<   2014年 06月 ( 31 )   > この月の画像一覧

夏越しの大祓とW杯と

今日で6月も終了、今年もあっという間に半年が過ぎ去ってしまった。本当に歳をとると月日があっという間に通り過ぎていってしまう気がする。
d0183174_8372666.jpg

近所の神社でも午後4時から大祓の儀式が開かれるというお知らせ看板が貼りだされていた。この神社といえば、青い目の神主さんがいるのだが、この神主さんの記事が今月11日のJapan Timesに掲載されていた。新聞記事のコピーが神社の掲示板に貼りだされていたので気づいたのだが、確かに以前朝早く通勤でこの神社の横を歩いていると青い目の神主さんが掃除をしていたことがあった。
カミさんに聞くと、日本語も堪能でよく神社で行われる結婚式のとき、親族の送り向かい用の車の誘導をしている姿を見かけるとのことであった。オーストリア人で、初めて来日したのは観光旅行、そのときに神社に興味を持ったそうである。
d0183174_8374398.jpg

話が横道にそれてしまったが、夏越しの大祓はもともと厄を祓う儀式で豊作を祈念する儀式でもあったようだ。それが変化して現在は商売繁盛、無病息災などあらゆるものまでを網羅して形で行われているようだ。茅輪くぐりもその一例だそうだ。そして「水無月」を食することも一般化されている地域もあるそうだ。あと、年末の晦日に大掃除をするように半年の区切りで家の中を片付けることを奨励している地域もある。半年の区切り、今日は何をしようかなあと考えてしまう。
さて、W杯決勝トーナメントの2日目は第1試合でオランダvsメキシコが行われた。決勝トーナメントとなれば毎試合、好ゲームとなるがこの試合もまさしく手に汗握る試合となり、先制したメキシコを残り2分、スナイデルの同点シュートで追いついたオランダがロスタイムのPKを決め、2-1でベスト8に進出した。
そしてもう1試合、コスタリカvsギリシャの試合もPK戦にもつれ込む大熱戦となり、後半退場者をだし、1人少なくなったコスタリカがPK戦を制してこちらもベスト8に進出した。
d0183174_8375969.jpg

ここまでの4試合を見ているとすべてグループリーグをトップで通過した4チームが勝利をおさめている。このジンクスが活きるなら今日の2試合はそれぞれフランス、ドイツのヨーロッパ勢が勝つ予定だが結果はそうなるのであろうか、番狂わせもでている今W杯、順当な結果は果たしてでるのだろうか。
参考URL → 「夏越しの祓」で厄を祓い
参考URL → ブラジルW杯
[PR]
by motokunnk | 2014-06-30 08:38 | 街の風景 | Trackback | Comments(0)

W杯決勝トーナメントスタート、そしてMotoGPとMLB

日本代表は予選リーグで負けてしまったが、今日からW杯は決勝トーナメントがスタートした。負ければ敗退の一発勝負、16チームのしのぎを削る戦いである。
今朝は南米代表4チームがぶつかる2試合があった。さすがに深夜の試合だったので、ブラジルvsチリは見ていないが、かなりの接戦だったようである。優勝候補のブラジルに対してチリが善戦したようだ。
ブラジルが前半先制するもすぐに同点に追いつき、90分では決着がつかずに延長戦へ突入した。そして延長でも雌雄は決まらずPK戦までもつれこんだ。
PK戦でも一進一退で5人目のチリの選手がポストにきらわれ、からくもブラジルが勝利した。前回はチリ相手に3-0で勝利したブラジルであったが、今回のチリは難敵であった。
そしてもう1試合も南米勢の戦いであった。日本代表に勝ったコロンビアとウルグアイの対戦であった。こちらはバルデラマの再来といわれるロドリゲスが2点をあげる活躍でウルグアイを圧倒してベスト8に進出した。
d0183174_1230201.jpg

