<   2017年 02月 ( 29 )   > この月の画像一覧

WBCのルール発表、フェド杯第1ラウンド開幕、そしてNBAは

3月に行われるWBCのルールが発表された。一番大きな変更点は登録メンバー28名とは別に予備投手枠10名が新設されたことである。
各国は予備投手枠に入っているピッチャーから1次ラウンド、2次ラウンド、決勝ラウンドでそれぞれ最大2人を登録メンバーと入れ替えることができるようになるそうだ。決勝ラウンドなど期間限定で主力ピッチャーを参加しやすくする狙いがあるようで、MLB在籍の投手にとっては朗報なのかもしれない。ただ侍ジャパンの小久保監督はこの制度を利用しないことを明言しており、従来から怪我人によるメンバー交替以外での入替はしないでWBCを戦い抜くという。この作戦、果たして吉とでるであろうか。
テニスの女子国別対抗戦、フェド杯がはじまった。デ杯の女子版ともいえるフェド杯、1955年にフォーマットが一新され、デ杯と同様にワールドグループ制を採用。さらに2005年からはトップカテゴリーが「ワールドグループ」と「ワールドグループⅡ」の2部に分けられた。
「ワールドグループⅡ」の下には、「ヨーロッパ/アフリカゾーン」「アメリカゾーン」「アジア/オセアニアゾーン」と3つのゾーンがあり、「ヨーロッパ/アフリカ」は上からグループⅠ~Ⅲ、「アジア/オセアニア」「ヨーロッパ/アフリカ」は上からグループⅠとⅡに分類される。
d0183174_08581302.jpg
日本は現在「アジア/オセアニアゾーン」のⅠに属している。その大会がはじまり、初日の日本はインド相手に3勝をあげ幸先のよいスタートをきった。第2戦はフィリピン戦、そして中国戦と続いていく。
NBAもそろそろ終盤を見据えた戦いがはじまろうとしている。プレイオフ進出を目指しているチームにとっては1試合が非常に重要だ。昨年の覇者キャブスは首位をキープしており、プレイオフ進出は間違いないだろうがこのところ調子をおとしており、1月は月間負け越しを記録してしまった。
そして敵地に乗り込んでのウィザーズ戦、7連勝と好調の相手だけにどんな戦いをするのか興味があった。第1Qにウィザーズが32-26とリードし、 キャブスは第3Q残り7分でラブが33ポイントを入れて68-68と同点にした。第4Qは11点を争う攻防となり、白熱した。
3点リードされ残り3秒となったところで、キャブスのジェームスが起死回生の3ポイントシュートを決めて試合は延長にもつれ込み、その延長もキャブスが終盤にリードを奪って逃げ切り連敗を止めた。
d0183174_08582170.jpg
負け試合をひっくり返しただけに単なる1勝以上の価値のある試合であったと思う。ライバルのウォーリアーズは西地区のトップを独走しており、今シーズンもキャブス対ウォーリアーズのファイナルとなりそうな予感がする。

[PR]
by motokunnk | 2017-02-09 09:00 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

記録ずくめだったスーパーボウル、桜井よしこ氏の講演会、そしてWRC

51回スーパーボウルは記憶に残る大会であったが、新記録が多数生まれた大会でもあった。そのほとんどがペイトリオッツが達成した記録でもあった。
まずHCのベリチック、今回7回目の出場となり、また5回目の優勝となった。いずれもHC新記録である。
d0183174_10110746.jpg
d0183174_10113330.jpg
そのすべてがブレデイとのコンビで達成されてこと、ペイトリオッツのここ10数年間の強さの秘訣もこの采配にあるように思える。そしてMVPブレデイも史上タイとなる5回の制覇を記録した選手となった。その他にも昨日も書いたが、最多出場、先発QB最多勝利、最多MVP獲得も素晴らしい。
d0183174_10111677.jpg
MVPこそブレデイに譲ったがRBホワイトの活躍も見事であった。最多の14レセプション、RBとしての110レシーブヤードも最長を記録、3タッチダウンはスーパーボウルのタイ記録。20得点(3TD、2ポイントコンバージョン)もまた、スーパーボウルの記録を更新している。今回のスーパーボウルの勝利の立役者といってもいい活躍であった。
ペイトリオッツの強さは毎試合活躍する選手が異なっている(チャンピオンズファイナルではWRホーガンが大活躍した!)こともあるのかもしらない。
昨晩、全日本不動産協会が主催する講演会を聴講した。
d0183174_10114247.jpg
毎年1回、2月に実施されているもので今年は桜井よしこ氏が演者であった。
その題目は「今、日本が直面する内外の課題」であった。トランプ大統領となってどんな裏話が聴けるか楽しみであった。話した内容は既知のものも多かったが、ためになるものもあった。
d0183174_10115087.jpg
彼女は憲法改正論者であるので最後の〆はその言葉であったが、中国の軍備増強の実態を聴くと自衛隊増強もやむなし、憲法改正もまた正論であるという考えも理解できるようになってしまった。
週末はWRC第2戦、ラリー・スウェーデンが開催される。モンテカルロで予想を上回る2位表彰台をゲットしたトヨタに期待がかかるが、トヨタの首脳部はこのラリーも2台完走という目標をたてているそうだ。
復帰初年度はすべて出場したラリーはすべて完走してのデータ収集を第一としていることから当然といえば当然だが、ファンとしてはよりよい成績を期待してしまうものである。
d0183174_10112414.jpg
ラトラバにとって相性のよいラリー・スウェーデンだけに余計期待してしまう。

