タグ:キャブス ( 8 ) タグの人気記事

NBAプレイオフ、ホンダがザウバーにエンジン供給?

NBAプレイオフ1回戦、キャブスが4連勝で早々と2回戦進出を決めた。敵地でむかえたプレイオフ1回線の第4戦、キャブスは第2Qでリードを奪うと、第3Qには88-77とリードを拡げた。
しかし第4Qにはいりペイサーズの反撃にあい、残り1分半で100-102と逆転されてしまった。しかしタイムアウトをとり体制を立て直したキャブスはジェームズがボールを持ってドリブルし、左30度から 3ポイントを放った。鮮やかに決めて 103-102と逆転した。
最後はペイサーズに得点を許さず、ゲームは106-102でキャブスが勝利し、4連勝で2回戦進出を決めた。ジェームスがキャブスに復帰してプレイオフ1回戦はすべて4連勝での通過となる。
d0183174_09171224.jpg
ウォーリアーズも3連勝で1回戦通過はほぼ間違いないと思われる。今シーズンもこの両チームがファイナルでぶつかるのであろうか、はたまた別のチームが勝ちあがるのか、まだまだ先は長いプレイオフである。
マクラーレンにエンジンを供給しているホンダであるが3年目となっても一向に成績はあがらず、両者の関係は冷え切ってしまっているようだ。そんなホンダF1エンジンがザウバーに供給されるらしい。
F1では、パワーユニット供給に関する規則があり、パワーユニットを確保できないチームが現れた場合、FIAが提携チームが最も少ないマニュファクチャラーに対して供給を強制することが可能になっているという。
フェラーリの1年落ちエンジンを利用しているザウバーとしてはホンダの最新版エンジンは魅力あるものと映ったようだ。マクラーレンのブーリエ代表も「チームが増え、より多くのエンジンが走るようになれば、(開発の面で)より有利になると思う」と発言しており、契約はすんなりといきそうである。
ただ2チームに供給するとして開発が散漫にならないかなど心配点も多々ある。その前に今シーズン、最低でも表彰台にあげる活躍を魅せなけらばならないと思う。

[PR]
by motokunnk | 2017-04-25 09:18 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

NBAプレイオフ、キャブス3連勝で1回戦突破に王手、そしてスーパーラグビー

NBAプレイオフ1回戦が全米各地で開催されている。ファイナル連覇を目指すキャブスは地元で連勝した勢いで敵地に乗り込んでの第3戦であった。
地元に帰りペイサーズは息を吹き返したかのように得点を重ねていき、キャブスは防戦一方、前半終了時には49-74とリードされてしまった。
しかしキャブスは第3Q以降、追い上げをみせ、第3Q終了時には84-91と10点差以内に追いつき、最終第4Qで一気に逆転、最終的には119-114と5点差をつけて勝利した。
d0183174_09145148.jpg
これでキャブスは3連勝となり、1回戦突破がみえてきた。レブロン・ジェームスは41得点、13リバウンド、12アシストとトリプルダブルの大活躍、この得点でプレイオフ通算得点でコービー・ブライアントを抜いて歴代3位に浮上した。
連敗スタートとなった東地区第1シードのセルティックス、敵地に乗り込みブルズ戦、第1Q終了時点では33-15とリードしている。
MotoGP第3戦、アメリカズGPがはじまった。金曜日のフリー走行、Moto2クラスの中上貴晶は総合10番手のタイムで会った。1回目の走行ではセッティングがイマイチだったようで下位に沈んでしまったが2回目ではトップと1秒以内まで回復、日本時間明日未明に行われる予選での活躍が期待される。
スーパーラグビーも第9節、ニュージーランド遠征第2戦となるサンウルブス、試合前日の練習にのぞんだ。昨年まで所属していたハイランダーズとの試合にのぞむ田中史明、こんなコメントをしていた。
d0183174_09150015.jpg
「すごく懐かしい思いもありますし、自分がどれだけ成長したかも知れるチャンスなので、すごく楽しみにしています。また、日本のスーパーラグビーチームがハイランダーズに挑戦できることを、すごくうれしく思います。セットプレーは日本も進化してきて、ひとつの強みになると思います。また、バックスもいい戦術があるので、それをしっかり使いながらコミュニケーションをとっていきたいと思います」日本代表のジョゼフHCが率いていたチームだけにどんな試合を魅せてくれるか楽しみである。1敗してしまったが優勝を狙うチーフスはフォースとの対戦である。ほぼベストメンバーでのぞむ一戦、負けることはできないだろう。フォースもまだまだオーストラリア地区優勝を狙えるだけにここは一泡ふかせたいと全力でぶつかってくるであろう。いい試合がみれそうだ。

