ロジャーズ・カップ準決勝、世界陸上、そしてMotoGP

MotoGPオーストリアGPMoto2クラスの予選が行われた。中上貴晶は13番手という不本意な順位に終わってしまったが、本人は前向きなコメントを残している。「昨日から着実によくなっています。このコースは、パッシングポイントが少なく、それだけにブレーキングがすごく重要になります。予選の最後にフロントを硬めの方向でセッティングしていったのですが、これでフィーリングがよくなったので、明日のウォームアップでは、この部分のスタビリティーを上げる方向でセッティングしていきます。タイヤはソフト、ハードともに機能していますが、おそらくソフトを選択すると思います。タイムが接近しているので、明日のウォームアップで少しでもアベレージを上げられるようにして、決勝に挑みたいです。」決勝ではシングルフィニッシュ(できれば表彰台)を目指してほしい。
ATP1000・ロジャーズ・カップ準決勝の第1試合が未明に行われた。第2シードのフェデラーとハーセの対戦である。フェデラーの圧勝と思っていたら、ハーセも頑張った。先にサービスをブレイクされてしまったがすぐにブレイクバックして意地をみせた。ただその後のサービスゲームをまたまたブレイクされ、結局第1セットはフェデラーが6-3で奪った。
第2セットにはいるとフェデラーのサービスが安定し、サービスゲームではほとんどハーセにポイントすら与えない出来であった。一方のハーセも食らいつき、サービスゲームをブレイクされることなく試合はタイブレイクに持ち込まれた。
タイブレイクもフェデラーリードで進み、一旦追いつかれはしたもののポイント7-5で勝利、決勝の舞台にすすんだ。ロジャーズ・カップ初優勝の期待がかかる。
ロンドンで開催されている世界陸上、日本人選手のメダル第1号は男子400Mリレーであった。リオ五輪銀メダリストコンビから2名がかわった日本チーム、スタート後3位をキープして最後の直線にはいった。
そこでトップ争いをしていたジャマイカチームのボルトにアクシデントが発生(ハムストリングを痛めたようだ)し、日本が3位でゴールした。
d0183174_08522452.jpg
世界陸上、この競技で初メダルだそうだ。リオ五輪に続いて同一種目でのメダル獲得、ボルトの負傷リタイアというアクシデントはあったが立派な結果であり、東京オリンピックにつながると思う。
さて午前9時からはロジャーズ・カップ準決勝の第2試合が行われる。20歳のズべレフと18歳のシャポバロフの一戦、実力はズべレフであろうがシャポバロフには勢いがある。果たしてどちらが決勝に進むのであろうか。

[PR]
# by motokunnk | 2017-08-13 08:53 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

ダルビッシュ連勝、テニス界に新星登場

移籍後連勝である。ダルビッシュは昨日敵地でのダイヤモンドバックス戦に先発した。いきなり味方打線が3点をとる攻撃をみせ、ダルビッシュを援護したがこの日のダルビッシュは微妙な制球に苦しんだ。
一回りの打者で3ボールにならなかったバッターを探すのが難しいほどであった。3回に四球から失点すると4回には一発をあびてしまった。しかし5回に味方打線が3点を追加して6-2とリードを拡げると、その裏は四球を出した後3者三振でマウンドを降りた。これで2試合連続勝利、連続10奪三振のおまけつきであった。ただダルビッシュ自体はこの日の投球には不満なようで最低の仕事しかできなかったとコメントしている。
d0183174_12432419.jpg
それでもレンジャーズ時代とは違って白星がついたことはよかったと思う。次戦の登板ではどう修正してくれるだろうか、期待したい。
MotoGP・オーストリアGPがはじまった。チェコGPで不振だったMoto2クラスの中上貴晶であるが、オーストリアのフリー走行でも抜群の調子ではなかった。しかしチェコGPからは上向いており、今日の予選にむけて調子をもう一段あげるよう頑張るとのコメントがでている。
そしてATP1000・ロジャーズ・カップ、第1シードのナダルまで負けてしまう波乱があった。その相手はカナダの18歳・シャポバロフである。地元推薦枠で出場したこの18歳は快進撃を続け、ついにナダルをフルセットのすえに破ってしまった。
そして今日の準々決勝ではマナリノまで破りなんとベスト4に進出である。そのマナリノ戦もいきなり0-4とリードされ、第5ゲームもデュースからの反撃、このセットは2-6で失ってしまったが続く2セットを6-3、6-4で連取しての勝利である。
d0183174_12433274.jpg
ラオニッチは2回戦で負けてしまったが、地元の期待を受けてどこまで勝ち続けるのであろう。楽しみな存在である。
そしてベスト4の4選手はフェデラー、ハーセ、シャポバロフ、ズベレフとなった。ズべレフは先週のシティ・オープン決勝の再戦となったアンダーソンに7-5、6-4で勝利しての進出である。
組み合わせはフェデラー対ハーセ、シャポバロフ対ズべレフである。第2試合は若手同士の試合、どちらが勝つか楽しみである。