[PR]
by motokunnk | 2017-02-08 10:14 | 日記 | Trackback | Comments(0)

記憶に残る51回スーパーボウル、入国制限をめぐるトランプ対裁判所

第51回NFLスーパーボウルは史上初となる記録が多数生み出されたことだけでなく将来も語り継がれていく一戦(ファルコンズファンには忘れがたい記憶として)ではなかったかと思う。
日本時間の昨日午前8時半過ぎにはじまったスーパーボウル、第1Qは両軍とも無得点の静かな展開であった。第2Qに入り、ペイトリオッツが敵陣30ヤード近くまで攻め込んだがここで痛恨のファンブルをしてしまい、攻撃権がファルコンズに移ってしまった。
このチャンスを逃さず、ファルコンズはQBライアンの安定したパスとランを織り交ぜた攻撃でペイトリオッツ陣に攻め込み、先制のTDをあげた。そしてその後も攻撃陣が奮起して第2Q中盤にはライアンからWRフーパーへのTDパスが決まりリードを拡げた。
d0183174_09445319.jpg
一方のペイトリオッツ、攻撃がイマイチかみあわないようであったが、0-14とリードされQBブレデイの闘志が前面にでて敵陣深く攻め込んでのパス、このパスがインターセプトされてしまい82ヤードのリターンTDを奪われてしまった。0-21である。
さすがに直後の攻撃でTDを奪うだろうと思っていたが、この攻撃もFG止まりとなり、前半はまさかの3-21で折り返すこととなった。ペイトリオッツが3ポゼッション差を逆転したスーパーボウルはなくファルコンズ圧倒的有利な展開であった。
ハーフタイムショーはレディー・ガガのビックリするようなパフォーマンスを観ることができた。オープニングはどこから歌っているのか(実際はスタジアムの屋根の開いた天井であった)、「ゴッド・ブレス・アメリカ」「ディス・ランド・イズ・ユア・ランド」を歌い終えるとジャンプして一瞬消えてしまった。
d0183174_09453178.jpg
画面がスタジアム内に切り替わるとワイヤーに吊るされたレディー・ガガがステージに降下しているのが映し出されてここから約10分のステージがはじまった。
反トランプを訴えているだけに政治的な発言があるかと思われたがそのことはなかった。しかし、パフォーマンスのあちこちに、レディー・ガガらしいメッセージが込められていた。
オープニングで歌った曲「ディス・ランド・イズ・ユア・ランド」はトランプ大統領がサインした入国禁止令出身に反対するデモで歌われていた曲だし、「Born This Way」は「私は私のままでいい」という個性とダイバーシティを認める曲であると同時に、LGBTをサポートする、次のようなメッセージが含まれる。
「ゲイであろうと、ストレートであろうと、バイセクシャルであろうと、レズビアンであろうと、トランスジェンダーであろうと、私の生き方は間違っていない。私は生き抜くために産まれてきた」という歌詞が含まれている。
これから始まる後半の激戦を予感させるような素晴らしいハーフタイムショーであった。
さて後半がはじまり、最初のファルコンズの攻撃を止めたペイトリオッツ、これで勢いに乗るかと思われたが、2回目のファルコンズの攻撃を止めることができずにまたもTDを奪われ3-28と25点差をつけられてしまった。
20分以上時間は残っているとはいえ絶望的な差であることは間違いない。直後の攻撃は時間をかけて最後はRBホワイトへのTDパスが決まり、やっとペイトリオッツがTDをかえしたが、直後のキックをミスしてしまい9-28と18点差となるところが19点差となってしまった。
