<   2015年 05月 ( 36 )   > この月の画像一覧

日本ハム・大谷翔平が開幕7連勝、そして夜の地震について

日本ハム・大谷翔平が昨日の中日戦に先発した。前回の登板では7回に急に乱れてしまって勝ちをフイにしているだけにどんな投球をするのか注目してみることにした。相手中日の先発は吉見一起、右肘故障から復活して今シーズンは3連勝している好投手、先制点をあげない投球が必至であった。
しかし大谷翔平、1回は無難におさえたが、2回先頭のルナに四球を与えてしまった。続く和田に右中間を破られて早くも1失点、続く3回もこれまた先頭打者に四球を与えて失点とどうにもピリッとしない投球であった。さすがに失点を与えた後のピンチはおさえたところが並みの投手とは違うところだが。
一方の吉見は調子がよさそうで2回を杉谷のヒット1本におさえていた。ところが3回、一死から大野に四球を与えると続く西川にライト前にはこばれ、中島の1塁ゴロを送球エラーもあり、一死満塁のピンチを招いてしまった。突如の制球難、吉見に何かあったのかと思ったが、田中、中田をピシッとおさえて無失点で切り抜けたところはさすがであった。
4回から大谷のピッチングがかわった。いつもの近藤ではなく大野が捕手だったので(やはりリードはうまい!)、配球がかわり、スライダーを効果的に使うようになった。そのおかげで結果的に4~8回までをパーフェクトにおさえ今シーズン最多となる13奪三振を奪うことができた。
そして4回裏、吉見が降板(やはり右肘に違和感を感じたそうだ)し、日本ハムの反撃がはじまった。先頭の岡が2塁打、一死3塁となり、浅間をむかえたがあえなく3球三振、これで折角のチャンスも終わってしまったかと思ったが、ピッチャーのワイルドピッチ(うまい捕手ならとっていた!)があり、岡が判断よくホームをおとしいれた。この1点が大きかったと思う。
5回裏にもチャンスをつかんだが、中田のヒット性の当たりが好捕されてチャンスをつぶした6回裏、再び岡がヒットで出塁し、牽制がそれる間に2進した。バントで一死3塁となり、浅間が前回の汚名挽回といえる同点タイムリーを放った。レアード三振のあと、大野が2塁打を放ち、これで3-2とようやくリードを奪った。
日本ハムは同点には追いつくが、逆転することができない試合が多かったのでこの1点は大きかった。続く7回にも二死から中田を抑えるために登板した又吉からこの試合を決める18号ソロホームランを中田翔がうち、最後はちょっと冷や汗がでたが増井が9回を抑えて日本ハムが4-2で中日を破った。
d0183174_08425391.jpg
開幕投手の無傷7連勝は、2004年岩隈(近鉄)が12連勝して以来11年ぶり、日本ハムでは61年久保田、79年高橋直の6連勝を抜いて単独最多となった。また13奪三振は、昨年7月9日楽天戦の16に次ぎ自身2位。交流戦は13年6月1日中日戦でプロ初勝利を挙げて以降、10試合で5勝0敗とこちらも連勝を続けている。
そして夜8時半前、けっこうおおきな揺れが日本各地を襲った。マグニチュード8.5の巨大地震だそうで、2011年3月の東日本大震災(M9.0)以降、最大規模となる地震は。震源も深さ590キロという極めて深い場所で起きたという。このような地震を深発(しんぱつ)地震というそうだ。
大涌谷の異変、鹿児島県の口永良部島で爆発的噴火が起こり、そして昨夜の地震、地球の内部で何か大きな変動が起きているのではないかと思ってしまう昨今の天変地異である。

[PR]
by motokunnk | 2015-05-31 08:45 | 日記 | Trackback | Comments(0)

