「ほっ」と。キャンペーン

<   2013年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧

たばこと塩の博物館が閉館となってしまう

渋谷公園通りにある「たばこと塩の博物館」が9月1日で閉館となってしまうことになるのは数ヶ月前から告知されていた。閉館後はその機能は「休館および移転・リニューアルに関するお知らせ」で記載されているが、墨田区横川に移転・リニューアルオープンするとのことである。墨田区の土地はJTが現在倉庫として利用しているそうで早ければそちらに2015年にオープンするとある。歴史を知る(勉強する)うえでは貴重な博物館だったと思うので場所はどこであれ継続してほしいと思う。
d0183174_1249045.jpg
d0183174_12492220.jpg

そんなわけではないが、最後の展示をさきほど見てきた。明日が最後というわけではないだろうが、今日から無料公開であった。そのためではないだろうが、館内はそこそこの入場者がおり、企画展示のフロアでは皆さんじっくりと展示物を見入っていた。入館者は私も含めて総じて年配の方が多いように見受けられた。35年の感謝とこめてと題された企画展示は館が所有する多彩なコレクション(ほとんど全てがタバコに絡んだキセルや錦絵、タバコ盆など)が数多く展示され、そのひとつひとつに説明が書き加えられていた。
もともとはたばこと塩とアルコールは国営産業であり、子どものころには専売公社が存在してこれらの商品販売には免許が必要で価格も統制されていた。時代とともにアルコールから自由化がされていったと記憶している。
常設展示も見納めとなるのでしっかり見てきたが、塩の精製過程の説明はなかなかの力作で夏休みが終わってしまうが、小学生の自由研究にはもってこいの題材ではないかと思った。ちらしにも自由研究用の解説が書かれたものもあり、親子で来ている2人連れは夏休みの最後の追い込みという雰囲気が見てとれた(子どもはパネルから要点をメモにとり、母親は写真を撮っていた)。
帰りにBunkamura Galleryで開催されている「50 Years of ROCK ビートルズ vs ローリング・ストーンズ」を覗いてきた。私はビートルズ世代なので、展示されていた作品やレコードには思い出がたくさんつまっており、懐かしさがこみあげてきた。
d0183174_14384890.jpg

参考URL → たばこと塩の博物館
参考URL → 50 Years of ROCK ビートルズ vs ローリング・ストーンズ
参考URL → 休館および移転・リニューアルに関するお知らせ
[PR]
by motokunnk | 2013-08-31 12:50 | 美術館・博物館・美術 | Trackback | Comments(0)

かまぼこ駅舎の解体、渋谷再開発の現状

東横線の渋谷駅が地下駅となって5か月げ経過した。最近は渋谷駅で迷っている人を見かけることはほとんどなくなったが、それでも地図を片手にして歩いている人を見かける。やはり渋谷という街はわかりにくい街なのかもしれない。
d0183174_1837286.jpg

さて渋谷再開発も着々と進んでいる。通勤で利用しているのは渋谷駅東口近辺であるが、こちらもバスターミナルが変更になったし、ヒカリエからのペデストリアンデッキも変更になっている。そして渋谷のランドマーク(私はそう思っていた)となっていた東横線のかまぼこ駅舎も解体が進んでいる。
広告スペースとして活用されていたプレートも後1枚を残すのみとなっている(8月26日時点では3枚残っていたようだ)。併設する渋谷東横店もすでに工事用の幕で囲われており、内部の解体がはじまっているようだ。そして渋谷~代官山までの高架も解体が進んでいるようで、上部の線路、架線はすでに撤去が終了し、高架部分もJR線と交差する部分の解体が見た目よくわかる。すでに躯体を残すのみとなっており、そのうち鉄橋部分も解体されるのだろう。
d0183174_18372724.jpg

