「ほっ」と。キャンペーン

<   2014年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

御嶽山噴火、なでしこジャパン、そして斉藤佑樹

朝のトップニュースは御嶽山の噴火~救出活動である。救出活動が進むにつれて死亡者の数が増えていくことに悲しみを感じる。火山灰の下に埋もれてしまった登山客が発見されたのかもしれないし、登山道の途中で息絶えてしまったのかもしれない。
噴火直後と思われる山小屋の中の映像が映し出されていたが、見る間に噴煙で窓の外が暗くなり、その後噴石が屋根をたたく音が入っていた。地獄絵を見るような思いであったのではないか、あのような状況におかれてしまったら、死を意識したかもしれない。
いまだに家族、友人と連絡がとれない人も多数いるという。山頂付近は有毒ガスが発生しているようで救助は困難という情報がある。噴火が静まり、一刻も早く行方不明者の安否が確認されることを祈ろう。

仁川で開催されているアジア大会女子サッカー準決勝、なでしこジャパンはベトナム相手に3-0のスコアで快勝し、7大会連続してメダルが確定した。この試合、前半からボールを支配しベトナムゴールに押し寄せるが、ツメが甘いのか、ベトナムGKのよみが鋭いのかゴールを決めることはできなかった。
先制点は24分にCKから増矢がGKと競り合いこぼれた球を阪口が落ち着いて右足シュート。ゴール中央上へ入り先制した。

前半はこの1点のみであったが、後半も8分に宮間のCKを、ゴール前で相手が頭でクリアした球は自陣ゴールへ。クロスバーに当たり右サイドへ流れた球を北原がダイレクトボレーで中央へ。長船が頭で押し込み2点目をあげた。
この後、3点目も同じセットプレイからであった。得点すべてがセットプレイをいうのは若干気がかりではあるが、セットプレイからの流れで得点しているので問題はなかろう。
決勝は北朝鮮に決まった。ぜひ勝って、来年のW杯に弾みをつけてほしい。
そして夜のプロ野球、北海道日本ハムvs埼玉西武戦、当初は大谷翔平先発の予定だったそうだが、風邪で体調を壊して登板回避し、斉藤祐樹が先発のマウンドにあがった。2012年の開幕投手でもあり、栗山監督が期待している一人である。今年はいいときと悪い時の差が極端であったが、昨日は1回にホームランを打たれただけで本人も今年一番の投球ができたと言っていた。

その斉藤の好投で試合は4-1で勝利し、遅ればせながらCSへの進出を決めた。ソフトバンク、オリックスがもたついているのでチームコンディションからいけば日本ハムがベストではないだろうか。10月12日からCSがスタートするが、楽しみなCSとなりそうである。

[PR]
by motokunnk | 2014-09-30 08:52 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

御嶽山噴火は予想以上の被害、大相撲とATPマレーシアオープン

昨日も朝からテレビでは御嶽山噴火のニュースが流れていた。一夜明けて警察、消防、自衛隊などで編成された救助隊が山頂に到着すると悲惨なニュースが流れてきた。
d0183174_08471169.jpg
心肺停止状態の人が31人もいるというニュースを聞いたとき、これは雲仙普賢岳の事故に匹敵する大惨事になってしまったと思った。気象庁では今月中旬ころから火山性の地震を観測していたそうで、もし事前に入山禁止措置などしていたら未然に防げた事故であった。
ただ、御嶽山は風光明媚な山で、誰でも気軽に登山できるそうなので、入山禁止措置を出してしまうと、その後何事もない場合のことを考えてしまったのではないか。
広島の土石流災害のとき、避難指示が遅れた場合と事故の種類は違うが、同じ思惑があったのではないかと思うと残念だ。事故が起きて人間は成長するのであるから、この事故を教訓に警戒レベルの認定を危険サイドを重視して出してほしい。
さて大相撲は白鵬が千代の富士に並ぶ31度目の優勝をかざり、秋場所が終わった。話題の中心は新入幕の逸ノ城であった。入門当初から逸材といわれて、白鵬からも自分の記録を抜くのは彼だろうと一目おかれていた有望株であったが、新入幕でまさかの13勝である。
d0183174_08472047.jpg
そして大関、横綱を連覇したのだから白鵬以外の横綱・大関陣は猛省すべきだろう。来場所、白鵬は自らが師と仰ぐ大鵬の32回目の優勝に挑むがあっさりとクリアーしてしまいそうな勢いである。
深夜に開催されたテニスのマレーシアオープン、全米オープン準優勝以来、初の公式戦出場の錦織圭が順当に優勝した。全米オープンと比べるとランクの低い大会でまして第1シード、相手は全て格下だけにやりにくさはあったと思う。決勝も第4シードのベネトー、過去戦績は2勝1敗の相手であった。
d0183174_08472850.jpg
第1セット、第3ゲームをブレイクされ、その後もブレイクチャンスはあったが、ミスでそのチャンスを逃し、ブレイクしたのは第10ゲーム、そのままタイブレイクに持ち込み、タイブレイクを制して第1セットを奪取した。第2セットはサービスゲームをキープして第7ゲームをブレイク、そのままサービスゲームをキープし、6-4で第2セットをとり、マレーシアオープンを制した。
これで今シーズンは3勝目、マレーシアオープンを制した最初のアジア人の称号も得た。今日から有明で開催される楽天ジャパン・オープンでの活躍が期待される。

