「ほっ」と。キャンペーン

<   2014年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

マレーシア航空機事故のその後

最近事故といえば、韓国の旅客船事故を思い出す。その前はマレーシア航空機の行方不明事故の話題でもちきりだったことが遠い昔のように感じられるがまだ2カ月しかたっていない。
この事故は不可解なことが多い。突然、通信を切断した、どの方面に飛行したかが定かでない。海上から航空機の残骸のようなものは見つかった(衛星写真で)が、その浮遊物は見つかっていない、などなぢ謎は深まるばかりである。
d0183174_1911729.jpg

なんといっても乗員、乗客の親族の方の心痛はかなり大きいし、疲労も極限にきているのではないかと思う。そんな中、「機体破片も見つからないまま空からの捜索が打ち切りに」というネットニュースを見かけた。
ニュースによれば「3月8日にクアラルンプールを離陸し、消息を絶ったマレーシア航空MH370便。オーストラリア西部のインド洋に墜落したとの見方が強まり、マレーシアとオーストラリアの政府が中心となって空からの捜索を行っていたが、4月28日で打ち切られた。「浮遊物の発見」や「衛星写真に写る影」など手がかりが幾度となく報道されたが決定的な情報には至らず、幕引きとなりそうだ。」
と書かれている。日本からも自衛隊(延べ130人の自衛隊員と6機の自衛隊機)が捜索活動に参加したが、帰国が決定したそうだ。今後は海からの捜索がメインとなるようだが、遭難場所も特定できない現状を考えると、航空機を発見するのは至難と思われる。行方不明になったときは、これほどまで時間を費やしていまだに行方不明だとは想像すらできなかった。海からの捜索に期待したいが、どうなのであろうか。
参考URL → マレーシア航空機事故
[PR]
by motokunnk | 2014-04-30 19:11 | 日記 | Trackback | Comments(0)

昭和の日はいつから?

今年のゴールデンウィークは飛び石連休という言葉がぴったりのような日程である。今日までを前半の休日群とすると土曜日からの4連休が後半の休日群だろう。
退職してはじめてむかえるゴールデンウィークであるが、毎日がゴールデンウィークのような生活をおくっているとゴールデンウィークという実感が全然うまれてこない。4月29日であるが、私が子どものころは天皇誕生日としての祝日であった。そして昭和天皇が逝去してからは「みどりの日」として祝日となったことは記憶にあるがいつから昭和の日となったのかが記憶になかった。
そこで昭和の日をしらべてみると、平成19年に国民の祝日に関する法律が一部改正されて4月29日を昭和の日に制定することとなったようだ。祝日が増えることはサラリーマン時代はうれしいことであったが、毎日が休日のような生活を過ごしていると、今日が祝日だとはカレンダーを見ないと確認できなくなりつつある。明治天皇の誕生日は11月3日でこの日は文化の日で祝日である。祖父母はこの日を明治節と呼んでいたので明治天皇の誕生日だったのかと幼心に記憶がある。
昭和天皇の誕生日が4月29日でこちらも祝日となったが、間の大正天皇の誕生日は祝日とはなっていないようだ。調べてみると8月31日のようである。在位期間だけでなく、その天皇の功績などが考慮されて祝日としているのであろうか、現在の胆嚢誕生日は12月23日であるが、平成時代にピリオードが打たれたとき、果たして12月23日は「平成の日?」として祝日扱いになるのであろうかということを考えてしまった。
昨日、マー君が地元でエンゼルス戦に先発した。過去の登板試合とは明らかに出来が違うようであった。慎重にコースをつく投球が多かったようだ。与えた四死球も多かったがそれでも6回1/3を投げてクオリティスタートの条件をクリアーして降板した。その後味方が逆転し、負けはつかずに連勝記録は継続された。
今日はダルビッシュが先発予定である。こちらも今シーズンは先発した試合でクオリティスタートをきっており、勝ち星はかせぜていないがいい投球をしていることは間違いない。日本を代表する投手がメジャーで活躍することはうれしいことで今後も両選手を中心に大活躍してプレイオフで両投手が投げ合う姿をぜひ見たいものである。
参考URL → 昭和の日
参考URL → マー君はNYでも不敗神話を守れるのか
[PR]
by motokunnk | 2014-04-29 08:50 | 日記 | Trackback | Comments(0)