そういえば、ヒカリエ地下3階から16番出口へ向かう通路の工事もおこなわれており、先日通った際には工事は11月末までとなっていた。11月末には地下広場がお披露目となるようで、どんな広場が現れるのか楽しみではある。
渋谷文化のホームページには番外企画として東横線渋谷駅にまつわるクイズが14問ある。けっこうタメになるのもあるので一度挑戦してみては!
参考URL → 東横線渋谷駅や東急東横店にまつわる取って置きのクイズ
参考URL → 今の渋谷
参考URL → 渋谷駅街区土地区画整理事業
[PR]
by motokunnk | 2013-08-30 18:40 | 街の風景 | Trackback | Comments(0)

大鳥居の大改修も終了し、あとは秋祭礼を待つばかり

過去にブログで数回書いた金王八幡宮の大鳥居の改修工事が最終段階をむかえてほぼ工事完了となったようだ。
d0183174_2035362.jpg
d0183174_2041321.jpgすでに工事を示しているゼブラマークのポールなどは撤去され、銘板を覆っていたカバーも取り払われた。銘板を見ると宮司の名前が記載されている。比留間さんという方はこれで数十年の間は名が残るわけだが、本人にとってみるといいことなのかどうか。
9月中旬には秋の例大祭が開催されるので、それには間に合ったようである。例大祭といえば、9月14、15日に行われるが、今年は渋谷氷川神社も同時期に開催されるようである。例年であれば1週間ずれて開催されていたが、今年は同一日に開催となったようである。
私の子どものころは、同一日というわけでなく、金王八幡宮が土日開催で渋谷氷川神社が日月開催というパターンはあったが、まったく同一日というのは初めてではないだろうか。その影響ではないだろうが、早くも神輿の担手募集の案内が掲示されたいた。来月にでもなれば、町内会の担ぎ手募集の貼紙も出されるだろうが、ただですら都心は神輿の担ぎ手がいないので争奪戦はきびしいと思う。
d0183174_2045099.jpg

9月になると秋の例大祭オンパレードである。近所にある神社では原宿の穏田神社の祭礼は7、8日で宮益坂の御嶽神社の祭礼は17日のようである。9月の週末は神社めぐりとなりそうだ。
参考URL → 金王八幡宮
参考URL → 大鳥居改修と茅輪と夏越大祓
参考URL → 神社の大鳥居耐震改修工事
[PR]
by motokunnk | 2013-08-29 20:06 | 街の風景 | Trackback | Comments(0)

「書を捨てよ、町へ出よう」、寺山修司の展示会

8月8日から原宿で寺山修司の展示会が開催されている。先日、そばまで行ったのでちょっと覗いてみることにした。寺山修司といって思い出すことは「天井桟敷」という劇場である。明治通りに面したところに小さな劇場があり、寺山修司の天井桟敷であるということは知っていた。実際に入場したことはなかったが、当時(1970年代)としては流行っていたようである。
カルメンマキが歌った「時には母のない子のように」の作詞を担当したのが寺山修司であったことが印象に残っている程度であるが、今でいうマルチタレントであったようだ。天井桟敷という劇場には前衛的な劇の案内ポスターが貼られていたことは覚えている。そんな寺山修司が逝去して今年が30年ということで各地で展覧会などのイベントが開催され原宿での展示会もその一環のようだ。
GYREというおしゃれなビルの3階ギャラリーでその展覧会はひらかれていた。こんなところにギャラリーがあるのだろうかと思えるほど他の店舗はファッションやカフェなど、今の若者が好むような品揃えのお店が多数入居していた。休日になると若者たちはこのようなお店を訪ねて原宿に集まるのかとへんなところで感心してしまった。さて3階にある展示スペースはそれほど人もいないでゆっくりと観ることができた。
はいると彼の作品(本)が並べられて、いずれの本も手に取って見ることができるようになっていた。その奥は人がいくと感知する仕組みがあるビデオによる展示が流れていた。寺山直筆の生原稿や、モノクロにした劇団「演劇実験室◎天井棧敷」の舞台ポスター、寺山の言葉を外側に刻印した2Bの鉛筆などが展示され、熱心なファンは食い入るようにみつめていた。寺山修司の言葉をプリントした缶バッジを入れたガチャガチャもあり、私も100円だして購入した缶バッジが下の写真である。
d0183174_19234793.jpg