[PR]
# by motokunnk | 2017-08-12 12:45 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

日本ハム4連敗、大坂は途中棄権

やはり目的を持つチームの勢いは計り知れないものがありそうだ。昨年の日本ハムのように今年の楽天は計り知れない勢いを感じる。優勝を目指すというのはそういうことのようだ。
昨日の試合は日本ハムが試合をリードすること3回、そのいずれも楽天に追いつかれ、最後はサヨナラ負けをきっしてしまった。日本ハム、打線で元気なのは松本剛、昨日もマルチ安打を記録して打率も3割、不振な打線の中で唯一期待が持てる選手である。
d0183174_09071169.jpeg
明日からはソフトバンク戦、3連戦が終わるころには最下位転落しているかもしれないという思いもある日本ハムである。
ATP1000・ロジャーズ・カップはシード選手にとって鬼門のようだ。2回戦で第5シードの錦織圭が負けてしまった。そのほかにも第3シードのティーム、第6シードのラオニッチ、そして第8シードのツォンガ、第9シードのゴファン、第11シードのカレノ ブスタ、第15シードのソックも敗れている。
準々決勝を前に第2シードのフェデラーも過去無敗のフェレール相手に第1セットを失うなど苦戦しておりロジャーズ・カップはランキング上位勢にとっては鬼門なのかもしれない。4大大会とマスターズ大会、フェデラー、ナダル以外の優勝者はイタリア国際を制したザブレフのみという現実からもビッグ4の牙城は崩すことが容易でなさそうだ。
WTAプレミア5のロジャーズ・カップ、ベスト8入りを目指して大坂なおみが第1シードのプリスコバに挑戦した。第1セットは2-6で落としてしまったが、第2セットは6-6からタイブレイクとなり、7-4でタイブレイクを制してファイナルセットまでもつれ込む熱戦であった。
d0183174_09071908.jpg
しかしファイナルセット、第1ゲームをブレイクされたところで大坂がトレーナーを呼び、腹部などの治療を受けた。その後は試合続行が不可能と判断し、途中棄権を申し入れた。残念な結果となってしまったが、第2セットに大坂の成長が垣間見えた一戦であった。

[PR]
# by motokunnk | 2017-08-11 09:09 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

