<   2017年 11月 ( 27 )   > この月の画像一覧

大倉山で入団発表、羽生棋聖永世竜王に王手、精霊の守り人最終章

日本ハムが2017年新入団発表を大倉山スキージャンプ場で開催した。日本ハムは毎年、札幌近郊の有名施設での入団発表を行っており、今年はその場所が大倉山スキー場だったようだ。
ドラ1ルーキーの清宮幸太郎もユニフォーム姿を初公開、注目の背番号は「21」であった。21といえばMLBのロジャー・クレメンテの背番号と一緒である。3000本安打を達成し、社会貢献活動でも有名である。
d0183174_09081835.jpg
清宮の夢は野球で超一流となるとともに社会でも認められる人を目指すという。まさにクレメンテがその目標の一人ではないだろうか。「21」といえば清宮といえる選手になってほしいものだ。
将棋の竜王戦第4局が行われた。メジャーなタイトル戦は2日間対局が行われ、竜王戦もそのひとつである。2日目は難しい指しまわしとなったが、羽生棋聖に好手が続き、渡辺竜王を104手で破り3勝目をあげた。
d0183174_09082667.jpg
この勝利で竜王位奪取まであと1勝、奪取すれば永世竜王の資格保持となり、棋界で唯一の永世七冠保持者となる。2008年の竜王戦も羽生棋聖は3連勝して永世竜王に手をかけていたがその後4連敗して渡辺竜王が永世竜王の資格をとった苦い経験がある。
それから約10年、今回は是が非でもタイトル奪取と思っているだろう。注目の第5局は12月4、5日に鹿児島県指宿市で開催される。
もうひとりの注目棋士、藤井聡太四段も王位戦予選2回戦に登場した。対局相手は北浜健介八段であった。序盤から攻めていった藤井四段、攻撃の手を緩めず67手で快勝し準決勝にすすんだ。あと2勝すればいよいよ本戦進出である。
その藤井四段の次回対局は29日の棋聖戦第1次予選決勝である。対局相手は大橋貴洸四段、28勝7敗と今季好調の棋士であるだけに熱戦が期待される。この模様はネット中継されるようだ。
そして今夜、「精霊の守り人 最終章」がはじまる。NHK大河ファンタジーの完結編である。3年がかりで製作されたのでNHKとしてもだいぶ力がはいった力作となっていることが期待される。
上橋菜穂子の原作をドラマ化しているが、原作とはちょっとちがったストーリー(大筋はあっているが)となっており今回はどんな展開となっているかが楽しみだ。わくわくしながら夜を待つことにしよう。

[PR]
by motokunnk | 2017-11-25 09:10 | 日記 | Trackback | Comments(0)

藤井四段先手番で初黒星、日本ハム新人今日会見、竜王戦第4局2日目

藤井聡太四段が先手番で初めて黒星をきっしてしまった。昨日CSで放送された銀河戦(実際は9月22日に対局)で上村亘四段にいいところなく負けてしまった。
d0183174_09113060.jpg
上村四段が絶妙の指しまわしで序盤から優勢に将棋をすすめ、そのリードを終盤まで守っての快勝であった。藤井四段は9月は不調(といっても一般棋士の基準では優秀な成績)で3敗していた時期なので好調ではなかったのかもしれない。
その藤井四段、今日は王位戦予選に登場する。対局相手は北浜健介八段、どんな将棋を指してくれるのだろうか。
日本ハムは今日札幌ドームで新人の入団発表会見を行う予定だが、清宮幸太郎が札幌入りしたことが報道された。空港に出迎えたファンは約200人と、大谷翔平とほぼ同数であったという。
d0183174_09114024.jpg
大谷翔平がMLB移籍と同じタイミングで清宮幸太郎入団、清宮がどのように育っていくかが注目だ。注目の背番号は21に決定したようだ。
竜王戦第4局2日目がはじまった。注目の渡辺竜王の封じ手は2四歩であった。大方の予想は6五歩であり羽生棋聖としても予想外の手であったのではないか。
d0183174_09114941.jpg
意外な出だし、羽生棋聖いきなり長考になりそうな雰囲気である。第4局はどんな展開になるのであろうか楽しみにネット観戦することにしよう。

