<   2015年 07月 ( 33 )   > この月の画像一覧

MLB、マレーシア航空事故機発見か、そしてペイジ氏広島訪問

ヤンキースの田中将大投手が昨日のレンジャーズ戦に先発した。2回に味方打線がホームラン、タイムリーで2点先制した直後に安打、四球、安打で失点し、三振で一死をとったものの同点打を打たれ、二死となってからもタイムリーで逆転されてしまった。
3回、4回もピリッとしない投球であったが、何とか無失点で切り抜けたが、5回は併殺くずれの間に失点してしまい、6回で降板した。
d0183174_08354924.jpg
岩隈といい、マー君といいどうも前回登板とは別人のような投球内容であった。6回103球を投げ、9安打4失点3四球3三振、成績は7勝4敗となった。
夜、ニュースを観ていると、昨年3月に消息をたち、21世紀航空機事故のミステリーといわれているマレーシア航空370便の残骸ではないかと思われる航空機の残骸がインド洋のレユニオン島海域で発見された。
見つかった残骸は長さ2mのもので、飛行機の翼の一部ではないかと思われるそうだ。仏航空運輸当局が残骸の出どころについて調査を開始した他、報道によると、オーストラリアの調査団も米航空宇宙機器大手ボーイングと協力して370便の一部か否かの確認作業を行っている。
d0183174_08355632.jpg
ミステリーの解決となるかどうか、注目であるが、370便の一部としても墜落してことが明らかになっただけで、ブラックボックスや行方不明者の発見はされていない。原因究明にはまだまだ時間がかかりそうである。
同じニュースでレッド・ツェッペリンのリーダーでギタリストのジミー・ペイジさんが30日、44年ぶりに広島市中区の平和記念公園を訪れ、原爆慰霊碑に献花したという。
d0183174_08360211.jpg
レッド・ツェッペリンは1971年初来日したときも広島でチャリティコンサートを開いており、売上金約700万円を市を通じて被爆者に寄付した経緯がある。当時、メンバーたちは「戦争を知らない私たちの心にも、人類が原爆を落としたことへの恥ずかしさがある」と語ったという。
当時は反戦活動が盛んであり、ヒロシマはその象徴だったのかもしれない。1971年のコンサートには高三であった私も観にいき、感動した思い出が残っている。

[PR]
by motokunnk | 2015-07-31 08:38 | 日記 | Trackback | Comments(0)

トレード候補は大乱調、日本ハムのルーキーは、そして東京オリンピックロゴは盗作?