[PR]
by motokunnk | 2017-04-22 09:16 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

NBAプレイオフ開始、初戦から異変が

NBAもレギュラーシーズンが終了しファイナルに向けたプレイオフがはじまった。すでに1回戦の第1試合8戦はすでに終了、ほぼ順当に上位シードチームが勝ちあがっている。
d0183174_09010282.jpg
しかし東地区の第1シードのセルティックスはブルズに敗れて黒星発進となってしまった。セルティックスのエース、トーマスは妹を交通事故で亡くしてしまう不運に見舞われながら先発出場し、33得点をあげたが第4Qに競り負けてしまった。
d0183174_09011059.jpg
第1シード進出チームとしての初戦負けはちょっと痛い。一方で終盤の4連敗で第2シード進出となったキャブスは第3Qに一時逆転されてしまったが1点差でペイサーズを下し連覇に向けて白星発進である。
d0183174_09011869.jpg
西地区の第1シードのウォーリアーズ、こちらは第8シードのブレイザーズの粘りに第3Qまでは苦しみながら第4Qに一気に得点を重ねて勝利した。
今日は1回戦第2試合の2試合が開催されキャブスは地元での連勝を目指すことになる。
開幕して負傷者続出、野戦病院状態の日本ハム、楽天戦の得点はすべて1発によるものでタイムリーヒットによる得点はなかった。陽岱鋼の後継者として期待している岡大海も打率1割2分と絶不調で17日に登録が抹消されてしまった。
ファームで一から打撃フォームを見直して昨年のような活躍をしてほしいものである。その岡にかわって一軍昇格する選手は、2015年の選抜優勝投手の平沼翔太だそうだ。プロ入り後は打者として2軍で今シーズン試合数は少ないが3割2分と好調である。
今日、静岡でのオリックス戦でいきなりの出場はあるのだろうか、不振の打撃陣のカンフル剤となることを期待したい。

[PR]
by motokunnk | 2017-04-18 09:03 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

NBAキャブスは5連勝、バドミントンはドバイでシリーズファイナル

NBAも序盤戦から中盤戦に差し掛かり、トップチームが首位を走りだしている。昨年念願のチャンピオンを獲得したキャブスもイーストカンファレンス中部地区の首位を快走している。昨日はウェストカンファレンスで5連勝と好調キープのグリズリーズと対戦した。お互いに連勝中とあって好試合が期待されたが、競り合ったのは第1Qの中盤までで、中盤以降はキャブスが連続得点をあげるなどして試合を一方的なものとした。
d0183174_08172289.jpg
ケビン・ラブがゲームハイの29得点、13リバウンドの活躍、レブロン・ジェームズが23得点、今季開幕からスランプに苦しんだJ.R.スミスも前半だけでマークした17得点を含む23得点してアービング欠場(予定通りだそうだ)を感じさせず、103-86で快勝した。
これでキャブスは6連勝、18勝5敗でイーストカンファレンスの首位を快走している。ウェストカンファレンスでは昨年首位のウォーリアーズが開幕戦こそ黒星スタートであったがやはり地力は圧倒しており22勝4敗で首位を走っている。NBAは今シーズンもこの両チームから目が離せなそうだ。
バドミントンは今日からドバイでBWFワールドスーパーシリーズファイナルズ2016が開幕する。世界ランキング上位8名の選手が集合してナンバー1を目指す戦いである。
今年も日本からは女子シングルスでは山口茜、同ダブルスは高橋・松友ペア、福万・與猶ペア、男子ダブルスで園田・嘉村ペア、そして混合ダブルスの数野・栗原ペアの4組が参戦する。
昨年の大会のように日本人選手の大活躍を観たいものである。

[PR]
by motokunnk | 2016-12-15 08:19 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

