「ほっ」と。キャンペーン

<   2015年 06月 ( 32 )   > この月の画像一覧

ウィンブルドン1回戦と夏越の祓

ウィンブルドンがはじまった。第5シードで出場する錦織圭の1回戦の相手はイタリアのボレッリ、昨年はフルセットの大接戦の末勝利した相手である。
前戦で痛めた左足の負傷個所が心配であるが、一応テーピングはされているものの動きは軽快で試合前の練習を観る限り影響はなさそうである。
日本時間の午後11時、ボレッリのサービスで試合は開始された。お互いにサービスゲームをキープしてむかえた第7ゲーム、ボレッリのサービスゲームを錦織圭がブレイクしてこのセット初めてリードを奪った。その後第9ゲームもブレイクしてこのセットは6-3で錦織がセットカウント1-0とリードした。
第2セットに入るとお互いにサービスゲームをキープしあってタイブレイクとなり、錦織圭が中盤でミスを連発してこのセットを落としてしまった。これで1-1である。しかし第3セットは錦織がペースをつかみ、第5、第7ゲームをブレイクして6-2で錦織が奪取、このまま第4セットもとるものと思っていた。
d0183174_08190661.jpg
しかし第4セット、第4ゲームで初めて錦織はサービスゲームをブレイクされ、このセットは3-6とボレッリがとり、昨年と同様セットオールのファイナルセット決着となった。第5セットは第2ゲームでボレッリのサービスゲームをブレイクし、早々にリードをした錦織圭であったが、3-0とした段階で錦織がメディカルタイムアウトを取り、テーピングを巻きなおす。
第3ゲームをラブゲームで奪取したが、そのゲームの際に左足を気にするしぐさがTVでも確認できたのでちょっとプレイに影響がでるのではと心配である。
その後、錦織のプレイスタイルはラリーで仕留めるというよりは早い決着をつける形に変化し、ネットにでていくシーンも度々見られた。試合は結局6-3で錦織のものとなり、3時間20分の激戦を制して1回戦を突破した。
試合後のインタビューで「足の状態はそんなに悪くない」と言っていたが、ちょっと心配ではある。
そして今日は6月30日、「夏越しの大祓」である。今年も早いもので半分が終わってしまう。月日の経つのは早いものだが、歳をとると余計に早く感じてしまう。
d0183174_08191399.jpg

[PR]
by motokunnk | 2015-06-30 08:22 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

セは混戦、パはソフトバンクそして今日からウィンブルドン

プロ野球も試合数では半分となる70試合を消化してそろそろ優勝争いをするチームが例年なら見えてきた頃である。
ところが今年のセリーグはこの時期になっても首位から最下位までのゲーム差は6ゲーム、ちょっと中日が離されて5位と2.5ゲーム差最下位ではあるが他の5チームは3.5ゲーム差にひしめき合っている。
巨人が不調なのも混戦の原因だが、横浜DeNAや阪神が好調なのも混戦に拍車をかけているようである。連勝、連敗で大きく順位が変動してしまうのも今年のセリーグの特徴かもしれない。ちょっと目が離せない展開である。
一方のパリーグであるが、交流戦後半からソフトバンクが好調である。交流戦明けの日本ハム戦を3連勝してトップにたつと、西武、楽天にも勝ち越して2位を4.5ゲーム引き離して首位固めといった状況である。
日本ハムも交流戦最終の阪神戦を落として交流戦勝率1位を逃したことからケチがついたようで、その後5連敗、そして西武戦も連敗してしまった。日曜日の試合は勝たなければ優勝争いから脱落しそうな試合でもあった。
そして西武の先発は菊池雄星である。ここ4試合先発で4連勝と絶好調の投手、それに対して日本ハムはここ2戦で大量失点、どうも3連敗のにおいがプンプンする試合前であった。
そして先発のメンドーサが初回いきなり秋山にヒット、栗山四球で無死1、2塁のピンチを招いてしまった。しかしこのピンチをしのぎ切ったことがよかったようで、その後のメンドーサはピンチも作らず、また菊池も好投して試合は投手戦となった。
d0183174_08555239.jpg
投手戦の試合は一発で試合が動くと言われているがその一発が日本ハムに出た。この試合、日本ハム打線で唯一菊池に合っていた石川慎吾が7回に先制ホームランを右中間に放った。菊池の変化球をとらえたもので失投といえば失投ともいえる投球であった。
これで1-0とリードした日本ハムは宮西、増井のリリーフ陣があとを完封、9回には中田、近藤の連打で追加点をもぎとり、2-0で勝利、同一カード3連敗を逃れ、チームは40勝目をあげた。ソフトバンクとは戦力に差はあることは間違えないがまだまだつけいるスキはあると思うので、少しでもゲーム差を縮めて優勝争いに踏みとどまってほしい。
話はかわり、今日からウィンブルドンテニスである。錦織圭が4大大会で唯一ベスト8に進出していない芝コートで行われる大会である。
トーナメント表も発表され、臨戦ムードが高まっているなか、錦織圭は今日初戦を迎える。初戦の相手は世界ランク56位のボレッリである。昨年も対戦して苦戦している相手、できれば初戦は楽勝して次へのステップとしてほしいが果たしてどんな試合をするであろうか、また足の状態はどこまで回復したのであろうか、見どころ満載の試合はNHKで生放送される。ぜひTV観戦したいと思っている。