[PR]
by motokunnk | 2017-11-24 09:13 | 日記 | Trackback | Comments(0)

最後のお仕事、竜王戦第4局はじまる

今朝の朝刊をみると、ポスティング制度が合意し早ければ12月2日から執行されるという。MLBの選手会の合意待ちであったそうだが、MLBではオーナー会議が開催され本格的にFA選手の獲得合戦が例年であればスタートするが今年はこの動きがない。その理由は大谷翔平獲得が各球団とも一番にすえているからだという。その結果、MLB選手会も合意して来月執行の動きとなったようだ。ただ大谷翔平に関しては契約交渉期間が21日に短縮されており、年内にMLBのどのチームに移籍するかが決定するという。
d0183174_08555908.jpg
どこに行くのか、早くも米国MLBファンの間では論戦がスタートしているようだ。そんな大谷翔平であるが昨日は日本ハム恒例となっている「北海道179市町村応援大使」の催しに参加した。大谷翔平は同じ投手の新垣勇人と月形町を担当しているが、相棒がウイルス性結膜炎のため急きょ不参加となり一人での活動となった。そのぶん、質問コーナーなどでMLBへの抱負などをファンの前で語っていた。その姿はもう心はMLBという思いであったようだ。26日に行われるファンフェスが日本ハムとして最後の活動の場となるのだろう。
将棋の竜王戦第4局が初開催地の新潟県三条市で今日開催される。前夜祭も盛大に行われたようで地元紙でも取り上げられていた。羽生棋聖が2勝1敗と一歩リードはしているが連勝の後は1敗しているのでどちらが勝利するかはわからない。
d0183174_08560964.jpg
対局開始は午前9時、果たして初手はどうであろうか、渡辺竜王の初手は飛車先、角道、それともその他の手なのだろうか。

[PR]
by motokunnk | 2017-11-23 08:57 | 日記 | Trackback | Comments(0)

MNFはファルコンズ、藤井四段最速50勝達成

NFL第11週のMNF、プレイオフ進出を狙うシーホークスとファルコンズが対戦した。シーホークスは地元開催ながらディフェンスの要であるシャーマンを怪我で欠いていることである。
そしてそのことは明確だった。いつものディフェンスとはどこか違っており、ファルコンズに先制を許すとその後もTDを奪われ、0-14とリードされてしまった。リードされ第4Qに逆転するのがシーホークスであるがどうもこの試合はそのような展開に持ち込めそうもないようだった。
第1QでTDをかえし、前半を17-24で折り返すと、後半は一進一退の展開、第4QにTDを奪い31-34と1FG差まで追い上げた。そして52ヤードのFGが決まればオーバータイム突入であったがこのFGは外れ、シーホークスにとって痛い地元での敗戦となってしまった。
d0183174_09001529.jpg
一方のファルコンズ、昨年のNFCチャンピオンであるが、ようやく実力を発揮しだして2連勝で6勝目をあげ、ワイルドカードでのプレイオフ進出圏内にはいってきた。
d0183174_09003405.jpg
ただ、ワイルドカード圏内といっても次の試合で負けてしまえばあっという間に順位はさがってしまう文字通りの混戦、これから12月の最終戦に向けてまだまだ戦いはヒートアップしていくNFL終盤戦である。
将棋の8大タイトルのひとつである王座戦、その一次予選トーナメント2回戦に藤井聡太四段が登場した。対局相手は平藤眞吾七段である。この一戦に勝つとデビュー通算50勝目となる藤井四段、どことなく緊張気味の様子であった。
中盤以降、平藤七段が優勢とみられていたが、終盤が強い藤井四段も自陣に底歩を打つなど守りを固めて攻撃に集中し、126手で平藤七段を破り通算50勝目をあげ、半日以上に及ぶ熱戦を制した。
藤井四段と同じように中学生でプロ入りを決めたのは、羽生善治棋聖、渡辺明二冠、ことし現役を引退した加藤一二三九段、谷川浩司九段の4人、50勝を達成した時の負け数は、羽生棋聖が16、渡辺二冠が30、加藤九段が17、谷川九段が26となっていて、6回しか負けていない藤井四段は89%という極めて高い勝率を誇っている。
d0183174_09002479.jpg
また、50勝達成までにかかった期間は、羽生棋聖が1年3か月余り、渡辺二冠が2年余り、加藤九段が2年1か月余り、谷川九段が2年3か月余りなのに対し、藤井四段は1年1か月余りしかかかっておらず、ここでも藤井四段の強さが際立っていることがわかる。
9月14日以降続いている連勝も11となりこちらもどこまで連勝記録を伸ばすか注目である。次の対局は23日、銀河戦Hブロック2回戦、対局の相手は上田亘四段である。この対局はCSで放送されるそうだ。