7月31日がMLBではトレード期限となっている。そのトレード候補にあげられている(と予想されている)マリナーズの岩隈久志が地元でのダイヤモンドバックス戦に先発した。
この日の岩隈は制球に精彩を欠いたようで、投球が高めにいっていたような気がする。毎回ランナーをだしてしまい、1、3回には失点してしまった。3回に1点差に迫った4回は三者凡退に切り抜けたが、5回二死から不用意に投げた球(ど真ん中にいってしまった!)を打たれたこれで1-3、続く6回にも連打を浴びてしまいKOされてしまった。
d0183174_08443420.jpg
5回2/3を投げて10安打、1四球、5三振、6失点で今季2敗目を喫した。前3試合の登板が素晴らしかっただけにこの日の登板はちょっと?である。
1試合の結果がトレード市場に影響するとは思えないが、次回の登板はいつになるのか、マリナーズであれば8月2日だそうである。
そして夜のプロ野球、日本ハムはオリックスとの対戦である。オリックスの先発は東明、7月は3勝無敗と絶好調である。日本ハムの先発は有原航平、ここ数試合は結果が出せないでいる。客観的には日本ハムにとって厳しい試合となりそうだ。
ただ東明投手、日本ハムには2連敗と相性が悪いのが救いである。有原にとって救いだったのは初回、2回とオリックスのまずい攻撃に助けられたことである。初回は三振、盗塁失敗、そして2回はヒットエンドラン失敗による盗塁死である。
そして流れは日本ハムに。3回、二死1塁から中島が走り、田中が打ったあたりはバウンドしてファーストの頭を超えるヒットとなり、1塁から中島が俊足を活かして先取点をあげた。続く陽岱鋼にもタイムリーがでてこの回2点を先取した。どうも東明、日本ハムには相性が悪いようだ。
先制点をもらった有原であるが、投球はピリッとせずに4回には無死2塁のピンチを招いてしまった。一死3塁となったがT-岡田、宮崎を打ち取り無失点で切り抜けたことが5回のビッグイニングにつながったと思う。
d0183174_08444232.jpg
5回も3回の再現となり、足をからめて得点をかさね、最後はこのところ絶好調のレアードが3ランで締めくくり8-0とリードを拡げてこの試合を決定づけた。レアードは打率を2割台にのせ、本人が言う暑くなれば調子があがるということを証明しているような活躍である。今日も期待してしまいそうだ。
有原航平は7回を投げ、6安打、2四球、3三振、無失点で今季5勝目をあげた。今日は場所を京都に移しての第3戦、日本ヘムの先発は新垣勇人、2013年のドラフト5位で一軍初登板である。ファームで好調な投手、果たして1軍のマウンドでも好調さを維持できるかが注目である。
2020年東京オリンピックは新国立競技場建設問題で揺れているが、先日発表されたロゴにも盗作疑惑があがってしまった。
ベルギー・リエージュ劇場のロゴを制作したオリビエ・ドビさんが、劇場のロゴとデザインが似ているとして弁護士と協議し、対応を検討しているという。
d0183174_08445064.jpg
五輪エンブレムをデザインしたアートディレクターの佐野研二郎さんは、大会組織委員会を通じて「特にコメントはない」とし、組織委の広報担当者は「発表前にベルギーを含めて世界中の商標確認をしており、問題ない」と話しているというが確かに似ているといわれれば似ているような気もする。
いろいろな問題が噴出している東京オリンピック・パラリンピックである。

[PR]
by motokunnk | 2015-07-30 08:47 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

ねこの写真展といえば岩合さん、そして御嶽山では9カ月ぶりに行方不明者捜索再開

最近、ねこの写真展開催の案内を各所で見かける。写真家の欄を見ると、大多数(ほぼすべてといっていいかもしれない)が岩合光昭氏の写真展である。
また夏休みになると、渋谷ヒカリエのホールでは多数の人が楽しめるイベントを開催することが定番となってきているようだ。今年もヒカリエホールでは夏休み向けのイベントが開催されている。
d0183174_08325933.jpg
ホールAでは「細田守監督作品『バケモノの子』展」、ホールBは「岩合光昭写真展『ふるさとのねこ』」が8月30日まで開催されている。昨日、ホールBで開催されている「岩合光昭写真展『ふるさとのねこ』」を観てきた。
今回の写真展は青森県津軽地方にスポットをあてて、母猫コトラと5月に出産した5匹の子猫の1年を写真に撮り紹介している作品展で子猫の成長が観てとれるものである。今までの写真展とは違って、1家族(とその周辺)にスポットをあてた点が新しい視点であり、春、夏、秋、冬と展示をわけている点も斬新であった。
d0183174_08330866.jpg
特に子猫のリッキーの写真は各所で見かけられ、ポスターにも採用される(確かにかわいい)ほどであった。
夜のプロ野球、日本ハムはオリックスと対戦し4-8で敗れてしまった。ソフトバンクが勝ったのでこれでまた6ゲーム差である。この試合、常に先制され、追撃の得点をあげるたびに失点してしまうという悪循環の繰り返しであった。今日の先発は有原航平、結果がだせない登板が続いているが、今日はどうであろうか。
そして9か月半ぶりに御嶽山では火山噴火に巻き込まれ今も行方不明となっている6人の捜索が再開される。
今朝から岐阜県、長野県両県から120名体制で行われるそうだ。
d0183174_08331747.jpg
29日の捜索は、これまでの目撃証言などから行方不明の6人がいたとみられる、山頂の「剣ヶ峰」周辺や「一ノ池」から「二ノ池」周辺、それに山頂南側の「八丁ダルミ」周辺で、金属探知機などを使って行われるという。行方不明者の発見が急がれる。