そして第4Qに信じられないことが実現した。残り10分にFGで12-28としたペイトリオッツ、ここで守備陣が頑張った。残り8分、ファルコンズの攻撃でパスを選択したがこれを見逃さずにQBサック、ファンブルを誘い、攻撃権を奪取した。ファルコンズサイドとすればここはランを選択してもよかったのではなかったのだろうか。
結果論であるが、このファンブルリカバーがペイトリオッツを勢いづけた。敵陣からの攻撃でTDを奪ったペイトリオッツであったが、2点コンバージョンを2回続けて成功させなければいけない16点差である。
d0183174_09444380.jpg
このTD後のコンバージョンはスナップがQBブレデイではなく横に位置したRBホワイトへ。敵を欺くビッグプレイで2点コンバージョン成功、20-28と追い上げた。
直後のファルコンズの攻撃を抑えれば同点のチャンスはあるペイトリオッツであったが、ここでライアン~WRジョーンズへのパスが通ってファルコンズは敵陣20ヤードまで進んだ。
d0183174_09450282.jpg
TDは奪えなくてもFGは十分に狙える場所である。しかしここでファルコンズ攻撃陣がQBサック、ホールディングと若さを露呈してしまい、FG圏内から後退してしまった。
残り時間3分半、タイムアウトは2回。ペイトリオッツにとっては十分な時間であった。自陣9ヤード付近からの攻撃、最初のダウンこそ手間取ってしまったが、パスを連続して成功(なかにはWRエデルマンの相手ディフェンスにあたったボールをキャッチするというスーパーキャッチもあった!)させて敵陣に進むと最後はRBホワイトがTDランを決めて26-28とし、直後の2点コンバージョンもブレデイからWRアメンドーラにパスが通って同点に追いついた。
d0183174_09451109.jpg
51回の歴史の中で初となる延長戦、先に攻撃権を得たペイトリオッツがブレイディが 5回連続でパスを成功されて敵陣25ヤードに達すると、 ホワイトの10ヤードランと相手の反則によってゴール前2ヤードに達した。最期はホワイトのTDランが決まり34-28でペイトリオッツが勝利した。
d0183174_09452087.jpg
これでペイトリオッツは5回目(同一QBでの制覇は初)のスーパーボウルチャンピオンとなり、ブレデイは4回目のMVP(QBとして初)となった。またブレデイのパス466ヤードもスーパーボウル記録であったし、パス43回成功もスーパーボウル記録だそうだ。そして25点差からの逆転、わずか13分で19得点もスーパーボウル初、まさに記録ずくめの51回スーパーボウルであった。
我家の近くにあるNFL公式ホームページでもリンクされているスポーツバー、試合終了後にはペイトリオッツファンを思えるグループが勝利の余韻をお店の前で語らっている姿が見かけられた。
d0183174_09453961.jpg
同じ米国でもこちらはどうかなというトランプ大統領令(中東7か国の入国禁止)に対して司法裁判所が無効措置をだしたことに対して政府がその無効措置の撤回の訴訟を連邦高等裁判所に提出した件である。
この訴訟は却下され、両者に正当な理由を求める意見書の提出が求められた。今日がその締め切りであり、早ければ今日夕方には結果がでると思われるがいずれの結果がでるにしても両陣営とも控訴は確実を思われ、司法判断は連邦最高裁判所まで持ち込まれそうだ。
この連邦最高裁判所、通常は9人の判事なのだが、現在は欠員1人(保守派の候補が審議中)で8人体制(保守派4名、リベラル派4名だそうだ)である。この判断が4対4となってしまう可能性は十分にあり、そうすると連邦高等裁判所の判決が最終判決となるという。
果たしてどちらに転ぶのであろうか、大注目である。

[PR]
by motokunnk | 2017-02-07 09:50 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