次の対戦相手はブラジルである。ロドリゲスとネイマールのエース対決、どちらがゴールをあげるのであろうか。そして今日深夜にはオランダvsメキシコ戦が行われる。W杯も日本代表が負けて日本では若干さびしい盛り上りであるが、世界ではまだまだ熱い戦いが続いている。
オランダといえば昨日、MotoGPのオランダGPが開催された。オランダGPだけが土曜日に決勝はレースが開催されるのだが、これは日曜礼拝に行く人に配慮して土曜日に決勝レースが開催されたと言われているが定かではない。
昨日はダッチウェザーといわれる天候に左右されたレースであったようだ。MotoGPのレース開始も遅れたようで、スタート時は路面は濡れておりレインコンディションでレースは開始された。マルケスの開幕8連勝に注目したレースであったがそのマルケスは序盤からリードするが、スリックタイヤに交換直後にオーバーランで2位に後退してしまった。
その後、また追い上げた終わってみれば開幕8連勝達成である。開幕8連勝は8人目、もちろん史上最年少での達成だそうだ。この記録どこまで続くのであろう。
d0183174_12303230.jpg

記録といえば、MLBヤンキーズのマー君も今日のレッドソックス戦で先発である。こちらにもクオリティスタートの連続試合記録がかかっている。マー君は2回にホームランで失点(最近は序盤でのホームランによる失点が多い)してしまうが、その後のピンチは抑えて回を重ねていく。味方打線も失点直後の攻撃で得点をあげ、1-1のまま最終回まで進んでいく。
ここでマー君、またまたホームランで失点してしまう。結局9回を投げ切り、7安打8奪三振、2失点の好投であったが、3敗目を喫してしまった。
日本人投手といえば、最近トレード話もでてきているダルビッシュが先発し、こちらは8回を4安打10奪三振、無失点の好投で自身の連敗をストップし、8勝目をあげた。
参考URL → W杯・写真転載サイト
参考URL → MotoGP・写真転載サイト
参考URL → MLB
[PR]
by motokunnk | 2014-06-29 11:23 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

明日は晴れそうな阪神競馬場、宝塚記念の予想

私の夢が走っていますとは、有名アナのセリフであるが私の今年の夢はウィンバリアシオンである。オルフェーヴルのライバルとして何度G1で2着惜敗となったことであろうか。
d0183174_18163620.jpg

オルフェーヴル引退後のG1・天皇賞(春)では直前の騎手変更にも関わらずにこれまた2着、そろそろ金メダル獲得となってほしい。
対抗には、ジェンティルドンナをあげる。ドバイシーマクラシックで久々の勝利をあげて復活、ドバイ帰りのジャスタウェイも安田記念を勝利したことだし、ここは負けられない一番だと思う。
3番手にはゴールドシップ、名手横山典弘がどのような騎乗をするか楽しみである。そしておさえにはホッコーブレーヴ、メイショウマンボをあげる。12頭とG1としてはさびしい頭数だが粒ぞろいの名馬の競争を楽しみにしよう。

宝塚記念の予想
◎ ウィンバリアシオン
○ ジェンティルドンナ
▲ ゴールドシップ
△ ホッコーブレーヴ、メイショウマンボ
[PR]
by motokunnk | 2014-06-28 18:18 | スポーツ全般 | Trackback(6) | Comments(0)