[PR]
by motokunnk | 2015-07-29 08:36 | 日記 | Trackback | Comments(0)

小型機墜落事故とエトセトラ

新聞やニュース番組では日曜日昼に起きた小型飛行機墜落事故の続報を放じている。事故原因についても様々な報道がなされている。
この小型機にはフライトレコーダがついていないので、細かな飛行データの収集が不可能なことも事故原因究明の障害となっているようだ。
小型機の運航目的がパイロットの技量維持のための「慣熟飛行」であったが、同乗者が4人もいたことに東京都が禁止している「遊覧飛行」ではなかったのかとの疑問も残るし、機材などを持ち込んで重量バランスが不釣り合いになってしまったことが原因なのかもしれない。
事故原因の究明、再発防止策の検討が早急に求められる。
さて、昨日のGAORAで放送された「GET!ファイターズ」の選手紹介で中島卓也が取り上げられていた。小柄な遊撃手で昨年は2塁手としてレギュラーに定着し、今年は本来の遊撃手として全試合に出場している。
d0183174_08403208.jpg
獲得したスカウトも守備と走塁面を評価したの獲得であり、ゲーム後半の守備要員として一軍定着すればいいという気持ちであったそうだ。このような活躍はうれしい誤算だったようだ。
このように日本ハムにはうれしい誤算で活躍している選手も多いようで、このことが今の日本ハムを支えているようだ。今日からのオリックス3連戦に期待したい。
私の注目選手は西武戦で3試合続けてマルチヒットを記録したレアードと初戦先発する上沢の二人である。オリックス先発の金子からもヒットが打てるようだとレアードも期待できるのだが。
MLBでは7月末のトレード期限にむけ、水面下での交渉が激化しているようだ。プリオフを目指すチームと来年の戦力を整えるチーム、その中でマリナーズの岩隈久志が目玉となっているようで、複数球団から引き合いがきているようだ。マリナーズ残留か、はたまた放出か結果は今週末に判明する。
参考URL → 毎日新聞:社説
参考URL → 日本ハム・中島卓也の「6、7年計画」
参考URL → ジャイアンツは岩隈に注目

[PR]
by motokunnk | 2015-07-28 08:41 | 日記 | Trackback | Comments(0)

