<   2015年 02月 ( 29 )   > この月の画像一覧

錦織世界ランク4位は目の前、マクラーレンホンダはロングランテスト、そして競馬界の悲報

昨日もいろいろスポーツ関連の話題が満載であった。まずはテニスの錦織圭がアビエルト・メキシコ・テルセル準々決勝を突破してベスト4に進出した。
この試合の相手はウクライナのドルゴポロフ、全豪オープンではダブルスのペアを組み、決勝まで進出した古くからの友人である。手の内はしっかり把握している相手にじっくり構えて第1セットは最初の相手サービスゲームをブレイクして有利な流れをつくった。
途中でサービスゲームをブレイクされたがすぐにブレイクバックしてこのセットを6-4でとると、第2セットも先にサービスゲームをブレイクしてリードし、そのまま6-4で2セット連取で準決勝に進出した。準決勝の相手はメンフィスオープン決勝でくだしたアンダーソンである。
d0183174_08442839.jpg
今日行われる準決勝に勝利すると世界ランキングは4位になることが決定している。4位になれば4大大会で第4シード以内が確定して少なくとも準決勝までは上位シード選手との対戦はない。またいろいろとツアー参加にも融通がきくらしい(無理が利くらしい?)のでぜひ勝利してランク4位を確定してほしい。
F1バルセロナテスト2日目、マクラーレン・ホンダは今シーズンのテストで1日では最長となる101周を走破した。パワーユニットを交換してテストに臨んだマクラーレン・ホンダ、午前中はフロントウィング調整と、それに伴うセットアップ変更に費やしたという。午後はロングランテストを実施、機械的なバランスチェックやドライバーを含めたピット練習などを行ったという。
d0183174_08443766.jpg
テスト終了直前に電気系トラブルが発生してしまったが、テストを担当したバトンのコメントを聞く限りでは前向きな姿勢が汲み取れた。「僕らはまだまだ多くの仕事を残しているが、今日はよい一日となった。思うようにテストができないのは、決して楽ではない。だがようやくいい感じで前に進んでいる。今日は多くの情報を得ることができた。」
そして競馬界から悲報が届いた。JRA所属の後藤浩輝騎手が自宅で自殺したそうだ。後藤騎手というとその明るい性格からファンも多く、勝利ジョッキーインタビューの際には数々のパフォーマンスを披露してくれたことが印象に残る。
最近は度々の落馬事故で長期休養をしていたが復帰してからは勝星を積み重ねていたようだ。後藤騎手といって思い出に残るシーンはシゲルスダチとの出来事である。後藤騎手はNHKマイルCでこの馬に騎乗して落馬してしまうのであるが、落馬した後藤騎手の元をなんとこのシゲルスダチは動かず、心配そうに見つめていたのである。このシーンが流され、シゲルスダチは一躍有名になったのである。
一番騎手の中では自殺と縁遠いと思っていた後藤騎手、ご冥福をお祈りいたします。

[PR]
by motokunnk | 2015-02-28 08:46 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

錦織ベスト8進出、マクラーレンはトラブル、そして洗濯絵表示の変更

錦織圭がアビエルト・メキシコ・テルセルの2回戦でルー・イェンスンをストレートでくだしてベスト8に進出した。
初戦は屋外コートで風に悩まされた錦織であったが、2回戦となり、風、コートへの対応は出来ていたようで第1セットは2回相手のサービスゲームをブレイクして6-1と圧勝した。
d0183174_08422722.jpg
第2セットもこのまま相手を圧倒するかと思っていたが、サービスゲームをブレイクされてしまい3-3の同点に追いつかれてしまった。たはだルー・イェンスンのミスも多く、その後の3ゲームを連取して結局このセットも6-3でとり、1時間弱で勝利をあげベスト8に進出した。
準々決勝の相手は第5シードのドルゴポロフである。錦織とドルゴポロフは、1月に行われたブリスベン国際男子のダブルスでペアを組んでおり、手の内は知り尽くしているだけにやりにくい面もあるかもしれない。
マクラーレン・ホンダがトラブル続きである。F1開幕までには最後となる合同テストがスペインバルセロナではじまったが、初日からトラブルがでてしまい、バトンは7周しか走ることができなかった。
d0183174_08423564.jpg
ハイドロリックトラブルによりパワーユニットの交換を強いられてしまい、午後の走行はキャンセルするしか方策はなく、バトンは2日目もステアリングを握ることとなった。背水の体制で今回のテストに臨んだマクラーレン・ホンダであるが初日から思わぬエンジン交換を強いられてしまい、後がなくなってしまった。
最低限、レースディスタンス走れるだけのテストはしてほしいが、それも無理なのかもしれない。初戦から結果を求めることはやめてグリッドにつく姿を見るだけで十分と考えるのが妥当なのかもしれない。
洗濯絵表示がJISで規定されているがそれが改定されたそうである。22種類から40種類強へと大幅にふえ、国際規格に準拠した形だそうだ。ピクトグラムは日本発祥であるが、世界的にはわかりにくいものもあるようだ。
d0183174_08424408.jpg
国際化による表示の改正のようであるが、わかりにくいとの声もあり、国際化を進めていくうえでマーク一つの変更もたいへんなことだなあと思ってしまった。

