<   2013年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

渋谷ちかみちのお話しとMotoGP・オランダGP

昨日、渋谷駅地下通路を歩いてみてある変化に気づいた。何の目的もなく歩くのは数ヶ月ぶりであったので、きょろきょろ周りを見ながら歩いているとある統一されたマーク表示があることを発見した。
それがこのマークである。矢印と着色された丸で構成されており、丸の中に目的の路線なり場所が書かれている表示パネルである。
d0183174_8312769.jpg

これは通路のいたるところに表示されており、壁だけでなく柱や床にまで貼られている。これだけあれば初めて渋谷駅に来た人もある程度迷わずに目的の場所なり路線を見つけることができそうだ。
d0183174_8315119.jpg

東横線が地下駅となってはや3ヶ月、渋谷の地下も歩きやすくなり始めているのかもしれない。
さて昨日のブログでも書いたことだが、MotoGPのオランダGPが開催された。昨年のチャンピオン・ロレンゾがフリー走行で鎖骨骨折の重傷を負ってしまったが、決勝レースには出場したようだ。
そのガッツには敬服する。もしふたたび転倒でもしたら今シーズンを棒に振ってしまう可能性もあるのだ。そんなわけではないだろうが、レースはヤマハ勢が大活躍した。ロレンゾのチームメイトのロッシが2年8ヶ月ぶりとなる優勝をとげた。この勝利でMotoGPクラスで前人未踏の通算80勝目を記録した。
2年間、ワークス・ドカティで未勝利だったことを考えると、古巣のヤマハに復帰した今シーズンはライダーとしての最後のカケのようなものであったと思う。レースは見ていないが、サーキットに応援にくるロッシファン(イメージカラーの黄色一色で応援するのでよく目立つ!)はさぞかしこの復活に大喜びだったと思う。
d0183174_8321014.jpg

ロレンゾVSペドロサのチャンピオン争いが熾烈さを増してきたように思える。今日はF1はイギリスGPである。こちらはハミルトン、ロズベルグのメルセデス勢がフロントローを独占したが、ベッテル+レッドブルも3番手につけている。
ベッテルの連勝を阻むことはできるのであろうか、こちらにも興味がある。
参考URL → V.ロッシ:「もう一度勝てるか分からなかった」
参考URL → Valentino Rossi shines(ロッシの写真の出典先)
[PR]
by motokunnk | 2013-06-30 08:33 | 街の風景 | Trackback | Comments(0)

大鳥居改修と茅輪と夏越大祓

明日で今年も半分が経過してしまう。時の経つのは早いものである。近所の神社では夏越大祓の祭礼の案内が掲示され、例年と同じように境内には茅輪が用意されている。
d0183174_10573511.jpg
d0183174_10575692.jpg

先日TVを見ていると、関東のどこかの神社では、交通安全を祈願して車が通れる茅輪を用意しているところもあるそうだ。
今月初めから神社では大鳥居の改修工事が行われている。八幡通りからの分岐地点に道路をまたいで建てられているりっぱな鳥居である。耐震改修とのこと東日本大震災後に耐震診断をしたのであろう。その結果が芳しくなく改修することになったのではないか。
d0183174_10581727.jpg

私が改修工事を知ったのは、今月初めに夜間鳥居の真下が通行止めになるというお知らせを見たからであった。その知らせによれば1週間通行止めとあったので、それほどの改修ではないと思っていた。
d0183174_10584410.jpg
d0183174_1059219.jpg

ただ、鳥居が根こそぎ解体され、鳥居があった部分は今は基礎のコンクリートうちをしている最中である。お知らせ板を見ると工事は9月までとのこと、秋の祭礼には新装の大鳥居ができそうである。
最近は鳥居のない風景を見慣れてしまった。新しい鳥居が立ち上がると景色も変わるであろうが、また自然の中に融合して鳥居がある風景が日常となるのであろう。
d0183174_10591999.jpg

話題はかわり、MotoGPのオランダGPが今日開催される。オランダGPはMotoGPシリーズで毎年同一サーキットで開催される最古のもので今年で65周年となるそうだ。そして毎年何故か土曜日にレースが開催される。
その理由はサーキットに隣接して教会が建っているそうで教会に配慮してレースは土曜日に開催されるそうである。そのオランダGPであるが、ヤマハテック3のクラッチローがポールを獲得した。ワークス以外のポール獲得は1年ぶりだそうだ。フロントローの顔ぶれも新鮮だし、MotoGPも久々にスペイン人以外のライダーが優勝する気配が濃厚である。
今日のレースが楽しみである。
参考URL → 金王八幡宮
参考URL → MotoGP
[PR]
by motokunnk | 2013-06-29 11:01 | 街の風景 | Trackback | Comments(0)