[PR]
by motokunnk | 2017-11-22 09:02 | 日記 | Trackback | Comments(0)

WC遠のくドルフィンズ、NPBアワード開催、藤井四段登場

NFL第11週、ドルフィンズは開幕週で対戦する予定(ハリケーンのため、中止となっていた)だったバッカニアーズと対戦した。
FGで先制されるもののQBカトラーからWRランドリーへのTDパスで逆転したドルフィンズ、第1Qを7-3とリードしたまではよかった。
d0183174_09334792.jpg
しかし第2Qはバッカニアーズに一方的に攻め込まれてしまい(カトラーのパスも3度インターセプトされてしまった!)、1FG、2TDを奪われ7-20と逆転されてしまった。
後半にはいるとQBカトラーは脳震盪の影響から出場せず、ムーアがそのポジションにはいった。するとムーアはパスの調子がよかったようで2FGを奪って13-20と追い上げ第4Qにはいった。
第4Q残り3分でWRスティルスへのTDパスが決まり、20-20の同点に追いついた。OTでの決着かと思われたがタイムアップ寸前にFGを決められバッカニアーズに惜敗してしまった。
d0183174_09335713.jpg
これでドルフィンズ4連敗である。通算成績も4勝6敗となり、ワイルドカードでのプレイオフ進出に黄色信号が灯ってしまった。やはり正QBタネヒルをシーズンイン直前に怪我で欠いたことが痛かった。
同地区のペイトリオッツ、こちらはQBブレデイのパスが炸裂してレイダースを圧倒して33-8で勝利、これで6連勝、8勝2敗でAFC東地区のトップを独走している。AFC全体でも第1シード獲得が視界にはいってきたようだ。
d0183174_09341769.jpg
NFCでは東地区のライバルイーグルスとカウボーイズがSNFで対決した。開始直後のキックオフリターンで大きくゲインしたカウボーイズがFGで先制する(このとき、イーグルスのKエリオットがブロックしたがヘルメットから突っ込んだので脳震盪を発症してしまった)。
しかし、直後の攻撃であっさりTDを奪われ逆転されてしまった。ただその後はイーグルスの攻撃を止めるカウボーイズのディフェンスがひかり、イーグルスはエリオットが不調でFGを外すなど7-9で前半を終えた。
d0183174_09340789.jpg
ハーフタイムでエリオットが脳震盪で後半出場できないこととなり、イーグルスは非常事態となってしまったが、このことがイーグルスに危機感を募らせたようでQBウェンツを中心とした攻撃が思うように決まりだしTDを量産、カウボーイズを圧倒し37-9で勝利した。
これでイーグルスは8連勝、9勝1敗となり、NFC東地区の首位をほぼ確定した。NFC全体でも第1シード争いのトップにたっている。
MNFはそのイーグルスを追いかけるシーホークスとファルコンズが戦う。この一戦も注目だ。
NPBアワーズが開催された。今年のMVPはパリーグがサファテ、セリーグが丸であった。また新人王は源田と京田という遊撃手という同じポジションの選手が選ばれた。昨年はMVPが大谷翔平、新人王が高梨裕稔だった日本ハムであるが今季は西川遥輝一人が盗塁王とベストナインという寂しいアワーズであった。
ただ第1部のファーム表彰ではイースタン・リーグ最優秀防御率投手賞の吉田侑樹、同首位打者賞の高濱祐仁、同最多本塁打者賞とスポーツニッポン社選定の新人賞に輝いた森山恵佑、選考による優秀選手賞を受けた横尾俊建の4人がそれぞれ壇上に上がった。
d0183174_09342618.jpg
インタビューで初受賞となった高濱は「1軍で首位打者を獲れるような選手を目指して行きます。清宮選手に負けないよう頑張りたいと思います」と話し、1軍で7本塁打と飛躍の足がかりをつかんだ横尾も「持ち味である本塁打をたくさん打ってチームに貢献していきたいです」と言葉に力を込めていた。この4人に限らず多くの若手が1軍目指して頑張っていってほしい。
そして将棋の世界では王座戦一次予選の2回戦が行われる。もっか10連勝中の藤井聡太四段が平藤眞吾七段に挑戦する。9時半からネットで生中継されるので楽しみである。

