含めてよくTDPの若手3羽ガラスといわれていた。F1デビューは中島に遅れたが、才能は3人の中で一番あるといわれていた。
その彼が今年からF1フル参戦、どんな活躍をしてくれるかと期待していたが、前半戦はマシンの熟成もままならなかったのか、リタイア続きで結果を残せなかった。しかし、第7戦のトルコGPで今シーズン初となるポイントを獲得するとそれ以降のレースでは安定した走りを見せてイギリスGPでは6位入賞を果たしている。
そして今週末は伝統のスパでのベルギーGPフリー走行では1回目8位、2回目10位とまずまずの結果を残している。今日の予選、明日の決勝といい走りを見せてポイント獲得を目指して欲しい。
モータースポーツは週末はMotoGPもあり、目が離せない。最高峰クラスでは既にストーブリーグ真っ最中という雰囲気。まずはストーナーのホンダ移籍が発表され、空いたドゥガティには何とロッシがヤマハから移籍、そしてヤマハにはサテライトからスピースが昇格することが発表された。そして怪我でMotoGPを欠場していた青山博一が週末のインディアナポリスGPから復帰している(フリー走行ではトップから約2秒落ちのタイム)。元気な姿を見せてくれることはうれしいことである。

小林可夢偉初日のコメントなど
小林可夢偉オフィシャルサイト
[PR]
by motokunnk | 2010-08-28 09:29 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

今朝の新聞社説は民主党の小沢さんことばかり

これほど世間の注目を集める人も珍しい。日本の主要新聞すべての社説が民主党小沢氏が代表選挙に出馬することについて論評している。
詳しくは下記リンクを見ていただければいいのだが、主要新聞のどれもが、小沢一郎に対して否定的な論評である。私も陸山会疑惑の張本人であり、現在も検察審査会での調査が進められている人が果たして立候補する権利があるのか疑問に感じている。
民主党が野党であれば、これほど話題にはならなかったのであろうが、民主党の代表イコール日本の総理大臣である。これで小沢出馬がこれだけ大きく取り上げられたのであろう。
一方で政治主導を言い続けている菅直人首相だが、株安、円高に対して手を打っていないことが原因のひとつであるが、小沢一郎が出馬する要因の大きな点といわれている。だからといって小沢さんでは民主党も選択肢が少なすぎると思われてもしかたがない。鳩山さんも総理をやめるときの発言を撤回して民主党をのかき回しているとしか思えない。やはり政治家になると辞めることは難しいのかもしれない。
いい加減に政争はやめて、今国が直面している難題に立ち向かう気概のある政治家はいないのであろうか。日本の政治も終わりが近いのかもしれない!

主導権争いだけの党代表選なら不毛だ
小沢氏出馬表明 日本の針路を競う代表選に
小沢氏出馬へ―あいた口がふさがらない
民主党代表選 大義欠く小沢氏の出馬
「国のかたち」こそ争点だ 菅・小沢氏一騎打ちへ
「青おに」になれなかった小沢氏
[PR]
by motokunnk | 2010-08-27 20:35 | 日記 | Trackback | Comments(0)

今日の毎日新聞社説から

今日の毎日新聞の社説は「情報公開法 「知る権利」さらに尊重を」と題して、政府の「行政透明化検討チーム」(座長・蓮舫行政刷新担当相)が、見直し案をまとめたことについて書かれている。
速いもので情報公開法が制定されたのは、2001年の4月。ちょうど10年が経過したわけである。当時、官庁の方とこの法律が施行されると、法的に保管が義務付けられていないグレー文書は廃棄処分となり、情報公開法制定の真の意味が薄れてしまうというような話をした記憶がある。あれから10年、時の経つのは早いものである。
さて、情報公開法が施行されたのはいいが、行政の裁量範囲が広く、特に国防に絡む部分は公開すれば国の安全などを害するおそれがあるとして、行政側の判断で不開示とする裁量が広く認められてきた。
また国民が申請すると、その公開までには最大で30日がかかってしまい、またコピー費用もとられてしまうなど不条理な面があった。
今回の今回の見直し案に沿って、政府は来年の通常国会で情報公開法を改正する方針だ。成立すれば、公文書管理法と車の両輪となり、国民の「知る権利」を実質的に保障する道具となることが期待できる。と社説ではまとめている。与野党で反対する法案ではないと思うのでぜひ、可決して国民の知る権利を保障して欲しいものである。
[PR]
by motokunnk | 2010-08-26 19:29 | 日記 | Trackback | Comments(0)