クルム伊達がウィンブルドンで最年長勝利記録を更新

今年もテニスの4大大会の全英選手権がウィンブルドンコートで開催されている。芝の王者を決定する由緒ある戦いで、テニスをすこしかじっただけの私にとっても興味ある大会である。
1970年代はよく生放送でボルグやコナーズの活躍をみていたものだが、ここ10年以上は生放送でテニス番組をみる機会はなかった。
ただ、今年のウィンブルドンはクルム伊達が1、2回戦を突破したウィンブルドンの女子最年長勝利記録を更新している。数年前に復帰したときも驚いたが、その後の活躍を見ていると、この人に限界はあるのかと思ってしまう。
家族の支援があっての活躍であろうが、本人の努力もなければここまでの結果は出せないと思う。3回戦の相手はS.ウィリアムズだそうだ。今年の大会はシード選手が格下に負けているケースも多々あるので、番狂わせがあっても不思議ではなさそうだ。
そして男子では錦織圭が同じく1、2回戦を勝利して昨年同様3回戦に進出した。3回戦を勝利するとベスト16である。第12シードの錦織、3回戦突破でベスト16なるかどうかが注目である。
今年は男女ともに日本人選手が活躍しているウィンブルドンである。
参考URL → 最年長勝利のクルム伊達、17年ぶりの3回戦<ウィンブルドン>
参考URL → 錦織、自己最高16強への壁は「弱点がない」世界28位
参考URL → 対戦表
[PR]
by motokunnk | 2013-06-28 19:33 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

国会が閉幕して政党はすでに参議院選挙モードにはいってしまったが

昨日参議院で安部首相の問責決議が可決され、その後の審議がストップした状態で150日の国会の会期が終了した。国民生活にとって重要だと思われていた法案の審議もなしにしたのはだれでもない国会議員の先生たちである。先生とつく職種にろくはものはないというがそのとおりである。
自民党はねじれ国会のせいだといい、野党は国会軽視の自民党政権と互いの非難はするがどの政党も国民のことを考えていないようである。昨晩のNHKのニュースでもそのことを言っていたが、もっと国民の目線でたった政治をしてほしいと思う。
参議院選挙からはネット選挙が認められる。だれでも選挙期間のあるなしに関わらず、政治家の礼賛記事や非難記事を書くことが出来る。なりすましや誹謗はできないが、その政治家の日頃の行いを書くことはできるのである。
どんな暴露記事がでるかはわからないが、私としてはネット選挙は大歓迎である。なんせ選挙期間に政治についての苦言がかけるわけであるからがその理由である。
参考URL → 国会閉幕・参院選へ 「論戦不在」まず猛省を
参考URL → 国会の惨状―こんな参院はいらない
[PR]
by motokunnk | 2013-06-27 20:02 | 日記 | Trackback | Comments(0)

IOCの評価報告書は東京をほめているそうだが

昨日、IOCから2020年オリンピック候補地3か所に対して評価報告書が発表された。東京の評価報告書は概ね好評で猪瀬知事などはこれで誘致が大前進したとの喜びようである。ただ、他の2都市の評価の内容についても概ね好評のようである。
日本語でいうと、東京は「大いに印象的」、イスタンブールは「非常に印象的」、そしてマドリッドは「とても印象的」だそうで、候補都市に順番をつけるのは困難であるし、評価報告書で順番が類推できるようであれば。9月7日の本番は必要なくなってしまう。
すでに最終決定日まで70日をきってしまったが、次のイベントは来月3、4日にスイスで行われるIOC委員に対してのプレゼンテーションである。そこでアドバンテージが他2都市に対してとれるかどうかが勝負のようであるが、どうであろうか。評価報告書で東京が一番とはしゃいでいてはまた暴言がでてしまうのではと心配してしまう。
参考URL → 20年五輪:東京に前向き評価並ぶ IOC報告書
参考URL → 五輪招致争い、東京が最高!IOC、評価報告書を公表
[PR]
by motokunnk | 2013-06-26 19:14 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