[PR]
by motokunnk | 2017-11-21 09:37 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

侍ジャパン優勝、WEC、WRC終了

WEC第9戦(最終戦)バーレーン6時間レースが行われた。ポルシェが今シーズンでのWEC撤退を発表しており、トヨタとしては是が非でもポルシェに勝利し、年間優勝5回(このレースまでは4勝で並んでいる)を勝ち取りたいレースであった。レースはスタート直後から4台のマシンによるトップ争いが行われたが30分を過ぎるころからトヨタ8号車がトップに立ち、徐々にリードを拡げていった。7号車も2位につけトヨタのワンツー体制が形成されレース序盤を支配した。
d0183174_09353275.jpg
レースが半分に差し掛かる現地時間の午後7時頃、小林可夢偉のドライブする7号車とGTクラス車両が接触。このアクシデントで7号車は、タイヤパンクと右リヤカウル破損のダメージを負ってしまった。6分にわたるピットでの修復作業により2周遅れでレースに復帰したが、車両バランスが崩れてそれまでの性能を発揮することは出来ず、7号車は4位キープに切り換えて走行していくことになった。一方8号車はノートラブルで6時間を走り切り今季5勝目をあげ、有終の美を飾った。
d0183174_09352548.jpg
トヨタチームとしては大目標であったルマン24時間レースを制することができず不完全燃焼に終わってしまったシーズンとなった。来シーズン、ライバルのポルシェは撤退し、現状のままいくとLMP1クラスに参戦するワークスチームはトヨタのみとなっている。
レギュレーション変更もささやかれているなか、来年こそはルマン制覇をしてほしいと思うのは私だけではないと思う。アロンソがルマン24時間レースにトヨタで参戦との噂もあるがそのためにも全力で勝ちにいってほしい。
トヨタが参戦しているFIAの選手権シリーズのWRCも最終第13戦ラリー・オーストラリアデイ3が行われた。2位で最終日に臨んだラトラバであったが、最終のパワーステージでまさかのコースアウトをしてしまいあえなくリタイアしてしまった。最後まで全力疾走、ラトラバらしいコースアウトであったが、まあ仕方がないことかもしれない。もう1台のラッピはパワーステージを3位、総合6位の結果であった。
d0183174_09350790.jpg
d0183174_09351502.jpg
また来季からのトヨタチーム入りが決まっているタナックは2位でフィニッシュした。これでWRCも全戦が終了し、トヨタチームは復帰初年度として2勝する活躍であったと思う。来年は体制も強化されチームとしてまたドライバーもチャンピオンシップ争いを繰り広げるレベルにジャンプアップしWRCを盛り上げてほしい。
「ENEOS アジア プロ野球チャンピオンシップ2017」は全勝で予選を勝ち抜けた侍ジャパンと韓国が対戦した。予選初日に8-7ときわどいサヨナラ勝ちをおさめた相手だけに気が抜けない一戦である。
先発のマウンドには東京ドームがホーム球場の田口があがった。昨日好投したDeNA今永と同世代とあって、今永に劣らぬ投球で韓国打線を抑えていった。
一方打線は韓国の先発・朴世雄を攻め、初回からこの日も先発した松本剛の2塁打で一死1、2塁とチャンスをつかんだが得点することはできなかった。
2回も無死1、2塁とチャンスをつくったがバント失敗(併殺のおまけつき)でチャンスをつぶしてしまった。一方の田口は4回二死から初ヒット(2塁打)を打たれたが後続はおさえて無失点ピッチングである。
d0183174_09345996.jpg
そんな中打線は、山川四球で無死1塁とすると続く上林のバントを捕手が野選、無死1、2塁から外崎がライトオーバーのタイムリーで待望の先制点をあげた。
しかし一死1、3塁からセーフティスクイズのサインがでていたようで、バッターは見逃したがランナーが帰塁できずに追加点をとることができなかった。
1-0とリードした5回、二死から田口が連打され1、3塁のピンチを招いてしまった。ここでバッターは1番・朴珉宇、選球眼もよく初戦でも日本を手こずらせた好打者であった。しかし田口はギアを一段あげてこのピンチを2塁ゴロに打ち取り無失点で切り抜けた。
d0183174_09345175.jpg
ピンチの後にはチャンスという格言もあるが、その裏松本、近藤の日本ハム勢が連打で無死1、3塁のビッグチャンスをつくると山川は三振で倒れたが上林が四球を選んで一死満塁、ここで外崎がレフトへタイムリー待望の追加点をあげた。続く西川も2塁打をはなってこの回3点、4-0とリードしてほぼ試合を決定づけた。
6回にも一死1塁で盗塁死と嫌な流れとなりかけたがここで松本が四球を選ぶと、近藤が芸術的な打撃でレフト線に2塁打、そして山川が2点タイムリーで6-0とほぼ勝利を確定した。
7回には西川にも第1号がでて7-0とし、最後はDeNA・山崎が韓国打線を三者凡退にかたづけ侍ジャパン、稲葉監督の初陣を3連勝の完全優勝で飾った。
d0183174_09344290.jpg
大会終了後発表されたベストナインにも侍ジャパンは田口(投手)、西川(3塁)、外崎、松本(外野手)、近藤(指名打者)のあわせて5名が選出された。
日本ハムとしては野手をして選ばれた近藤、松本がダブル受賞、そして堀は2試合登板で無失点投球、1勝と役割をきっちりと果たした3試合であった。