有原10敗目、錦織初戦敗退、大坂3回戦進出

3連敗阻止をかけて日本ハムは有原航平が先発した。初回の攻撃で1点を先取した日本ハムであったが、有原の投球はいただけなかった。
1回裏、先頭打者に投げた初球をスタンドに運ばれ、あっという間に同点にされてしまった。茂木は初球から打って来るだけに結果論ではあるが慎重な投球でいくべきであった。
打線も有原を援護することができず、2、3回のチャンスをつぶしてしまった。すると3回、二死から四球、連打で2点を失ってしまった。失点をここで食い止めておけばよかったと思ったが、なんと3ランまで打たれてしまい5失点。これで試合は終わってしまった。有原は昨年と違ってここ一番での粘りがなくなってしまったようだ。やはり優勝争いから脱落してしまったことによるモチベーションが低下してしまっているのかもしれない。
d0183174_09193758.jpeg
そこにいくと堀のデビューマウンドは観ていてすがすがしかった。6回の1イニング、楽天の下位打線相手ではあったが前の打席で一発を打った聖沢を一塁ゴロに仕留めると続く打者から連続三振を奪ってデビューマウンドとしては満点に近い出来であった。
d0183174_09194511.jpeg
今回の登板は味方がビハインドな状況であったので、次回はホールドがつく場面でどんな投球をしてくれるかが観てみたいと思わせる内容であった。試合は後1本がでずに5-6で負けてしまった。
ATP1000・ロジャーズカップ2回戦に錦織圭が登場した。相手は難敵のモンフィスであった。この日の錦織はどこかがおかしかった。どこがおかしいか指摘することはできなかったがなんとなく普段の錦織とは違っていた。
第1セット、6-5とリードしてのサービスゲームをブレイクされてタイブレイクに持ち込まれてしまった。ここはタイブレイクを制したが、第2セットは5-3とリードしてから連続して4ゲームを失うと第3セットも5-3からあと1ゲームとれば勝利であったのにこのゲームをブレイクされてしまった。
d0183174_09195401.jpg
第3セットもタイブレイクに持ち込まれたが、ここで錦織は6-2とリードしてマッチポイントを得た。4回もチャンスがあるので錦織の勝利を確信したがなんと錦織、ここから連続してポイントを奪われモンフィスに大逆転負けをきっしてしまった。メンタル的な面なのかわからないが全米オープンにむけて嫌な敗戦となってしまった。
一方の女子2回戦で大坂なおみは第15シードのセバストワを6-3、6-4のストレートで破り、WTAプレミア5の大会ではじめてベスト16に進出した。
d0183174_09200379.jpg
3回戦の相手は第1シードのプリスコバである。上位ランカーに対しても臆することがない大坂なおみであるから期待がもてそうだ。

[PR]
# by motokunnk | 2017-08-10 09:22 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

ロジャーズカップはじまる、そしてながさき

ATP1000・ロジャーズカップがはじまった。錦織は2回戦からの出場であるが、杉田は1回戦から本大会初勝利をかけて第9シードのゴファンと対戦した。
第1セットを6-4でとるという出だし好調な杉田であったが、第2セットは1-6で失うと第3セットも4-6で失い、善戦しながらも残念ながら1回戦敗退となってしまった。
d0183174_09093368.jpg
一方の錦織は2回戦からの出場、その2回戦の相手は難敵のモンフィスである。過去3勝無敗であるがいずれもフルセットの激戦を制しての結果である。この試合も熱戦となりそうだ。
女子の大会は別の場所で開催されているがその1回戦に大坂なおみが出場した。予選を勝ち上がっての本戦出場、1回戦は6-1、4-1とリードしている段階で相手選手が棄権して勝利した。先週の大会では初戦敗退だっただけにこの運を味方につけてほしい。
d0183174_09094331.jpg
その大坂なおみ、2回戦も突破すると3回戦は第1シードのプリスコバと対戦しそうである。
さて8月9日は長崎に原爆が投下された日である。6日に広島、そして今日が長崎、2発の原爆により日本は結果として終戦をむかえることとなった。個人的には「ヒロシマ」より「ナガサキ」に思い入れがある。子どものころ近所にナガサキ出身の人が住んでいてその人から原爆の話を聞いたことがあったからかもしれない。
そのナガサキであるが、あるとき原爆投下直後のことを書いた書籍があることを知った。『ナガサキの郵便配達』である。作者はピーター・タウンゼント(WHOのメンバーではない!)という人でマーガレット王女の旦那さんだそうだ。原爆投下直後の一郵便配達の少年が主人公の物語である。
復刻本を購入したのだが、どこに整理したか忘れてしまった。今日はこれから探し出すことにしようと思う。じっくり読み返して原爆について考えてみようと思う。

[PR]
# by motokunnk | 2017-08-09 09:11 | 日記 | Trackback | Comments(0)

