<   2012年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

佐藤琢磨が初表彰台をゲット!

佐藤琢磨が初表彰台を獲得した。インディカー第4戦サンパウロで開催されたレースで見事な戦術で3位入賞、アメリカのトップフォーミュラシリーズでの表彰台を獲得した。
昨日予選が行われたのであるが、その結果は惨憺たるもの、ネット記事によれば、「プラクティス1ではギヤボックスの冷却に問題発生、プラクティス2でエンジントラブルでマシンストップと散々な出足となってしまった。」とあり、予選はタイムなしの最後尾からのスタートであった。
コースは昨年のインディーカーレースでもトップを走ったことがある佐藤琢磨にとっては得意なコースということもあり、チームとしても失うものはないので思い切った作戦がとれたことが表彰台につながったのではないかと思う。
思いきった作戦といっても、途中でピットスピード違反のペナルティを受けたりと作戦も狂ったこともあったようだ。ただ、残り15周をきり、5位まで進出した後で、ベテラン勢のH.カストロネべス、D.フランキッティをパスしたシーンは是非見てみたいと思っている。幸い、今日の夕方からCATVで録画放送があるようなのでそれを楽しみにしようと思う。レース後に佐藤琢磨は次のように語っている。
「チームの作戦が良く、表彰台に上り、シャンパンファイトを行うことができました。本当に嬉しいです。今シーズンからレイホール・レターマン・ラニガン・レーシングで走っていますが、開幕戦からトップグループを走ることができていました。ボビー・レイホールは勝ち方を知っている人。彼の判断が正しく、良いタイミングでピットストップを行えました。開幕戦から自分たちの見せて来れていたスピードが、今回も発揮できました。ダウンフォースの量など、もっとマシンを良くすることもできたでしょうが、今回は本当に走行量が少ない状態でレースを迎えましたから、そこまでのマシンにはできていませんでした。今年はトラブルやアクシデントといった不運で望む結果を手にすることができずに来ていました。しかし、自分たちは絶対に諦めず、チャレンジを続けて来ました。だからこそ今日のようなリザルトを獲得できたのだと思います」
5月末にはインディ500マイルレースが控えている。初表彰台の勢いを次のレースにぶつけて、インディ500でも表彰台といわず、初優勝を目指して欲しい。第3戦でのくやしい思いが帳消しになった素晴らしい第4戦の結果であった。
さて話はかわってMotoGPの第2戦スペインGPの結果である。Moto2クラスで日本の中上はフロントローからの利点を活かせず、スタートを失敗して11位まで後退してしまった。そこから追い上げを開始したのであるが5位まで挽回してところで降雨赤旗となりレース終了となって、本人にしてみれば消化不良のレースであったと思う。そしてMotoGPクラスでは予選で不調であった(本人にしてみればであろうが)、昨年のチャンピオンストーナーがロレンゾ、ペドロサという両スペインライダーを押さえて今シーズンの初優勝を飾った。こちらは終始MotoGPとは思えないような接戦を繰り広げ、最終ラップまで誰が優勝するかわからないレースであった。

AS-web → パワーが3連勝。琢磨はインディ初表彰台を獲得
f1-gate → 佐藤琢磨、インディカー初表彰台3位! (インディカー第4戦)
Honda Motor sports → 佐藤琢磨が自己ベストの3位フィニッシュ。25番グリッドから初の表彰台へ

motogp → 決勝レース:P.エスパルガロが地元で中量級初優勝
Honda Motor sports → ストーナーが今季初優勝達成。Moto2では中上貴晶が5位
[PR]
by motokunnk | 2012-04-30 08:17 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

ヒカリエがオープンして

ヒカリエがオープンして最初の週末がゴールデンウィークである。私も昨日朝にヒカリエがオープン後初めて現地を見に出かけることにした。
出かけるといって何もヒカリエで買物をする予定はなく、どんな人が来ているのかなど、専ら興味本位でのものである。散歩がてらであったので、連絡橋からヒカリエに入ることにした。連絡橋には係員とみられる人物がヒカリエはこちらと書いた標識をもって案内していた。周りにはヒカリエのポスターが貼られており、間違える人はいないと思われる場所ではあるが、念のためなのか、販促活動のためなのかはわからないが、初めて来る人にとってはありがたいサービスである。
d0183174_91575.jpg