[PR]
by motokunnk | 2015-02-27 08:45 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

映画「ゴジラ」のDVD発売、そしてF1最終テストが開始

昨年夏に日本公開された「ゴジラ」のDVDが発売された。劇場で見たのであるが、コレクションとしてDVDも欲しかったので購入することにし、予約していたところ昨日宅配で手元に届いた。
映画館で見る迫力はないが、観かえしたりすることができまたトイレ休憩も一時停止ボタンを押すことで自由にできるなどやはりDVDならではといえる特徴が利用できる。
d0183174_08414583.jpg
また吹替版、字幕版も選択できるところは他の映画DVDと同じである。ストーリーはだいたい覚えていたが、細部は忘れてしまっており、この後どうなってしまうのか一瞬ドキドキしてしまうシーンもあった。
ゴジラパート2の制作も発表されたそうで第2作にも注目したい。本家日本の東宝もゴジラを復活させる話もあるそうでこちらは2016年公開、楽しみである。
そしてスペインバルセロナではF1合同テストが今日から4日間の予定で開催される。来月オーストラリアで開幕するF1シーズンテストの最終回である。
前回テストでクラッシュしたアロンソは退院あいてそうだが大事をとって今回のテストには不参加が決定、マクラーレン・ホンダはテストドライバーのマグヌッセンを起用することを発表した。ラインナップも発表されたが初日のバトン以外は未定だそうだ。
開幕までのこされたテストは後4日、果たしてどこまで熟成することができるのであろうか、マクラーレン、ホンダ陣営の努力は報われるのであろうか。

[PR]
by motokunnk | 2015-02-26 08:43 | 日記 | Trackback | Comments(0)

プロ野球ファンが注目した紅白戦と大使館めぐり

昨日の日本ハムキャンプは日本ハムファンだけでなく、全国のプロ野球ファンが注目する対決があった。将来の侍ジャパンを背負っていくであろう中田翔と大谷翔平の対決が実現したのである。試合開始前には雨が降り、紅白戦は中止かと思われたが、25分遅れて無事に開始された。白組で先発した大谷翔平は中島、中田にヒットは許したが他の打者は抑えて3回を無失点で切り抜けた。
一方、紅組の先発木佐貫は初回、渡辺に先制弾を浴び、2回も連打で失点し、3回にはレアードに一発を浴びてしまった。前回の登板でも1発を浴びたが、微妙な制球がまだ定まらないようであった。
そして4回、予定した最終イニングでの大谷vs中田の対決は見ものであった。変化球で1-2と追い込むと、中田は捕手の近藤を睨むしぐさ、これで配球を直球と見切った中田が右中間の柵越えの一発をはなった。
ホームランを打たれたといって紅白戦は外角中心の投球となるので試合後の中田のコメントも「ガチンコじゃない。翔平は調整でコントロールを重視してそれでもあの速さ」と大谷の投球を褒めていた。
d0183174_08490376.jpg
大谷自身も試合後のコメントでは「当てないように気を付けました」と内角を厳しく突けない不利な状況で、4回2失点で9奪三振。今季最速の156キロをマークするなど「いままでの試合の中ではよかった」と満足げに振り返った。
大谷について日本ハム・厚沢投手コーチ「(雨で)入りが難しい中、集中力を持っていた。クイックも速くなっている。1.13秒前後。(昨季は)平均1.28秒だった。走者はスタートを切りづらいと思う」とクイック投球の進歩を評価するなど開幕投手にむけての調整は順調のようである。
話はかわり、私の住んでいる東京都渋谷区も大使館は多いがお隣の港区も大使館の数はハンパではない。その港区で3月6日まで「港区の大使館等をめぐるスタンプラリー」が開催されているそうだ。港区内にある大使館等15か所を巡るスタンプラリーで3月7日午後に新橋駅前SL広場で開催される港区ワールドカーニバルで豪華賞品があたる抽選会への参加資格が得られるそうだ。
d0183174_08491162.jpg
15の大使館はボリビア、エクアドル、フィジー、モルディブ、スロヴェニア、ブルキナファソ、マダガスカル、ギリシャ、エチオピア、モザンビーク、アフガニスタン、台北、オーストリア、カナダ、ドイツだそうだ。
パスポートを入手して大使館巡りをするのもいいかもしれない。もっと早く気づいていればよかった。この活動は東京都の地域資源発掘型実証プログラム事業の一環として企画実施されているようで、東京都のホームページにも掲載されていた。