[PR]
by motokunnk | 2015-06-29 08:56 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

ロッシとマルケスの激戦、そしてなでしこジャパンベスト4へ

MotoGP・第8戦オランダGPは、ロッシとマルケスのマッチレースであった。ポールスタートのロッシと3番手スタートのマルケス、そして8番手からスタートしたロレンソがトップ3を形成して他車をリードしてレースは開始された。ロレンソが徐々に遅れていくなかで、ロッシとマルケスは0.5秒以内の熾烈なトップ争いを展開した。
残り5周をきってから、ロッシのちょっとしたミスをついてマルケスがトップにたち、そのままリードを拡げようとするが、ロッシとの差は拡がらなかった。そしてラスト2周、再びロッシがトップに返り咲き、最終周の最終シケインで接触してしまうが、ロッシがそのままのリードを守って今季3勝目をあげた。
d0183174_08355701.jpg
手に汗握るレースとはこのようなレースをいうのだろうと実感したあっという間の40分であった。
そして女子サッカーW杯準々決勝が早朝に行われた。なでしこジャパンの相手はアジアのライバル・オーストラリアである。過去9勝5敗と相性がよいが、相手はブラジルを撃破しており、侮れない。試合は開始早々からなでしこジャパンがボールをコントロールしてゲームを支配した。
前半は惜しいシュートが多々あったが、いずれもゴールの枠内には飛ばずに得点をとることはできなかったが、オーストラリアのシュートも枠内には飛ばずにこのW杯にはいって初めて前半を0-0で折り返した。
後半にはいってもなでしこジャパンの運動量は落ちずに相変わらずゲームを支配してシュートを狙うがなかなか枠内に飛ばない。惜しかったのは14分、DF有吉からのクロスにあわせた宮間のヒールがポストをわずかにはずしたことであった。
この他にも大儀見のボレーシュートなど惜しいシーンはあったがその分時間も経過してしまい、延長戦かと思われた42分、MF宮間の左CKをDF熊谷が競ったセカンドボールをDF宇津木が右足シュートもヒットせず。こぼれ球をDF岩清水が右足で押し込むが相手GKにはじかれる。しかし、倒れながらも右足で必死につないだボールが途中交代で出場していたFW岩渕の前に転がり、これを右足でたたき込んだ!
d0183174_08360565.jpg
岩淵にとってはW杯初ゴールが準々決勝の貴重な先制点であった。このまま試合は進み、なでしこジャパンは2大会連続してベスト4に進出した。このW杯は勝利のみで負けしらずである。その勝利もすべて1点差というのもいかにもなでしこジャパンらしい試合展開であるように思う。
得点力不足といわれているなでしこジャパンであるが、失点しなければ最小得点で試合は勝てるわけである。準決勝の相手は地元のカナダかイングランド、どちらも強敵である。