[PR]
by motokunnk | 2014-09-29 08:49 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

青山熊野神社の例大祭と御嶽山爆発とMLB、大相撲の話題

昨日はいろいろな出来事がありどれから書いていいのか迷ってしまう。とりあえず、私の中で時系列に並べて書いていくことにする。
まず午前中に青山熊野神社・秋祭りにお参りにでかけた。青山通りの外苑前に社務所があるので、どこの神社のお祭り(?)と思う人も多いのではと思う。
昨年は日曜日にお参りに行ったので、ちょうど神輿が繰り出していたタイミングだった。けっこうな人出であったが、今年は土曜日朝だったのでそれほど人出もなく、境内の屋台もテントはあったが用意はこれからというようであった。
d0183174_08484877.jpg
d0183174_08485685.jpg
d0183174_08490447.jpg
ただし、町内会の社務所はそれぞれ祭本番モードに入っており、明日繰り出す神輿や山車が用意されてあとは明日(すなわち今日だが)を待つばかりである。
さて、帰宅してネットでMLBを確認すると、マリナーズの岩隈が自己最多となる15勝目を挙げたという記事があった。ここ数戦は登板すると序盤で失点され連敗をしていたが昨日は序盤をゼロで切り抜け、味方打線の援護をもらっての勝利だった。
d0183174_08491189.jpg
マリナーズが2連勝してアスレチックスが2連敗すると勝率で両チームが並んでワイルドカードの1枠を決める決定戦となる。首の皮1枚で希望があるので残り試合も頑張ってほしい。一方青木の所属するロイヤルズは1985年以来のプレイオフ進出を決めた。
地区優勝も可能性があるという。今年のアリーグのプレイオフは新鮮な顔ぶれとなりそうだ。
そしてとんでもないニュースが入ってきた。木曾の御嶽山が爆発したというニュースである。御嶽山といえば、風光明媚な山で登山客も多いと聞いていたのでビックリである。昨日も紅葉を楽しむ登山客が多数いたようで、NHKも別件でロケをしていてたまたま噴火に出くわしたそうである(噴火直後の映像が綺麗であった!)。
d0183174_08492074.jpg
怪我人も多数でていて正確な人数はわかっていないそうだ。今朝から本格的に救助が行われるそうで、事態がはっきりしていけば死傷者の数もはっきりしそうである。
そして大相撲、白鵬対逸ノ城は立ち合いで勝負は決まったようだ。するどくたった白鵬は上手を取らさない作戦で十分となり、逸ノ城を上手出し投げに破った。これで初顔対戦は23連勝である。
d0183174_08492881.jpg
今日の千秋楽、横綱決戦を制すれば31回目の優勝が決定する。今年中に32回の優勝が視界に入ってきそうな現在の勢いである。

[PR]
by motokunnk | 2014-09-28 08:51 | 街の風景 | Trackback | Comments(0)