カーリング日本選手権、高梨通算52勝

ウィンタースポーツ花盛り、カーリング日本選手権の女子決勝は見ごたえのある戦いであった。LS北見と中部電力の争いは、各エンドともストーンを投げたチームが有利となるどちらに転んでもおかしくない展開の試合であった。
勝負は第9エンド、LS北見の藤沢が中部電力のストーンを2つはじき出すスーパーショットを魅せてくれてこれでLS北見が絶対有利と思われたが、中部電力の松村のショットも絶妙で、このショットが中部電力に3年ぶりの優勝をもたらしたようだ。
d0183174_08233428.jpg
ピョンチャン五輪への出場が決まれば9月にまた両チームで仁保代表の座を争う試合をやることになる。ぜひまた観たいものである。
スキージャンプ女子W杯第14戦が行われ、高梨沙羅が3連勝して通算勝利を52勝とした。1回目から安定したジャンプをみせ、トップにたつと2回目も92mの大ジャンプで首位を譲らず通算52勝目をあげ、男女を通じての最多勝利まであと1勝に迫った。
d0183174_08234263.jpg
インタビューによればまだまだベストの状態ではないようで、世界選手権に向けてどこまで調子をあげてくれるのであろうか。伊藤有希は7位に終わってしまったが、2回目は89.5mのジャンプを飛んでおり、復調のきざしがみえるようであった。こちらも世界選手権に向けて調子を戻しつつあるようだ。
NFLスーパーボウルがそろそろはじまる。ペイトリオッツ対ファルコンズ、果たしてどちらが勝つのであろうか。

[PR]
by motokunnk | 2017-02-06 08:24 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

武田が代役の侍ジャパン、LS北見が王手、高梨連勝

日本ハムの大谷の代役にソフトバンク・武田が指名された。これで侍ジャパン28選手がそろってWBCに向かう体制が整った。
d0183174_10070634.jpg
WBC経験者が6名のみ、メジャーリーガーも青木宣親と経験不足が心配されるがチーム力で一丸となって優勝を目指してほしい。
カーリング日本選手権も今日が決勝である。昨日決勝に向けての試合があった。1、2位で争った試合は延長のすえ、LS北見が中部電力を振り切り決勝にコマをすすめた。3、4位の試合は北海道銀行が富士急を振り切り決勝に向けて中部電力と戦った。
この試合の分岐点は第6エンドであった。小笠原の投げた最終ストーンが中部電力ストーンより内側に止まれば北海道銀行の1得点で同点に追いつくはずであったが、まさかの失敗に終わって逆に2点が中部電力に入ってしまい、万事休すとなってしまった。それまで小笠原は安定していただけに惜しいショットであった。
d0183174_10072537.jpg
今日の決勝、LS北見が勝つと日本代表が決定するが、中部電力が勝利すると9月に代表決定戦が行われる。その日本選手権で2度対戦して連勝しているLS北見が3連勝で優勝するか、3度目の正直で中部電力が勝つか、楽しみな試合である。
スキージャンプ女子W杯第13戦が行われた。第12戦で区切りとなる50勝目をあげた高梨沙羅がどんなジャンプを魅せてくれるのか、伊藤有希は表彰台にあがれるのかに注目してTV観戦した。1回目、W杯で好調なルンビー、伊藤が失敗ジャンプで下位に沈む中、高梨はトップタイのジャンプを魅せた。2回目も高梨は一人90m超えのジャンプを魅せ、通算51勝目を手にした。
d0183174_10073525.jpg
伊藤有希は85.5m、85mで4位、勢藤優花は7位、岩渕香里は19位だった。次戦の高梨は欠場予定(連戦による疲労回復のためらしい)し世界選手権に備えるそうだ。53勝目は早くて15、16日に開催される韓国ピョンチャン大会となりそうだ。

[PR]
by motokunnk | 2017-02-05 10:09 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