[PR]
by motokunnk | 2015-02-25 08:50 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

アカデミー賞とサラリーマン川柳と

第87回アカデミー賞が発表された。作品賞は「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」、主演女優賞はジュリアン・ムーア(「アリスのままで」)、そして主演男優賞はエディ・レッドメイン(「博士と彼女のセオリー」)であった。
d0183174_08331542.jpg
予想通りではなかったが、下馬評であげられていた作品、俳優が受賞したようである。個人的にはアメリカンスナイパーに作品賞をとってほしかったが、音響編集賞のみの受賞に終わったのは残念であった。日本映画も長編アニメーション賞候補として「かぐや姫の物語」、短編アニメーション賞候補として堤監督の「ダム・キーパー」があがっていたがどちらも受賞というわけにはいかなかった。
長編アニメーション賞は「ベイマックス」、そして短編アニメーション賞は「愛犬とごちそう」とどちらもディズニー作品、やはりアニメはディズニーが強いようである。
そしてサラリーマン川柳ベスト100が公開され、昨日から約1カ月の応募期間でベスト10および最優秀作品を決める投票がスタートしている。
d0183174_08332483.jpg
いかにもという句が多数ノミネートされており、どれに投票しようか迷ってしまう出来のよさであるが、「知恵を出せ 出したら上司の 案となり」、「『まかせたぞ』 できない上司の 逃げ言葉」などは会社にいたときに感じたことであり、何故か共感してしまった。

[PR]
by motokunnk | 2015-02-24 08:36 | 日記 | Trackback | Comments(0)

ラグビー日本選手権準決勝、F1バルセロナテスト、そしてスキー世界選手権

日曜日もスポーツ中継がTVでオンエアされたのでそれを観て過ごすことができた。チャンネルを選びながらスポーツ番組のハシゴをしたがその中で印象に残ったのはラグビー日本選手権準決勝であった。
特に第2試合のサントリーvsパナソニックは文字通り1点を争う試合展開であった。パナソニックは連戦の疲れか、レギュラーメンバーを数名欠く構成であったが、メンバーが変わっても迫力は抜群であり、試合はサントリーがPGで先制したがすぐに逆転のトライをあげた。
d0183174_08484496.jpg
このまま試合はパナソニックがリードを拡げるかと思ってみていたが、今日のサントリーは一味違い連続してPG、トライを取り再逆転、前半を13-12とわずか1点リードで折り返した。
後半に入り、お互いにPGを取り合い、19-18とパナソニックがリードを許してして逆転するために、攻撃をしていたが、残り時間10分となったとき、パナソニックの攻撃をブレイクしてサントリーが連続してトライをあげて31-18とリードを拡げた。
残り時間は5分、これで勝負あったかに思われたが、ここからパナソニックが底力をみせ、残り3分、反撃のトライをあげ、ゴールも決めて6点差とした。1トライ、ゴールを決めれば逆転である。残り時間もパナソニックは必死に攻め続けたが、最後はファンブル、そのボールをサントリーが蹴りだして80分に及ぶ熱闘は終わった。ちなみに今年にはいってからサントリーは全勝である。
これで土曜日はヤマハvsサントリーという新鮮な組み合わせで決勝が行われる。きっと決勝も白熱したいい試合となるのではと今から期待している。
F1合同テスト最終日、マクラーレン・ホンダにアクシデントが発生した。この日は午前アロンソ、午後バトンというドライバー構成に変更してテストに臨んだ。
d0183174_08485158.jpg
そして午前のセッション終盤にコース前半の大きく右に回り込むコーナーを過ぎたところでコントロールを失い、内側のコンクリートバリアにマシンをヒットさせた。
マシンは大破しなかったが、アロンソは脳震盪を起こしたようでヘリで病院に搬送された。その結果、マクラーレンホンダの午後のテストはキャンセルされ、残るテスト期間は来週の4日間となってしまった。
もともと黄色信号が灯っていたマクラーレン・ホンダであるが、これで赤信号となってしまい、開幕のオーストラリアGPにはテスト終了した段階でのF1マシンは投入できそうもないようだ。開幕戦も少なくとも予選はテストに費やす可能性が大きそうだ。
日本時間深夜に開催されたノルディック世界選手権大会のジャンプ混合団体戦、前回は金メダルに輝いていたが今回は銅メダルに終わってしまった。
この大会、今年のW杯で好調であった葛西選手の調子があがらなかったこと、女子では伊東選手が個人では最高の成績をあげたが団体では気負ってしまったことが敗因といわれているが銅メダルをとったことは立派であり、最低でもメダル確保という目標は達せられたと前向きに考えたい。