[PR]
by motokunnk | 2017-11-20 09:41 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

ラトラバ2位で最終日、侍ジャパン連勝で決勝へ、ラグビーも快勝

WRC第13戦ラリー・オーストラリアデイ2、トヨタチームは戦術がうまくいったのか、2ドライバーとも順位をあげ最終デイ3にむかうこととなった。
特にラトラバは前日の4位から2位にジャンプアップ、SS10ではベストタイムのおまけつきであった。トップとは20秒差と離れてしまったが3位とも20秒差と離れており表彰台は確保できるのではないだろうか。
d0183174_09311171.jpg
d0183174_09312058.jpg
一方ラッピもスタート順の不利(各SSともトップスタートであった)を克服してベスト10以内の9位にポジションアップした。こちらも最終日でのポジションアップを目指してほしい。
「ENEOS アジア プロ野球チャンピオンシップ2017」、侍ジャパンの相手はチャイニーズ・タイペイであった。先発オーダーをかえ、2番で日本ハムの松本剛が起用され、また9番ではセカンドでロッテの中村の起用とチャイニーズ・タイペイ先発が左腕だったこともあり、ジグザグ打線での戦いとなった。
先発今永が好調で初回のアウトはすべて三振であった。すると2回、二死から外崎がライトスタンドに先制の一発をはなち、侍ジャパンが先制した。
d0183174_09312929.jpg
今永はその後も三振の山を築く投球でチャイニーズ・タイペイ打線をおさえていったが4回、不運なヒットとエラーで無死1、3塁のピンチを招いてしまった。このピンチも3連続三振で切り抜けると5回表、二死2、3塁とチャンスをつくり京田のタイムリーで2点を追加し3-0と試合を有利にすすめた。
結局今永は6回を投げ、12奪三振無失点の好投であった。打線も7回、満塁のチャンスから松本剛のライト線への2塁打などで3点をあげ試合を決定づけた。
d0183174_09314887.jpg
最終回に2点を奪われ一死満塁のピンチであったが日本ハムの堀が併殺におさえて試合終了、8-2でチャイニーズ・タイペイに快勝した。
d0183174_09320649.jpg
今日の決勝、侍ジャパンの先発予定は巨人の田口である。田口が韓国打線をおさえて、打線が爆発することを期待したい。
未明に行われたラグビーテストマッチ、日本代表の相手はトンガである。フランス遠征の初戦、どんな戦い方をしてくれるのか注目していたが日本代表は攻めこまれながらもトライを許すことなくディフェンスしていくと前半3分に先制トライ(&ゴール)をあげた。その後お互いにPGで3点ずつをあげ、シンビンで一人少なくなったトンガに対して日本は相手ゴール前まで攻め込み、モールから最後はマフィがトライをあげてリードを拡げた。その後リーチもトライをあげ、前半終了時点で27-6と大きなリードをつくった。
d0183174_09321924.jpg
後半もトンガに攻め込まれはするがトライは許さず、逆に20、34分にトライを奪って39-6でトンガに快勝した。若手主体のトンガ代表ではあったが、ノートライに抑えての快勝は日本代表の自信となりそうだ。次戦のフランス戦、どんな戦いをしてくれるのか楽しみになってきた。