カーリング日本選手権、尖閣諸島、そして大谷WBC断念

カーリング日本選手権予選リーグが終了し、決勝トーナメント進出4チームが決定した。女子の予選リーグ最終戦は優勝候補のLS北見対北海道銀行の一戦であった。
いきなりLS北見が連続スィープする思いもよらない展開でゲームはスタートした。その後、LS北見にミスがでて第5エンド終了時には3-3の同点であった。試合は後半勝負となったが、第8エンドにLS北見・本橋のショットが素晴らしくここで2点をリードすると第9エンドの小笠原の最終ショットはわずかに円内にとどまってしまった。
d0183174_08440312.jpg
この結果第10エンドは不利な先攻となった北海道銀行は4-6でLS北見に敗れ予選3位で決勝トーナメントにすすむこととなった。北海道銀行として3回連続してのオリンピック出場に赤信号が灯ってしまった。
トランプ政権の閣僚として、初めてマティス国防長官が来日した。トランプ大統領の米軍負担費用の増額発言など、日米安保の根幹に関わる問題についてどのような発言をするのか注目であった。武闘派として数々の功績のあるマティス長官だけに日本の重要性は理解しており日米安保体制の堅持は確認することができた。
d0183174_08433031.jpg
そして、沖縄県の尖閣諸島がアメリカの日本に対する防衛義務を定めた日米安全保障条約第5条の適用範囲だという考えを示したことも重要な発言であった。この発言は海洋進出を進める中国に対しての牽制の意味もあるような気もした。いずれにしろ2月10日の日米首脳会談の行方が気にかかる。
大谷翔平のWBC不参加が決まった。昨日小久保侍ジャパン監督からコメントがあり、大谷翔平のWBC断念と代替選手の招聘手続き着手が明らかとなった。
d0183174_08435450.jpg
そして今季の目標のひとつであったWBC制覇を失ってしまった大谷翔平であるが、痛みがひかない右足首手術の可能性がでてきているという。
成長期の癒合不全などで起こる「右足首の三角骨」が痛みの原因だそうで、元メジャーリーガーの石井投手も現役時代に手術をしているそうだ。三角骨を除去する手術を受ければ、実戦復帰までは約3カ月を要するが、早めに決断すれば、5〜6月にはマウンドに戻れる計算となるので早めに手術の決断もありえる。今後の大谷翔平の言動に注目していきたい。

[PR]
by motokunnk | 2017-02-04 08:46 | 日記 | Trackback | Comments(0)

今日は節分、TOYOTAが計画発表、カーリングは予選最終日

今日は節分、読んで字のごとく季節を分ける日である。古くから季節の変わり目には邪気(鬼)が生じると考えられており、それを追い払うための悪霊ばらい行事が執り行われていたそうだ。
d0183174_08562570.jpg
その行事が豆まきという形になって現代まで受け継がれているようだ。近くの神社や寺院でも今日は節分の豆まきが行われるようで、町内会の掲示板などで告知されている。
さて2017年はWRCに復帰するなどモータースポーツの世界でも頑張っているTOYOTAが2017年の活動計画を発表した。
復帰初戦のラリー・モンテカルロで2位と幸先のよいスタートをきったWRC、そして今年こそ悲願であるルマン24時間レースでの優勝を勝ち取りたいWECなどが参戦レース、体制などとともに発表された。
d0183174_08563393.jpg
特にWECは第2戦スパ、第3戦ルマンの2戦は3台体制での参戦が予定されており、今年のTOYOTAの心意気がこのことからも感じられる。昨年あと3分(1周)で届かなかった優勝、今年、レースの神様は微笑んでくれるのであろうか。
カーリング日本選手権予選もいよいよ最終日となった。女子は既に決勝トーナメントに進む4チームが決まっているが、やはり1、2位通過と3、4位通過では決勝トーナメントでの試合数が異なり、できれば上位で進出したいところである。
その意味で今日のLS北見と北海道銀行の試合は注目だ。初日に中部電力に負けてしまったときはどうなることかと思った北海道銀行であったがその後は6連勝で決勝トーナメント進出を決めた。
全体的に観てドローショットの精度はイマイチであるのが心配であるが、それはLS北見も同様である。
d0183174_08564095.jpg
特にスキップの藤沢に昨年ほどショットの安定性がないのが気にかかる。この試合どちらがミスなくショットを決められるかがポイントではないかと思う。

[PR]
by motokunnk | 2017-02-03 08:59 | 日記 | Trackback | Comments(0)