錦織惜敗、キャブスは辛勝

ATPワールドツアー・ファイナルズ3日目ラウンドロビン2試合目、錦織圭はマレーと対戦した。ワウリンカ戦の好調さを持ち込んで勝利をつかんでほしい錦織であった。
第1セット、先にブレイクポイントを握ったのは錦織であったが、ブレイクまでにはいたらず、お互いがサービスキープしてタイブレイクに持ち込まれた。
タイブレイクにはいっても錦織は終始ポイントをリードし6-3とリードしてセットポイントのチャンスとなったが、3ポイント連取されてしまった。それでも錦織は11-9とこのセットをものにした。
d0183174_09104554.jpg
いい流れで第2セットをむかえたが、第1ゲームでいきなりブレイクされてしまった。錦織に流れが傾いていた試合もこのブレイクで一気にマレーの流れとなってしまった。第8ゲームをブレイクして4-4に追いつくが、第9ゲームをブレイクバックされ4-6で第2セットを落とすと、第3セットは第3ゲームから4ゲームを連取され1-5とリードされてしまった。
錦織もここから挽回するが、4-5までの挽回が限界であった。最後はラブゲームでしめられ、4-6でこのセットを落とし、3時間20分に及ぶ大熱戦は終わった。
錦織に流れが向いていた瞬間もあったこの試合、マレーとの差は確実に小さくなっていると感じた試合であった。次はチリッチ戦、この試合に勝利して決勝トーナメント進出を決めてほしい。
NBAが開幕して各チームとも10試合を消化している。昨年の覇者キャブスは好調のようで、8勝1敗の好成績で地元に昨年東地区で優勝を争ったラプターズをむかえた。
今シーズンは先月末にも対戦しており、そのときはキャブスが94-91と接戦を制していた。今シーズンのラプターズは何故かロードの試合に強く、ここまで3連勝、この試合に勝つとチーム初となる4連勝だそうだ。
試合は第1Qから接戦であった。中盤に8-15とリードを許したキャブスであったが、最終的に30-25と5点差をつけて第1Qを終了した。第2Qも接戦は続き、前半を終了時は61-57であった。
後半に入っても一進一退の試合展開は続き、一旦は73-74と逆転されてしまった。第4Qにはいり、ラプターズは3ポイントシュートが決まりはじめ、8点連取されて98-101とリードされてしまった。キャブスも追い上げるがラプターズも得点をかさね、残り3分で101-107と6点差をつけられてしまった。
しかしキャブスも3ポイントを決め、残り2分で113-112とこの試合数度目の逆転をすると、残り時間1分にも3ポイントが決まり117-115とした。最後はジェームスのシュートが決まり、121-117でキャブスが接戦を制したが、どちらに転んでもおかしくない試合内容であったと思う。
d0183174_09105532.jpg
今シーズンのキャブスは昨シーズンの優勝が大きく影響しているようで、L・ジェームスが周囲の選手を活かす動きをして周囲の選手もレベルアップして得点力を高めているようである。今シーズンの東地区もキャブスが制する予感を感じた一戦であった。
明日から開催予定であった神宮外苑のいちょう祭りが中止のようだ。ホームページにその旨のお知らせが掲示されている。イベントは行われなくなってしまったが、黄葉ははじまっているのであろう。近々、神宮外苑に出かけてみようと思っている。

[PR]
by motokunnk | 2016-11-17 09:14 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