錦織圭がクレーコートで初優勝、そして今日は「しぶやの日?」

昨日のブログでも書いたが、錦織圭選手がバルセロナオープンでクレーコートでは2回目となる決勝に進出した。そして決勝が昨晩行われた。決勝の相手はコロンビアのサンティアゴ・ヒラルド選手で過去4勝1敗と相性のよい選手である。
試合はいきなりサーブをブレイクされてしまったが、その後は安定した強さを見せつけ6-2、6-2のストレートで勝利し、初のクレーコート開催トーナメントでの優勝を決めた。また年間2勝をいうのも自身初のことだそうだ。
d0183174_848168.jpg

クレーコートは苦手意識があったようだがこの優勝で払拭されたと思うのでグランドスラムの全仏オープンでの活躍が期待される。ランキングも今回の優勝でかなり上がりそう、目標のベスト10入りはもう目の前である。
南米アルゼンチンではMotoGP第3戦のアルゼンチンGPが開催された。こちらは昨年のチャンピオンであるM.マルケス選手が3戦連続となるポール・トゥ・フィニッシュを決めたそうだ。MotoGPクラスに日本人として唯一参戦している青山博一選手は10位フィニッシュ、同僚のN.ヘイデン選手を抑えてのフィニッシュであった。
M.マルケスは昨年MotoGPクラスにステップアップしていきなりチャンピオン獲得、そして今年は開幕3連勝、この強さ、速さはどこまで続くのであろうか、ロッシをすでに超えてしまったような気がする。
そして今日はしぶやの日だそうだ。428が「しぶや」と読めるということでしぶやの日となったという説もあるが定かではない。しぶやの日といっても公共施設が無料開放されたり、学校が休みになったりすることはなく、渋谷区のホームページを見ると「4月28日は「しぶやの日」で「渋谷区一斉清掃の日」です。この日を中心に一定期間、区民、事業者及び区が一体となって清掃活動や環境美化に関する啓発活動を行います。」
とある。カミさんも朝から町会のゴミ掃除活動に参加している。午後2時からは渋谷駅周辺でも清掃活動も実施されるそうだ。興味のある人は参加してみてはどうだろうか。
参考URL → クレー初優勝・写真転載サイト
参考URL → M.マルケスが3戦連続のポール・トゥ・フィニッシュを達成
参考URL → しぶやの日
[PR]
by motokunnk | 2014-04-28 08:48 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

メーデーと豪州競馬とバルセロナオープンと

昨日は代々木公園まで散歩に出かけると、メーデー中央大会が開かれていた。午前10時過ぎに行ったので、会場周辺では各労働組合が集合して代々木公園にむかう準備をしている姿も見受けられた。
d0183174_851494.jpg
d0183174_8511778.jpg