サンウルブス始動、大谷離脱、カーリング日本選手権

ラグビー日本選手権が終わったが、選手のラグビーシーズンはまだまだ終わりを告げていない。スーパーラグビーに向けてサンウルブスが始動しはじめた。
東京・辰巳のグラウンドで午後2時半頃に始まった練習は約1時間であったそうだ。練習の最後のスペシャルメニューがユニークであった。
d0183174_09314849.jpg
各チームのスローワーたちがインゴールに位置し、ひとりのキャッチャーが10mラインやハーフウェイラインへ。生卵を投げ、それを割らずにキャッチできたらポイントを得るシステムのゲームだ。一気にチームの絆が強くなったゲームだと思えた。
チームは2月3日まで辰巳で練習した後、福岡へ移動。2月18日に予定されているトップリーグオールスターズとのプレシーズンマッチへ向けての準備を進める。
日本ハムの大谷翔平のWBCでの投手での起用がなくなることが発表された。日本シリーズで痛めた足の完治がなされておらず、そのことが原因でピッチングも満足にできない状況だそうだ。
d0183174_09320399.jpg
野手としての出場は可能だがこれとて100%の状態で日本ハムとして送り出せるかは不明だという。WBC王座奪回にむけて侍ジャパンは窮地にたってしまったようだ。
カーリング日本選手権、中部電力の勢いが止まらない。2年ぶりの出場となったにも関わらず、初日には昨年3位の北海道銀行に快勝、そして昨日は昨年準優勝の富士通に対しても互角の戦いをしての勝利、これで6連勝である。
過去4連覇をしている強豪ではあるが、主力メンバーが引退、移籍などしてチームは若返っているだけに、今日のLS北見との戦いが注目である。LS北見のスキップ・藤沢はどんな思いで古巣と対戦するのであろうか。
トランプ大統領の言動(暴言?)が止まらない。最高裁判事指名に際して民主党が反対しているのに対して対抗措置をとるかまえだそうだ。中東7か国からの入国拒否については国連事務総長からも反対表明がでている。
d0183174_09315692.jpg
今日の朝日新聞の天声人語にも大統領令にからんで第二次世界大戦でだされた日系人廃絶の事例をベースにアメリカのなすべきことについて警鐘がならされていた。
もしこんな中、アメリカ国内でイスラム過激派によるテロ行為が勃発したらトランプ大統領はどう発言するのであろうか。

[PR]
by motokunnk | 2017-02-02 09:33 | 日記 | Trackback | Comments(0)

NPBキャンプ解禁、NFLスーパーボウル、大統領令連発

早いもので今日から2月、プロ野球も一斉にキャンプがはじまる。キャンプ解禁といっても最近は自主トレが盛んになっており、ほとんどキャンプと変わらないメニューをこなしている選手も多いようだ。日本ハムは今年も1軍はアメリカ・アリゾナでキャンプスタート、昨年と同様連覇なるであろうか期待したい。
大統領となってほぼ毎日のように大統領令をだしているトランプ大統領、メキシコ国境に壁を建設する計画でも物議をかましているが、今回の大統領令はこれを上回る非難の声があがっている。
「イスラム教徒が多数を占める7カ国からの入国禁止を命じた大統領令」である。これにお膝元の米国司法省のイエーツ長官代理が1月30日午後、声明を発表し「ドナルド・トランプ大統領が署名した全ての移民とおよび特定の国々からの入国を禁止する大統領令に従わないよう」省内に通知したという。
d0183174_08535385.jpg
ワシントン州でも司法長官がこの大統領令に対して違法であると州裁判所に訴えをおこすなど波紋は拡がっている。トランプ大統領、即刻イエーツ長官代理を罷免したが混乱は拍車をかけていそうで収集をどうするのであろうか、トランプ大統領にしてみればこんな騒ぎは関係ないと考えているのであろうが。
同じ米国、2月5日にはNFLスーパーボウルが開催される。開催地のヒューストンには両チームの選手が到着して各種イベントが開催されスーパーボウルを盛り上げている。
気になる当日のユニフォームであるが、白いユニフォームはペイトリオッツが着用することが決まった。過去12年間で11勝している色だけにファルコンズに選択権があったというユニフォーム選択、吉とでるか凶とでるか注目したい。
d0183174_08540082.jpg
マッチアップも特集されている。ペイトリオッツのQBブレデイとファルコンズのOLBビーズリーなど注目のマッチアップが目白押しである。試合が待ち遠しいかぎりである。
カーリング日本選手権、昨年の優勝チームであるLS北見が絶好調である。初日、2日目と相手チームを圧倒しての4連勝である。一方の北海道銀行は昨日は1試合だけであったが、相変わらずドローショットの精度はよくないようで、相手チームのミスショットに助けられる形で結果は大勝であったが、強豪チームと当たる今後に対して一抹の不安を感じる試合内容であった。

[PR]
by motokunnk | 2017-02-01 08:56 | 日記 | Trackback | Comments(0)