一番運の強い馬が勝つのが日本ダービー

皐月賞の1、2着馬が日本ダービーの1、2番人気となっているケースが多いが、人気通りに日本ダービーも1、2着となることは少ないそうだ。
今年もその可能性がある。ドゥラメンテとリアルスティールが並んだ枠に決まったので、意識しなくても双方相手の動向を意識してしまいそうだ。そして追い出しが遅れて1着を逃してしまうと考える。
d0183174_18342243.jpg
そこで私の本命はサトノラーゼンである。漁夫の利を得る形でダービーを制すると思う。オーナーの里見さんにしてみれば初のクラシック制覇をこの馬で成し遂げるとは思いもよらなかったのではないだろうか。
そして対抗はリアルスティール、3番手にドゥラメンテ、おさえにサトノクラウン、タンタアレグリア、レーヴミストラルをあげておく。

日本ダービーの予想
◎ サトノラーゼン
○ リアルスティール
▲ ドゥラメンテ
△ サトノクラウン、タンタアレグリア、レーヴミストラル

[PR]
by motokunnk | 2015-05-30 18:35 | スポーツ全般 | Trackback(7) | Comments(0)

火山噴火と名人戦とルマンテストディなど

昨日お昼のニュースで鹿児島県の口永良部島が噴火した。知らなかったことであるが昨年8月に小規模な噴火をしてから気象庁は、噴火警戒レベルを3(入山規制)に引き上げて監視を強化していたそうだ。
ただ、全国のニュースでは放送されておらず、ちょっとビックリのニュースであった。島の火山が爆発というと2000年の三宅島の噴火が思い出される。あの時も全島避難が指示されて、島民が戻るまでには5年の歳月がかかってしまった。
d0183174_08483504.jpg
今回の全島避難、島民が無事島に帰ることができるのにどのくらいの月日がかかるのであろうか。ちょっと心配な出来事ではある。
将棋の名人戦では羽生善治名人が挑戦者の行方尚史八段に勝ち、2期連続通算9期目の名人位獲得となった。名人位9期というのは大山康晴十五世名人の通算18期、中原誠十六世名人の通算15期に次いで単独3位。
また名人に限らず将棋界のタイトル獲得数はダントツの91期となった。将棋界のすべてのタイトルを総なめにし羽生7冠と言われた時期もあったが、現在も4つのタイトルを保持している将棋界のエースである。
来週からは棋聖戦の防衛がはじまるそうだが、羽生名人大忙しである。
そして6月13日~14日はルマン24時間レースが行われる。そのルマンであるが、明日の31日に恒例となっているテストディが開かれる。
64台のマシンが集結してルマンのサルテ・サーキットを爆走する。今年は日本人も6名がエントリーしているので、ひょっとすると日本人同士のトップ争いが観れるかもしれない。
d0183174_08484388.jpg
ニッサンのニューマシンもルマンに登場しているようだし、ルマンでの走りはどうなのか、心配半分、期待半分である。
怪我から復帰できるかどうかが心配されている中島一貴であるが、トヨタ1号車のエントリーリストにその名前があり、自身のブログでも「ルマンに到着」と元気な姿を見せている。小林可夢偉がリザーブ登録されており、二人のツーショット写真もある。
MotoGPはイタリアGP開幕である。ヤマハのロレンゾがヨーロッパラウンド2連勝と好調である。イタリアGPでホンダの巻き返しはあるのだろうか、1日目を観る限り、ドゥカティのドヴィツィオーゾがトップ、ホンダのマルケスが2位、ヤマハのロレンゾが3位で続いている。
またMoto2クラスでは前戦でシングルフィニッシュした中上貴晶が6番手と好位置につけている。今日の予選が楽しみである。
そして今日のプロ野球交流戦、日本ハムの先発は大谷翔平である。無傷の7勝目がなるか、チームが連敗中だけにここはエースとして連敗ストップが使命であるが、相手の吉見も怪我から復帰後は好調を持続しており、先制点がポイントとなりそうである。

[PR]
by motokunnk | 2015-05-30 08:51 | 日記 | Trackback | Comments(0)