ブラジルW杯、予選が終わってアジア枠から出場した国は

早朝行われたW杯予選G、H組で予選全試合が終わり、決勝トーナメント進出16か国が決定した。順当に決勝と名面途に進出した国もあれば残念ながら予選敗退してしまった国もある。
その筆頭をあげるとすればスペインではないだろうか。EURO2008、2010年南アフリカW杯、EURO2012とメジャーな大会3連覇中で、おまけにFIFAランキングもトップで臨んだ本大会であった。それが初戦のオランダ戦でまさかの敗戦、先制しながら1-5の完敗であった。
この敗戦が尾を引いたのか2戦目のチリ戦でもいいところなく0-2で負けてしまい、この時点でもグループリーグ敗退が決定した。初戦で大敗してしまったといえば同じ南欧の強豪ポルトガルも同じであった。こちらも初戦は強豪ドイツとの対戦でいいところなく0-4で負けてしまった。そして2戦目のアメリカ戦もロスタイムまで1-2と敗戦濃厚、最後のチャンスで同店に追いつきからくも引き分けで最終戦に望みをつないだが、ガーナとの最終戦は勝つには勝ったが得失点差が足りずに決勝トーナメント進出はならなかった。
この他では、死の組といわれたグループCで歴代優勝国を撃破してトップで決勝進出を果たしたコスタリカには別の意味で驚いた。このチームはW杯直前にアメリカで日本と強化試合を行い負けているのである。いかに直前の強化試合の結果が当てにならないかがよくわかった結果でもあった。
そして16チームの内訳は南米6、欧州5、北中米3、アフリカ2となり、アジア枠は全滅となってしまった。そして未勝利、各グループ最下位のおまけ付であった。確かにFIFAランキングはいずれのチームも40位台以下と低いがランキングはそれほどあてにはならないものであり、本番で結果をだしてほしかった。日本代表でいえば一人人数の多くなったギリシャ戦で勝利していれば決勝進出の道もあったかもしれない。韓国も今日のベルギー戦では一人人数が多かった時間帯がかなりあったがカウンター攻撃をくらってしまい負けてしまった。
日本代表チームの底上げも確かに必要であるが、アジア各国の底上げもまた重要な課題として浮かび上がってきたような気がする。親善試合ではなく真剣試合を多く組み、レベルアップをしていくことが急務ではないだろうか。日曜日からの決勝トーナメント、
d0183174_8261659.jpg
個人的にはドイツを応援してみたい。ブンデスリーガには日本人選手が多数参加しているのが理由のひとつでもあるし、サッカーを見るようになったのも大学の友人に誘われてバイエルンの試合を国立で見たことがきっかけだったからでもある。
参考URL → 写真転載サイト
[PR]
by motokunnk | 2014-06-27 08:28 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

TVドラマ2題と交流戦から

以前NHK-BSプレミアムで放送されていた「珈琲屋の人々」についてはこのブログで紹介したことがある。原作は池永陽の同名小説である。
その同名タイトルの続編があったので読んでみることにした。「ちっぽけな恋」と題された短編小説は物語の舞台が「珈琲屋」であり出てくる人物も行介はじめなじみのメンバーである。
d0183174_8331516.jpg

「珈琲屋の人々」ではでてこなかったおでん屋「伊呂波」がでてきたりとか、TV放送で放送された数回のオリジナルがこの短編から描かれていた。原作を読んでTVを見るのもよいが、TVを見てから原作を読むのもまた発見があっていいものである。
そして今日からNHKでは木曜時代劇の新シリーズがはじまる。「吉原裏同心」という佐伯泰英の長編小説のドラマ化である。
d0183174_8333482.jpg
こちらは只今、原作を借りて読んでいるところであるが、なかなか奇想天外な部分もあり、ドラマではどのように演じられているのか楽しみなところである。楽しみに午後8時を待つことにしよう。d0183174_8335521.jpg
さて、プロ野球では交流戦がそろそろ終わる時期であるが、日本ハムの大谷翔平投手が昨日の横浜DeNA戦に先発しまたまた160kmの速球を投げ込んだ。これで4戦連続の160kmである。試合も4回まではノーヒット、6回に2点を取られるが7回は3者連続三振に仕留めてチームの勝ち頭となる自身7勝目をマークした。日本ハムは故障者続出で開幕からスタメンは様変わりしてしまった中で投打に大車輪の活躍である。
ドラフトで大谷翔平を指名し入団に持ち込んだスタッフは眼力がすごかったと思う。たぶんオールスターには選ばれるであろうから、オールスターでも160kmの快速球を魅せてほしい。
参考URL → 珈琲屋の人々
参考URL → 吉原裏同心
参考URL → 日本ハム公式ページ・写真転載サイト
[PR]
by motokunnk | 2014-06-26 08:34 | 日記 | Trackback | Comments(0)

完敗でW杯が終わった日本代表

今朝行われた予選C組の最終試合、コロンビアとの戦いは相手先発は前の試合から8人入れ替わっていたので、ある意味で新戦力を試す余裕があった試合と位置付けていたようだ。そのメンバーを相手にPKを取られて先制点を献上してしまった。
d0183174_18432633.jpg