連絡橋にはご覧のようなヒカリエの垂れ幕が飾られており、いかにも新装オープンという雰囲気がでていた。またヒカリエに入るとすぐの場所でフロアガイドを配布している人も見かけた。エスカレータで1階に下ると、いかにも報道関係者と思しきクルーがカメラ片手に取材の準備作業をしている光景を目にした。
やはり、渋谷という土地柄なのか、宣伝活動も華やかのようである。先日のブログでも書いたが、表参道にも東急プラザが新装開店したようなのでそちらもどんなものなのか見てみることにした。
d0183174_925076.jpg
こちらは明治通り沿いの交差点角に立地されたビルで昔はファッション系のお店が入った雑居ビルであったと記憶している。それがいつの時代か閉鎖され、このような新築ビルが出来上がったようで、こちらは場所柄か午前11時開店(10時半頃に行ったので)のお店が大多数のようなので、まだ開店準備中のようであった。
車道をみると、なにやらデモが行われているようである。メーデーは5月1日なのに、何のデモ行進かと思っていたら、お昼のニュースでは連合の中央メーデー集会だったようである。
d0183174_931451.jpg
メーデーといえば代々木公園を起点とする労働者の祭典である。いつの時代から5月1日周辺の1週間程度を中央メーデーとして各労働団体が分散して活動をするようになったようである。それだけ、労働団体も細分化されたのか、統率力がなくなったのか、政治の世界と同じでカリスマ的な指導者がいなくなってしまったのかもしれないなどとへんなことを考えてしまった。
さて今日は競馬の世界では天皇賞が京都で開催される。四冠馬のオルフェーヴルがまともに走るかどうかに注目が集まっている。まともに走れば日本に敵なしの馬であるが、果たして結果はどうなるのであろう。そして夕方からはMotoGPのスペインGPである。最高峰クラスのMotoGPクラスには日本人ライダーの参戦は残念ながらないが、ひとつ下のMoto2クラスに今年から参戦している中上貴晶が予選2番手のポジションを獲得した。決勝レースはフロントローからのスタートである。Moto2クラスは青山博士や加藤大治郎などが活躍したクラスでもあるので、まずは表彰台を目指して頑張って欲しい。
今週も私の日曜日はスポーツ中継観戦で1日の大部分をすごしそうである。

中上貴晶 → 公式ブログ
[PR]
by motokunnk | 2012-04-29 09:03 | 街の風景 | Trackback | Comments(0)

1番人気が連敗中の今年のG1だが、天皇賞は心配なし?

今年のG1は既に4戦が行われ、不思議なことに1番人気馬が勝っていない。また馬券に絡んだのも高松宮記念のロードカナロアのみである。
1番人気馬にとっては受難のG1レースなのかもしれない。そして天皇賞・春であるが、ダントツの1番人気にあのオルフェーヴルが支持されている。3月の阪神のレースでは暴走の結果、2着に敗れてしまったが、そのレースでも強さと言う意味では見る者に実感させるものがあり、その後の調教を見る限り、ここでは本命として問題ないと考える。
万一、馬が制御できない状況になっても逆らうことなく馬の気持ちに逆らわなければ勝利は間違いないと思う。ただし、秋の凱旋門賞のことを考えると挑戦はあきらめなければいけないが。
そして対抗はナムラクレセントとした。去年と同じ枠だし、和田に久しぶりのG1勝ちをプレゼントする可能性は十分にあると考えた。3番手は1昨年の覇者であるジャガーメイル、この馬も老いてますます元気のようである。そしておさえにウインバリアシオン、ヒルノダムール、トーセンジョーダンとした。
まあ、明日は大外18番という枠になってしまったが、この枠からの勝馬はいないという過去の実績を打ち破りオルフェーヴルが順当に強い勝ち方をするのではないかと期待している。

天皇賞の予想
◎ オルフェーヴル
○ ナムラクレセント
▲ ジャガーメイル
△ ウインバリアシオン、ヒルノダムール、トーセンジョーダン
[PR]
by motokunnk | 2012-04-28 16:47 | スポーツ全般 | Trackback(4) | Comments(0)

明日からGW、私は9連休ではなくなった!