彼らは5月1日にはどうするのだろうと余計な心配をしてしまったが、それはそれ各団体で参加する人のアサインは考えているのだろう。会場はゆるキゃラなどもみられ、労働者の祭典というよりは代々木公園で開かれているフェアと間違えてしまう。ただ、設置されたスピーカーから聞こえる声がメーデーを感じさせる内容であった。
安倍首相も来賓挨拶で祝辞を述べているのがスピーカーから聞こえてきたが、自民党の首相がメーデーに参加するのは小泉元首相以来とか、また個人の私邸が代々木公園のそばにあるそうで、メーデーのシュプレヒコールはよく聞こえていたと話していた。アベノミクス打倒などと看板に書かれていた中での挨拶はどんな感じがしたのであろうか。談話など聞いてみたくなった。
さて午後、ネットニュースを見ていると、ハナズゴールが豪州のG1レースで勝利したというニュースが目にはいった。ハナズゴールといえが一昨年のクラシックレースで活躍した牝馬である。オーナーがオーストラリア人だそうで、それで豪州のG1レースに参戦しているようだ。G1レース3連戦の3戦目でつかんだ初勝利、今日開催される香港クイーンエリザベス2世カップの日本馬2頭の追い風になりそうな勝利であると思う。
そして今朝の新聞ではテニスの錦織圭選手がテニスのバルセロナオープンで決勝に進出したそうだ。ATPワールド・ツアー500大会での決勝進出は3回目、クレーコートでの決勝進出は2回目だそうだ。決勝の相手は世界65位のサンティアゴ・ヒラルド選手だそうだ。ツアー5勝目は目の前である、自身の目標であるランキング10位以内へ頑張ってほしい。
また26日に行われたブンデスリーガ第32節でマインツの岡崎慎司選手がゴールを決めて、2011ー12シーズンに当時ボルシア・ドルトムントに在籍していた香川真司選手が記録した13ゴールを超え、欧州主要リーグ日本人最多得点記録を塗り替えた。6月に開催されるW杯にむけての朗報である。香川選手もマンUで先発出場したようで、マンU監督交代で出場機会が増えそうなこともいい傾向のようだ。サッカー日本代表、W杯にむけて視界良好となるには本田選手の活躍待ちだけかもしれない。
参考URL → ハナズゴール直線一気決めた!3度目の挑戦で海外GI制覇!
参考URL → 錦織が快勝、初の決勝進出
参考URL → 岡崎連発、香川超えの今季14点目 ニュルンベルクを下す
[PR]
by motokunnk | 2014-04-27 08:52 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

日米共同声明と世界文化遺産とメーデーと

昨日から今日にかけていろいろなニュースが耳にはいってきた。まずは遅れに遅れていた日米共同声明であるが、オバマ大統領離日直前に発表された。離日直前には、首都高速も大規模な通行規制が実施されていたようだ。首都高速3号線渋谷出口付近でもこんな規制が行われていた。
d0183174_8465545.jpg

日米の思惑のズレからこのタイミングになってしまったのであろうが、ちとお粗末なようである。日本としては日米同盟強化で尖閣諸島は日米安保の適用対象であると明記させたことはメリットとして大きいと思う。
一方で米国側からすれば、日本の願い事を聞いたわけだから、TPPでは譲歩してもいいはずだとの思惑は外れてしまい、TPPの大筋合意にいたらなかったというのが本音ではないだろうか。TPPの農業関連5品目の関税については安倍政権の命綱でもあるわけだから妥協はできないというのが本音であろう。とはいっても落としどころは決めてあるはず、日米でどこまで歩みよれるかが今後の議論となりそうだ。
朝起きてニュースを聞いていると日本政府が推薦していた富岡製紙場がユネスコの審査機関である「国際記念物遺跡会議」から「登録は妥当」とのお墨付きをもらったとの報道があったそうだ。これで6月のユネスコ世界遺産委員会で正式決定するようだ。「富岡製糸場」が登録されれば、日本の世界文化遺産は昨年の「富士山」以来14件目。世界自然遺産も含めた世界遺産では国内18件目となる。
そして今日からメーデーがはじまるようだ。昨日、明治通りを散歩していると交通規制の貼紙がでていた。それによると今日は午前8時から11時前後まで、そして1日は午前9時から午後4時前後まで代々木公園付近では交通規制が実施されるそうだ。昔はメーデーといえば5月1日と決まっていたが、現在は2回に分けられて実施されるのだろうか。
d0183174_8471469.jpg

d0183174_8473472.jpg
連合のホームページを見ると、4月26日は連合中央のメーデーのようだ。私が新入社員だったころは新入社員はメーデーに借り出されていたが、現在はどうなのであろうか。昨日まではオバマ大統領来日で交通規制が実施され、今日はまたメーデーで交通規制、明治神宮周辺は毎日おまわりさんでいっぱいのようである。
参考URL → 日米共同声明発表
参考URL → 富岡製糸場、世界遺産登録へ
参考URL → メーデー
[PR]
by motokunnk | 2014-04-26 08:48 | 街の風景 | Trackback | Comments(0)