その後、攻撃するもののフィニッシュが決まらず、このまま0-1で前半終了かと思っていると、岡崎のヘディングシュートが決まり、一応同点で折り返すことができた。
後半にはいると、コロンビアはバルデラマが自ら後継者に指名したと言われるロドリゲスが出場し、中盤を支配しだし、日本は徐々にリズムをなくしていく。そして後半10分に勝越しゴールを奪われてしまった。こうなると攻めなけらばいけなくなった日本をあざ笑うかのようにカウンター攻撃が決まりはじめ37分と45分に失点、終わってみれば1-4の完敗であった。
今回のW杯、2006年のドイツ大会と似ているような気がする。あのときも初戦は逆転負け、2戦目はスコアレスドロー、そして3戦目は1-4の完敗。何やら同じ道を歩んでいるような。
これで日本のブラジルW杯は終わってしまったが、4年後を目指したチーム作りは必要である、今度はどんなコンセプトで日本代表を作り上げるのであろうか。攻撃主体ではとても世界に挑戦できないことはわかったので、守り主体でいくのだろうか、はたまたもう一度攻撃主体のチーム作りをするのだろうか、代表監督が誰になるのかによっても違うので当面は誰が代表監督になるのか注目していきたい。
参考URL → 1-4・写真転載サイト
[PR]
by motokunnk | 2014-06-25 08:20 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

半年ぶりの眼科検診とW杯

約半年ぶりに日赤医療センターの眼科検診を受けた。「正常眼圧緑内障」という病気になって早1年、いろいろな点眼薬を試されてきた。そしてこの3月で主治医がリタイアした。
d0183174_11172045.jpg

今日は主治医からバトンタッチされた新しい先生とのご対面も兼ねている。新しい先生は女医さんで私からすれば娘に近い年齢のように感じた。診察自体は眼圧測定するのみであるが、初めてということもあり、いろいろ目についてチェックしたくれたようだ。
緑内障の症状以外は別に異常はないそうで、また眼圧も以前測定したときよりも下がっていた。やはり3種類の点眼薬の効果はあったようだ。次回は半年後ということで半年分の点眼薬を処方してもらった。
さて今朝行われたW杯は番狂わせなどなく、予想していたとおりの結果となった。予選A組はブラジルとメキシコが決勝トーナメントに進み、B組はオランダとチリが進んだ。トーナメント1回戦はブラジル対チリ、オランダ対メキシコとなった。オランダ対メキシコ戦は白熱した試合となりそうだ。
参考URL → 正常眼圧緑内障
参考URL → W杯日程
[PR]
by motokunnk | 2014-06-24 11:18 | 日記 | Trackback | Comments(0)

結果だけはいつもと同じであったオーストリアGP

フロントローを独占したウィリアムズに期待したF1オーストリアGPであったが、結果だけを見るとメルセデスのワントゥでまたいつものシーンが繰り返されてしまった。
ただし、レース経過はけっこうエキサイティングな内容だったと思う。序盤はウィリアムズがワントゥ体制を維持してリードするが、メルセデスもその直後につけ、1回目のピットストップが終わるとトップはロズベルグのメルセデスとなった。
その後はメルセデス、ウィリアムズの4台がトップ争いをするが、徐々にメルセデスが優位となり結局ロズベルグ、ハミルトンの順でチェッカーを受けた。前戦で初優勝を飾り、オーストリアGPでも冠スポンサーだったレッドブルはいいところなく、ベッテルはリタイア、リカルドは8位に沈んだ。
ただしレースは今までのメルセデス2台によるトップ争いではねく、ウィリアムズやフェラーリなどがトップにたつ面白いレースであったと思う。中盤にさしかかりメルセデス以外のライバルも戦闘力を発揮し始めたオーストリアGPであったと思う。
d0183174_9113513.jpg