日比谷公園の石桝

再び、日比谷公園内での発見物について。今回の発見は帝国ホテル側の入り口を入ってすぐのところにある石桝(いします)についてである。
d0183174_191634100.jpg

説明板によれば、江戸時代の上水道木管の石桝とのこと。園内各所に置かれているそうである。石桝の内側にその所在地を刻したものもあるそうである。
この石桝から江戸市内の大名屋敷に治水されていたという。勉強になった。
[PR]
by motokunnk | 2010-08-25 19:16 | 公園・庭園・遊歩道 | Trackback | Comments(0)

代々木八幡宮境内にある記念碑など

まずは、臼田亜浪の記念碑から。
まず臼田亜浪を知らない人(私もそうであった)に対してその略歴を調べると、明治12年小諸で生まれたとある。はじめ新聞記者であったが、大正四年「石楠」を創刊主宰し、昭和26年没するまで旺盛な作句活動をするとともに門下に多くの俊英を育てた。
d0183174_19134589.jpg

その作品は抒情を秘めた雄渾な自然詠を特徴とし、愛誦すべき句があまたあるのだが、残念ながら今日亜浪の句業に接する機会は少ないのが実状であるという。
代々木八幡に刻まれている俳句は「そのむかし代々木の月のほととぎす」昭和8年に亜浪が55歳のときに詠んだ句である。
臼田亜浪を知りたいひとは → http://www.geocities.jp/haikunomori/arou.html

そしてその次は、表忠碑について。
明治37,38年の日露戦争の際にこの地域から出征した人達の名前を刻んだ碑ということである。 揮毫は小笠原長生子爵。 かつての代々幡村奨兵会の手によって幡代小学校内に建立された。
d0183174_1915153.jpg

しかし第二次大戦後に、 戦後軍国主義の象徴として取り壊されそうになったものを、有志の手で神社境内に移され保存された。毎年3月23日に慰霊祭が行われているとのことである。
表忠碑という言葉も私は知らなかった。全国津々浦々に表忠碑があるそうで、Googleで検索すると、300万件以上のページがヒットする。
ちなみに一番目にヒットしたページは → http://www.yaturugi.net/page011.html 
どうも戦争に関連した記念碑の総称のようである。詳しい方がいたら教えて欲しい。
[PR]
by motokunnk | 2010-08-25 19:15 | 神社・仏閣・城郭 | Trackback | Comments(0)

代々木八幡遺跡と石器時代住居

代々木八幡境内には、いろいろなものがある。記念碑のあれば、遺跡もある。今回は遺跡について紹介する。
以前猿楽古代住居跡についてブログで紹介したが、この遺跡はそれ以前のもののようである。猿楽遺跡からさかのぼること2000年近く、縄文時代中ごろの住居のようである。昭和25年に渋谷区史を作るため発掘研究が行われたが、そのときには、地下30cm位のところから沢山の遺物が発見された。
d0183174_1945118.jpg

その遺物と同時に住居跡とその中に掘られた柱跡が発見されたとのこと。遺物の中には土器も多数あり、その土器は加曾利E式の鉢や壷が一番多いことから今から4500年ほど前の石器時代の住居跡と想定されたそうである。当時はこのあたりは丘陵のようになっており、ちょうど海につきだした半島の端に位置していたという。渋谷も大昔は海であったというから、代々木八幡も海岸に面していても不思議のない話である。
d0183174_19444464.jpg