連続TVドラマ、2題

じだいげき人間、歳をとるとわかりやすいTV番組を好んで見るようになるようである。水戸黄門や大岡越前などの勧善懲悪時代劇が見られることが理解できる歳となったのかもしれない。
還暦をすぎ、定職についていない身として夜は比較的自由に過ごせることが多い。そういうわけではないが、よく連続TVドラマを見るようになった。最近では日、木、金曜日夜に見ている連続ドラマがある。
今日は木、金夜にみている番組についての紹介と感想を書くことにする。木曜日にみているドラマはNHKで放送されている「銀二貫」である。d0183174_8513279.jpg公式ホームページの物語概要には「舞台は商人の町・大坂天満。主人公の松吉は仇討ちで父を亡くし、自分もあわや討たれるかというところを、偶然居合わせた寒天問屋・井川屋の主人・和助に銀二貫で救われた元武士の息子である。生きるため井川屋の丁稚となった松吉だが、武士を捨て、商人の道を歩むことに心が揺れていた…。大火で焼けた天満宮再建のためにかき集めた大切な銀二貫で松吉を救った主人の和助や、信心深いが故に松吉に辛くあたる番頭の善次郎から、商人としての厳しい修行と躾を受ける。そして、小さな寒天問屋の暖簾をめぐる数々の事件を乗り越え、松吉は商人の道をゆっくり歩みながら成長していく。得意先の料理屋の娘・真帆との淡い恋も絡め、関西風情たっぷりの空気感の中で、涙あり笑いあり恋愛ありの人情時代劇を描く! 」に書かれている。
既に第3話まで放送されてしまったが、まだまだ波乱万丈の物語が進んでいくようである。ドラマを見はじめてから原作を読んでしまったので今後の物語の進行がある程度わかってしまうのはつまらないといえばつまらないが、原作にはないシーンなどTVでの魅せ方に興味を持って楽しく見ているしだいである。肩のこらない番組となっている。
そして今日はテレビ東京の「マルホの女」である。前番組「三匹のおっさん」から惰性のようなもので引き続き見てしまっているが、ストーリーはどんでんがえしなどがありなかなか面白い構成となっている。こちらも肩のこらない番組である。「春眠暁を覚えず」というが、春の夜はTV三昧で過ごす日課が定着しだしたようである。
参考URL → 銀二貫
参考URL → 原作本・銀二貫
参考URL → マルホの女
[PR]
by motokunnk | 2014-04-25 08:52 | 日記 | Trackback | Comments(0)

もうダメ武将とは言わせない・黒田長政とは?

昨日のNHK「歴史秘話ヒストリア」は黒田長政を取り上げていた。NHK大河ドラマが父親の黒田官兵衛を取り上げているので興味があり、見てしまった。
歴史とは面白いもので、同じNHKでもドラマだと黒田親子は仲がいいことになっているが、ヒストリアの場合は必ずしも仲がいいわけではなかったようだ。ドラマは所詮はフィクションであり、作者の思惑が入っているのでしょうがないことだと思う。
さて番組を見て感じたこと、学んだことは、黒田長政は城主となって名君の道を歩みだしたということ、そして黒田24騎図という24人のすぐれた家臣がいたことなどである。早速24騎図を調べてみると24人の武将名は
「井上之房、小河信章、菅正利、衣笠景延、桐山信行、久野重勝、黒田一成、栗山利安、黒田利高、黒田利則、黒田直之、毛屋武久、後藤基次、竹森次貞、野口一成、野村祐勝、林直利、原種良、堀定則、益田正親、三宅家義、村田吉次、母里友信、吉田長利」だそうである。そしてその中でも8人の武将に注目して黒田八虎として功績を称えているそうである。
その8人とは、「井上之房、栗山利安、黒田一成、黒田利高、黒田利則、黒田直之、後藤基次、母里友信」
いずれも大河ドラマにでてくる面々が多く、これからドラマを見ていくときの参考になりそうだ。歴史はいろいろな側面から楽しめるものであり、楽しいものである。
d0183174_839595.jpg