昨日は朝から漫画なみのドラマがあった

昨日は、MLBのスーパースター・ジーターの本拠地引退試合が行われ、NHK-BS1で放送された。元ヤンキースの松井秀喜さんもゲストとして呼ばれていた。
試合はヤンキースが2-2の同点から7回裏に3点をとりジーター本拠地引退試合を勝利で飾りそうであった。先発した黒田も8回を2失点でおさえる好投であった。しかしドラマは9回に訪れた。
ヤンキースのクローザーのロバートソンが2本のホームランを打たれて3点を取られてしまった。しかしここからが漫画さながらの展開であった。9回裏にヤンキースは一死2塁のチャンスでジーターが打席に入り見事にサヨナラヒットを打ってヤンキースに勝利をもたらした。
d0183174_08403809.jpg
たぶん、引退する選手がその引退試合(本拠地)でサヨナラヒットを打ったのは初めてではないだろうか。ニューヨーカーに愛されたジーターは記憶に残る名選手として歴史に名を残しそうだ。
日本では大相撲でとんでもない記録が生まれた。それは新入幕の逸ノ城が横綱・鶴竜をはたき込みで破り、市場最速の金星をあげたのだ。確かに相撲は立ち合いの変化で決まってしまったので相撲を良く知る人たちからは邪道だといわれそうだが、鶴竜の立ち合い、頭を下げすぎたいたので立ち合いの変化についていけなかったのにも問題はある。
d0183174_08404783.jpg
今日は白鵬戦である。横綱・白鵬は初顔合わせの新人にはめっぽう強いと言われているのでどんな相撲をとるかが注目である。逸ノ城は将来は横綱だろうと言われている逸材ではあるので大きく育ってほしいのだが、ここまで活躍するとは夢にも思っていなかった。
そして夜はアジア大会の女子サッカー準々決勝、日本vs香港戦を観た。なでしこジャパンはアジア大会ではヨーロッパ組を招集せずに若手中心でメンバーを組んでいるので香港戦の先発メンバーにも宮間、阪口の名前はなく、新鮮なイメージであった。
d0183174_08405358.jpg
格下の香港相手に前半早い段階で先制点をあげたのがよかったのか、得点を量産して終わってみれば9-0の完勝であった。ただ途中、攻撃が単調になるなど課題も見えた試合であったような気がする。準決勝はベトナム戦、そして決勝は韓国vs北朝鮮の勝者と戦う。準決勝は勝てるだろうが、決勝はかなり苦戦しそうな雰囲気である。
アジア大会連覇~W杯連覇へ突き進んでほしい。
参考URL → 本拠地最終戦で劇的なサヨナラ打
参考URL → 逸ノ城最速金星!
参考URL → なでしこ大勝

[PR]
by motokunnk | 2014-09-27 08:42 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

デング熱対策に蚊を利用?

昨晩、NHK-BS国際報道を観ているとブラジルからの報告でデング熱対策に蚊を利用するという試みが紹介された。映像は毎朝容器の中から蚊を逃がすシーンからスタートした。ウィルス感染している蚊をなぜ離すのかと不思議に思っていると、ナレーションがながれてきた。
d0183174_08310757.jpg
「ウイルスの働きを抑えるバクテリアの一種で「ボルバキア」と呼ばれる物質を注入した蚊ははなしている、この物質には蚊が吸った血液の中にあるデング熱ウイルスの増殖を抑える効果があり、蚊を通した新たな感染を防ぐことができるうえ、殺虫剤などと比べほかの生物への影響が少ないのが特徴だ」ということである。
この取組が成功すれば日本でもデング熱撲滅に効果はあるだろう。デング熱ウィルスを媒体する蚊がデング熱ウィルスの増殖を抑えるのであるし、その蚊のこどもも同じバクテリアをもっているというのであるから一石二鳥である。デング熱感染者は一時期ほどの伸びはないが、全国各地に拡大していっている。重症者はでていないのが幸いだが、長袖を着ての外出は面倒なのではやく「ボルバキア」というバクテリアの研究を日本でも開始してほしい。
参考URL → ウイルス抑える蚊
参考URL → ボルバキア

[PR]
by motokunnk | 2014-09-26 08:31 | 日記 | Trackback | Comments(0)

今週は動物愛護週間だそうだ

知らなかったことではあるが、今週は動物愛護週間だそうだ。秋分の日には全国各地でイベントなどが開催されたようである。
我家のまわりでも犬や猫などを飼っている家が多数あるが、また犬や猫が嫌いな人も多数いる。町会の掲示板だけでなく、環境省、警察庁が無料配布しているポスターを家の塀に貼りだしている家もあれば、渋谷区保健所の看板を植え込みに設置し、これにテプラで書き込みをしている家もある。
d0183174_09105256.jpg
d0183174_09110020.jpg
人それぞれで、動物が好き、嫌いはしょうがないが、いったん飼った動物を遺棄してしまうのはいかがなもかと思う。「殺処分された動物の骨に咲く花」というネット上の記事を読んでしんみりとしてしまった。
我家のまわりでも7月末にノラ猫の不審死体が見つかり、保健所に処理してもらった事件があった。ノラ猫といえども神から生命を授かったのであるから、一生を全うさせてあげられたらと思う。今日は台風が温帯低気圧となり、関東地方を通過するとの天気予報なので、散歩は取りやめ、晴耕雨読ではないが読書をしようかと思う。
参考URL → 動物愛護週間
参考URL → 殺処分された動物の骨に咲く花
[PR]
by motokunnk | 2014-09-25 09:12 | 街の風景 | Trackback | Comments(0)