猿楽古代住居跡は復元されたが、焼失し跡しか残っていないが、こちらは竪穴家屋が復元され、金網で囲われているが、ちゃんと見ることができる。
この家は直径約6mの円形にローム層を約20cm堀りくぼめ、その内がわの周に高さ160cmの柱を10本程立て、その柱の頭に桁を横に結びつけ、その桁に椽を21本周から葺き寄せて、屋上で円錐形に結び合せ、この上に萱を葺いて作ってある。屋上の南北には煙出しを作り東側には入り口をその東側の貯蔵室の跡にはここだけ椽を葺き出し中央部には爐の跡がそのまま残してある。貯蔵室に堀り埋めてあった大型土器と爐の中に置いてあった底なしの二個の土器は別に保存してある。この家の内は冬は屋外より十度温かく、夏は十度程涼しいし、内でたき火をすれば数時間で床面は乾いて案外住み心地が悪くない。使った木材は当時の附近の森相から考えてカシ、クリ等枯葉樹にした。と渋谷区教育委員会設置の説明板に書かれていた。
[PR]
by motokunnk | 2010-08-23 19:45 | 神社・仏閣・城郭 | Trackback | Comments(0)

代々木八幡宮の紹介

今回は代々木八幡宮の紹介である。関東地方在住の方ならよく知っている神社(というよりは小田急線の駅名)である。私も小さい頃からその名前は知っていた。大学そして社会人となり、山手通りに面して神社があるのでその前はよく車で通過したものであるが、訪問したことはなかった。何が好都合(不都合かもしれない)なのかわからないが、ちょうどリハビリに通う病院との間にこの神社があり、一度は訪ねようと考えていた。
d0183174_832465.jpg

代々木八幡宮なのか、代々木八幡神社が正確な呼び名なのかについてであるが、どうも世の中の八幡宮は宮という名称で呼称されていることが多いようである。この代々木も八幡宮と地元では呼ばれているようである。そしてしっかりとしたホームページができており、その名称も代々木八幡宮となっていたのでこちらの名称を用いることとする。そのホームページによれば、建歴2年(1212)に源氏ゆかりの荒井宗裕が、源氏の守り神である鶴岡八幡宮の分霊をまつり創建したと伝えられている。当地は、このあたりも海岸のほとりにあたり、魚介類や木の実など食料が豊富にあったといわれている。渋谷も石器時代は海のほとりだったそうであるから、今の東京23区はほとんど大昔はど海だったということになるわけだ。
d0183174_8331566.jpg

そんなわけで、境内からは石器時代・縄文時代の遺構が発掘され、境内には竪穴式住居が復元されている。これについては後日紹介しようと思う。1212年に建立されたので、来年は建立800年となる。今さきほど紹介したホームページでは800年祭りの募金を募っている。こちらがそのページとなる → http://www.yoyogihachimangu.or.jp/800/index.html
また、神殿脇や山手通りに面した参道脇にも大きく800年祭の掲示板が貼り出されており、それには神殿の耐震補強などに利用することが書かれてあった。神社も大地震のときは公益避難場所となっているところが多く、このような地震対策が必要なのだと感じてしまった。先日紹介した金王八幡宮は来年建立920年となり、現在神社の一部改修工事が実施されている。いずこの神社も周年事業としてこのような改修工事がなされているのだなあ。そういえば、代々木八幡の各所にある鳥居も周年事業で寄進されたもののようである、鳥居の柱部分に記載されていた。
[PR]
by motokunnk | 2010-08-22 08:33 | 神社・仏閣・城郭 | Trackback | Comments(0)

銀座発祥の地碑

銀座中央通りの銀座一丁目付近、ティファニーのビルの前の歩道の植え込みにこの記念碑が建っている。
d0183174_1862674.jpg

碑には「銀座発祥の地 銀座役所跡」と刻まれており、江戸時代にこの地に銀座があったことを記念して、昭和30年(1955年)に建てられたとある。銀座役所がこの地にあったのだそうだ。銀座という地名も江戸時代に貨幣の鋳造所としてこの地に建てられたそうで、役所は1800年に日本橋の蛎殻町に移転したが、銀座は地名として残ることになったという。勉強になった。
[PR]
by motokunnk | 2010-08-21 07:47 | 記念碑 | Trackback | Comments(0)