沖縄戦全戦没者追悼式で読まれた「平和の詩」

23日に沖縄で開催された戦没者追悼式で読まれた「平和の詩」の反響が大きい。今朝の天声人語でも取り上げられていたし、新聞は当然のこととして、個人のツイッターやフェイスブックなどでも取り上げられているようだ。
小学校1年生でこんな感性豊かな詩を作ったことには正直驚いてしまった。6歳か7歳の小学生が平和についてこんなにも感性豊かな詩を書くのだから、世界各地で紛争をしている人たちの心境はどうなのであろうか、そんなことを思ってしまう詩であった。
d0183174_19594857.jpg

参考URL → 「平和の詩」安里君に 追悼式で朗読・イメージ出典元
[PR]
by motokunnk | 2013-06-25 20:00 | 日記 | Trackback | Comments(0)

ルマン24時間レースと東京都議会議員選挙結果と

昨日は、東京都議会議員選挙であった。朝ブログを書き終えてから投票に。いつものように投票所はそれほど人はいなかったが、そこそこの有権者はきているようであった。投票に行ったついでにといってはなんだが朝の涼しいうちに日課の散歩をすませることにした。
d0183174_20512959.jpg

どこに行くというあてもなくブラブラするのはしまりがないと感じてしまうが、逆に足の向くままに気ままにふらつくのもいいかもしれない。そんなブラブラをして見つけたものはサボテンの植栽であった。ブティックのショーウィンドウの前に何気なく飾られていた鉢植えである。
d0183174_20514974.jpg

ブラブラ歩いていると歩道の植え込みにある草花も種類が多数にわたっていることに気づく。これも有川浩の「植物図鑑」の影響かもしれないが、いろいろなものに興味を持つことはボケ防止からもいいことだと考えることにしている。
夜はテレビで東京都議会議員選挙の開票速報を眺めていると、渋谷区が激戦区としてとりあげられていた。確かに自民党候補以外はどれも身内が分裂してしまっての選挙であるので2位争いという意味では激戦なのかもしれない。
そして夜はルマン24時間レースのゴールでもあった。テキストニュースによると、アウディがトップでトヨタが2、3位に続いているとのこと、トップのアウディに何らかのトラブルが発生すれば、トヨタ念願のルマン初制覇の期待が高まったが、結果は2位、4位入賞であった。
今年のルマン24時間レースは雨にたたられてしまってSCが何度もでたという。燃費が優れているトヨタとしてみれば燃費レースに持ち込めなかったことが敗因のひとつだったのかもしれない。速さではアウディにかなわないそうなので、燃費勝負に持ち込みたかったようだ。
来年はポルシェも参戦してきるようなので、来年こそアウディ、ポルシェと真っ向勝負でぜひ優勝してほしい。
参考URL → 自民全勝 第1党 民主、維新は惨敗
参考URL → 2号車アウディ逃げ切り! 90周年のル・マンを制す
[PR]
by motokunnk | 2013-06-24 20:53 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

都議会議員選挙と世界文化遺産と世界報道写真展

今日は、東京都議会議員選挙の投票日、朝からテレビで夏の参議院選挙の前哨戦として各党も力を入れていると放送されている。
私の住んでいる渋谷区でも2名の定員に6名の候補が立候補して熾烈な選挙戦を繰り広げている。熾烈といっても自民党の現職は圧倒的有利なポジションのようで(公明党は立候補していない)、地元の商店会では月曜日の祝勝会の段取りをしているようである。
一方で民主党は分裂、みんなの党と維新の会は独自候補で選挙戦と残る1議席を巡って共産党も含めて5人が熾烈な争いをしているようだ。私自身もまだ誰にいれるか決めかねている。ブログを書き終えたら投票に行こうかと思っているのでそれまでには決めなくてはいけないのでちょっとどうすすか悩んでいる。
昨日、富士山がユネスコの世界文化遺産に登録されることが決定した。当初は三保松原が外されていたが、本審査で場で委員から復活の声があがっての三保松原込みでの登録のようである。自然遺産ではなく文化遺産ということであるので、日本における富士山信仰が認められたと解釈すべきであろう。いずれにしろ明るい話題はいいことなのではと思ってしまう。また会場の一角でVPを利用したスライドショーも実施されており、東日本大震災の写真やオリンピックの写真などが撮影者のインタビューを流しながら映し出されていた。この写真をみていくと、いまだに復興道なかばだということが実感できるし(写真撮影年月は定かではないが、ニュース報道によれば)、まだまだ震災の爪痕は色濃く残っていると言うことを実感させられた。
d0183174_820444.jpg