ヒカリエで開催されている写真展、錦織圭はベスト16一番乗り

昨日の朝めざましTVを観ていると、ヒカリエ8階で写真の展覧会が開催されていることが放送されていた。最近とんとご無沙汰しているヒカリエ8階のイベントフロア、どんな展示会が開催されているのか覗いてみることにした。
8階がオープンするのは午前11時からなのでその時刻にあわせてヒカリエに行くと、すでに8階にはいつもよりは多い人が来ていた。また展覧会関係者と思しき腕に腕章をつけた人もかなりいたように思えた。東京カメラ部という文字がやたら目につく展示会なのでちょっと調べると東京カメラ部主催の展示会であることがわかった。
d0183174_08370372.jpg
また8階のクリエイティブスペースも多くのスペースを貸し切って展示スペースとしていることも力をいれているなあと思った。
展示会場には各所にご覧のような貼紙があり、撮影自由、公開推奨と来客に宣伝活動をお願いするような私からすれば新しい集客活動だと感じた。
d0183174_08371120.jpg
d0183174_08371979.jpg
期間も来月14日まで19日間開催で、毎日有名写真家によるトークショーも開催されるそうだ。写真好きの方、足を運んでみてはいかがであろうか。
さて全仏オープン3回戦、錦織圭はドイツのベッカーと対戦する予定であったが、そのベッカーは右肩の怪我により棄権を申し入れた。これにより、錦織は思わぬ形で2年ぶりのベスト16進出となった。
大会初のベスト8進出をかけて錦織は、4回戦でL・ロソル(チェコ共和国)とT・ガバシュビリ(ロシア)の勝者と対戦する。グランドスラム大会は2週間の長丁場であり、体力面で若干心配のある錦織圭にとっては価値ある不戦勝のような気がする。
FIFAが激震している。米国司法省は27日、汚職の疑いでFIFA副会長2名を含む複数名を逮捕・起訴したというニュースが発信された。
ブラッター会長は27日「当局による捜査を歓迎している」と声明を出し、「不正を根絶するためにFIFAが取ってきた対策を強化する助けになる」と主張。29日の会長選を現時点では予定どおり開催するという姿勢を取っているが、会長辞任要求の声もあり、会長選挙直前に米国司法省が逮捕に踏み切ったタイミングなど謎も多いことは確かである。
参考URL → 東京カメラ部2015写真展
参考URL → 錦織が不戦勝で4回戦進出
参考URL → 汚職疑惑に揺れるFIFA

[PR]
by motokunnk | 2015-05-29 08:38 | 日記 | Trackback | Comments(0)

錦織圭、2年ぶりの3回戦進出

全仏オープン2回戦が行われた。錦織圭の相手はブラジルのベルッチ、先週のジュネーブオープンで優勝している猛者である。今までに4勝をあげているがすべてクレーコート、そしてサウスポーというのも錦織にとっては注意する相手である。
試合はお互いにサービスキープをしていくが、どちらかというとベルッチに勢いがあり、錦織は防戦一方でサービスをブレイクする余裕がないように思えた。第1セットも後半に入った第9ゲーム、錦織にチャンスがきた。40-0とリードして3回のブレイクチャンスを得た。
しかしベルッチが踏ん張り、3度のピンチを乗り切ってこのサービスゲームをキープした。このままタイブレイクにいくと、セットを失ってしまうかもしれないと思っていたが、幸運は第11ゲームにも訪れた。このゲームもブレイクチャンスを奪い、このゲームをブレイクすることに成功した。
続く12ゲームをキープして7-5と第1セットを奪取した。ベルッチペースで試合が進んでいた中での第1セット奪取は、第2セット以降にむけて大きなアドバンテージと思われた。
そんなことを思っていると、第2セットは立ち上がりから連続してベルッチのサービスゲームをブレイクして4-0とリードした。このセットは楽勝で錦織がとると思ったが、ベルッチの反撃にあってしまい、5-1から連続3ゲームを奪われてしまい、むかえた第10ゲーム、このサービスゲームをキープすると第2セットも錦織がとることに。
しかし、ゲームは一進一退の展開でデュースに入ってしまった。ここ一番で強さを発揮するのが昨年から今年にかけての錦織であり、この場面もその強さを発揮してポイントを獲得してこのセットも6-4で連取した。
第3セットも第3ゲーム、第7ゲームをブレイクしてリードを拡げたが、第8ゲームをブレイクバックされ、迎えた第10ゲーム、40-30からサービスエースが決まってこのセットも6-4で勝利し、錦織の2年ぶりの3回戦進出が決まった。
d0183174_08543916.jpg
スコアだけを観ると3-0の圧勝のように思えるが、第1セットは接戦であり、どこかで錦織がミスしていたらセットを失っていた可能性もある。セットを失ってしまうとその後の展開に余裕がなくなり、接戦となっていたかもしれない試合であったと思う。
さて3回戦の相手は、ドイツのベッカーである。過去2勝2敗と五分の対戦成績であるが、このところは2連勝しているそうである。気を引き締めて3回戦突破を目指してほしい。
そして週末の5月31日は競馬の日本ダービーが開催される。イギリスでは首相になるより、ダービー馬のオーナーとなる方が難しいといわれるほど権威のあるレースとして有名である。今年のダービーは皐月賞を勝ったドゥラメンテが二冠を制しそうだ。
d0183174_08544752.jpg
何と言っても皐月賞の勝ち方がハンパでなかった。4コーナーを回るところで大きく外へ膨らんでしまい、トップグループからは大きく離されてしまった。この位置から追い込みを開始し、アッという間に先行する馬をごぼう抜きして2着となったリアルスティールに1馬身以上の差をつける圧勝であった。
このレース同様の走りをすれば2冠は間違いなしであろうが、この馬は気性難だそうで、レース中に気性難がでてしまうと他の馬にも勝機があるといえそうだ。31日午後3時40分が待ち遠しいといえる。

