「ほっ」と。キャンペーン

<   2014年 11月 ( 34 )   > この月の画像一覧

クラシックカー・フェスティバルが開催された

今年も神宮外苑絵画館前でトヨタ博物館主催の「クラシックカーフェスティバル」が開催された。ホームページを見ると、トヨタ博物館開館25周年だそうで、名称も「クラシックカーフェスティバル」に統一されたそうだ。
d0183174_08222971.jpg
d0183174_08224378.jpg
d0183174_08225645.jpg
あいにく昨日は小雨模様の天気であった。いちょうも本格的に黄色となっていちょう祭りも多数の見物客が来ている中、目指す絵画館へと直行した。絵画館前も多数の観客がカメラ片手に愛車の写真やお気に入りのクラシックカーの写真を撮っていた。
雨が降りだしてしまい、記念乗車撮影で展示されている車にはビニールシートがかけられていた。雨はこれから本格化するという予報なので帰宅することにしたが、イスパノ・スイザK6が見れたことで今年のクラシックカーフェスティバルは満足としておくことにしよう。
d0183174_08230572.jpg
来年はどんな名車を展示してくれるのだろう。
参考URL → クラシックカー・フェスティバル in 神宮外苑
[PR]
by motokunnk | 2014-11-30 08:24 | 日記 | Trackback | Comments(0)

ジャパンカップは3歳牝馬、ハープスターの独壇場か???

3歳牝馬のハープスターは適距離が2000mだと考えられる。したがって斤量が軽いと言えども牡馬を負かすだけの力はないと思う。
そこで天皇賞で一瞬ひかるものを魅せたエピファネイアを本命とする。騎手も乗り替わり、馬の気分も一新するかもしれない。そしてその対抗にはジャスタウェイをあげる。
d0183174_17332642.jpg
鞍上は最近2着が多い福永であるが、このレースもわずかに及ばず2着となってしまうのではないか。
3番手には3連覇のかかるジェンティルドンナとし、おさえにハープスター、デニムアンドルビー、ワンアンドオンリーとした。明日の4時過ぎには結果がわかるが果たしてこの予想はあたるのだろうか。

ジャパンカップの予想
◎ エピファネイア
○ ジャスタウェイ
▲ ジェンティルドンナ
△ ハープスター、デニムアンドルビー、ワンアンドオンリー

[PR]
by motokunnk | 2014-11-29 17:36 | スポーツ全般 | Trackback(5) | Comments(0)

来週から衆院選2014、本番を前にしての前哨戦

大義なき衆議院選挙と言われているが、12月2日の公示を前に各党とも事前の選挙活動を熱心に取り組んでいるようだ。解散をした政府自民党にしてみれば、今選挙をしておけば過半数(安定多数)をとれるから決意したのであってそれをどう正当化させるか、後付け理論構築に苦慮している。
そこで、「テレビ局の選挙報道で細かく公平性要請」というような文書まででてきた。これはどういうものかと思う。服部孝章・立教大教授(メディア法)の話を引用すると「放送法の文言をひいて「公平中立」を求めているが、実態はテレビ局への恫愒(どうかつ)だ。しかも、以前のテレビ局の報道を「偏向報道」と批判している。アベノミクスに批判的な識者を出演させないよう予防線を張っているともとれ、焦りも感じる。政権担当者は批判されるのが当たり前なのに、自分たちの都合のよい報道を求めるのは危険な行為だ。」となる。
かなり危険な発想であり、自民党に応援演説を送らない評論家などの出演をこばんでいるとも受け取れる。報道は偏重があってはならずすべてに対して平等でなければならないから、自民党は政権政党なので攻撃されやすいであろうが、その攻撃を回避(反撃)してこそ政権与党としての地位が安定するわけである。
ここは大人げない行動をとらずにどうどうとしていればよいのではないか。どうどうとして選挙に負けてしまったら、解散が失敗だったと笑ってごまかすしかないのだが、この可能性はないと思うほど野党がだらしない。選挙で白票を投じれば現政権にNOという意思表示をしたと決めてくれれば喜んで白票を投じるのであるが。
参考URL → 衆院選2014
参考URL → 衆院選・毎日
参考URL → 衆院選・PAGE