史上初のNBAファイナル結果、交流戦が終了

NBA史上初となる1勝3敗からの逆転優勝をかけてキャブスがウォーリアーズと対戦した。7戦まで持ち込まれたNBAファイナルでの勝敗は15勝3敗と地元チームが圧倒的に有利な結果となっている。
そしてクリーブランドに本拠をおくプロスポーツチームはNFLのブラウンズが1964年にチャンピオンとなって以来50年間優勝経験がないなどキャブスにとって不利なデータ満載の中での試合であった。
第1Q、最初に得点したのはキャブズであったが、すぐにウォーリアーズも追いつき、今までの6戦とは違った試合の流れであった。4点差がめったにないゲーム展開ではあったが、3ポイントシュートが決まるウォーリアーズに対してほとんど決まらないキャブズだがペイント内の得点では圧倒している。
そんなキャブズであるが、第2Q終盤に3ポイントシュートで引き離され前半を42-49と7点差での折り返しとなった。第3QにはいりJR・スミスの3ポイントなどで一度は逆転に成功したが、その後ウォーリアーズに反撃され75-76と1点差で勝負の第4Qとなった。
第4Qもシーソーゲームは続いたが、89-89の同点となってからは両チームとも得点を加算することができなくなり、均衡状態が続いた。途中レブロン・ジェームスの見事なシュートブロックなどもあり、どちらかというとキャブズが押しているともいえたそして残り時間1分をきり、53秒にカイリー・アービングが相手(カリー)と接触しながら放った厳しい3ポイントシュートが決まりキャブズが92-89とリードを奪った。そしてウォーリアーズの攻撃を防いで、キャブズの攻撃となり、ファウルを誘ったがこのときレブロンは右手を強打、痛む手をかばいながらのフリースローで値千金の1ポイントを追加して93-89と4点差をつけ、2ポゼッション差をつけ、キャブズの勝利を決定づけた。
d0183174_09101246.jpg
タイムアップ、勝利が確定したあと、コートでうれし涙を流すレブロン・ジェームスの姿に感銘を受けた。2010年、地元のスターだったレブロン・ジェームズは、故郷にタイトルをもたらす前にマイアミ・ヒートへの移籍を決意。クリーブランドから離れていた間、ジェームズはヒートで2度優勝し、MVPも2回獲得した。その時期に受けた批判も、2015年にNBAファイナルに進出して涙をのんだことも2016年 NBAファイナルシリーズで歴史的な1勝を収めたことで、すべてが吹き飛んでしまったようだ。
今のレブロン・ジェームスにとって、地元での優勝パレードで地元ファンと優勝したことを共有したいことが一番の願いだそうだ。今年のNBAファイナルは当分語り継がれるだろうと思った。
さて雨で延期となっていたプロ野球交流戦の2試合が開催された。日本ハムは横浜DeNAとの試合である。この試合、私が注目していた岡大海が1番ライトで先発出場した。3年目の今年はキャンプで出遅れ、オープン戦で怪我をしてしまい開幕に間に合わなかったが能力はレギュラー級、右打者の少ないファイターズとしては貴重な戦力である。
いきなり投手強襲安打で出塁した。得点にはいたらなかったが、いい働きである。試合は1回に先制点を奪われてしまったが、3回、またまた岡がヒットで出塁して盗塁、二死1、2塁となり中田のヒットで同点のホームを駆け抜けた。
そしてレアードの逆転ホームランがでて試合を逆転した7回、先頭打者で登場した岡は四球を選んで出塁し、一死2塁から陽岱鋼のライト前ヒットで4点目のホームを踏んだ。
d0183174_09102982.jpg
試合は5-2で日本ハムが勝利し、交流戦の成績も10勝8敗と勝ち越して終了したが、ソフトバンク、ロッテとの差は開いてしまった。
オールスターまで、試合数は少ないが、なんとかソフトバンクとのゲーム差を一桁にすべく頑張ってもらいたい。そんな中での岡の活躍は日本ハムにとって明るい材料となったのではないだろうか。

[PR]
by motokunnk | 2016-06-21 09:13 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

NBAファイナルキャブスが一矢、そして日本ハム・有原完封

NBAファイナル第5戦が行われた。連覇に王手をかけているウォーリアーズは守備の要であるグリーンが出場停止(ファウルの累積ポイントで)なのが痛いが地元ファンの声援が後押しして連覇を決める可能性が高いと思われた。
一方のキャブス、悲願の初優勝には3連勝しかないわけで背水の陣での試合であった。試合は白熱した展開となり、両チームの得点差が5点以上開くことはなく、前半は61-61の同点で修了した。どちらが勝ってもおかしくない展開であった。
d0183174_09004652.jpg
第3Qにはいり、JR・スミスのシュートブロックにいったウォーリアーズのボーガットが左膝を痛めてしまったことから試合が大きく動いた。グリーン、ボーガットとスターター2人を欠いたウォーリアーズ(特にディフェンス面)が一気に劣勢となってしまった。
第3Qでリードを奪ったキャブスは第4Qでもそのリードを拡大し、最終的には112-97の圧勝であった。これで2勝3敗としたキャブスは第6戦はホームでの戦いとなる。ファイナルも最終戦までもつれ込む予感がしてきた。
交流戦にはいっても波に乗れない日本ハムである。勝率も5割で後2カード、交流戦自体はパリーグが優勢だが、日本ハムはちょっと取り残された感がある。対戦相手は横浜DeNAである。セリーグチームで唯一交流戦で勝ち越しているチームである。楽な戦いではなさそうだ。
日本ハムの先発は有原航平、開幕5連勝の後3連敗しているが先日の広島戦は好投していただけに、打線がかみ合えばいい試合となりそうであった。会場は新潟である。
DeNAの先発はモスコーソであった。1回三者凡退に抑えられると、その裏いきなり先頭打者にヒットを打たれてしまったが、そのランナーの盗塁を阻止したことが大きく無失点で切り抜けたことが有原にとって大きかったようだ。
2回二死からレアードの2塁打、谷口の中前ヒットで先制するが、2回も有原は連打をあび、一死1、2塁のピンチを招いてしまった。このピンチを三振、右飛で切り抜ける。
3回表に無死満塁のチャンスからタイムリー、犠飛で3-0とすると、有原航平は球は低めに制球され、3回以降はほぼ完ぺきなピッチングを披露してくれた。ヒットも3回以降は2本、なんといっても無四球におさえたことがよかったと思う。
d0183174_09005400.jpg
9回129球の5安打9奪三振、3塁を踏ませない完封勝利であった。日曜日は大谷翔平、そして火曜日は有原航平と日本ハムの投手2枚看板がそろって勝利を挙げたのは今シーズン初めてである。
遠くに小さく見えるソフトバンクの背中、それを大きくさせるには大谷、有原の活躍が不可欠である。まだまだ優勝目指して頑張ってほしい。
交流戦、昨日はセリーグ主催試合とあってセリーグが奮起し、3勝3敗であった。トータルではパリーグの44勝33敗1分であるが、ソフトバンクが珍しく負けてしまっただけにヤクルトには奮起して連勝目指してほしい。
d0183174_09010158.jpg
もちろん、日本ハムは3連勝目指して高梨が先発する。前回登板以上の投球を期待したいが雨が心配な天候ではある。

