タグ:佐藤琢磨 ( 41 ) タグの人気記事

藤井四段快勝、ヨネックスオープン結果、琢磨の移籍先決定

藤井聡太四段が第66期王座戦一次予選に出場した。第65期王座戦は羽生王座が連敗して陥落の危機にあるがこちらは次の王座を目指す戦いである。
藤井四段、王座戦予選に出場することで8大タイトルの予選すべてに参加することになった。王座戦予選の初戦、対局相手は小林健二九段である。先の王位戦予選でも対局している小林九段、このときは藤井四段が勝利しており、連勝なるか注目である。結果は藤井四段が序盤から有利にすすめ、63手で勝利した。これでデビュー以来41勝6敗、先手番ではまだ負けなしである。
d0183174_09082954.jpg
小林九段は藤井四段に連敗してしまったが「立ち上がりに気をつけたつもりだったが、中盤、終盤から新型エンジンと旧式エンジンの差が出た。約一月の間に2局できたのは棋士冥利だが、結果が出なかったことは残念。」とコメントしている。藤井四段は次回、27日に棋聖戦1次予選3回戦で竹内雄悟四段と対戦する。
ヨネックスオープンがはじまった。日本人選手は順当に初戦を勝ち抜いてが山口茜の初戦は辛勝であった。なんでも試合開始時間が早まり準備(メンタル面での)が万全ではなかったようだ。第1ゲームを落としてしまったが、第2ゲームからは普段の調子となり2ゲーム連取して2回戦にすすんだ。
奥原希望も1回戦は40分でストレート勝ちして2回戦に進出したが、2回戦は先の世界選手権決勝で対戦したシンドゥ・プサルラが相手である。この二人同じ世代でリオ五輪準決勝ではシンドゥ・プサルラが勝ち、世界選手権では奥原希望、先週行われた韓国オープン決勝ではシンドゥ・プサルラと両者とも互角の戦いをし、対戦成績も4勝4敗の五分である。
この試合にむけ奥原希望は「韓国オープンでは風が強くてシャトルに対し引いてしまったけど、この会場は風が少なく(世界選手権が開催された)スコットランドの会場と似ている。シャトルがあまり飛ばなくて長いラリーになりやすい。条件的には有利だと思います」一方のシンドゥ・プサルラは「皆さんがこの対戦を望んでいらっしゃることは分かっています。特段コメントすることはありませんが、長い試合になりそうだとは言えます。いい試合になるはずです」と話しておりいずれにしろ熱戦となるであろう。
佐藤琢磨の移籍先が発表された。大方の予想通り、2012年に在籍したレイホール・レターマン・ラニガン・レーシングに復帰することになった。前回は佐藤琢磨のシングルチームであったが、2018年はグラハム・レイホールとの2カー体制での参戦となる。
「琢磨がチームに戻ってくれることを心から喜んでいる。私は彼のスピリット、そして様々なことへのアプローチにかねてより敬服していたので、今年のインディ500で優勝したときには自分のことのようにうれしく思った」とは共同オーナーであるボビー・レイホールのコメントである。2017年シーズンが終わったばかりだが2018年シーズンが待ち遠しくなってきた。

[PR]
by motokunnk | 2017-09-21 09:11 | 日記 | Trackback | Comments(0)