なお写真は我家の近所にある「黒田長政」の墓所で渋谷区の指定史跡となっている。ホームページの解説には「豊臣秀吉の天下統一に貢献した福岡藩主黒田長政は、京都紫野大徳寺の龍岳和尚に深く帰依していたので、元和9年(1623)に長政が 没すると、嫡子忠之は龍岳を開山として、赤坂溜池の自邸内に龍谷山興雲寺を建立しました。寛文6年(1666)には麻布台に移り、瑞泉 山祥雲寺と号を改め、 寛文8年(1668)の江戸大火により現在の地に移りました。:渋谷区広尾5-1-21 祥雲寺」と書かれている。
蛇足ながら日本版MOOCの通信教育で「日本中世の自由と平等」を学習中である。まだ講座がはじまったばかりなので今からでも受講は可能である。
参考URL → もうダメ武将とは言わせない
参考URL → 「黒田二十四騎図」
参考URL → 無料で学べる大学講座
[PR]
by motokunnk | 2014-04-24 08:39 | 日記 | Trackback | Comments(0)

マー君、敵地でも勝利で3勝目

田中将大投手が今日のレッドソックス戦に先発した。敵地フェンウェイパークでのアウェイでの戦い、立ち上がりが心配であったが、そんな心配も吹き飛びヤンキースの先制攻撃であった。
d0183174_1853426.jpg

レッドソックスのレスター投手といえば、メジャーでトップクラスの左腕投手である。それを初回から打ち崩してしまうヤンキース打線のすごさには脱帽である。よく投手がリズムよく投げると、打者もよく打つといわれるが、マー君が投げるリズムと打者のリズムがシンクロしているのかもしれない。
今日は4回にレッドソックスが誇る3、4番バッターに連続ホームランを浴びてしまったが、それ以外は危なげなく8回途中までを7安打無四球7奪三振2失点で抑え3勝目をあげた。これで通算31連勝である。マー君、このままいくとオールスターに選出されるのではないだろうか。どこまで連勝が続くか楽しみであるとともに新人王も期待してしまう。
参考URL → 宿敵相手に8回途中2失点で今季3勝目・写真転載サイト
[PR]
by motokunnk | 2014-04-23 18:54 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

都内は厳戒体制、そして韓国のずさんな旅客船事故

先週から都内各所のコインロッカーやゴミ箱などは明日来日するオバマ大統領の警備のため使用できない状況となっている。都内の交通網でもニュースを見るとやたら検問が行われて、まるで戒厳令がでているようなものものしい警備である。
d0183174_9111266.jpg

国賓として来日するオバマ大統領であるが、一般に国賓で来日すると赤坂の迎賓館に宿泊するが、今回は宿泊場所は明らかにされていない。また国賓は夫人同伴で来日するのが慣例だが大統領お一人での来日である。
d0183174_9113283.jpg
d0183174_9114538.jpg