[PR]
by motokunnk | 2016-06-15 09:03 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

キャブスが意地、地元で復活、菖蒲が見ごろ

NBAファイナル第3戦が行われた。開幕シリーズを連勝したウォーリアーズ、まさかの連敗スタートとなってしまったキャブス、両チームにとって運命の第3戦である。
キャブスとしてはプレイオフでは負けなしの地元での戦いである。ここで勝利して流れをキャブスに持ってきたいところである。キャブスにとっての不安材料はビッグ3の一人であるK・ラブが脳震盪のため第3戦は欠場となってしまったことである。
R・ジェファーソンが代役出場したが、そのジェファーソンが第1Qから活躍した。ビッグ3の一人であるK・アービングが試合開始から大ブレイク、次々とシュートを決めていき第1Qはキャブスが33-16とダブルスコアの得点をマークした。
L・ジェームス以外の選手の得点が重要なキャブスとしては願ってもない展開である。しかし第2Qにはいるとキャブスの流れはとまってしまい、逆にウォーリアーズが反撃を開始した。ただその反撃も逆転されることはなく、51-43で前半を終了した。キャブスにとっての朗報はシリーズにはいって不調だったJRスミスの3ポイントシュートが復調したことであった。得点にはカウントされなかったが、第2Q終了直前のシュートは見事であった。
d0183174_08480121.jpg
試合は8点差、キャブスとしては安心できる点差ではなかったが、第3Qも出だしから快調に得点を伸ばしていき、逆にウォーリアーズに得点を許さず、、残り6分でL・ジェームズが3ポイントを入れて70-48とした。その後も20点差のリードを保ちながら試合をコントロールして120-90の30点差をつけてウォーリアーズに大勝した。
L・ジェームスが32得点、そしてビッグ3の一角のK・アービングも30得点とレブロン以外の選手が活躍したことが大きかったように思えた。第2戦までとは選手の動きが違って見えたのは私だけではないだろう。
明日開催される第4戦、キャブスが昨日の試合のように大勝するとファイナルの行方が混沌としてくる予感がする。まずは明日の試合を注目したい。
今週の初めに明治神宮・御苑の菖蒲を鑑賞してきた。毎年6月中旬に出かけている恒例行事(と私の中で位置づけている)である。菖蒲以外にも御苑の池には睡蓮が花を咲かせておりこちらも見事な花をつけていた。
d0183174_08481057.jpg
d0183174_08481878.jpg
d0183174_08482653.jpg
d0183174_08483366.jpg
d0183174_08485021.jpg
菖蒲は7分程度が花をつけており、ちょうど見ごろといってよいと思った。平日の午前中にでかけたので来訪者はそれほど多くはなかったが、週末ともなれば大勢の観光客で賑わうのではないかと感じるほどの見事な菖蒲園であった。
参考URL → キャブズがウォリアーズに一矢報いる
参考URL → 明治神宮・御苑

[PR]
by motokunnk | 2016-06-10 08:50 | 日記 | Trackback | Comments(0)