[PR]
by motokunnk | 2014-11-29 08:20 | 日記 | Trackback | Comments(0)

日本文化体験事業でつくばまで

今日は1日、勤務している財団法人主催の「日本文化体験事業」でつくばまでバスツアーの引率者であった。顧客は財団が奨学金援助している大学院生ご一行である。
一応、日本文化体験事業なので日本の先端技術を紹介できるところを選んでいる。過去は企業であったが、今年はつくば大学・サイバニクス研究センターとJAXAである。
午前中に筑波大学を訪問し、午後はJAXAを訪れるというけっこう強行軍であった。サイバニクス研究センターではHALについて、開発者である山海先生のプレゼンテーションを受けた。対象が外国人学生なのですべて英語であったが、事前に資料(こちらは日本語)を読んでいたので内容は半分は理解できたと思う。
d0183174_20590830.jpg
HALは医療分野向けの製品だが今後は他分野にも応用していくと行っていたが、軍事利用はできればなしにしてほしい。100キロ以上のロケット砲を一人で持ててしまう能力をHALがサポートできるからちょっとこわいような気もした。
午後はJAXAの見学である。こちらは見学コースが用意されていてそちらを予約するだけでOKである。コースは3種類あり、「きぼう」の運用管制室見学がつくコースであった。ただ、見学してみて感じたのだが、運用管制室見学はガラス越し(それもかなり管制室からは離れている!)なので、臨場感は感じられなかった。
d0183174_20591671.jpg
スペースドームは「きぼう」の実物大模型があったり、宇宙服が飾られていたりとそこそこ興味を引く内容が展示されていた。
往復観光バスを利用したのだが、行きは常磐自動車道は空いていてオンタイムで移動できたが、帰りは金曜日ということもあり、常磐道に限らず、都心へ向かう高速道路は渋滞しており、とてもオンタイムというわけにはいかなかった。ただ、それでも30分遅れで財団まで戻ることはできたのでよかったが。

[PR]
by motokunnk | 2014-11-28 21:00 | 最新技術 | Trackback | Comments(0)

手すき和紙の技術 無形文化遺産登録決まる

d0183174_08352952.jpg今朝未明、ユネスコ=国連教育科学文化機関のパリ本部で開催されていた無形文化遺産の登録を審査する会議において日本の手すき和紙の技術が無形文化遺産に登録されることが決定した。
5年前に島根県の「石州半紙」は無形文化遺産登録されていたが、政府は今回「石州半紙」も含め、岐阜県の「本美濃紙」、埼玉県の「細川紙」の3つをまとめて和紙作り技術として世界にアピールしようという思惑もあり申請したそうだ。
その結果として申請が認められ、すべて無形文化遺産登録されたのだから、ある意味では政府の作戦勝ちだったかもしれない。いずれにしろ無形文化遺産に登録されたことは喜ばしいことで日本の伝統文化がまたひとつ世界に認知されたと思う。
日本では2001年に能楽が登録されてから2003年に人形浄瑠璃文楽、2005年に歌舞伎が登録されるなど、過去に20数件の無形文化遺産が登録されている。
最近では昨年に「和食 日本人の伝統的な食文化」が登録されている。埼玉県では群馬県の富岡製糸工場と協力して世界遺産としてPRしていきたいと考えているようだ。紙、文化遺産というつながりが観光に発展していくかどうか注目していきたい。

[PR]
by motokunnk | 2014-11-27 08:38 | 日記 | Trackback | Comments(0)