ドルフィンズ白星発進、琢磨はリタイア、日本ハム吉田初勝利

NFL第2週が行われた(正確にはMNFは今から行われるが)。ハリケーンの影響で第1週の試合がなかったドルフィンズの開幕戦はチャージャーズとの一戦であった。
LAに本拠を移し、スタジアムのこけら落としとなったこの試合、ドルフィンズのQBは移籍してきたカトラーであった。そのカトラーは落ち着いてプレイをこなし、33回中23回のパス成功、330ヤードを獲得し1TDの成績、レーティングも101.8と開幕戦としては上出来であった。
第1QにFGで先制したドルフィンズであったが、第2QにFGとTDで逆転され3-10で前半終了。後半にはいり、同点のTDを決めたがすぐに勝越しTDを決められてしまった。ただドルフィンズも粘りFGで点差をつめると第4Qには2本のFGを決め19-17と試合をリードした。
特に再逆転のFGは残り1分、54ヤードのFGをパーキーが決めたものであった。チャージャーズも残り数秒で再逆転の44ヤードのFGチャンスをつかんだがボールは外れてしまい地元初戦での勝利はならなかった。
d0183174_09410593.jpg
RBアジャイも122ヤードを走り、QBカトラーをサポートしたことも勝因であったが、キッカーのパーキーが4本のFGを決めたことも(チャージャーズのキッカーが2本のFGを外した)大きかった。開幕戦を勝利したドルフィンズ、次戦は同地区のジェッツ戦である。
開幕戦でまさかの黒星をきっしてしまったペイトリオッツであったが第2週はセインツを相手に第1QでQBブレディのTDパスが3本決まり20-3と試合を大きくリードし、そのリードを守って36-20で今シーズンの初勝利をあげた。
NFCチャンピオンのファルコンズとパッカーズのQB対決はファルコンズのライアンに軍配、34-23でファルコンズは開幕2連勝となった。第2週を終了し、下馬評通りのチームが順当に勝利をあげているようだ。
インディカーシリーズ最終戦が行われ、予選5番手からスタートした佐藤琢磨であったが、スタート直後に接触事故を起こしてしまい最終戦はリタイアに終わってしまった。それでもシーズンでは通算8位となりインディカーシリーズ参戦最上位を獲得した。インディ500優勝が実績として素晴らしいものであったと思う。
d0183174_09411480.jpg
「忘れられないシーズンになりました。チームとともに素晴らしい時間を過ごし、26号車のメカニックたちと深い絆で結ばれました。アンドレッティ・オートスポーツのメンバーひとりひとりに充分なお礼を申し上げることなど、とてもできそうにありません。本当に最高のシーズンでしたし、信じられないような栄冠を獲得できたと思います。」とはレース後の佐藤琢磨のコメントである。
来シーズンのシートは決まっていないがどこのチームでインディカーシリーズに参戦するのか注目したい。
前の試合でまさかの逆転負けをきっしてしまった日本ハムであったがオリックス3連戦、勝越しを期して吉田侑樹が先発した。2年目の吉田過去3回の登板では好投、KOを繰り返しており今回は好投の順番ではある。
オリックスの先発は山崎、日本ハム戦では好投しているだけに油断は禁物である。その山崎の立ち上がりを攻め、日本ハムが先制した。1点を先制してなお一死満塁から横尾がライトフェンス直撃の2塁打、これで2点を追加、その後内野ゴロで1点を追加し一気に4-0と試合を有利に進めることに成功した。
吉田は2回に1点をかえされ3回以降もランナーを出す苦しい投球であったが無失点でおさえていた。一方の打線は二番手の小林に完璧に打ちとられて前の試合を思い出させる展開であった。
d0183174_09412299.jpeg
この嫌な流れを断ち切ったのはレアードであった。6回に一発を放って待望の追加点をあげると7回には西川が自身シーズン最多となる9号をライトスタンドに打ち込み、7-1とし試合を決定づけた。
吉田は7回を投げ1失点の好投でプロ入り初勝利をあげ、同期の横尾と一緒にお立ち台にあがり喜びを語ってくれた。

[PR]
by motokunnk | 2017-09-19 09:43 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

トヨタは3位、佐藤は予選5位、グラチャンバレーは

WEC第6戦サーキット・オブ・ジ・アメリカズ6時間レース決勝が行われた。予選で1秒以上ポルシェから離されてしまったトヨタであったが決勝では善戦し、レース序盤はポルシェを上回るスピードをみせ、トップ争いをした。
d0183174_09053773.jpg
しかし速さは持続せずに徐々にポルシェから遅れだし、最終的には予選同様3、4位でのフィニッシュとなった。第7戦はいよいよ富士6時間レースである。昨年唯一の勝利をあげているサーキットだけにトヨタとしても地元の利を活かしたレースをしてポルシェを負かしてほしいものだ。
インディカーシリーズもあっという間に最終戦をむかえてしまった。今シーズンはインディ500優勝という仕事を成し遂げてくれた佐藤琢磨であったがその後のレースでは好走はするが結果に結びつかないことが多くシリーズランキングも8位、そして最終戦を前にアンドレッティ・オートスポートは琢磨のマシン(No。26)のドライバーにザック・ビーチを選んだようだ。1年でアンドレッティ・オートスポートとの契約を解除することになる佐藤琢磨であるが、2012年に所属していたレイホール・レターマン・ラニガン・レーシングに復帰することになるとみられている。
d0183174_09054780.jpg
そんな中行われたソノマで予選5番手、ホンダ勢ではトップとなるタイムをマークして決勝にすすんだ。決勝ではアンドレッティ最後のレースとなるが、見事な走りで表彰台を確保してほしい。
グラチャンバレー最終戦が行われた。日本の相手はリオ五輪の金メダルチームのブラジルである。グラチャンバレーも3連覇しており、世界ランクも1位のチーム、そのチームにどこまで善戦できるかがポイントであった。
しかし第1、第2セットは一度もリードすることなく、17-25、15-25で奪われてしまった。そしてむかえた第3セット、出だしからブラジルにリードされてしまうがそれでも必死にくらいつき20-21と1点差まで追い上げた。
d0183174_09055664.jpg
しかし頑張りもそこまでで結局22-25でこのセットも奪われ5戦全敗の成績に終わってしまった。6チーム中最下位の成績であったが日本チームとしてはランキング上位のチームの胸を借りたことが財産となり3年後の東京オリンピックにつながっていくものと信じたい。

