タグ:予想 ( 157 ) タグの人気記事

複数頭出し厩舎は人気薄が来る、サトノクロニクル?

複数頭出しの厩舎がある場合、その厩舎の人気薄の馬が来るといわれている。今回の菊花賞は3頭だしをしている厩舎がある。
d0183174_09405817.jpg
池江厩舎である。そしてその3頭とも10番人気以内にいる有力馬で、人気薄はサトノクロニクルである。京都コースで好成績を残しているのも心強い。ハーツクライ産駒であり、距離にも問題ないといえる。
ただ騎手が乗り替わりとなり福永祐一である。ビッグアーサーが福永が乗り替わって勝ったが、こちらは1番人気だった。ちょっと心配ではあるが、ハーツクライ産駒のジャスタウェイもお手馬だったので大丈夫と思う。
対抗はキセキ、これは名前で選んだだけ、キズナとよく似た響きで選んだ。3番手はアルアイン、おさえにトリコロールブルー、サトノアーサー、ミッキースワローとした。台風直撃が心配される悪天候、はたして不良馬場をどの馬が駆け抜けていくのだろうか。

菊花賞の予想
◎ サトノクロニクル
〇 キセキ
▲ アルアイン
△ トリコロールブルー、サトノアーサー、ミッキースワロー

[PR]
by motokunnk | 2017-10-21 20:38 | スポーツ全般 | Trackback(7) | Comments(0)

混戦秋華賞、勝つのはラビットラン

秋華賞である。オークス馬がいないレース、桜花賞馬も適距離はマイルまでとあって混戦に拍車をかけている。ここはトライアルで勝った馬を本命にするのもいいと思うので、ローズS勝馬のラビットランを本命にした。
d0183174_20000866.jpg
対抗は夏のクィーンSを勝ったアエロリット、距離がもたない可能性もあるが、後200m頑張ってもらいたい。3番手はリスグラシュー、おさえにミリッサ、ディアドラ、ポールヴァンドルを指名する。
明日の淀は雨であろうか、できれば晴れとは言わないまでも良馬場でやらせてあげたいものである。

秋華賞の予想
◎ ラビットラン
〇 アエロリット
▲ リスグラシュー
△ ミリッサ、ディアドラ、ポールヴァンドル

[PR]
by motokunnk | 2017-10-14 20:00 | スポーツ全般 | Trackback(8) | Comments(0)

夢再び、ビッグアーサー復活にかける

一番人気以外で出走するのはデビュー戦以来のことである。ビッグアーサー、まともに走れば一番速いはずである。調教で悪かったのは本人のやる気の問題でいざ本番となれば走ってくれるだろう。
d0183174_21310930.jpg
期待をこめてビッグアーサーを本命とした。対抗はレッドファルクス、3番手はレッツゴードンキとした。
そしておさえはセイウンコウセイ、メラグラーナ、ダンスディレクター。明日の中山スプリント戦、どの馬が最初にゴールラインをまたぐのだろうか。

スプリンターSの予想
◎ ビッグアーサー
〇 レッドファルクス
▲ レッツゴードンキ
△ セイウンコウセイ、メラグラーナ、ダンスディレクター

[PR]
by motokunnk | 2017-09-30 21:32 | スポーツ全般 | Trackback(8) | Comments(0)

私の夢はシュヴァルグラン

年に一度のドリームレース、宝塚記念は好きな馬を本命としたい。
d0183174_09245023.jpg
私の夢はシュヴァルグランである。姉妹に先にG1を制覇されてしまったがこの馬の実力も折り紙つき、キタサンブラックという強力なライバルがいるがそのライバルを蹴散らしてくれるかもしれない。
重馬場が得意かどうかはわからないが、頑張って応援すおととしたい。対抗はキタサンブラック、3番手にはゴールドアクターとし、おさえにサトノクラウン、レインボーライン、シャケトラとした。
できれば明日は良馬場でG1を開催したかったが天候はどうにもならないか

宝塚記念の予想
◎ シュヴァルグラン
〇 キタサンブラック
▲ ゴールドアクター
△ サトノクラウン、レインボーライン、シャケトラ


[PR]
by motokunnk | 2017-06-24 18:28 | スポーツ全般 | Trackback(8) | Comments(0)

安田記念はイスラボニータ

昨年のロゴタイプのように皐月賞馬が復活のG1勝利をする予感がプンプンする。イスラボニータはロゴタイプと違って近走の走りは完ぺきであり、2つ目のG1をとる可能性は高い。
d0183174_16331260.jpg
対抗はグレーターロンドン、この馬重賞初挑戦ながら戴冠もありえる可能性を秘めている。鞍上強化でG1奪取なるか注目だ。3番手は昨年の覇者ロゴタイプ、安田記念後は勝利はないが中山記念では好走しており復活の勝利があってもおかしくない。おさえはエアスピネル、レッドファルクス、アンビシャスとした。府中のマイル戦、一番でゴールを駆け抜けるのはどの馬であろう。

安田記念の予想
◎ イスラボニータ
〇 グレーターロンドン
▲ ロゴタイプ
△ エアスピネル、レッドファルクス、アンビシャス

[PR]
by motokunnk | 2017-06-03 16:33 | スポーツ全般 | Trackback(8) | Comments(0)