GYREのホームページではこのように紹介されていた。「一つの言葉が、人生を変えるーーー。そんな経験は誰にでもあるもの。今年、没後30周年にあたる寺山修司は、言葉を通して、人生を紡いできた表現者。詩人、俳人、歌人、劇作家、映画監督、小説家、写真家など、多岐にわたるインスピレーショナルな活動を展開してきた彼の残した業績の中でも、彼の残した多くの偉大なる「言葉」は、いまなお強烈なエネルギーを放っている。それらの言葉が詰まった膨大な数の書籍が集積し、EYE OF GYRE の中に「寺山修司幻想図書館」を現出させる。」今週末まで開催されているようなので原宿に行った際、待ち合わせ前にちょっと覗いてみたはいかがだろうか。
来月には、別の場所で寺山修司の映画に関する展覧会が開催されるようだ。そちらも時間を見つけて出かけるようにしよう。
参考URL → 「書を捨てよ、町へ出よう」
参考URL → GYRE,ジャイル,表参道
参考URL → 寺山修司記念館
[PR]
by motokunnk | 2013-08-28 19:24 | 美術館・博物館・美術 | Trackback | Comments(0)

震災乗り越え、リトルリーグ世界一の立役者に

2週間ほど前のニュースセンター9時で、一人の野球少年にスポットをあてたニュースが流されていた。その少年の名前は「小林亨輔」、福島県出身で自宅が東電福島電発から10km圏内にあり家族と東京に避難した避難所で生活をしているという。
その少年が散歩中に野球チームの練習を見かけて志願してそのチームに入団したそうである。チーム加入当初は練習についていくのもままならなかったようだが、本人の努力で撓角を現し、現在は副主将としてチームをまとめ上げるまでに成長したそうである。
その少年が所属するチームはリトルリーグの強豪「武蔵府中」、今年のリトルリーグ・ワールドカップの日本代表である。そのリトルリーグ・ワールドカップの決勝が昨日行われ、見事に武蔵府中が逆転で優勝した。そのときにマウンドにたっていたのが小林亨輔投手であった。
「ピッチングは普段通り、気持ちを曲げないでできたと思う。マウンドから見た最後の二塁上のタッチプレーは一生忘れないと思う。この経験を生かして、シニア、高校ではもっとすごい選手になりたい。」と小林投手は語っており、TVで見る限り身体もしっかりしているので楽しみな存在が現れたと思う。
昨年は元サントリー監督の清宮さんの息子さんのチームが世界一となったリトルリーグ、2年連続の世界一おめでとう!
参考URL → 武蔵府中がリトルリーグ世界一に、日本代表が2年連続で優勝
参考URL → リトルリーグ・ワールドシリーズ
参考URL → 武蔵府中ホームページ
[PR]
by motokunnk | 2013-08-27 18:35 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

ベッテルで決まり、今年のF1チャンピオン?