そしてツーリングカーの24時間レースとしてお馴染みの第42回ニュルブルクリンク24時間耐久レースも週末に開催された。こちら先週のルマン24時間レースと同様にアウディが連勝を飾った。日本メーカーも参戦しており、その中GAZOO RACINGが3クラス制覇という結果を残した。3クラス制覇といっても手ごわいライバルはいないクラスで完走すればいいというものであったが、ほぼノートラブルで完走、総合でも12位を獲得する見事な活躍であった。
d0183174_9115071.jpg

MLBに目をむけると、マー君が12勝目をかけて同地区のライバル・オリオールズ戦に先発した。シーズン初めから中4~5日の先発が続いているせいか、疲れがあるようで2回に先制ホームランを浴びてしまった。その後はランナーを塁にだすが後続を抑える我慢のピッチングで味方打線の反撃を待つ。
ヤンキース打線もランナーは出すが、タイムリーが出ず、結局マー君は7回を投げて3失点であった。今回も3失点以下のクオリティスタートであったが、残念ながら負け投手となった。次回の登板に期待しよう。
今朝のW杯も見どころ満載であった。お隣の韓国はアルジェリアと戦い、2-4で負けてしまった。アジア枠から出場しているチームで勝利をあげたチームは皆無、出場枠減にならなければよいが。そして注目はポルトガルvsアメリカの1戦であった。試合はさきほど終了したが、なんとロスタイムにポルトガルが追いつき2-2の引き分けに持ち込んだ。グループリーグ敗退の危機からクリスティアーノ・ロナウドのセンターリングが危機を救ったともいえる。
日本代表も最後まであきらめない姿勢を貫いて最終戦を戦ってほしい。
参考URL → ロズベルグが僚友を退け逆転V
参考URL → ニュル24時間は4号車が制す
参考URL → 15戦連続QSも2敗目
参考URL → 写真転載サイト
参考URL → W杯
[PR]
by motokunnk | 2014-06-23 09:12 | スポーツ全般 | Trackback(3) | Comments(0)

世界遺産とW杯とセクハラ事件と

週末にかけて様々なニュースが入ってきた。うれしいニュースは「富岡製糸場と絹産業遺産群」が世界文化遺産に正式に登録が決定されたことである。
世界遺産委員会の評価で登録妥当との評価はでていたが、やはり正式な結果がでるまではぬか喜びもあるので地元としては一抹の不安はあったのではないかと思う。
世界文化遺産となると、観光客も多数訪れるであろうから道路の整備や観光対策など地元に対する負荷がかなり大きいと思うが、メリットは大きいのであろうか。世界遺産ばやりである昨今、ちょっと心配な面でもある。
d0183174_8411529.jpg