[PR]
by motokunnk | 2015-05-28 08:57 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

今年から交流戦が様変わり、どこが強いか

昨日から2015年のプロ野球セ・パ交流戦がはじまった。昨年までとは交流戦のあり方が様変わりしたので、その違いをまとめてみる。
1.試合数が24試合→18試合に減少し、日程も6連戦中心となった
2.ホーム&ロードで2戦だったものが、どちらかの球場での3連戦となった(2年かけてホーム&ロードを実現)
3.リーグ対抗を色濃くし、優勝チームではなく、どちらのリーグが勝ったかを決める
4.MVPも3.で勝利したリーグ勝率1位球団から選出する
5.DH制はペナントレースと同様、パ主催ゲームで実施し、セ主催ゲームではDH制なしとする
などがおおきな違いである。
チームによっては有利・不利がでてきそうな今回の変更点である。こんな面白いデータを示しているサイトもあった。
d0183174_08584825.jpg
野球の常でホームゲームでの勝率は高い。ではロードではどうか、特に今年のように変則日程であるとその影響をモロに受けてしまう球団がありそうだ。
まずその恩恵を受けるのが日本ハム、デメリットがでてしまうのは埼玉西武だそうだ。一方で移動距離では最長なのが日本ハムで最短が埼玉西武だそうだ。いろいろなデータで語ってくれるが、果たして実際の試合はどうだったのであろう。
まず日本ハムであるが、ヤクルトとの一戦であった。初回に2点を先取され、2回を終了して1-3とリードを許してしまった。先発メンドーサがどうもピリッとしない。しかし3回表に中田の犠飛球、近藤の幸運なタイムリーで同点に追いついた。そして3回、4回とランナーをだしながらメンドーサがヤクルトを無失点におさえると、5回に中田の内野ゴロ、岡のタイムリーで勝越し点をあげ、この試合はじめて5-3とリードした。
d0183174_08585500.jpg
そして6回には試合を決める中田の3ランがでて、終わってみれば12-5の圧勝であった。
そして西武は巨人戦に1-11で敗れてしまった。今のところデータで示しているとおりに進行しているようだが、まだ交流戦は1試合を消化したのみ、これからどうなるかそれが興味深い。
全仏オープンは上位シード選手が順当に勝利して2回戦がはじまった。今日の錦織圭の相手はブラジルのベルッチ、午後8時からTV東京で生中継されるようなのでこちらも楽しみである。

[PR]
by motokunnk | 2015-05-27 09:01 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

サラリーマン川柳ベスト10発表、錦織の全仏2回戦の相手は?