明日からゴールデンウィークである。会社の方では、5月1日、2日を連休取得奨励日として社員に積極的に年休を取得してもらおうと配慮ある姿勢(?)を見せている。
その姿勢にあやかって、当初は9連休を予定していたが、急な仕事の関係で5月1日は出社となってしまった。3連休と5連休の2本立てのゴールデンウィークである。まあ9連休といってもどこへ行くわけではなく、家の周りの散策程度であり、ある意味で1日用事ができてよかったと考えればいいのかもしれない。
とはいっても昨日オープンしたHikarieにはどんな店舗が入っているのか興味はあるし、ネットで見ていると表参道には同じ東急グループの新店舗がオープンしたようだし、明日は夏日になりそうなので、薄着をして近所の新装開店施設めぐりでもしてみっようかと思っている。ちなみにヒカリエのホームページを見ていたら、渋谷ヒカリエは東急グループの事業ではなく、渋谷新文化街区プロジェクト推進協議会という組織があり、東急G以外にも地元の地主さんが参加していることがわかった。

渋谷ヒカリエ → 渋谷ヒカリエについて
東急不動産 → 東急プラザ表参道原宿
[PR]
by motokunnk | 2012-04-27 20:04 | 街の風景 | Trackback | Comments(0)

予想通りの無罪判決

政治資金規正法違反(虚偽記載)で強制起訴された民主党元代表の小沢一郎被告に対しての判決が言い渡され、予想通の無罪判決となった。号外もでたようである。d0183174_21421082.jpg
そもそも検察サイドが起訴は無理としていたものが、検察審査会の議決で起訴された異例の公判であった。そして、検察役の指定弁護士が証拠申請した元秘書らの検察調書は検察のやらせがあったとして証拠として採用されなかったことを思えば無罪は決まっていたのかもしれない。検察のやり方自体が問題視されており、大阪特捜部の証拠隠滅事件など、今後は検察の捜査にメスがはいる可能性もあるのではないかと思う。
よく考えてみれば、小沢一郎ほどの人物が虚偽記載に関与していたかもしれないが証拠を残すという愚かなことはしないはずで検察自体も事実を見誤った可能性が大きい。これで晴れて復権できるわけで、民主党政権にとっては消費税反対を唱えるボスが無実となり声が大きくなることは予想される。
また野党の追及も証人喚問など要求されそうである。身内からは消費税反対、野党からは証人喚問と厳しい状況になった野田政権である。
とはいって、時間は刻々と進んでいく。消費税などの法案整備が遅れることは許されないはずである。どうして解決していくのか、お手並み拝見である。

毎日新聞 → 2番目の号外
[PR]
by motokunnk | 2012-04-26 21:44 | 日記 | Trackback | Comments(0)

4度目で本領発揮のダルビッシュ!

いつものようにスコアブックからの推察となるが、4度目の登板でやっとダルビッシュらしさがでたようである。9回一死まで120球弱という投球数も優秀だし、無失点で抑えたことも素晴らしい。コントロールが日本のときと同様になりつつあり、四球も2個と日本で登板したときに近づいてきている感じがする。日本人投手同士の投げ合いということに注目が集まっていたが、黒田投手もスコアブックをみる限りではダルビッシュに劣らずいい投球内容であったと思う。
いずれにせよ、レンジャーズの本拠地であるアーリントンでの好投は地元ファンにとってなによりのこと、今回の降板のときには前回と違って軽く会釈したとか、本人も納得の4回目の登板であったと思う。4月25日で既に3勝、シーズンが終了するころには何勝しているのか、今から楽しみである。

日刊スポーツ → ダル3勝目、黒田3敗目/先発対決詳細
[PR]
by motokunnk | 2012-04-25 19:47 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