[PR]
by motokunnk | 2015-06-28 08:39 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

春の〆はゴールドシップ

春の天皇賞戴冠でゴールドシップは進化したようだ。鞍上の横山典弘と一体となって向かうところ敵なしのイメージである。
得意な阪神2200mも一気にゴール目指して駆け抜けていきそうである。対抗するのは、中山記念以来、牡馬との戦いでこそ真価をみせるヌーヴォレコルト。この馬は牝馬同士だとどうも実力を発揮できないようである。
d0183174_16074309.jpg
牡馬相手に男優りな馬力を見せて欲しい。3番手にはダービー馬のワンアンドオンリー、おさえはラキシス、ディアデラマドレ、デニムアンドルビーの牝馬3頭とした。
明日は夢が実現するのであろうか、楽しみになってきた。


宝塚記念の予想
◎ ゴールドシップ
○ ヌーヴォレコルト
▲ ワンアンドオンリー
△ ラキシス、ディアデラマドレ、デニムアンドルビー

[PR]
by motokunnk | 2015-06-27 16:08 | スポーツ全般 | Trackback(3) | Comments(0)

世界各地でテロ続発、MOOCの修了証、そしてエトセトラ

世界各地で過激派組織「イスラム国」が関与したとみられるテロが続発している。フランスのリヨン郊外にあるガス工場に車が突入してその後爆発事故があったという。d0183174_08494675.jpg
オランド大統領は過激派組織「イスラム国」が犯行に関与しているであろうとコメントをだした。現場で拘束された犯人とみられる人物も治安当局の監視対象になっていたそうなので、テロと考えてよいだろう。
またチュニジアのホテル、クウェートのモスクでも同様なテロ事件が続発している。イスラム教の世界ではラマダンという儀式にはいっているそうで、ラマダン期間を狙ってのテロ活動だと言われている。
同じイスラム教でも宗派間で抗争が絶えないという。同じ考えから派生した宗派であろうから歩み寄りはないのだろうか。坊主憎けりゃ袈裟まで憎いではないだろうと思う。
先日、日本版MOOCのe-ラーニング講座である「情報セキュリティ『超』入門」を受講したころは書いた記憶があるが、その終了証書が送られてきた。
d0183174_08495573.jpg
年金機構、東京商工会議所のサイバー攻撃による情報漏えいが報道されていたので、ちょうどよいタイミングではあった受講で、なかなか参考となる内容があった。第4週の講座ではISMS(情報セキュリティマネージメントシステム)の紹介もあり、会社勤めをしていたころ、ISMSに携わっていたので懐かしく思ってしまった。今度は何を勉強しようかと悩んでいる最中である。
そして、女子サッカーW杯は準々決勝の4試合が今日からはじまった。第1試合はドイツ対フランスのヨーロッパの強豪同士の対戦で同点のまま延長戦にもつれ込む激戦であった。
延長でも決着はつかずにPK戦で雌雄を決することとなり、ドイツが5-4でPK戦を制して準決勝に進出した。手に汗握るいい試合であった。
MotoGPのオランダGPは予選が行われ、ロッシがポールポジションを獲得した。オランダGPはなぜか土曜日に決勝が行われるが、日曜日に教会に行くため土曜日に決勝レースが開催されるそうだが、本当にそうなのであろうか。
ポイントリーダーのロッシが今季初ポールからレースをリードするか、現在連勝中のロレンソが8番手から追い上げるか、昨年のチャンピオン・マルケスの逆襲はあるか、興味はつきないオランダGPである。

[PR]
by motokunnk | 2015-06-27 08:52 | 日記 | Trackback | Comments(0)