鈴鹿8耐、早実、日本ハム、そして墜落事故

昨日は東京も最高温度が35度を超え、今年初めての猛暑日となった。私は散歩も早々に切り上げてTVでスポーツ観戦の1日であった。
まずは鈴鹿8時間耐久レースである。今年で38回目だそうだが毎年夏の風物詩的なレースとなっているようで、楽しみにしている人は多数いるようである。
今年はケーシー・ストーナーの参戦で盛り上がっているし、現役のMotoGPライダーも参戦しているので目が離せない。
そんな中、ヤマハワークスチームがポールポジションを獲得して、ホンダの連勝阻止に照準をあててきている。スタートはエンジン始動に手間取ったせいか、出遅れてしまった。1985年にケニー・ロバーツ/平忠彦組で参戦したシーンを彷彿させる出来事であった。
この年はスタートの出遅れを挽回して終始レースをリードしたが、後30分でメカニカルトラブルでリタイアしてしまっている。その再現となるか不吉ではある。
レースは4連覇を目指すホンダがストーナーライディングでトップ快走中の32周目にまさかの転倒、リタイアしてしまった。ストーナーはその事故で肩と足を骨折した。
レースはヤマハが中須賀克行から現役MotoGPライダーのブラッドリー・スミス、ポル・エスパルガロにつながっていき、それぞれのパートで常に2分10秒台を切るハイペースで周回。ライバルとの差を少しずつ広げていった。
d0183174_09125046.jpg
黄旗無視のペナルティはあったが終始安定した走りで19年ぶりの優勝を果たした。やはり、予選からヤマハは速かった。MotoGPでもヤマハはトップを快走しており、今年は久しぶりにヤマハのシーズンとなりそうな予感がする。
同時刻、神宮球場では全国高校野球の西東京地区決勝戦が行われていた。こちらは8回表に早稲田実業が一挙8点をあげて8-5で東海大菅生を破って甲子園の切符をつかんだ。
そして小型飛行機が調布市内に墜落したのも同時刻であった。たまたま高校野球を観ようとNHKにチャネルをかえたところ、事故の惨劇映像が飛び込んできた。
d0183174_09125706.jpg
事故原因はこれから調査するそうだが、調布飛行場は以前にも事故があったそうでいろいろと問題がある空港のようだ。
夜には埼玉西武対日本ハムの一戦が行われた。昼間の試合でソフトバンクが敗れており、5ゲーム差とするチャンスである。
しかし、先発のメンドーサがピリッとしない。2回に先制され、3回にも追加点を取られてしまった。4回、レアードの2ランで同点に追いつくが、その裏にまたしても1点を取られてしまった。日本ハム負けパターンの展開である。この状態を救ったのが陽岱鋼であった。
一死1、2塁からライトスタンドに逆転の3ランホームラン、3月29日以来の今季2号目となる一発で5-3と逆転した。
これでリズムにのった日本ハムはその後も追加点をあげ、最後は増井が無死満塁のピンチをつくってしまったが8-5でこのカード3連勝、これで西武戦は7連勝である。
d0183174_09130346.jpg
レアードも3試合連続してのマルチヒットを記録し、やっと打率も2割に復帰した。陽岱鋼、レアードそして中田に当たりが戻れば日本ハム打線もけっこう強力打線となりそうだ。

[PR]
by motokunnk | 2015-07-27 09:14 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

スタートから混乱、ベッテルが今季2勝目、マクラーレン・ホンダはダブル入賞

スタートでメルセデス2台が遅れて、フェラーリのワン・トゥという思ってもみなかった展開でハンガリーGPは開始された。
その後ハミルトンがコースアウトしてしまい、盤石と思われたメルセデスもミスは起こすものと安心した。レースはセーフティカーもはいる荒れた展開であったが、ベッテルは終始レースをコントロールして今季2勝目をあげた。
d0183174_08025276.jpg
そしてマクラーレン・ホンダの2台は落ち着いたレース運びに徹して、タイヤ交換もスムーズにこなして今季初めてとなるアロンソ5位、バトン9位とダブル入賞を果たした。
d0183174_08025974.jpg
これから約1カ月の夏休みにF1は入るが、休み前に入賞したことはチームの士気を高めるうえでもベストな結果となったのではないだろうか。
レース前には、先日亡くなったジュール・ビアンキの追悼セレモニーが行われ、ビアンキのカーナンバーが欠番となることが発表されたそうだ。

[PR]
by motokunnk | 2015-07-27 08:04 | スポーツ全般 | Trackback(2) | Comments(0)