[PR]
by motokunnk | 2015-02-23 08:51 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

球春をつげる、オープン戦スタート、そしてマクラーレンの失望

プロ野球のオープン戦がキャンプ地を中心にはじまった。いよいよ球春のスタートである。なかには開幕戦と同一カードが組まれているものもあり、実践を通じて、新戦力のチェックが活発に行われたようだ。
そのひとつである日本ハムvs東北楽天の試合、日本ハムは開幕戦と同じオーダー(DHの大谷以外)であろうベストメンバーを組んできた。そして1回裏のチャンスで4番中田翔にアクシデントが発生した。キャンプを順調にこなしてきた主砲がいきなり太ももに違和感を感じてベンチに!
大事にはいたらなかったようであるが、怪我は禁物である。先発した武田勝は3回をパーフェクトにおさえ順調な仕上がりを魅せた。そして試合は1点リードされた9回裏に今まで無安打だった大谷が技ありのヒットで出塁、2死2ストライクから岡の同点タイムリー2塁打がでて試合は2-2で引き分けに終わった。
d0183174_08511324.jpg
新外国人選手のレアードの3塁守備も無難であったし、前述の岡も結果をだし、まずまずの初戦ではなかったかと思えた。
マクラーレンホンダはトラブル続きである。バルセロナテスト初日に発覚したMGU-K(運動エネルギー回生システム)の交換パーツも問題解決にはいたらなかったそうだ。そのため、テストスケジュールが大幅に狂ってしまい、まるで去年のレッドブル状態だそうである。
最終日にMGU-K(運動エネルギー回生システム)の交換パーツが再度組み込まれるそうだが、果たしてうまく機能するかどうかが心配である。
d0183174_08512177.jpg
そして今日は東京マラソン、ほぼ1日中首都機能(特に幹線道路)がマヒしてしまう一日である。小雨まじりの天候であるが、怪我人などなく無事に終了してくれることを願うのみである。

[PR]
by motokunnk | 2015-02-22 08:52 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

今年最初のG1フェブラリーSの予想

今年もG1シーズンがやってきた。初戦はダートのマイル戦、フェブラリーSである。ちまたの予想では、昨年の覇者であるコパノリッキーの連覇が濃厚だといわれている。
d0183174_18325108.jpg
昨年は16番人気、そして今年は1番人気であるが、連覇はあるのかどうか、私はあると考える。それはG1を制覇してからの安定感である。唯一の着外は出遅れが原因であり、出遅れさえなければ連にはからむであろう。
対抗にはインカンテーションを指名する。内田騎手に乗り替わり実力がフルに発揮できるのではと思う。3番手にはワイドバッハ、おさえにサンビスタ、ワンダーアキュート、ワンダーアキュートをあげておく。
明日の東京は小雨模様、そして春一番が吹くかもしれない。馬券も春一番の大荒れとなってしまうかもしれない。

フェブラリーSの予想
◎ コパノリッキー
○ インカンテーション
▲ ワイドバッハ
△ サンビスタ、ワンダーアキュート、ワンダーアキュート


[PR]
by motokunnk | 2015-02-21 18:34 | スポーツ全般 | Trackback(5) | Comments(0)