沖縄・久米島に子ども交流施設建設、そしてTPA法案が米議会で可決

アニメ映画監督の宮崎駿氏が、久米島町の銭田森林公園に「子どもたち向けの交流拠点施設」の建設を進めているそうである。総事業費3億円をかけて施設を建設し、町に寄贈する計画で、建物は、約30人の受け入れができる2階建てで、延べ床面積約1千平方メートル。できあがれば、素晴らしい施設となりそうである。
d0183174_08253097.jpg
そして、米国議会ではTPA法案が可決された。米国では議会の力が強いそうで、オバマ大統領が対外的に公約したことも議会で修正がかけられてしまうそうである。
そのため、TPP交渉で合意がなかなか得られない状況であったそうだ。それがTPA法案(大統領貿易促進権限)が可決され、大統領権限でTPP推進ができるようになった。これでTPPの7月末大筋合意に目処がたちそうであるが、まだ日米のミゾはあるので楽観することできないはできないようだ。
大谷翔平が一昨日の試合で完封勝利し9勝目をあげた。高校出身の投手としては素晴らしい活躍である。彼は二刀流でこの成績(今年は打者としては不振であるが)をあげているので比較対象がないが、投手としての成績を比較した記事がでていた。
松坂大輔、田中将大、そしてダルビッシュ有の3年間と比較したものであるが、3投手に共通しているところはいずれも3年目の勝ち数が15ということである。
15勝は今年の大谷翔平を考えると怪我などない限りは楽々クリアーできそうな数字だと思う。そしてダルビッシュの防御率1.82と松坂大輔の奪三振214もクリアーして日本ハムの大黒柱として活躍してほしいと思う。

[PR]
by motokunnk | 2015-06-26 08:27 | 日記 | Trackback | Comments(0)

なでしこベスト8進出、そして日本ハムは連敗脱出

女子サッカーW杯決勝トーナメント1回戦最終試合、なでしこジャパンはオランダと対戦した。世界ランクは下位であるが、両ウィングの速さは脅威であり、サイドからの攻撃をどう防ぐかがこの試合のポイントだった。
なでしこジャパンは両サイドバックに速さに対応できる有吉、鮫島を配して対応した。メンバーも攻撃重視の布陣で臨み、そのことが先制点を生み出したようだ。前半10分に左サイドから宮間のセンタリングを大儀見がヘディングシュート、バー直撃の惜しいシュートであったが、こぼれ球を有吉が押し込み、先制点を奪った。
先制点の重みはトーナメント戦では大きく、この大会も先制点をあげたチームは6勝1敗である。前半の早い段階での得点も大きかったようだ。これで落ち着いてディフェンスすることができ、オランダにしてみれば得点を奪うため、攻撃重視で戦う必要ができたからだ。
前半は攻撃陣がうまくかみ合い、得点機は多数つくったような気がしたが、最後のシュートの精度がイマイチで追加点は取れずにハーフタイムとなったが、安心して観ていられる試合であった。
後半にはいると、オランダの攻めは厳しくなり、なでしこジャパンも守る時間が増えだしたが、GK海堀やDF岩清水などがしっかりと守っていた。
そして後半30分過ぎにこれぞなでしこジャパンといえるゴールがうまれた。途中交代の岩渕が中央からペナルティエリア内の大儀見へ。シュートを打たずにヒールで背後から回り込んだ宮間に落とすと、宮間はゴール前に残っていた岩渕に戻す。岩渕はダイレクトで打つモーションをしながらスルー、背後から走りこんだ阪口が見事に決めて貴重な2点目をゲットした。
d0183174_09022061.jpg
これで勝負は決まったかのようにみえたが、ロスタイムに落とし穴があった。なんでもないオランダのシュートをGKが弾いてしまって。勢いづいたオランダであったが、残り時間があまりにも少なく寝でしこジャパンは最後にドタバタしてしまったが2-1で勝利をおさめ、ベスト8に進出した。最後の失点さえなければカナダにきてからのベストゲームであったと思う。
準々決勝の相手はオーストラリアである。ブラジルを破って勢いに乗るアジアのライバルを打ち破れば、いよいよ連覇の可能性が見えてきそうだ。
そして夜、5連敗中の日本ハムは大谷翔平を連敗ストッパーに託してロッテ戦に臨んだ。ただ、大谷は過去ロッテには相性はそれほどよくはなく勝星はなく1敗している。救いは旭川スタルヒン球場で開催されることである。大谷翔平は地方球場の試合にはめっぽう強く負けなしで22回無失点である。大谷翔平の立ち上がりに注目した。
厚澤投手コーチの言葉をかりると「プレーボールの初球見た?ボールだったけどすごかったよね。あの1球でこの試合を背負ってやるっていう思いが伝わってきた。」気迫のこもった1球であった。
d0183174_09023652.jpg
大谷翔平はここ数試合と違って調子はよさそうである。そしてそんな大谷翔平を味方打線が援護した。3回裏にレアードが出塁、大野のバントは失敗したが、続く西川のヒットで一死1、3塁とチャンスをつくって中島の内野安打で先制した。二死2、3塁となって中田に3ランホームランがでた。これで4-0である。大谷翔平のピッチングをみればこのリードは大きいと感じた。
d0183174_09022941.jpg
大谷翔平も同じ考えであったようで、先制点の後のイニングは大切という野球の鉄則を十分理解しているようで、4回表ロッテの打順は3番からであったが、3者三振という圧巻のピッチングを披露した。
終わってみれば、大谷翔平は9回127球3安打、2四球、11奪三振の完封劇であった。これで9勝目をあげ、球宴前の2桁勝利が視界にはいった。
投打の主役が久しぶりにお立ち台にたった日本ハムとしては会心のゲームであった。いつも大谷翔平に関しては辛口の栗山監督も「翔平にも久しぶりに気持ちよく投げさせられた。これで前に進める。素晴らしかった。今日に関しては『ありがとう』と言いたい」と感謝の気持ちを表していた。ソフトバンクとの戦力差は大きいと思うが、まだまだ差はない。頑張ってペナントレースを盛り上げてほしい。