ふたたびイスラム国について

d0183174_19031346.jpg昨晩、米国がシリア領にあるイスラム国の空爆をおこなった。何でも中東の親米派サウジアラビアなど5か国もこの空爆に参加しているという。日本でも号外が発行され、関心の高さが伺える。
シリアのアサド大統領もこの空爆については賛同しているようで、シリア政権にとってイスラム国は領土を占拠する敵対勢力なので排除したい思惑に米国の空爆が一致しただけの視点からの賛同であろう。
確かにイスラム国は同じイスラム教の世界でも異端児のようだ。イスラム国の樹立を宣言したのが、「第2のビンラディン」とも称される最高指導者アブ・バクル・バグダディ容疑者。イスラム国は、シリア北部のアレッポからイラク中部のディヤラまでを領土とし、シャリア(イスラム法)に基づく、スンニ派のカリフ(預言者ムハンマドの後継者)制イスラム国家とうたっている。
そしてバグダディ容疑者は新しいカリフを自称し、世界中のスンニ派イスラム教徒に忠誠を求めているが、世界各国はこれを認めていない。ただインターネットを通じた広報活動や資金収集能力には長けているようで資金力は相当なものらしい。また欧米からの志願兵も数千人規模だそうで、その大半はイスラム教徒の若者だそうだ。キリスト教がベースの欧米にとって、相容れないイスラムの世界はどう映るのであろうか。
さて、神戸の小学1年生の行方不明事件は最悪の結末を迎えてしまった。自宅そばの雑木林からポリ袋にくるまれバラバラに切断された遺体が見つかったそうだ。犯人の異常性に憎悪というより嫌悪感を感じてしまう。事実の解明が待たれる事件である。

[PR]
by motokunnk | 2014-09-24 19:05 | 日記 | Trackback | Comments(0)

秋分の日、お墓参りと秋の全国交通安全運動

今日は秋分の日、お彼岸の中日である。秋分の日は9月23日が多いが、年によっては1日前後することがある。
d0183174_15100799.jpg

5月にはゴールデンウィークがあるが、9月も敬老の日、秋分の日に併せてシルバーウィークという名称が使われているが、残念ながら今年はすべて飛び石連休で休日が続けてあることはない。
そして秋分の日、春分の日は法律上も決まっていない。それぞれ秋分日、春分日と記載されている。
来年の話をすると鬼が笑うが、2015年は19日から23日の5連休があるようだ。さて、秋分の日は昼夜の時間が一致するわけではないのは知られていることである。それは大気差、太陽の視直径、日周視差、秋分のずれなどにより年によってはかなりずれるようだ。
また、今日はお彼岸の中日で墓参りをする風習がある。たぶん青山墓地などは多くの墓参りの人で混雑しているのではないかと思う。デング熱感染の恐れがあるが年中行事なので虫除けスプレーなど用意して出かけるのがベストかもしれない。今朝の朝日新聞によればデング熱感染予防対策のため、鶴竜の奉納土俵入りが中止となったそうだ。
土俵入りをして観衆が万一デング熱に感染したらたいへんであるのでしょうがない決定であろう。大相撲といえば、秋場所が開催されている。新大関が誕生して満員御礼が続いているようだが、優勝争いは9日目を終わって全勝は白鵬のみとなってしまった。白鵬の強さは、実力差がある下位の力士には絶対取りこぼしをしないところにあるようだ。
中日で勝越しを10場所連続で決めているようだが、このことからも取りこぼしが少ないことが裏付けられる。この調子でいくと32回目の優勝も近いようである。
そして全国的に秋の交通安全運動が行われている。例年であれば町会の掲示板にポスターが貼られるが、今年はポスターな貼られていない。唯一あるのは区立小学校前にさりげなく置かれている看板だけであるが、大通りにでれば各町会が設置したテントなどで交通安全の教宣活動を行っていると思われる。
d0183174_09031312.jpg
内閣府のホームページには「平成26年秋の全国交通安全運動推進要綱」が掲載されているが、デザインは違うが昨年のものとほとんど同じ内容、毎年内容がかわるようでは各自治体が困ってしまうからであろう。
d0183174_09032245.jpg
すっかり秋らしくなり、散歩にはもってこいの季節、さて今日はどちら方面に出かけることにしようか。