また東京都議会でのヤジ発言も波紋を拡げている。都議会女性議員全員が抗議文書を議長に提出したり、発言された所属議員の属するみんなの党がヤジ発言の声紋分析をして犯人を特定するとか動きが活発となっている。
ヤジ発言をしたと疑われている自民党では石破幹事長がテレビで発言した議員は速やかに自分でしたと言ってお詫びをするべきだと言ったという。ヤジ自体はどの議会でもやっている行為ではあるが、個人的にはどんなヤジであれ、いかがなものかと思っている。
まして今回のヤジは明らかにセクハラ発言であり、発言を受けた議員が訴えれば裁判沙汰になってしかるべきものである。ヤジ発言をした議員は即刻陳謝会見を開くべきだと思う。
そして今日、F1オーストリアGPが決勝レースを迎える。今年はメルセデスの一人勝ちというイメージだが、なんと予選のフロントローを独占したのはウィリアムズであった。11年ぶりの快挙だそうだ。前戦ではレッドブルのリカルドが初優勝、そして今回はウィリアムズが予選ではあるがフロントロー独占とメルセデスの強さに陰りが出てきた雰囲気がある。
決勝レースが楽しみである。ウィリアムズが逃げ切るのか、メルセデスが逆襲するのか、はたまた別のチームが割り込むのか。
ブラジルW杯も予選各組とも2戦目をむかえ、決勝トーナメントに進むことが決定した国、予選敗退が決まった国が現れている。番狂わせはスペイン、イングランドの予選敗退、コスタリカの予選突破であろう。予選D組は死の国といわれ3チームが過去のW杯優勝国であった。その中でコスタリカはウルグアイ、イタリアを撃破して決勝トーナメント進出を決定した。アメリカでの強化試合で勝った日本とは大違いである。
そしてドイツのクローゼが今日行われたガーナ戦で得点し、ロナウドの持つW杯最多得点記録に並んだ。ただドイツは1990年から優勝したことはないので、最多得点記録に並んだクローゼのためにも優勝したいだろうと思う。
ラグビー日本代表も昨日秩父宮競技場で開催されたイタリアとのテストマッチに26-23で勝利し、テストマッチ10連勝を達成、イタリアにもこれが初めての勝利だそうだ。ジョーンズHCは10連勝にも浮かれたことは言わずにサッカー日本代表を例にあげて事前準備がいくらよくても本番が大切、来年のW杯での勝利を目指すと言っていたことが印象的であった。
今回のサッカー日本代表は攻撃して予選を突破することが目標だと言われているが、その割には得点が2試合で1点とは情けないように思えるのだが、最終戦での爆発はあるのだろうか。
参考URL → 世界文化遺産に登録決定
参考URL → 富岡製糸場と絹産業遺産群・写真転載サイト
参考URL → 自民・石破幹事長「自分でしたとおわびすべき」
参考URL → ブラジルW杯
参考URL → なぜテストマッチ10連勝を成し遂げたか
[PR]
by motokunnk | 2014-06-22 08:43 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

渋谷の西武で「サッカーボールアート展」、そして今日は夏至

昨日、日本vsギリシャ戦を見終えた後、銀行に用事があったので、渋谷駅方面へでかけた。近所の神社では夏越の大祓の儀式の案内が掲示され、境内を見上げるといつもの茅輪がすでに用意されていた。
目指す銀行は西武デパート方面なので、ハチ公前交差点を横切る形になる。けっこう混雑しているであろうと予想していたのだが、平日、それも試合終了後1時間以上経過していたので混乱はなかった。ただし警察車両と警官の数はハンパなものではなく、日常の数倍はあったように思えた。
d0183174_8324029.jpg

銀行の用事はすぐに終了したが、街を見ると日本代表応援のポスターが貼られていた。まだ予選敗退は決まったわけではないのが、ほぼ通過は無理そうなのでなんとなくむなしく目に入ってしまう。ふと西武百貨店の章ウィンドウに目をやると「サッカーボールアート展」の文字とカラフルにデザインされたサッカーボールが目に入ってきた。
説明を読むと日本サッカー協会の理事も務める日比野克彦監修でリリー・フランキー、「CHRONO BRiQUES(クロノブリック)」のデザイナー馬詰晶久、トライアングル・ユニット「TOKYO No.1 SOUL SET」などが参加しているという。場所も1階のこのほか、B館1階特設会場や3階の連絡通路に飾られているという。また展示されているボールはチャリティに出されているそうで気に入ったボールは抽選で落札されるそうだ。
d0183174_833237.jpg

用事が終わったので時間つぶしに見て帰ることにした。けっこうカラフルなデザインのサッカーボールがあり目を楽しませてくれた。特設会場には文化服装学院の現役学生さんがデザインしたボールも展示されていた。帰宅しホームページを見るとアパレルデザイン科3年生に参加オファーがあったそうで約80人が参加したそうだ。
d0183174_8331518.jpg

さて今日は24節季のひとつである夏至である。一番昼の長い日であるが日本では梅雨の真っ最中なので一日中晴れていたことは数少ないようである。
夏至について調べてみると、別に日本だけでなく各国で様々なイベントが開催されているようだ。東京地方は雨は午後からのようなので午前中に散歩に出かけようかと思う。さて今日はどの方面にでかけることとしようか。
参考URL → サッカーボールアート展
参考URL → 文化服装学院
参考URL → 夏至
[PR]
by motokunnk | 2014-06-21 08:33 | 美術館・博物館・美術 | Trackback | Comments(0)