もうすぐトップリーグ開幕

15年目のジャパンラグビートップリーグが、いよいよ、8月18日に開幕する。そのプレカンファレンスが昨日行われた。全16チームの代表・主将が一堂に集まりそれぞれ抱負を語ったようだ。
d0183174_10370940.jpg
今季もマット・ギタウ(サントリー)、アダム・アシュリークーパー(神戸製鋼)、ジュアン・スミス(トヨタ自動車)、ジェフ・パーリング(宗像サニックス)、ルアン・コンブリンク(近鉄)など新たなワールドクラスが来日し素晴らしいプレイを魅せてくれそうである。また日本人選手もチームを移動するなどフレッシュな顔ぶれとなったチームも多い。
2015年のトップリーグはW杯での活躍もあり、観衆も増加してが、昨シーズンは減少してしまった。観衆増のため、トップリーグではPR動画作成、入場曲、エンディング曲一新などの目新しい施策を数々繰り出している。
そして使用球もW杯使用球となる。このボール、従来トップリーグで使用していたボールに比較すると乾いた状態で持つと、従来のものよりグリップ感がある。その一方で、少しでもぬれてしまうと滑りやすい傾向があるようだ。従来のボールより若干“太め”の形も、ハンドリングに影響するだろうといわれている。
新しいボールとなりどのチームがボールになじんでプレイをするか今年もトップリーグから目が離せない。

[PR]
# by motokunnk | 2017-08-08 10:38 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

クルセイダーズ優勝、錦織は完敗、藤井四段は”連敗”

スーパーラグビー決勝、ライオンズ対クルセイダーズが土曜日に南アフリカで行われた。ラグビーに限らず、プロスポーツの試合はホームチームが有利であることは自明、したがってライオンズの初優勝が期待される一戦であった。
そんな中で試合ははじまった。ライオンズ優勢で試合が進んだが一発のタックルがその流れをかえてしまった。7分、自陣22メートルライン付近まで攻めこまれたクルセイダーズ、No8・リードのタックルがそのプレイであった。このタックルでボールを奪ったクルセイダーズはWTBタマニヴァルがカウンターで80メートル近く独走してトライを挙げ先制した。
このプレイで流れは一気にクルセイダーズに傾き、前半はライオンズをPGの3点におさえた。そして終了間際にライオンズにとって不運なプレイがおきた。ハイパントの処理をしようとしたクルセイダーズのFBを空中でチャージしたとしてライオンズのFLスミスが退場となってしまった。
後半にはいってもクルセイダーズの勢いは止まらず、トライ(&ゴール)とPGで25-3と試合を決定づけるリードを奪った。ライオンズの反撃は後半20分過ぎからであった。23分、敵陣深くでアドバンテージをもらって攻めたて、HOマークスが力でインゴールにねじ込みチーム初トライを挙げた。そして32分にもトライ(&ゴール)をあげ8点差に迫った。
d0183174_09210371.jpg
しかし反撃もここまで、クルセイダーズの堅守を崩すことはできなかった。試合は25-17でクルセイダーズが勝ち、9年ぶり通算8回目の優勝を手にした。ライオンズにとっては2年連続しての準優勝、初優勝はまた来年となってしまった。
ATP500・シティ・オープンの準決勝、錦織圭の相手はドイツのズべレフであった。20歳のドイツの若者のサービスは素晴らしく錦織は手も足もでなかった。ズべレフのサービスゲームで先行することはほとんどできずにデュースに持ち込むこともブレイクポイントをにぎることすらできなかった。
d0183174_09205395.jpg
まさしく完敗の一言、ズべレフが好調であったことを差し引いても実力差があったように思えた試合であった。ズべレフは今朝行われた決勝でもアンダーソンを寄せつけず、ブレイクポイントを握られることなく圧勝して今季4勝目をあげた。既にATP1000・イタリア国際男子も制しており全米オープンの伏兵として要注意の選手となった。
4日王将戦1次予選決勝で菅井七段に負けてしまった藤井四段が5日春日井氏で行われた将棋イベント「かすがいキッズ将棋フェスタ」で公開対局を行い、都成竜馬四段に122手で敗れて、プロ入り初の“連敗”を喫した。非公式戦のため、戦歴に影響はないがプロとなってはじめての連敗となってしまった。
d0183174_09211414.jpg
将棋はメンタルスポーツの一面もあり、連勝中の藤井四段は相手にとって脅威を感じさせるものを持っていたが、連勝が止まってしまいまた敗戦が続くと藤井四段組みしやすしとの感覚も生まれてくるようで次の対局の結果が注目である。