なでしこジャパンの五輪組み合わせが決定

NHKのニュースでも取り上げられていたのでビックリである。それもロンドンからの生放送で抽選風景が映し出されていた。それほど注目されているのであろう、確かに日曜日になでしこリーグで沢が復帰したことも夜のニュースで取り上げられていた。
なでしこジャパンは予選リーグではシードされて、英国、米国とは対戦しないことが決まっていたが、悪くすればブラジルやスウェーデンと同一の組となってしまう可能性もあった。
さて、決勝までの道筋である。予選は3グループで上位2チームは決勝トーナメントに進出でき、3位の中から勝点トップの国が残された1枠に入り、8チームで決勝トーナメントを戦うそうだ。
なでしこジャパンのいるF組はカナダ(7位)、スウェーデン(5位)、南アフリカ(65位)となった。過去の対戦成績を見ると5分の国がカナダとスウェーデンであるが、ワールドカップ優勝後のなでしこジャパンの進化を思えば、予選突破は問題ないのではないか。ただし油断は禁物である、18人に絞られるメンバーはなでしこジャパンの誇りを持って金メダル獲得目指して頑張ってほしい。
ちなみに男子代表は、スペイン、ホンジュラス、モロッコと同じD組に入ったそうである。

日刊スポーツ → なでしこ同組カナダ、南ア、スウェーデン記事を印刷する
日刊スポーツ → 女子五輪1次リーグ 組み合わせ一覧
スポニチ → 関塚ジャパンはスペイン、ホンジュラスなどと同組
[PR]
by motokunnk | 2012-04-24 20:04 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

ベッテルの優勝、ライコネンの2位、主役が揃った!

F1も早くも第4戦のバーレーンGPである。昨年は政情不安で中止され、F1開催は2年ぶりであった。予選は昨年のチャンピオンのベッテルが今シーズンの初ポールポジションを獲得し、そろそろレッドブルの本領発揮かと思われた。
そして昨日の決勝レースである。スタートシーンは覚えているが、その後は睡魔に襲われて寝てしまった。やはり翌日の朝が気になる身にとっては日曜深夜まで起きていることはつらいのである。
さていつものようにネット記事を読みながらの感想を書くことにする。スタートを決めたベッテルが2番手以下を引き離しにかかり、昨年までの強いベッテル+レッドブルを見せ付けてそのままゴールまで突っ走ると思いきや、ロータスのグロージャンとライコネンのコンビが追い上げを開始し、ベッテルに迫る勢いで2、3位にポジションアップした。
そしてグロージャンを抜いたライコネンは2回目のピットストップが終わったときは2秒後方までせまり、ベッテルを抜くのは時間の問題かと期待させた。しかしベッテルもしぶとく2秒の差をキープしながら今シーズンの初優勝を決めたようである。
ベッテルとライコネン、そしてバトン、ハミルトンを加えたチャンピオン経験者がその実力を発揮し、史上まれにみるチャンピオン争いが繰り広げられそうな展開である。4戦を終了して全て優勝者、マシンが違うシーズンも珍しいことであり、この4人にロズベルグを加えた5人がチャンピオン争いを繰り広げるのではないかと思う。非常に楽しみなシーズンとなってきた。日本人としては小林可夢偉の活躍を期待したいのだが、昨日のレースは2回ストップではタイヤが持たずに13位とポイント圏外となってしまった。スペインGPではポイント獲得目指して頑張って欲しい。

ASWeb → キミとの新旧王者バトルを制しベッテルが今季初V
[PR]
by motokunnk | 2012-04-23 19:30 | スポーツ全般 | Trackback(4) | Comments(0)

散歩を楽しく/アースディと新型車両とオープニング

今朝は朝から曇天で午後には雨が降り出すと天気予報が言っていた。昨日のことではあるが、八丁堀まで外出したので、地下鉄を利用することにした。地下鉄といえば銀座線に新型車両が導入されたのでできればその車両に乗ってみたいなあと思い、東京メトロのホームページを見ていると!
何と鉄道マニア向けに新型車両の運行スケジュールが公開されていた。早速このダイヤを頭に入れ、駅に向うこととし、駅までは新しくオープンした連絡橋を利用することとして行くことにした。
d0183174_855456.jpg
26日オープンということもあり、看板などには調整中と貼紙がしてあったが、その他はほとんど開店前の商店街という雰囲気で開店時間がくれば一斉にオープンしそうな状況であった(当たり前のことかもしれないが)。
d0183174_85659.jpg