本命はやはりカデナ

明日の日本ダービー、本命は皐月賞の予想と同じカデナにする。皐月賞は馬体重もマイナス8キロと減少していたし初の輸送競馬であったから結果は度外視してよい。輸送も一度経験したことで2度目は問題ないであろう。
d0183174_09325120.jpg
なんといってもあの追い込みは抜群である。明日の馬体重が心配だが、今度は府中、長い直線を駆け抜けてくれるだろう。
対抗はレイデオロ、こちらも皐月賞を使ったので2走目ははしってくれるはずである。3番手にはアルアイン、皐月賞馬は伊達ではないところをみせたい。
おさえはサトノアーサー、ペルシアンナイト、アドミラブルとした。
明日のターフを真っ先に駆け抜けて来るのはどの馬であろう?

日本ダービーの予想
◎ カデナ
〇 レイデオロ
▲ アルアイン
△ サトノアーサー、ペルシアンナイト、アドミラブル

[PR]
by motokunnk | 2017-05-27 17:53 | スポーツ全般 | Trackback(9) | Comments(0)

やはり本命はソウルスターリング

明日のオークス、やはり本命はソウルスターリングとする。桜花賞の敗因は馬場にあっただけに良馬場となりそうな明日は何ら問題なくソウルスターリングがターフを疾走しそうだ。
d0183174_09260460.jpg
対抗はアドマイヤミヤビ、この馬も潜在能力では引けを取らないと思うし、展開さえ向けば逆転もあるかもしれない。3番手は、フローレスマジックとした。勝ち切れないところが欠点だが、馬券圏内にくる可能性は高い。
桜花賞馬のレーヌミノルはやはり距離がかべとなりそうなのでおさえまで。他にリスグラシュー、ブラックスビーチの2頭をおさえとした。
明日の府中、真夏の天候だそうだが、その中を駆け抜けていく女王はどの馬なのであろうか。

オークスの予想
◎ ソウルスターリング
〇 アドマイヤミヤビ
▲ フローレスマジック
△ レーヌミノル、リスグラシュー、ブラックスビーチ

[PR]
by motokunnk | 2017-05-20 18:48 | スポーツ全般 | Trackback(11) | Comments(0)

ヴィクトリアM、やはりミッキークイーンが勝つだろう

前哨戦の勝ちっぷりを見る限りミッキークイーンが本命であろう。距離も問題なくぶっちぎりでの戴冠もありえそうだ。
d0183174_09364764.jpg
対抗は復調気配濃厚なレッツゴードンキ、鞍上もG1を取る能力は十分、久しぶりの制覇となるかもしれない。3番手にはクイーンズリング、鞍上に期待である。
おさえにはジュールポレール、アドマイヤリード、リーサルウェポンをあげておく。

ヴィクトリアMの予想
◎ ミッキークイーン
〇 レッツゴードンキ
▲ クイーンズリング
△ ジュールポレール、アドマイヤリード、リーサルウェポン

[PR]
by motokunnk | 2017-05-13 20:52 | スポーツ全般 | Trackback(10) | Comments(0)

大混戦のNHKマイルC、勝つのはこの馬

本命馬がいないこのレース、大混戦のレースとなりそうな気配である。
d0183174_09334522.jpg
10倍を切る人気馬が数頭いるのも本命不在を表している。
その中、私の本命はレッドアンシェルとした。関東への輸送を経験していないことが欠点ではあるが、今までのレースを観ている限り一頭抜き出ているような気がする。そして対抗はモンドキャンノ、距離に不安を残すが何とかこなしてくれそうだ。3番手には牝馬のカラクレナイをあげる。この馬も距離が不安だが、そこは鞍上の技術がカバーしてくれるのではないだろうか。
そしておさえは、ボンセルヴィーソ、プラチナヴォイス、アエロリットとした。明日の府中、どの馬が戴冠するのだろうか。

NHKマイルCの予想
◎ レッドアンシェル
〇 モンドキャンノ
▲ カラクレナイ
△ ボンセルヴィーソ、プラチナヴォイス、アエロリット

[PR]
by motokunnk | 2017-05-06 18:49 | スポーツ全般 | Trackback(11) | Comments(0)

一騎打ちは勢いのある4歳馬

伊達に4連勝してきているわけではない。4連勝の内訳がすごいし、前走でも強い競馬で勝利をおさめている。従ってサトノダイヤモンドを本命とする。
d0183174_09071100.jpg
対抗はやはりキタサンブラックであろう。逃げたとき以外でも大阪杯ではしっかり勝ち切っているし、レースぶりもうまさがでてきた。
そして3番手はシュヴァルグラン、鞍上が思い切った騎乗をすれば(早めに抜け出すなど)、2強を脅かす可能性もありそうだ。おさえにはシャケトラ、アルバート、ワンアンドオンリーの3頭をあげておく。
淀の3000mを走り切るのはどの馬なのだろう。

天皇賞(春)の予想
◎ サトノダイヤモンド
〇 キタサンブラック
▲ シュヴァルグラン
△ シャケトラ、アルバート、ワンアンドオンリー

[PR]
by motokunnk | 2017-04-29 19:44 | スポーツ全般 | Trackback(7) | Comments(0)