[PR]
# by motokunnk | 2017-08-07 09:23 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

ダルビッシュ完璧、錦織は大逆転でベスト4、そしてヒロシマ

ダルビッシュが移籍後初先発した。敵地でのメッツ戦である。初回、先制ホームランで援護点をもらったダルビッシュ、その裏は若干の戸惑いもあり一死1、2塁のピンチを招いたが後続を打ち取りまずまずのスタートであった。そのダルビッシュ、2回以降は完ぺきな投球を魅せてくれた。
味方打線の援護もあって6-0とリードした7回は三者連続三振のおまけつき、この回で降板したが、7回を3安打10奪三振無失点のほぼ完ぺきと思える投球で移籍後初勝利をあげた。
d0183174_08391295.jpg
ナリーグ西地区で独走しているドジャーズに頼もしい助っ人の登場である。次はいつ登板するのであろう、楽しみになってきた。
ATP500・シテイ・オープン、準々決勝、錦織の相手は地元のポールであった。ランクは200位以下と格下ながらこのところ絶好調の相手に錦織は大苦戦、第1セットを3-6で失うと第2セットも先にブレイクを許してしまった。
そしてマッチポイントも握られ万事休すと思われたが、4-5からポールのサービスをブレイクしタイブレイクに持ち込んだ。タイブレイクもいきなり0-3とリードされるが3-3に追いつき錦織のペースト思いきや再び2度のマッチポイントを握られてしまった。
いずれも粘りのショットで回避すると9-8からポールのショットがオーバーしてタイブレイクを制して勝負は第3セットに持ち込まれた。
d0183174_08392024.jpg
このセットになって初めて先にブレイクした錦織はそのままリードを守り6-4で勝利、ベスト4に進出した。ベスト4の相手はズべレフ、この大会好調なズべレフにどこまでくいついていけるだろうか、この日の試合と同じであれば勝機は薄そうだ。
8月6日はヒロシマに原爆が投下されて72年目の記念日である。午前の式典には世界各国からの参列者も多数集まるそうだ。ぜひ核兵器のない世界を目指す宣言通りに世界から核兵器のない日の実現を目指してほしい。

[PR]
# by motokunnk | 2017-08-06 08:40 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