第一生命保険が行っているサラリーマン川柳の人気投票もすでに28回を数えている。そして昨日28回目のサラリーマン川柳の人気投票ベスト10が発表された。
第一位に選ばれた作品は「皮下脂肪 資源にできれば ノーベル賞」であった。男女半々から支持されたそうで、投票した人のコメントも同感であるなど、皮下脂肪に悩んでいる人の共感を得たようであった。
d0183174_08372375.jpg
その他にも秀逸な作品が多数あり私が1票を投じるとしてもかなり悩んでしまいそうな句ばかりである。
さて全仏オープンがはじまった。地上波ではTV東京が放送するということで楽しみにしていたが初戦から録画放送だったのにはちょっとがっかりであった。録画放送するなら何も深夜の時間帯でなくてもよかったのではなかったかと思う。
F1中継を見終わった後にチャンネルをかえて観たのであるが、初戦は相手が地元選手とあって応援に後押しされて実力以上の力を発揮していたようだ。
そして全仏オープンは錦織選手以外にも男子選手は多数出場したがすべて初戦で敗退してしまい、初戦突破は女子の奈良くるみ、土居美咲の2選手だけとなってしまった。そして錦織圭の2回戦の相手はブラジルのベルッチとなった。ベルッチはクレーのスペシャリストともいえ、クレーコートでの戦績が他のコートに比べて高い選手である。過去4回のツアー優勝もすべてクレーコートであげたもので、錦織圭にとっては難敵のようだ。ただ、錦織もクレーコートの戦績も高いので27日に行われる2回戦を楽しみに待つことにしようと思う。

[PR]
by motokunnk | 2015-05-26 08:38 | 日記 | Trackback | Comments(0)

ハミルトンまさかのピットインでロズベルグがモナコ3連覇、バトンが8位入賞

F1モナコGPは終盤にとんでもないドラマが待ち受けていた。64周目にスーパーソフトで猛追していたフェルスタッペンが前をゆくグロージャンに追突してしまいそのままバリアーに一直線。これでF1でははじめてバーチャルセーフティカーモードとなった。セーフティカーが出動するまでのつなぎのシステムのようであるが、このバーチャルセーフティカーモードがくせものだったようだ。
それまでレースをリードしていたハミルトンはリードが十分あると判断(ピットの判断だと思うが)してフレッシュタイヤに交換のためピットインした。これがピットの判断ミスであった。タイヤ交換してピットアウトしたときには、ロズベルグ、ベッテルに先を越されて3位までポジションを落としていた。
そしてセーフティカーがもどり、バトル再開である。ハミルトンは必死にベッテルをパスしようとするがベッテルのガードは固くそのまま3位でフィニッシュ、結果としてロズベルグが棚ボタのモナコGP3年連続優勝を飾った。
マクラーレン・ホンダは2台とも入賞圏内を走っていた(アロンソのマシンが好調だったようだ)が、43周目にトラブルでリタイアしてしまった。しかし、バトンは最後まで走りきり、8位入賞を果たした。
d0183174_08210535.jpg
F1復帰後初入賞である。これでチームの士気もあがるであろう。次のカナダGPが楽しみとなってきた。
同時開催のインディ500はF1でもおなじみだったモントーヤが2度目の優勝を飾った。予選からの挽回を狙った佐藤琢磨は最終スティントで猛追したが13位まで追い上げるのがやっとであった。

[PR]
by motokunnk | 2015-05-25 08:23 | スポーツ全般 | Trackback(3) | Comments(0)