ベッテルがスタートを決めて、オー・ルージュ先のケメル・ストレートでポールスタートのハミルトンをとらえてトップにたつと、2位以下との差を確実にひろげていき、ルーテインのピットストップもレッドブルチームが完璧にこなしてシーズン5勝目、通算31勝目(マンセルに並ぶ歴代5位)をあげ、4年連続のF1チャンピオンにまた一歩近づいたレースであったのではないか。
2位にはアロンソがはいり、チャンピオン湿布ポイントも2位に復活したが、ライコネンはブレーキトラブルでリタイアとなり、継続していた連続入賞もとぎれてしまい、チャンピオンシップポイントも2位から4位にダウンしたしまった。トップは安泰で2位争いが激しくなっている今年のF1シリーズのようだ。次はイタリアGP、ベッテルのチャンピオン決定はどのグランプリとなるのかに注目が移りそうなながれである。
日本時間で今朝行われたインディーカーシリーズ15戦であるが、こちらはパワーが今シーズン初優勝を飾ったようである。佐藤琢磨であるが、予選13番手からスタートし、いつものように徐々にポジションをアップしていったが、イエローコーション後のリスタートでスピンしたクルマが佐藤琢磨のマシンにぶつかる不運があり、その修理のために11ラップを要することになってしまった。おかげでシングルフィニッシュは望むまでもなく23位でのフィニッシュとなった。
どうも第2戦で初優勝、第3戦で2位表彰台以降、佐藤琢磨はレースで上位争いはするのだが、最後まで争うことはできずに終わってしまうレースばかりのようである。佐藤琢磨のレース後のコメント「厳しいレースが続いてしまったので、次の市街地コースはがんばりたいと思います」は前向きなので来週開催のボルチモア市街地特設コースでのレースに期待したい。
さてMotoGPも昨日チェコGPが開催された。Moto2クラスではポールポジションを獲得した中上貴晶の初優勝に期待していたが、残念ながら2戦連続しての2位となってしまった。2戦連続2位ということは実力はある証拠、週末開催のイギリスGPでの優勝を期待したい。MotoGPクラスではマルケスが新記録を樹立した。そのひとつは、マイク・ヘイルウッドが1962年に樹立した史上最年少の4連勝を51年ぶりに更新したのと年間5勝を達成したのも史上初とのことである。
このままいくとMotoGPデビューイヤーでのチャンピオン獲得となりそうな勢いである。20歳のスペインの若者、はかりしれない能力を持っているのかもしれない。
参考URL → ベッテルが今季5勝目、総合争いでリードを広げる ベルギーGP
参考URL → インディ第15戦決勝、パワーが優勝、琢磨は
参考URL → MotoGP第11戦チェコGP マルケス4連勝
[PR]
by motokunnk | 2013-08-26 20:18 | スポーツ全般 | Trackback(2) | Comments(0)

「原宿表参道元氣祭・スーパーよさこい」と「U-1グランプリ」

昨日、今日と代々木公園周辺では恒例の「原宿表参道元氣祭・スーパーよさこい」が開催されている。今日はあいにく朝から雨が降り続いているので、よささこいに参加するチームはたいへんであろうが、それほど強い雨ではなさそうなので「雨にも負けず」素晴らしいパフォーマンスを魅せてくれそうである。いつも感じていることだが、審査員はどこをポイントにして採点をするのだろうか。素人目にはどのチームも素晴らしく見えるのだが。
d0183174_8214669.jpg

去年と違っていることは、日清食品(大会の協賛企業のひとつであるが)主催の「U-1グランプリ」が野外ステージ前広場で開催されていることである。「日本各地から名産うどん・ご当地うどんが集結し、ご来場の皆様の投票によって「うどん日本一」を決定します!身近にありながらも実は奥深い『うどん』を、見て・食べて・感じて、そして楽しんで頂く日本最大級のうどんイベントです。」とホームページに書かれている。
d0183174_8224844.jpg
d0183174_823439.jpg
うどんミュージアムのゆるキャラも宣伝活動をしている。またお手製の案内を作成しお店のPRをしている人も多数見かけられる。
こちらは試食券についている投票券でグランプリが決まるそうで、B-1グランプリ同様に盛り上がっているようだ。今日も午後5時過ぎまで開催されているので、うどん好きの人には絶好の食べ比べの機会かもしれない。東京地方の最高気温予想は29度と30度を下回っているので雨さえ気にしなければ(これが問題だが)、熱中症対策はそれほど心配しなくていいかもしれない。
参考URL → 原宿表参道元氣祭・スーパーよさこい2013
参考URL → U-1グランプリ
[PR]
by motokunnk | 2013-08-25 08:24 | 街の風景 | Trackback | Comments(0)