[PR]
by motokunnk | 2017-09-18 09:07 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

トヨタ3位、佐藤琢磨はトラブル、トップリーグ第3節

WEC第5戦メキシコ6時間レースが行われた。出だし好調だったトヨタチームであったが、ルマン24時間レースをさかいにポルシェの反撃にあい、このところ連敗中でメキシコでの巻き返しを狙ったが予選不発で決勝をむかえた。
予選2列目からのスタートであったがサーキット特性があわないのか、ポルシェに速さで太刀打ちすることはできずにトップからは1周毎に離されてしまった。
d0183174_09235774.jpg
雨も予想されたが最後までサーキットは湿ることなく結局3、4位でフィニッシュした。ポルシェとのチャンピオンシップ争いはポイント差をさらに拡大されチャンピオン奪還の夢はまた一歩遠のいてしまった。
WEC第6戦はトヨタの得意コースといわれている。ここで巻き返すことができないとシーズンは富士を待たずに終わってしまうのだが(ポイント上では逆転はありえるが)。
インディカーシリーズも後2戦、第16戦のワトキンス・グレンが開催された。予選で4位と優勝を狙えるポジションにつけた佐藤琢磨、スターもよくポジションアップし2位、トップを十分狙える体制であったがここでまさかのトラブル発生、徐々にポジションを落として緊急のピットイン。
原因はターボトラブルだったようでラップ遅れとなりながらレースに復帰するとファステストラップを記録するなど速さは証明することができた。しかし19位フィニッシュと数字の上ではチャンピオンの可能性もあったがこの順位でそれも消滅してしまった。
d0183174_09240510.jpg
「ポコノ、ゲイトウェイ(モータースポーツパーク)、ワトキンス・グレンと、3戦続けて悔しい戦いになりました。スタートで2番手まで上がり、そのままトップに出られる勢いがあったのですが、なにかトラブルが出てスピードが伸びませんでした。優勝争いができたに違いないレースでトラブルに見舞われたのは非常に悔しいです。しかし、昨年はワトキンス・グレンでパフォーマンスの悪かったAndretti Autosportが、今年は予選でポールポジションと4番手、レースで優勝と3位という結果を残しました。ここまでのパフォーマンスの向上を、1シーズンで遂げたことは近ごろでは非常に珍しいです。その進歩に自分も貢献できたのではないか、と誇りに思います。最終戦のソノマは好きなコースですが、レースがなかなかうまくいかないことが続いています。今年のマシンはセッティングも高いレベルに仕上がっているので、持っているポテンシャルを披露し、ロードレースでの勝利を果たせるようがんばりたいです。」とはレース後の佐藤琢磨のコメント、今シーズンの2勝目を期待したい。
ラグビートップリーグも第3節が終了した。第3節を終了し3連勝はサントリー、パナソニック、神戸製鋼の3チームとなり、ヤマハはサントリーに惜敗して連勝が止まってしまった。
ただ第3節までを観る限り、この4チームの実力がちょっと1枚ぬけていそうだ。その4チームを追う存在としてはNTTコムがあげられる。チームとしての今シーズンの目標がベスト4入りだそうで初戦はリコーに惜敗したが第3節は近鉄に快勝した。前半は風下ということもあり、10-10の同点で折り返したNTTコム、スクラムでの劣勢をどう挽回してくるかを注目して後半を観た。
スクラムは相変わらず劣勢ながらマイボールを失うことがなくなり攻めにもリズムがでてきて後半は近鉄を完封、36-10と快勝した。
d0183174_09241595.jpg
特にマン・オブ・ザ・マッチに選出されたSO小倉順平、FL金正奎など日本代表に選出されているメンバーの活躍が目立った。第4節はサントリー戦、ここで真価を発揮できれば今後トップリーグの台風の目となりそうである。

[PR]
by motokunnk | 2017-09-05 09:27 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