日本ハムは連勝で交流戦前の首位通過決定、モナコGPはバトンが10番グリッドからスタート

日本ハムが交流戦前の天王山と位置付けているソフトバンク戦の第2戦が行われた。吉川、スタンリッジの5勝をあげている投手同士の対決であった。
試合が動いたのは2回裏であった。スタンリッジ攻略は四球からという監督の作戦通りに近藤が四球を選び、岡の1塁ゴロで二進し、浅間の内野安打で一死1、3塁と先制のチャンスをつかんだ。続くレアードも四球を選んで一死満塁、打席には杉谷がたった。カウント2-2からはなった打球は前進守備の1塁手の頭をこえる幸運なヒットとなり、先制点をあげた。
そして昨日のヒーローの西川をむかえた。カウント3-0からの4球目を強振すると打球はライトスタンド一直線、自身初めての満塁アーチで5-0と大量にリードを奪った。
これで吉川は楽に投球ができる環境とはなったが、ソフトバンク打線を意識するあまり球数が多くなって抑えることはできてもピンチはつくってしまった。
一方のスタンリッジであるが、昨日の大谷と同じで2回以外は完璧な投球で日本ハム打線にチャンスをつくらせずに味方の反撃を待つ展開となった。
4回に吉川は二死から連続2塁打で1失点、5回も二死から柳田に本塁打を打たれてしまう。ピリッとしない投球であった。内川にもヒットを打たれて、松田に四球を与えたところで投手交代、後1人を抑えれば勝利投手の権利が取れるところでの交代劇に栗山監督の勝ちへの執念を観た気がした。この1発でれば同点のピンチを鍵谷が三振で切り抜け、続くガラテも6回に2塁打、四球で二死1、2塁のピンチを招くが後続をおさえた。
d0183174_08583531.jpg
どうも試合の流れはソフトバンクにむいているような嫌な展開であった。7回裏にスタンリッジから飯田に投手交代、このチャンスに杉谷が死球で出塁、今日も絶好調の西川がヒットでつなぎ、中島バントで一死2、3塁の追加点のチャンスをつくった。
ここで田中賢介がしぶとく中前におとして待望の6点目をゲットした。そして〆は中田翔であった。フルカウントから打った打球はライトポール際に入る3ラン、これで勝負あったである。昨日に続いてのホームラン、昨日はレフト、今日はライトと2本とも中田ならではという1発であった。
試合はこのまま9-2で終了した。スコアをみれば日本ハムの楽勝のように思えるが、あのとき打たれていたらという場面も多々あり、首位攻防戦にふさわしい一戦であった。今日、日本ハムの先発は有原航平である。ドラ1ルーキーの2試合目の先発試合に注目しよう。
昨夜にはモナコGPの予選が行われた。他のGPも予選は重要だが、モナコGPはコース幅も狭く予選のポジションが重要である。マクラーレン・ホンダは2台ともQ1を通過し、Q2へ。Q2も通過し、チーム初となるQ3進出が望めたが残念ながら2台ともQ2どまりであった。
アロンソはマシントラブル、バトンはタイムアタック周のイエローフラッグでタイムがのびなかった。それでも予選上位車にグリッドダウンがあり、バトンは10番手、アロンソは13番手から決勝レースに臨むこととなった。今シーズンの初入賞の期待大である。
d0183174_08584328.jpg
全仏オープンが開幕し、今日深夜には錦織が登場する。初戦の相手は地元のマチューである。怪我の影響でランクは下位だが、実力はあり侮れない選手である。しっかり初戦突破してほしい。
同時刻、インディ500マイルレースも開催されている。こちらは佐藤琢磨の走りに注目である。予選9列目からどこまで追い上げられるかに期待したい。

[PR]
by motokunnk | 2015-05-24 09:01 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

オークスで1番人気馬が連敗の今年のG1は終了する

ルージュバックが今年のG1での1番人気連敗を阻止する。鞍上の戸崎がヴィクトリアマイルに続いてG1連勝となりそうな予感がする。
d0183174_19030163.jpg
対抗はミッキークィーン、3番手にココロノアイ、おさえにレッツゴードンキ、アンドリエッテ、シングウィズジョイとした。
いずれにしろ府中の長い直線、トップでゴールするのはルージュバックと考える。

オークスの予想
◎ ルージュバック
○ ミッキークィーン
▲ ココロノアイ
△ レッツゴードンキ、アンドリエッテ、シングウィズジョイ


[PR]
by motokunnk | 2015-05-23 19:04 | スポーツ全般 | Trackback(7) | Comments(0)