[PR]
by motokunnk | 2015-06-25 09:04 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

「ステーションコンサートin渋谷」

先日のこと、いつものように散歩をして渋谷駅地下街をあるいていると「ステーションコンサートin渋谷」と書かれたポスターが目に入った。6月23日夕刻から2公演あると書かれている。
d0183174_08203770.jpg
時間の都合がつけば、たまにはクラシック音楽を聴くのもいいかなと思って帰宅し、ネットで調べてみると1月にも同種のコンサートが開催されており、2回目の開催のようであった。1回目も2公演でともに、東京芸術大学の音楽部の学生さんが演奏している。
昨日は夕食後に渋谷駅まで出かけてコンサートを聴くことにした。午後6時半すぎからのコンサートであったが、会場となるスペースには折りたたみの椅子が用意され、にわかコンサート会場の雰囲気をだしていたし、なんといっても観客の多さにビックリした。無料コンサートといっても立ち見もかなりいるようで、帰宅帰りの会社員や残業食を食べてオフィスに戻る人、赤ちゃんを抱いている人など多数の人がコンサートを聴きにきていた。
d0183174_08205103.jpg
d0183174_08204440.jpg
2回目のコンサートはトロンボーンカルテットによる演奏であった。演奏自体の質がどうかはともかく、けっこう盛り上がっていることは確かであった。曲目も当初プログラムに書かれていた曲ではなく、「アイネクライネナハトムジーク」など、私も知っている名曲も演奏されてちょっとした満足感を得た。今度はいつやるのだろうかという思いが終了後に湧き出してきた。

[PR]
by motokunnk | 2015-06-24 08:24 | 日記 | Trackback | Comments(0)