パリーグの灯は消さない、日本ハムの粘り腰と鈴鹿8耐、ハンガリーGP予選

午後2時開始のソフトバンク対オリックスの試合でソフトバンクが勝ち、暫定ゲーム差が6.5となって迎えた夜の埼玉西武対日本ハムの一戦、初回からチャンスをつぶして先制点を取られるいやな流れで試合ははじまった。
2回にはレアードの3塁打を足掛かりに1点をかえすが、またまた外崎にプロ初ホームランを打たれてしまい、1-3とリードされてしまった。その後は先発・吉川が西武打線を抑えるが、味方もチャンスはつくるがあと一本がでない負けパターンで試合は進んだ。
7回に1点差に追いついたが、その裏にまた1点とられてなお二死満塁のピンチで白村に投手交代。この交代が結果として日本ハム逆転の足掛かりとなったと思う。白村はこのピンチで浅村をレフトフライにおさえて、8回の反撃をよびこんだ。そして8回1点をかえして、その裏を三者凡退でしっかりおさえ、リズムよく最終回の攻撃をむかえた。
d0183174_08482523.jpg
西武のクローザー・高橋がマウンドにあがったが、7月の調子はイマイチで、陽、近藤にヒットを打たれて一死1、2塁のピンチとなり、代打石川慎吾が同点の2塁打(エンタイトルとならなければこの一打で逆転していた!)、そしてレアードがまさかの逆転打を打ち、最後は増井がおさえて6-4で西武戦連勝である。白村は今シーズン初勝利、増井は両リーグトップの26セーブである。
これで一応、ゲーム差は6としたがソフトバンクの勢いのすごさはハンパではない。今日こそ、オリックスに頑張ってもらい、ソフトバンクの連勝を止めてほしいのだが。
さて今日は鈴鹿8時間耐久レースが開催され、BS放送で生中継される。昨日の予選ではポル・エスパルガロ、ブラッドリー・スミスという二人のMotoGPライダーを擁するヤマハ・ファクトリーRTが史上最速の2分6秒000でポールポジションを獲得した。チームグリーン(カワサキ)が2番手、モトGP元世界王者のケーシー・ストーナーを擁するMuSASHi RTハルクプロ(ホンダ)が3番手、ヨシムラスズキは4番手からのスタートとなった。
予選結果が決勝に直接つながることはないが、今年の8耐はヤマハが強そうだ。
そしてF1ハンガリーGPの予選が行われ、メルセデスがフロントロー独占の結果となった。マクラーレン・ホンダはフリー走行結果からQ3進出の期待があったが、マシントラブルでアロンソ15位、バトン16位という結果に終わってしまった。
マシン自体は着実に性能アップしているので、トラブルさえでなければ上位進出は可能なのだが、抜き場所が少ないハンガロリンクだけにどうであろうか。

[PR]
by motokunnk | 2015-07-26 08:50 | スポーツ全般 | Trackback(1) | Comments(0)

大谷5失点でも11勝目、そしてF1、鈴鹿8耐

大谷翔平がチームの連敗阻止のマウンドにたった。場所は西武の本拠地で今まで唯一勝星のない球場であった。
立ち上がりからいつもの大谷らしくない投球が続き、毎回ヒットを打たれてしまう。3回にレアードの先制アーチなどで3点をもらった後のピッチングにも冴えがなかった。
いつもであれば、中盤以降は持前の修正能力でピッチングを修正してきたのであるが、4回には中村に300号となる記念の一発を浴びてしまった。
d0183174_08273856.jpg
そして5回表、追加点をもらい5-1とリードを拡げて迎えた中村との対決、前の打席で一発を打たれているので、慎重に攻めると思われたが、うまく中村に打たれてしまい、大谷翔平としては自身初となる満塁アーチの献上であった。
試合はその後、日本ハム打線が爆発し13-5で勝利したが、大谷翔平にしてみれば課題満載の11勝目であった。
大谷翔平のゲーム2被弾は通算4度目だが、同じ打者に2本打たれたのは初、満塁被弾も初めてになった。また1試合5失点以上は14年9月21日楽天戦の7失点を最多に7度目。過去6度の勝敗は-●-●--の0勝2敗となっており、勝ったのは初めて、今年の大谷は運もありそうだ。
そして週末はF1はハンガリーGPが開催される。昨日行われたフリー走行、マクラーレン・ホンダのアロンソは8位、バトンは12位とまずまずのポジション、今日の予選でQ3進出が期待される。
鈴鹿サーキットでは恒例となった真夏の祭典、鈴鹿8時間耐久ロードレースが日曜日に開催される。鈴鹿サーキットは各種イベントで盛り上がっているようだ。

[PR]
by motokunnk | 2015-07-25 08:29 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