日本ハムの開幕投手は予想通り大谷翔平

昨日のスポーツニュースはこの話題がトップニュースとなっていたようだ。栗山監督も粋なはからいをしたようで、午前11時11分にこの発表をしたそうだ。
d0183174_08463332.jpg
大谷翔平の背番号は11番ということで語呂合わせに近いが、話題性は十分であった。栗山監督になって開幕戦は3連勝である。斉藤祐樹にはじまり、武田勝、吉川光夫そして今年は大谷翔平である。毎年、その年に期待する投手を開幕戦に充てているようだ。
開幕投手はその後のローテーションで各チームのエース級と対戦することになる。日本ハムの優勝の行方は3年目の大谷翔平の右腕に託されたといってもいいかもしれない。そして今日からオープン戦である。日本ハムの相手は開幕戦で激突する東北楽天、ここでたたいていいイメージを植え付けたいと思うのだが。
2日目をむかえたF1バルセロナテストはレッドブルのエースとなったリカルドがトップタイムをマークした。テストは各チームがそれぞれ目的をもって行っているものなのでトップタイムは意味のないものではあるが、やはりチーム体制が変更となったチームにとっては士気があがる出来事だと思う。
d0183174_08464196.jpg
マクラーレンホンダは、アロンソがドライブして今シーズンのテストとしては最長の59周を走破した。新井F1プロジェクトリーダーは「今日のプログラムは実りあるものでした。パワーユニットを使って本番に則した走りをできました。」と前向きのコメントを発していた。
ただ、ドライブしたアロンソによれば、マシンのポテンシャルは相当高いものがあるそうだが、開幕のオーストラリアから全開というわけにはいかないようで、夏ごろに100%の真価が発揮できればとのこと、まず開幕は入賞を目指す走りになる?

[PR]
by motokunnk | 2015-02-21 08:48 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

中田翔が特大アーチ、そしてマクラーレンホンダにトラブル発生

実践を軸にキャンプを進めている日本ハム。昨日も韓国チームとの練習試合が行われた。韓国チームの選手は昨シーズン実績を残した選手は先発していないようでチームの底上げを期待したメンバーだったようだ。
日本ハムは中田翔が4番にはいり、両外国人が3、5番と新戦力のチェックを兼ねたオーダーであった。収穫はMLBから復帰した田中賢介に初ヒットがでたことである。初回の2塁打は韓国守備のもたつきがあり、エラーがついてもよかったが、2打席、3打席目のヒットは文句なしであった。
本人も超スロー調整といっているので心配はしていないが、やはり練習試合とはいえ初ヒットはうれしいと思う。
風が外野に向かって吹いていたことを割り引いても中田翔のホームランは特別であった。打った瞬間にホームランとわかる1打で、軽く場外へと運んだパワーにはさすがに侍ジャパンの4番打者という風格が備わってきた。
d0183174_08423769.jpg
大谷翔平も代打で出場し、タイムリーを打った後、外野からの返球間に2塁に進塁するなど野球センスの非凡さを魅せてくれた。
投手陣はメンドーサが初登板、3回を1失点におさえ、まずまずの内容であったが、2回目の登板となった吉川はピリッとしない投球であった。おまけに打球を太ももに直撃、降板したが大したことはないそうである。やはりキャンプでこわいのは怪我である。
いよいよ明日は楽天とのオープン戦である。開幕カードと同じチームとのオープン戦、勝敗は関係ないといってもやはり勝って今シーズンをスタートしたい。
昨日からはじまったF1合同テスト、マクラーレンホンダの走りに注目していたがトラブルが発生したそうだ。メカニカルバランスの変更を評価しつつショートランを繰り返したが、午前中に3度目のランを終えた後、MGU-Kのシール破損による問題で午後のテストができなくなってしまった。
d0183174_08424542.jpg
問題再発を防ぐためには再設計したコンポーネントを使用する必要があるが、アップデートパーツは土曜まで届かないため、翌日の金曜にも同様のトラブルが発生する可能性があるとチーム関係者は言っており、土曜日には交換パーツが届くので土日2日間で残りのテストを実施するそうだ。
金曜は限られた距離しか走行できないことが予想され、マシンバランスに関して最大限に学ぶために時間を要するセットアップ変更を行い、長時間のインターバルをはさみながらの走行になる予定だということだ。
ドライバーラインナップも木・金はバトンの予定であったが、金曜はアロンソに交替してテストし、パーツ交換終了後にバトン、アロンソの順番でテストを行うそうである。1日目、午前中のみの走行であったがバトンの周回数は21周であった。
参考URL → 「様々の戦力」
参考URL → あっぱれ場外特大140メートル弾!・写真転載サイト
参考URL → マクラーレン・ホンダ、トラブルで今後に支障
参考URL → バルセロナ合同テスト・写真転載サイト
[PR]
by motokunnk | 2015-02-20 08:44 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)