[PR]
by motokunnk | 2014-09-23 09:06 | 日記 | Trackback | Comments(0)

F1シンガポールGP、メルセデスの不運は今度はロズベルグ

F1日本GPの前に開催されるシンガポールGPが開催された。F1ナイトレースとして定着した感のある綺麗な夜景をバックにしたスタートであったが、なんと1列目、2番グリッドスタートのロズベルグのマシンがトラブルに見舞われてしまった。
d0183174_08281725.jpg
これでまともに走ればハミルトンの勝利は確実となったシンガポールGPであった。いつもはハミルトンのマシンにトラブルがでていたが、今回はロズベルグのマシン、神様の気まぐれか、おかげでロズベルグはポイントリーダーの座からも転落である。
2、3位にはレッドブルが入り、ようやく復調の兆しが見えてきた。2週間後の日本GPが楽しみとなってきた。
そして未明に行われたMLBヤンキースvsブルージェイズ戦で、右肘じん帯の部分断裂から75日ぶりの復帰登板となったマー君が好投した。立ち上げりこそ連打を浴びて無死1,3塁のピンチを迎えたが併殺で最少失点にとどめ、味方の反撃を待ついつもの展開。
d0183174_20245556.jpg

味方打線も直後にマキャンのホームランで追いつき、5回にはガードナーの1発でリードし、70球に達した6回途中でマウンドを降りた。
その後ヤンキースのリリーフ陣が1失点に抑えて見事に13勝目をあげた。今シーズンの最終登板は28日とのことである。復帰初戦を白星で飾れたことはなによりである。後はこの投球がヒジにどう影響するかであるが、これは今後をみてみないとどうしようもない。
参考URL → F1シンガポールGP決勝
参考URL → 写真転載サイト
参考URL → 六回途中1失点
[PR]
by motokunnk | 2014-09-22 08:30 | スポーツ全般 | Trackback(3) | Comments(0)

芸術の秋、岡村昭彦の写真展とMLBで、記録達成の話

秋にはいろいろな枕詞が似合う。スポーツの秋、食欲の秋、そして文化の秋。文化の秋のひとつに芸術の秋があるのかもしれない。
ガーデンプレイスの東京都写真美術館では岡本昭彦の写真展が明日まで開催されているので、昨日鑑賞しに行くことにした。岡本昭彦は報道(特に海外での紛争写真を撮っている)カメラマンという程度の予備知識である。
d0183174_08242935.jpg
d0183174_08243812.jpg
3階が展示スペース、はじめにを読むと、あのキャパの後継者として華々しくデビューしていたようだ(1964年6月12日号の『ライフ』に9ページにわたり掲載されたベトナム戦争の写真によってフォトジャーナリストとしてデビューを果たしとあり、実際にそのライフがショーケース内に展示されていた)。
その他にも北アイルランド紛争やナイジェリア内戦の写真など世界中の紛争をとらえた写真が数多く展示されていた。その他にも日常生活の写真もあり、7つの章に分けて約200枚の写真が簡単な説明付で展示されていた。
ベトナム戦争のところには南ベトナムのキリスト教政権が仏教徒を弾圧したという記載があった。イスラム国がテロ集団と言われているが、南ベトナム解放民族戦線もテロ集団であったのだろうか。どちらもキリスト教以外の宗教をベースにした集団であり、これらをテロ集団というには無理があるのではと感じた展示会でもあった。
出口には写真美術館、大規模改修のお知らせが表示されていた。秋分の日以降、約2年間かけて大規模改修工事を行うようである。2016年に新しくなってリニューアルオープンするそうだ。そういえばガーデンプレイスができて20周年だそうだ。恵比寿駅からの遊歩道には20周年というパネルが掲げられていた。
d0183174_08244792.jpg
さて、MLBではちょっとした記録が生まれている。昨日ヤンキースの黒田が先発し6回2/3を投げ3失点で11勝目をあげた。これにより今年のMLB日本人投手があげた勝利数が63となり2002年の62勝を更新した。内訳は岩隈14勝、田中12勝、ダルビッシュ10勝、上原6勝、和田4勝、松坂3勝、そして田沢が3勝である。昨日救援で田沢が勝ったそうなので日本人投手の勝利数は64、シーズン終了までに岩隈、黒田、そしてマー君の登板はあるという。
d0183174_08250460.jpg
どこまで勝利数を上乗せできるのか、こちらもまた楽しみではある。

[PR]
by motokunnk | 2014-09-21 08:28 | 美術館・博物館・美術 | Trackback | Comments(0)