[PR]
by motokunnk | 2017-11-19 09:34 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

マイルCSはレッドファルクス

この馬、レッドファルクスはスプリントG1を2勝しており、スプリンターとみられているが坂のない淀のマイルを押し切るだけの実力はもっていると判断する。
d0183174_09330302.jpg
ミルコから弟への乗り替わりではあるが、兄に劣らず実力は超一流だけにこの馬を本命とした。
対抗はエアスピネル、この馬も乗り替わりであるが、鞍上はムーアであり、武豊と比べても遜色のない騎手である。3番手にはサングレーザー、3歳ながら非凡な能力をもっていそうだ。
そしておさえとして、サトノアラジン、イスラボニータ、ペルシアンナイトをあげておく。
明日の天気は晴れ模様、良馬場でのレースで果たしてどの馬が駆け抜けるのだろうか。

マイルCSの予想
◎ レッドファルクス
〇 エアスピネル
▲ サングレーザー
△ サトノアラジン、イスラボニータ、ペルシアンナイト


[PR]
by motokunnk | 2017-11-18 20:59 | スポーツ全般 | Trackback(8) | Comments(0)

トヨタ初日は4位、ベストナイン発表、いちょう祭り

WRC第13戦ラリー・オーストラリアデイ1が終了し、トヨタチームはラトラバが4位、ラッピが11位とまずまずのスタートであった。ラトラバはSS1でインターコムの故障でコドライバーとの会話ができないトラブルに見舞われ、ボディワークを損傷してしまったにもかかわらずの4位は見事である。
d0183174_09324451.jpg
ラッピも午前中のSSでパワーステアリングに問題が生じ大幅にタイムを失ったが、問題解消後の午後のSSでは速さを取り戻しており、デイ2でのさらなる上位進出も可能な状況だ。デイ2でラトラバは3位、ラッピはベスト10圏内目指して頑張ってほしい。
昨日、NPBからセパ両リーグのベストナインが発表された。日本一となった昨年は日本ハムから4名(5ポジション)が選出されたが、今年は西川遥輝ただ1名の選出であった。
d0183174_09323156.jpg
やはり優勝しないと記者投票での選出であるので記憶に残らないケースが多いようでベストナインに選ばれるには優勝争いは必須事項、来年こそは多数の選手が選出されるようチーム一丸で優勝に向かって邁進してほしい。
「ENEOS アジア プロ野球チャンピオンシップ2017」、昨日は韓国対チャイニーズ・タイペイの試合が行われ1-0で韓国が勝利した。この結果、韓国が決勝に進む可能性が高くなり、侍ジャパンとしても今日のチャイニーズ・タイペイ戦での勝利が必須事項となる。
その先発予定が発表され侍ジャパンは横浜DeNAの今永が発表された。
d0183174_09325494.jpg
日本シリーズでの好投(勝利投手にはなれなかったが)が思いだされるが、その精神力もたぐいまれなものを持っているようだ。ぜひ、チャイニーズ・タイペイ打線を完封してほしい。
そして昨日から神宮外苑のいちょう祭りがはじまった。昨年は直前の不慮の事故で中止となっていただけに2年ぶりの開催である。
d0183174_09331116.jpg
例年に比べて色づきが早いようで、見事な黄色の絨毯も見え始め、見物客も多数来ていた。