戦後70年、沖縄で慰霊祭、そしてオリンピック追加種目は

沖縄県は、旧日本軍の組織的な戦闘が終わったとされる6月23日を「慰霊の日」と定めたそうで、今日その慰霊祭が盛大に最後の激戦地となった糸満市の平和祈念公園で開催される。
d0183174_08463969.jpg
沖縄県民を巻き込んだ第二次世界大戦は県民の4人に1人が死亡したといわれる悲惨な戦いであったそうだ。
追悼式は23日正午から開かれ、安倍晋三首相やケネディ駐日米大使も出席する。米軍普天間飛行場の同県名護市辺野古への移設計画に反対する翁長雄志知事が、移設を進める安倍政権と激しく対立している中で迎えるなか、平和宣言を読み上げるそうだが、米軍基地問題について、どのようなメッセージを発信するか注目される。
沖縄地方は中国大陸を威嚇するには最高のエリアであるから、対中国を考えた場合の防衛面では基地は欠かせないといわれるが、果たしてその論法がどこまで県民を納得させることができるのであろうか。
さて昨日、東京オリンピック・パラリンピック招致委員会は開催都市が提案できる追加種目の1次選考を行い、応募した26国際競技連盟から8連盟が最終選考に残ったと発表した。
8連盟とは▽世界野球ソフトボール連盟▽世界ボウリング連盟▽世界空手連盟▽国際ローラースポーツ連盟▽国際スポーツクライミング連盟▽世界スカッシュ連盟▽国際サーフィン連盟▽国際武術連盟である。
早くから野球・ソフトボール連盟は活動をしておりマスコミも利用して宣伝活動(CMもオンエアされていた!)をしていたのでよく知っていたが、武術などは全く知らなかった。若者の間の人気、国内外での普及度、チケット収入、テレビ放映の現状、運営コストなどを考慮したそうなので各項目で万遍なくポイントがはいったのであろう。
今後は8月7、8日に東京で8連盟からヒアリングを実施、組織委は9月末までに追加種目を選んでIOCに提案。IOCは来年8月のリオデジャネイロ五輪の直前に行われる総会で追加の可否を諮るそうだ。来年リオ五輪の前に笑うのはどの連盟なのだろうか。
最期に野球の話題。WBCの中間年に開催することとなった世界野球プレミア12の一次リーグの全組み合わせが発表された。日本は初戦が札幌ドームで韓国と戦うことは発表されていたが、その他の試合は未定であった。その試合がすべて発表され、いよいよ11月から開催されることが実感されるようになってきた。
d0183174_08464859.jpg
プレミア12優勝にむけて「侍ジャパン・ロースター制度」の導入も発表された。これは、侍ジャパンが「最強のチーム編成を行っていくため、体制づくり」(熊崎コミッショナー)の第1弾で、これまでは、試合ごとに侍ジャパンのベンチ入りメンバーを招集してきたものを、「常にロースターメンバーとして登録」していくとのことだそうで、7月中旬に発表される予定の第1次候補選手、9月をめどに発表される45名の「侍ジャパン・ロースター」にも注目が集まる。

[PR]
by motokunnk | 2015-06-23 08:48 | 日記 | Trackback | Comments(0)

ロズベルグが今季3勝目、マクラーレン・ホンダは散々な一日

ホンダの新社長に就任したばかりの八郷隆弘氏が見守る中、オーストリアGPがスタートしたが、直後にキミ・ライコネンとフェルナンド・アロンソがあわや大惨事というクラッシュを演じてしまいマクラーレン・ホンダは早くも1台を失ってしまった。幸い、両ドライバーとも怪我がなかったことが不幸中の幸いであった。
バトンもレース再開直後の8周でリタイア(吸気システムのセンサーに不具合があることが判明)してしまった。
レースは2番手からスタートしたロズベルグがスタート直後にハミルトンをパスしてトップにたつと、リードを拡げていき、1度もトップの座を譲らずに今季3勝目を独走であげた。
つぼにはまれば速いロズベルグ、今回はハミルトンサイドに小さなミスがでてしまったが、まだまだシーズンは中盤戦、チャンピオン争いはこれからというような勝利であった。
d0183174_08153093.jpg
d0183174_08153878.jpg
マクラーレン・ホンダは2台ともレース開始早々にリタイアしてしまい、レースでの実践テストはできなかったが、同じサーキットで行われる合同テストでいいシミュレーションをしてほしい。
ルマン24時間レースで初優勝したヒュルケンベルグはオーストリアGPでも6位にはいり、F1でも速いところを証明した。今のれてるレーシングドライバーの一人のようだ。

[PR]
by motokunnk | 2015-06-22 08:17 | スポーツ全般 | Trackback(3) | Comments(0)