F1テスト開催、マクラーレンホンダF1登場

日曜日に2014年F1が閉幕したと思ったら、同じアブダビでF1のテストが開催されている。新シーズンに向けてなのか、新たなドライバーをテストするのか、各チームで目的は様々であろうが、来シーズンからエンジンサプライヤーとして復帰するホンダがマクラーレンチームの一員として参加した。
d0183174_19033954.jpg
初日はテストとは程遠い内容でわずか3周のみであったが、それでもスタッフコメントは明るく、来シーズン2月に開幕前テストには全く別のエンジンを投入するそうで、あくまで試作のエンジンを持ち込んでのテストのようだ。
ホンダサウンドはどのような音色を奏でてくれるのか、楽しみに来年を待つことにしよう。

[PR]
by motokunnk | 2014-11-26 19:04 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

紅葉と白根記念渋谷区郷土博物館・文学館の展示会

渋谷区には白根郷土博物館・文学館といういわば郷土の歴史を紹介している館がある。東京都の場合、いずれの区にも同様の施設があるようでそれぞれそのエリアの歴史などを展示しているようである。
地上2階、地下2階の建物で常設展示スペースは2階、地下2階部分で1階が企画展示スペースとなっている。場所は国学院大学のそばであるから、渋谷駅からも徒歩圏内といえそうだ。
企画展は毎回ユニークな展示があり、今展示されているのは、「オリンピックと渋谷」である。この郷土博物館も60歳以上は無料なので昨日、企画展を見に行ってきた。
途中、国学院大学を横に見ながら歩いていくのだが、キャンパスはすっかり紅葉、見事な紅葉を見ることができた。黄色く色づく樹木はないようであった。
d0183174_08465711.jpg
さて、企画展示であるが、もともと企画展示スペースといってもそれほど広いスペースではない。そのスペースをうまく利用して東京オリンピックと渋谷の関係について詳しく説明されていた。
代々木公園は今では都立公園であるが、第二次世界大戦後はワシントンハイツといって、米軍施設が建設されていた。その後1964年に東京オリンピックが開催されるのを機会に払下げられ、オリンピック選手村が建設された。
オリンピック後には公共施設となって今があることが紹介されていた。また、東京オリンピックのトーチ(これは常設展示にもある)や選手村食堂、サービスセンターの精巧な模型が展示されていた。これらの模型は初めて見るものであり、企画展が終了しても常設展示コーナーに移して展示して欲しい出来栄えであった。
d0183174_08470515.jpg
d0183174_08471295.jpg
d0183174_08471926.jpg
近くにはコカコーラ本社ビルの建て替え工事現場があるが、その看板には「オリンピックがまた東京にやってくる」と派手に書かれていた。オリンピックの公式スポンサーなのだから当たり前のことかもしれない。マンションの木々も見事な紅葉であった。

[PR]
by motokunnk | 2014-11-25 08:49 | 美術館・博物館・美術 | Trackback | Comments(0)

ハミルトン2度目のチャンピオン、白鵬32回目の優勝

F1最終戦アブダビGPが開催された。このレースは日没を挟んでのナイトレースとなることで有名であるが、今年はハミルトン、ロズベルグのメルセデスドライバー同士のチャンピオン争いで盛り上がったようだ。
ポールは逆転にもえるロズベルグが獲得したが、スタートでミス(というよりは完璧なスタートを決めたハミルトンのほうが素晴らしかった)をしてしまい、2番手からレースを進めることになった。
ハミルトンのマシンに比べてロズベルグのマシンは調子が上がらないようで、レースも半分を過ぎるころからずるずると後退してしまい、ラップ遅れの14位でレースをフィニッシュし、一方のハミルトンは終始トップを譲らず、見事に2度目のワールドチャンピオンを獲得した。
d0183174_10091066.jpg
今シーズンはメルセデス一色だったが、来シーズンのF1はどうなるのであろうか。来年3月、オーストラリアGPから新シーズンはスタートする。
そして大相撲、横綱白鵬が昭和の大横綱の大鵬に並ぶ32回目の優勝を飾った。千秋楽の一番も鶴竜の出足を止めた後は一直線に攻め込む完璧な相撲で優勝を引き寄せた。
d0183174_10092186.jpg
表彰式では涙をみせていた白鵬であったが、優勝インタビューでは母国モンゴルから見ている人たちへ感謝の言葉をモンゴル語で話すなど相撲ファンを大切にする一面をみせていた。
大鵬夫人の談話にもあるように、強い力士を育ててその力士を倒して記録を伸ばしていってほしい。
また今朝行われたNFL第12週、マイアミ・ドルフィンズは敵地でデンバー・ブロンコスと対戦、第4Qまでリードしていたが惜しくも36-39で敗れてしまった。AFC東地区にはニューイングランド・ペイトリオッツが首位をキープしているのでワイルドカードでプレイオフ進出を目指すドルフィンズであるが、この1敗は大きな敗戦となってしまった。