[PR]
by motokunnk | 2017-11-18 09:35 | 日記 | Trackback | Comments(0)

侍ジャパン劇的勝利、清宮仮契約、WRC第13戦開始

「ENEOS アジア プロ野球チャンピオンシップ2017」が東京ドームで開幕した。侍ジャパンの初戦の相手は宿敵の韓国である。侍ジャパンの先発は薮田であったが、シーズン中とは何か違うようであった。
CSから続く制球面の精度がままならず、四球をだす苦しい投球であったがヒットは許さないちょっとアンバランスな投球であった。
そんな薮田を援護すべく、3回裏二死から四球で出塁した源田が近藤の内野安打で3進、2塁手の送球がランナーにあたってファールゾーンに転がる間にホームを陥れ先制した。
しかし4回、先頭打者に一発を打たれて同点にされると連打で無死1、3塁とピンチを招いてしまった。犠飛で逆転されると不運な当たりもヒットとなりこの回一気に4失点で1-4と試合を逆転されてしまった。
韓国の先発・張現植は3点のリードをもらい、のびのびと投球、侍ジャパンは反撃のチャンスもないように思えた。試合が動いたのは6回、韓国がセットアッパーの投手をだすと、一死から近藤がレフト前に落とし、山川がライトスタンドに2ランを放って3-4と1点差に追い上げた。
d0183174_09200712.jpg
試合は侍ジャパンの流れとなったがなかなかあと1点が遠く、8回に近藤がヒットを放って(猛打賞である!)出塁するが後続が凡退してしまった。そして9回、クローザーの山崎がきっちり3者凡退で韓国打線を抑えると、その裏一死から連続四球、ヒットで一死満塁と同点のチャンス、ここで京田が押出しの四球を選んで土壇場で同点に追いついた。
この大会、延長はタイブレイク制となり、10回から登板した又吉は一死はとったが、続く打者に連続して2塁打を打たれて3点を奪われてなお二死1、2塁のピンチでトップバッター(この試合すべて出塁している!)となった。
ここで侍ジャパンのマウンドには日本ハムの堀瑞樹、ヒットで満塁とされたが後続はしっかり打ち取りピントを無失点で切り抜けた。
そして10回裏、期待した山川がレフトフライに終わり、敗戦を覚悟したが上林(この試合無安打で当たっていなかった!)が起死回生の同点3ランを右中間スタンドにたたきこみ試合を降り出しに戻した。
d0183174_09195937.jpg
二死から西川がヒットで出塁すると、田村の打席で盗塁、二死2塁となり、田村が劇的なサヨナラ打で8-7のサヨナラ勝ち、稲葉監督初陣での初勝利であった。この試合、ベンチの采配がひかったのは10回裏の西川の盗塁だったと思う。同点で長打がでればサヨナラのチャンス、2塁へいけばワンヒットでサヨナラとなる。
d0183174_09194144.jpg
打者心理もヒット狙いに切り替えられることができる。この采配(だったと思う)がうまくあたって初戦を白星発進した。土曜日にはチャイニーズ・タイペイとの試合がある。先発は今永と思うがチャイニーズ・タイペイに勝利してぜひ決勝に進んでほしい。
日本ハムがドラフト1位指名した清宮幸太郎の仮契約が行われた。そして記者会見の舞台が明治記念館であった。
d0183174_09194931.jpg
仮契約の場に明治記念館を選んだ理由について「神宮でたくさん本塁打を打ったし、お父さん(克幸さん)も(秩父宮)ラグビー場に縁があって、この辺で生まれ育った。ここから北海道に羽ばたいてほしい」とのこと、早く日本ハムのユニフォーム姿をみたいものである。注目の背番号はまだ発表されていないが果たして何番を背につけるのだろう。
WRC第13戦ラリー・オーストラリアがはじまった。昨日行われたシェイクダウンではラトラバが総合4位とまずまずの出だしである。
d0183174_09201567.jpg
デイ1がはじまりすでにSS3が終了、ラトラバは6位、ラッピは12位につけている。

[PR]
by motokunnk | 2017-11-17 09:22 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)