未明のMLBは日本人投手に明暗、そして今日は土用の丑の日

早朝に行われたMLBの試合に田中将大、岩隈久志両投手が先発した。ヤンキースの田中将大は同地区のオリオールズ戦に先発した。味方打線が初回に4点を先制したが、2回にソロホームランを打たれてしまった。
d0183174_08211405.jpg
ただ、被安打はその1本のみでマー君の投球はさえ、今季のベストピッチと言える内容であったと思う(7回終了までは)。
8回に2本のソロホームランを打たれて降板したが、今季7勝目、MLB通算で20勝目をあげた。
成績は7回2/3、101球4安打7奪三振3失点であった。
同時刻にマリナーズの岩隈久志はタイガース戦に先発した。初回にシーガーの先制弾でリードをもらったが、その裏に3連打で逆転されてしまった。しかしそこから岩隈らしい粘りの投球がでた。
2、3回を三者凡退に退け、味方打線の反撃を待った。7回に同点に追いついたところで岩隈は降板し、勝ち負けはつかなかったが、試合をコントロールしたいい投球内容であったと思う。
d0183174_14562160.jpg
成績は7回、112球6安打7奪三振2四球2失点であった。これでDL明け初戦を除いて3試合続けての好投である。岩隈久志復活といっていいだろう。今後の活躍に期待したい。
そして今日は土用の丑の日である。夏バテ防止に鰻を食する習慣は江戸時代に平賀源内が考えたと言われている。
今年は土用の丑の日であるが2回ある。今日と8月5日である。鰻も今年は昨年ほど高価ではないそうなので庶民の食卓を賑わしそうである。
夜、プロ野球日本ハムは埼玉西武戦で大谷翔平が先発する。5連敗阻止、これ以上ソフトバンクに差をあけられないためにも勝利が必須、果たしてどうであろうか。こちらも注目の一戦である。NPBから7月の月間MVP候補が発表された。
日本ハムからは投手部門で大谷翔平、メンドーサ、増井浩俊、野手部門で田中賢介の4選手が候補に選出された。残り7試合、どこまで成績をあげられるか、こちらも注目したい。

[PR]
by motokunnk | 2015-07-24 08:24 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

宇宙と恐竜と日本ハムの終焉

宇宙と恐竜というと、夏休みの自由研究のテーマを思い出してしまう。夏休みになるとTVでもこのテーマの特集が放映されるようだ。d0183174_08392673.jpg
昨日の歴史秘話ヒストリアでも恐竜について放映されていた。なんでも福井県で恐竜の化石が一番多く発見されているそうで、フクイの名前のつけられた恐竜もいるということである。JR福井駅前には3体の模型まで展示されているそうだ。
そして福井県には県立の恐竜博物館まであるという。まさに恐竜王国ふくいである。全国行脚をする機会があれば、立ち寄りたいと思う。番組も新しい発見があり、よくまとめられていたと思う。
プロ野球の日本ハム対楽天は楽天の一方的な試合となり、なんと6-19で日本ハムは大敗してしまった。ソフトバンクが勝ったのでこれでゲーム差は6、ゲーム差を短縮するには最短でもゲーム差の2倍の試合が必要といわれている。ソフトバンクは今季3連敗が最高なので、ちょっと6ゲーム差というのは絶望的な差と思う。
栗山監督はまだあきらめていないようだが、2位狙いでクライマックスシリーズでの逆転を目指すように方向転換をする時期が近づいているようだ。
今朝、国際宇宙ステーションに長期滞在する油井亀美也さんら3人を乗せたソユーズ宇宙船がカザフスタンのバイコヌール宇宙基地から打ち上げられた。
めざましテレビなどで生中継されていたので観た人も多かったのではないか。この油井さん、航空自衛隊のパイロットからの転身だそうだ。子どもの頃から宇宙飛行士が夢だったそうで、夢の実現を果たした油井さん、ISSでの実験も期待したい。

[PR]
by motokunnk | 2015-07-23 08:42 | 日記 | Trackback | Comments(0)