[PR]
by motokunnk | 2014-11-24 10:10 | スポーツ全般 | Trackback(3) | Comments(0)

地震発生と今日のスポーツ

昨晩、スポーツニュースを見ていると、緊急地震速報の画面が現れ、テロップで地震情報が流れた。ベットで寝ながらテレビを見ていたのでそれほど揺れた感じはしなかったが、東京も震度2だったそうだ。
震源は長野県でマグニチュードは6.8、震度6弱のところがあった。真っ暗な中での避難はさぞたいへんだったろうと思う。さすがにNHK、放送はニュースにきりかわり、地震関連ニュースになった。またテロップも同時にながされ、放送されていないときも情報は文字で流れている。このあたりは地デジとなった利点を最大限に活かしているいい点だと思う。
d0183174_08572726.jpg
今朝になり、テレビで現地の様子が映し出され、かなりの被害がでていることにビックリした。海沿い地域でなく津波が発生しなかったのがせめてもの救いかもしれない。
さて今日は、大相撲の千秋楽である。果たして白鵬が32回目の優勝を飾ることができるかどうかが注目である。昨日の横綱日馬富士戦では圧倒的な強さで勝利し、存在感を魅せつけている。この強さが千秋楽の土俵で再現されれば優勝は確実かとも思われるが、勝負の世界は何がおきりかわからないのが常である。
そしてF1第19戦のアブダビGPが開催される。今シーズンの最終戦、ポールは逆転チャンピオンを目指すロズベルグが獲得したが、果たして決勝レースはどんな展開となるのであろうか。
ポイントが2倍となるだけあって、ロズベルグが優勝すればチャンスはありそうに思えるのだが、いずれにしろ夜が楽しみではある。
参考URL → 長野で震度6弱、新潟5弱
参考URL → 白鵬単独トップ1敗キープ
参考URL → 逆転王座へニコがPPを奪取

[PR]
by motokunnk | 2014-11-23 08:58 | 日記 | Trackback | Comments(0)

マイルCSも重賞未勝利馬が勝つ、その馬はフィエロ

秋のG1は5戦連続して重賞未勝利馬が勝っている。この馬たちはスノードラゴンを除いて人気は一桁人気、それも5番人気以内で勝って不思議のない馬である。
このマイルCSにも候補がいる。それはフィエロである。休み明けのスワンSは差のない3着と好走している。そして京都コースとは相性抜群のディープインパクト産駒である。しいて欠点を探せば鞍上がディープインパクト産駒の相性が悪いことであるが、今日のメインレースではダコールに騎乗して勝っており心配ないと思うのでダコールを本命とする。
d0183174_08413292.jpg
対抗にはタガノグランパを推す。春、秋ともクラシック路線を歩んだが、この馬はマイルで好走するようだ。したがって京都のマイルでどんな走りをみせてくれるか注目したい。
3番手にはワールドエース、毎日王冠では惨敗したが、春のマイラーズCの再現を期待した。そして抑えにレッドアリオン、サンレイレーザー、ミッキーアイルを指名する。
明日はどんな展開となるか、楽しみである。

マイルCSの予想
◎ フィエロ
○ タガノグランパ
▲ ワールドエース
△ レッドアリオン、サンレイレーザー、ミッキーアイル

[PR]
by motokunnk | 2014-11-22 17:21 | スポーツ全般 | Trackback(5) | Comments(0)