最後に昨日、恵比寿の東京都写真美術館で開催されている世界報道写真展2013に行ってきた。ある新聞のコラムであったと思うが、この写真展のことが書かれており、コラムでは戦争(紛争)の悲惨さを報道写真は訴えており、そのことが後世への伝言であるとも言っていた。
d0183174_8202275.jpg

会場に行くと、入口からしばらくはシリア内戦の紛争写真が展示されている。写真としてみると私は何故か現実感が乏しいと感じてしまうが紛れもなくこの写真の事実が今も起こっていることに心を痛める。
これも出典はさだかではないが、人間だけが殺し合いをする生物らしい。ライオンや熊もオス同士でけんかはするが相手を殺してしまうことはないそうだ。写真をみて、早く平和な社会が来ることを思ったが、同時になぜ人間は殺戮を繰り返すのであろうと考えさせられてしまった。
d0183174_8204834.jpg

また今日はルマン24時間レースがフランスで開催されている。8時間経過段階で、トヨタは2、3位と昨年はリタイアであったが今年はトップ争いをアウディとしている。午後10時フィニッシュまでアウディとトップ争いと繰り広げてほしい。
参考URL → 富士山:世界文化遺産決定 世界が認めた
参考URL → 世界報道写真展
[PR]
by motokunnk | 2013-06-23 08:22 | 美術館・博物館・美術 | Trackback | Comments(0)

私の夢はゴールドシップ、宝塚記念の予想

どうやら天候も雨ではなく、芝の状態も良で宝塚記念は開催されるようだ。雨や重馬場だと思わぬ伏兵が勝利するケースもあるが、良馬場であれば実力を発揮した馬が勝ちそうである。
d0183174_16502135.jpg

そこで私の本命はゴールドシップとした。天皇賞では流れが悪く負けてしまったが、その後の調教には内田騎手も参加して馬との呼吸を合わせているので、このレースはまず問題なかろう。
対抗はフェノーメノ、3番手としてジェンティルドンナをあげる。フェノーメノは前走の走りが素晴らしく、勝ち方を覚えたようなのでここも連勝する可能性は大である。
ジェンティルドンナであるが、ドバイのレースでの敗戦から早熟の可能性もあり、ここはおさえとした方が無難と思う。
その他としてはヒットザターゲット、ナカヤマナイト、ダノンバラードをあげておく。春のG1のラストレース、夢は叶うのであろうか。

宝塚記念の予想
◎ ゴールドシップ
○ フェノーメノ
▲ ジェンティルドンナ
△ ヒットザターゲット、ナカヤマナイト、ダノンバラード
[PR]
by motokunnk | 2013-06-22 16:52 | スポーツ全般 | Trackback(10) | Comments(0)

今日は夏至だが、

今日は24節気のひとつである夏至の日である。春分、秋分、冬至と並んで気象学的にも夏の到来を示す日というイメージはあるが、他の春分、秋分、冬至に比べるとどうも親近感がわかないのは私だけではないと思う。
d0183174_19235035.jpg
グーグルのロゴ(上イラスト)は海水浴のモチーフのようだ。
夏至とは昼間が最も長く、夜が最も短い日であるが、日の出の太陽の位置が地平線から顔をだしたとき、日の入りの太陽の位置が地平線に太陽が完全に隠れたときのため、太陽の真ん中で昼と夜を区切ったときの夏至は違う日になると何かの本で読んだ気がする。
また冬至唐茄子ともいうように、冬至の日はかぼちゃを食する風習が全国的であるが、夏至の日に何かを食する風習は特になさそうである。また冬至の日は柚子(ゆず)湯にはいるが、夏至といって特に何湯という風習はない。おまけに時節柄梅雨の真っ只中にあるので、昼の時間が一番長い日といわれても実感がわかないのも事実である。現に今日も東京エリアは雨が降り出してしまった。
地方によっては、夏至祭りを開催しているところもあるようで、三重県の二見浦一帯では夏至の日にちなんだお祭りを開催しているようだし、関西エリアではタコ(田植えの季節なので8本足のタコを食べて根がはるように祈念することからきているようだ)を食する風習があるようだ。
まとまりのない文章となってしまったが、とにかく今日は夏至ということである。最後に何故、夏至=げしというのかを調べた人がいるのでその紹介は下記URLを参照して!
参考URL → 二十四節気・雑節
参考URL → 「夏至」の読み方について質問です
[PR]
by motokunnk | 2013-06-21 19:25 | 日記 | Trackback | Comments(0)