錦織ベスト8、琢磨は内閣総理大臣顕彰受賞、MotoGPチェコGP

ATP500・シテイ・オープンの3回戦、錦織圭の相手はデルポトロであった。過去1勝5敗と相性の悪い相手、どこまで食いついていくかが注目である。
しかし、試合は降雨の影響で開始時間が大幅に遅れてしまい、現地時間では日付が変わってからの開始となったようだ。試合はお互いにサービスをキープする展開であったが、第5ゲームを錦織がブレイクするとリードを守ったまま6-4で第1セットを奪った。
第2セットにはいると、いきなり錦織がブレイクし、リードを奪った。このまま試合は進むかと思われたがそこはデルポトロ、第8ゲームをブレイク、錦織は追いつかれてしまった。
d0183174_09201988.jpg
そして第10ゲーム、錦織は15-40とダブルのセットポイントを握られてしまった。このピンチは逃れデュースに持ち込んだ。一度アドバンテージを握られたがそこをしのいで何とかこのゲームをキープした。
このことが大きかったようで、続く第11ゲームをブレイクして、このセットも7-5で奪い、2-0で2年ぶりのベスト8に進出した。
ベスト8の相手は地元のポールである。このポール、今大会は絶好調でここまで勝ち進んできているだけに錦織とあいても気が抜けない相手である。また1日未満の時間で準々決勝を戦わなければならず、体力面で若干の不安がある。
佐藤琢磨が内閣総理大臣顕彰を受賞した。昨日官邸に招かれてのものであったが、自らNSXを運転してのことだったそうである。レーシングドライバーとしての真骨頂を発揮してのこと、佐藤琢磨らしいパフォーマンスの示し方であったと思う。
d0183174_09202937.jpg
インディカーシリーズポイントランキングでは7位だが、安倍首相との会談ではまだまだチャンスは残っていると話していたそうだ。実際、チャンピオンになるチャンスは少ないと思うが残る一戦に全力で立ち向かってほしい。
将棋の王将戦予選1次リーグ決勝に藤井四段が登場、相手は菅井七段であった。現役のB級1組の棋士だけに中盤から終盤にかけてはスキがなく藤井四段は完敗に近い負けであった。
MotoGPチェコGPがはじまった。初日のフリー走行、Moto2クラスの中上貴晶は雨の影響もあったか17番手であった。
「フロントの安定性がよくなくて、それが1番の問題でした。しかし、今日は全体的にタイムが遅く、トップタイムより1秒も遅いタイムでした。原因を探るためにこれからデータを見直したいです。8耐のスーパーバイクからの乗り換えがうまくいかず、乗り慣れているはずのMoto2マシンにうまく乗れていないような気がします。
d0183174_09203832.jpg
感覚的にはかなり限界まで攻めているのですが、実際は遅いという感覚のずれがあるのだと思います。昨年の予選では2列目4番手。タイムは2分02秒046だったのに、そのタイムから2秒以上も遅いタイムしか出せませんでした。明日はしっかり攻められるようにしたいです。」とはフリー走行後のコメントである。予選は感覚を取り戻して昨年並みのグリッドを確保してほしいものだ。

[PR]
# by motokunnk | 2017-08-05 09:22 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

日本ハム連敗止める、明日はスーパーラグビー決勝

日本ハムが連敗を止めた。4連敗を止めるとともにビジター球場での連敗も10で止めることとなった。試合は日本ハム・加藤、ロッテ・唐川の先発ではじまった。
初回にいきなり西川のヒット、田中賢介の内野ゴロで先制(大田、大谷の連打、レアードの犠飛もあり)した日本ハム、この試合は加藤がよくロッテ打線を抑え込んだ。追加点が取れない日本ハムであったが、加藤のロッテ打線に対して丁寧にコースをつくピッチングで要所はしめて無失点に抑えた。加藤のピンチは5回であった。勝利投手の権利がかかるこの回、簡単に二死をとったまではとかったが、連打、四球で二死満塁のピンチを招いてしまった。打席にはペーニャをむかえた。このピンチ、最後はストレートで空振りをとって三振にしとめた。
6回からはリリーフがマウンドにあがり、宮西、田中豊、マーティン、増井とつないで勝利をおさめた。ただ7回、中田の一発で3-0としたが、3連打で無死満塁のピンチを招くなど不安を感じさせる場面も多々あった。
d0183174_09161111.jpeg
この試合で宮西がホールドをあげ、通算250ホールドの偉業を達成した。プロ野球史上2人目、パリーグでは初の快挙である。今後は300ホールド目指して頑張ってほしい。
長かったスーパーラグビーもいよいよ明日決勝である。決勝のカードはライオンズ対クルセイダーズ、南アフリカ地区対ニュージーランド地区の対決である。
ライオンズの強さは昨年からのもので2年連続してスーパーラグビーは決勝に進んでいる。昨年はハリケーンズに負け準優勝に終わったが今年は地元で開催することができるだけに初優勝の期待は大きい。
準決勝では昨年決勝で苦杯したハリケーンズを逆転で破っており、ニュージーランド勢を連破して優勝する可能性はある。ましてライオンズ、ホームグランドでやる試合は昨年4月から負けなしだそうである。
チケットも完売されたそうで、明日は6万人のサポーターで真っ赤に染まったスタンドをバックにライオンズが走りまわるのではないだろうか。
将棋では藤井四段が王将戦予選に登場する。相手は菅井七段で今期はここまで14勝2敗の好成績をあげている実力者である。若武者藤井四段、菅井七段にどう挑んでいくか注目である。

[PR]
# by motokunnk | 2017-08-04 09:18 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)