いつもは歩道橋から眺めている東急東横線のホームであるが、連絡橋から見ると眺め自体も新鮮に見えてしまう。また連絡橋も駅に向う方向から見ると、仮設部分との差がわかり、明らかに細くなっている。東急渋谷駅が移った後に連絡橋工事がスタートするのであろうが、いつごろになるのであろうか。蛇足ではあるが、東急線が乗り入れとなると、4社の車両が同一路線を走ることになるそうで、駅の改修などが必要となるそうだ(東横線は8両編成だが、副都心線は10両y編成で東横線はホームの延長工事が必要となるなど)。
乗り入れといって乗客は便利になるが電鉄会社は改修工事などが必要になってくるのでたいへんのようだ。
さて銀座線の渋谷駅ではカメラを片手にした人は見かけなかったが、駅に入線する電車が入るたびに場内放送で「フラッシュを利用した写真撮影は遠慮してください!」と流れていたので新型車両を撮影する人も多いことが想定された。撮影をしようと思っていたが、自重して枚数を限って撮影したのでろくな写真しか撮ることができなかった。
d0183174_8564724.jpg

何といっても私が感心したのは液晶画面に映し出される情報である。駅情報が掲載されるのだが、新システムではその情報がよりリアルになっており、エレベータやエスカレータが表示され、その横に出口番号と○○方面という文字まで書かれている。初めて利用する乗客には駅のどこの出口を利用すればよいかは知っているが、その出口にはホームのどの場所から上がれば(下れば)いいのか解らない場合も多いので、この情報は親切に感じられた。
d0183174_857358.jpg

またまた話は脱線してしまうが、私のPCはインターネットに接続すると最初に表示する画面をGoogleの検索画面に設定している。今日のGoogleのロゴはアースディのロゴであった。調べてみると昨日からアースディ関連の催しが渋谷の代々木公園で開催されているようである。雨が降り出す前に出かけてみようかと思っている。
何だか、こんなことをブログに書いていると、小学生の調べ学習の成果を発表しているような気分となってしまう。まあ人間、歳をとると幼児化するといわれているので問題ないかもしれないが、若い頃は見向きもしなかった事柄がやけに気になる年齢となったきたのかもしれない。

東京メトロ → 新型車両の運行スケジュール
EarthDay Tokyo2012 → 公式ホームページ
[PR]
by motokunnk | 2012-04-22 08:57 | 街の風景 | Trackback | Comments(0)

韓国の教育事情の報告会

ひょんなことから、学校教育について調べなくてはいけないことになって今日、とあるセミナーに参加してきた。そのセミナーとはJSET産学協同セミナー「教育工学の視点からの未来の学校(教室)~緊急報告 韓国から学び日本を考える~」である。
会場は八丁堀の内田洋行の新川オフィスということもあり、ふらっと散歩気分で出かけることにした。新川オフィスはもともとは本社として利用されていたものが隣に本社を建設したこともあって、ビル全体がショールーム兼セミナーハウスの設えとなっている。私も何回か訪問して施設見学をさせてもらっている。
八丁堀駅から歩いていったのだが、その道筋に亀島橋がある。橋の袂には以前も紹介したが、堀部安兵衛の記念碑があるが、その向かい側にはこのように芭蕉の碑が建てられている。
d0183174_1858401.jpg
傍らには教育委員会の説明板があり、それには「俳人松尾芭蕉の句。元禄六年作、藤の実、翁草、蕉翁句集などに所収」と書かれている。
またその隣には、この地に移住し功績を伝えられる人物という説明板があり、「東洲斎写楽」と「伊能忠敬」が紹介されている。どちらも有名人であり、この近辺に住んでいたとは、よくこの地を訪れていたが知らなかった。亀島橋からは、来月公開されるスカイツリーが見ることができる。
さてセミナーであるが、ご覧の建物の2階で開催された。
d0183174_18591128.jpg
キーワードとして書き留めたことは
1.一体感のある電子黒板と教卓
2.子供の居場所づくりが学びの場
3.徹底した情報化とやすらぎの空間
の3つである。今は背景を覚えているが、果たして月曜日まで覚えていられるかどうかが心配である。
蛇足であるが、講演を予定していたSong JaeShin(ソン・ジェシン)氏は体調不良で欠席されており、かわりにKim Jun-Tae(キムジュンテ)氏が2つのパートの講演をしてくれた(感謝である)。
今日のセミナー → 教育工学の視点からの未来の学校(教室)~緊急報告 韓国から学び日本を考える~
[PR]
by motokunnk | 2012-04-21 19:00 | 日記 | Trackback | Comments(0)