異例の来日であり、どうして今なのかがわからない来日でもある。懸案のTPPも大筋合意は程遠い状況といわれる。対中国、北朝鮮を意識した日米同盟の強化宣言にしてもインパクトの強いものとはなりそうもない。これで集団的自衛権の問題がクリアーとなっていればよかったのかもしれないがこちらも議論半ばである。
なにやら国賓としての来日を決めた段階(年初?)から物事が進んでいなかったがため、既定事実としての来日となってしまったようである。
韓国の旅客船沈没事故であるが、かなりひどい状況のようだ。乗組員が船舶事故発生時の救助について教育されていなかったようだし、まして船長以下乗組員の大多数が避難して無事であったことも問題だと思う。
ドラマなどで船長が船が遭難したときに最後に下船するシーンをよく見るが、今回の場合救助隊員が駆けつけたときすぐに下船してしまったようだ。その言い訳もなっていないし、数年前に広報活動で船は一番安全な交通手段といっていたようだ。イタリア豪華客船事故も船長の態度が問題となったが、今回の事故もまた同じである。
積荷についても過積載が発見され、会社ぐるみの不正があったことが発見されている。今朝の朝日新聞では5年ほど前に日本で起きたフェリー船の事故との比較が掲載されていたが、乗務員は適切に乗客の避難誘導をしていなかったようだ。避難誘導を全くしないで避難してしまったのであれば、これは殺人事件として処罰すべきかもしれない。
先進国の仲間入りをした韓国といわれるが、その実体(政府にしても他国からの支援を断ったり、官僚にしても不適切な行動、発言があったり、メディアについてもボロクソである!)はお粗末なもの、日本もいい教訓として背筋をのばして物事にあたって欲しいと思ってしまう。
参考URL → 国賓なのに異例ずくめ
参考URL → 恥をさらした醜悪な韓国メディア
[PR]
by motokunnk | 2014-04-22 09:12 | 日記 | Trackback | Comments(0)

ハミルトンが3連勝、そしてWEC開幕戦はトヨタがワンツー

モータースポーツシーズンの幕開けとなった4月20日、中国の上海ではF1GP、イギリスのシルバーストンではWEC開幕戦が開催された。
まずは中国GPについてから。ポールポジションからスタートしたハミルトンが安定した速さを見せつけてトップを譲らずに終わってみれば開幕2戦目からの3連勝を飾った。
チームメイトのロズベルグも予選4位から追い上げをみせて2位となり、これでメルセデスは3戦連続でワンツーフィニッシュである。残った3位表彰台はフェラーリのアロンソが獲得した。予選で速さが戻ったレッドブルであったが、決勝では冴えずに4、5位に沈んでしまった。
d0183174_8433118.jpg

ベッテルはチームメイトのリカルドにも抜かれてしまい5位フィニッシュである。レースはマーシャルの勘違いでチェッカーが1周早く振られてしまい、最終周にビアンキをパスした小林可夢偉であったが、この周が無効をなってしまい18位となった。可夢偉も3戦連続での完走はお見事である。
メルセデスは開幕前からその速さがいわれていたがこれほどまでとは思わなかった。序盤のこの勢いを見ると2009年シリーズのブラウンGPを思い出してしまう。
さて話題はヨーロッパに飛んでスポーツカーの耐久選手権も開幕した。場所はイギリスのシルバーストン、今年からアウディ、トヨタに続いてワークスとしてポルシェが参戦することで注目されている。またポルシェにはF1から転身したウェーバーがドライブすることでも関心が集まっているようだ。
そんな初戦、予選からワークスチームが火花をちらしたようで、トヨタがポール、アウディが2番手、ポルシェが3番手とそれぞれポジションをわけたようだ。
決勝レースは雨模様の中でスタートし、途中で雨が降り出した際にトヨタの8号車がレースを引っ張り、独走状態となった。終盤雨が強くなり、赤旗終了となったが、たぶんトヨタがそのまま優勝したのであろうと思われるような勝ちっぷりであったようだ。
2位にもトヨタ、そして3位には初陣のポルシェが入り初表彰台をゲットした。一方の昨年のチャンピオンチームのアウディは雨天でのマシンコントロールに問題があったようで2台ともリタイアに終わってしまった。
日本の車(もしくはドライバー)が優勝するとうれしいものである。この調子で今年は悲願でもあるルマン24時間レース制覇を目指してほしい。
参考URL → ハミルトンが3連勝・写真転載サイト
参考URL → WEC開幕戦はトヨタがワンツー!
[PR]
by motokunnk | 2014-04-21 08:44 | スポーツ全般 | Trackback(3) | Comments(0)