記録的な豪雨が降り続いている

最近の天気は以前よりも急な雨などが増えているような気がする。雨の降り方もすごく1時間に60mmは当たり前、100mm程度降ることもあるようだ。
特に山陰地方では雨の量もすざましいようで今朝のニュースでは午前5時に気象庁が緊急会見を行い、山陰地方、特に島根県に対して豪雨やそれに伴う土砂崩れなど十分注意するように言っていた。
我家の周りは幸いなことに豪雨はないが、それでも短い時間(10分程度か?)ではあるが音をたててすざましい雨が降ることがある。昨日のことではあるが、西武線で落雷事故があり、電車が止まってしまい通勤客が足止めをくったそうである。電車直撃の落雷は珍しいのではないかと思うが、そもそも電車は避雷設備がどのようになっているのであろうか、今度調べてみよう。
話がそれてしまったが、今日は若干過ごしやすいような天気である、どこに散歩にでかけようか。下の日本地図は今朝のYAHOOの天気予報の中の警報・注意報である。
d0183174_84944.jpg
これを見るとほとんどの都道府県で何らかの警報・注意報がでている!
参考URL → 気象庁会見「直ちに命を守る行動を」
参考URL → 西武池袋線急行電車が停止、落雷の影響か 一部区間運転見合わせ
[PR]
by motokunnk | 2013-08-24 08:04 | 日記 | Trackback | Comments(0)

電車のサイネージ広告などなど

最近の通勤電車は乗っていて飽きないような工夫がなされているようだ。私の場合は扉の上部にあるディスプレイに流れるCMを見ていることが多い。どこかの電機メーカーが独占的に契約をしているという話は聞いたことがある(ネットで調べると、JR、東京メトロなど企業によって契約先は違っていた)が、新しい車両ほど凝ったつくりになっているようだ。
ディスプレイの向かって右側は路線案内が表示されているが、この部分に進化が見て取れる。最近版がどの路線なのかはわからないが、埼京線の場合、駅が近づくと停車駅のホームがイラスト表示され、自分が乗車している車両が赤で表示される。
d0183174_19115620.jpg

ホームの出口案内もあるが、銀座線などとは違い何番出口にはその先にどんな施設があるのか表示されていないのが欠点である。そこまで表示してくれると、最寄駅で下車した後、ホームの案内板の前で出口を探す手間が省ける利点があるのだが。こちらは左側に表示されるのだが、天気予報も路線によって沿線に沿った形となっている。埼京線の場合は、川越、新宿、新木場が選ばれていた。りんかい線と相互運転をしているのでこの3か所が表示されているようだ。いずれにしても電車のサイネージ広告はどんどん進化していっているようだ。
ネットを探してみると、同様のことが書かれているPDFを発見した。それによると、私のように扉の上のサイネージ広告が一番よく見られているようだ。各路線でどんな企業と契約して広告作成をしているかなどもある。よく調べられているので、暇な方は見てみるのもよいと思う。
参考URL → 鉄道広告のデジタルサイネージ
[PR]
by motokunnk | 2013-08-23 19:13 | 最新技術 | Trackback | Comments(0)

2020年オリンピック候補地決定まであと16日

2020年オリンピック候補地決定は来月7日である。最後のスパートというわけではないであろうが、東京駅八重洲の地下街では垂れ幕が下げられオリンピック招致に向けて最後の活動が行われているようである。
d0183174_19111732.jpg
d0183174_19113337.jpg

猪瀬東京都知事が東京都選出の自公国会議員に対して東京都のインフラ整備に関しての陳情を行っているというニュースが昨日放送されていた。国の予算はそろそろ各省庁が財務省に対して概算要求を出す時期なのでタイミングとしてはもってこいなのだが、談話を聞くとすでに東京が候補地決定しているという前提で語っていた。
招致活動の当事者だからしようがないのかもしれないが、もう少し謙虚さがあってもいいのではと思ってしまった。ヒカリエから渋谷駅に向かうペデストリアンデッキの幟もオリンピック招致である(こちらは半年近く前から同じ幟だが)。最後の追い込み、IOC委員の囲い込み活動などのロビー活動をやっているのだろうか、下馬評では有利そうだが前回のこともあるので、最後の瞬間まで招致活動をしてほしい。
d0183174_19122333.jpg

さてイチローが日米通算で4000本安打を達成した。ホームランは球場の広さによって変わってしまうが、安打に関しては日米で差はないと思う。偉大な記録であり、米国でもニュースなどでとりあげられたらしい。次はMLBでの3000本安打、あと200本以上あるが頑張ってほしい。
参考URL → TOKYO 2020 CANDIDATE CITY
参考URL → イチロー日米通算4000本安打、米メディアも称賛
[PR]
by motokunnk | 2013-08-22 19:13 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)