東芝白星発進、WRC第10戦デイ3、琢磨がポール獲得

土曜日のトップリーグは2試合が行われた。どちらも秩父宮競技場での開催であった。個人的に興味のある東芝は第1試合の登場であった。あいてはNEC、親会社は同じ電機メーカーでありライバル対決ともいえる試合であった。
日本代表の茂野、田村が抜けたNECがどんな戦い方をするのか、東芝はどう対応するのか、試合の視点は数多くあった。前半は膠着状態ですすんだが終始東芝がNEC陣内で試合を進める展開であった。
先制点は東芝、5分にPGで先制すると14分にトライ(&ゴール)をあげて10-0とリードした。得点のチャンスはつくるがあと一歩のつめが足らないのかNECのゴール前のディフェンスが鋭いのかなかなか追加点が奪えなかった東芝であったが、36分にPGで3点を追加し、13-0で前半を終了した。
前半終了と同時に雷が鳴り、試合は90分間中断した。90分遅れで後半がはじまったが、東芝の選手のモチベーションはさがっておらず、中断時間も有意義にミーティングなどしながら過ごしたようだ。
そしてNECがシンビンで2人少ない中、後半11分にトライ(&ゴール)をあげて20-0とNECを突き放した。その後試合は一進一退、NECにゴール前まで攻め込まれるシーンもあったがディフェンスが頑張りそのままノーサイド、20-0で初戦勝利でスタートした。
d0183174_09123521.jpg
東芝としてはまずまずの出来ではなかったかと思う、なにより勝利がチームにとっては一番のご褒美なのだから。
WRC第10戦ラリー・ドイチェランド デイ3が行われた。そのデイ3の最長区間でもあるSS10でハンニネンがトップタイムをマークした。
d0183174_09124407.jpg
そのハンニネン、4位にあがって表彰台を目指していたがダンパーを破損してしまい5位でデイ3をフィニッシュした。ラトラバもパンクに見舞われてしまったがこの日の最終SS17ではトップタイムをマークするなど速さを魅せつけて7位でフィニッシュ、ラッピも順位をあげて22位である。
表彰台はちょっと難しい順位となってしまったが、デイ4のパワーステージでのトップは狙えるポジションだと思う。
内閣総理大臣顕彰を受賞して最初のインディカーシリーズでもあった第14戦のポコノ予選、佐藤琢磨は自身7度目となるポールポジションを獲得した。
d0183174_09125405.jpg
このレースから新しいスポンサーカラーに塗られたマシンを駆ってはじめてのレースでもあった。ポコノはインディとちかいレースコースだけに佐藤琢磨の今季2勝目が期待される。

[PR]
by motokunnk | 2017-08-20 09:15 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

錦織ベスト8、琢磨は内閣総理大臣顕彰受賞、MotoGPチェコGP

ATP500・シテイ・オープンの3回戦、錦織圭の相手はデルポトロであった。過去1勝5敗と相性の悪い相手、どこまで食いついていくかが注目である。
しかし、試合は降雨の影響で開始時間が大幅に遅れてしまい、現地時間では日付が変わってからの開始となったようだ。試合はお互いにサービスをキープする展開であったが、第5ゲームを錦織がブレイクするとリードを守ったまま6-4で第1セットを奪った。
第2セットにはいると、いきなり錦織がブレイクし、リードを奪った。このまま試合は進むかと思われたがそこはデルポトロ、第8ゲームをブレイク、錦織は追いつかれてしまった。
d0183174_09201988.jpg
そして第10ゲーム、錦織は15-40とダブルのセットポイントを握られてしまった。このピンチは逃れデュースに持ち込んだ。一度アドバンテージを握られたがそこをしのいで何とかこのゲームをキープした。
このことが大きかったようで、続く第11ゲームをブレイクして、このセットも7-5で奪い、2-0で2年ぶりのベスト8に進出した。
ベスト8の相手は地元のポールである。このポール、今大会は絶好調でここまで勝ち進んできているだけに錦織とあいても気が抜けない相手である。また1日未満の時間で準々決勝を戦わなければならず、体力面で若干の不安がある。
佐藤琢磨が内閣総理大臣顕彰を受賞した。昨日官邸に招かれてのものであったが、自らNSXを運転してのことだったそうである。レーシングドライバーとしての真骨頂を発揮してのこと、佐藤琢磨らしいパフォーマンスの示し方であったと思う。
d0183174_09202937.jpg
インディカーシリーズポイントランキングでは7位だが、安倍首相との会談ではまだまだチャンスは残っていると話していたそうだ。実際、チャンピオンになるチャンスは少ないと思うが残る一戦に全力で立ち向かってほしい。
将棋の王将戦予選1次リーグ決勝に藤井四段が登場、相手は菅井七段であった。現役のB級1組の棋士だけに中盤から終盤にかけてはスキがなく藤井四段は完敗に近い負けであった。
MotoGPチェコGPがはじまった。初日のフリー走行、Moto2クラスの中上貴晶は雨の影響もあったか17番手であった。
「フロントの安定性がよくなくて、それが1番の問題でした。しかし、今日は全体的にタイムが遅く、トップタイムより1秒も遅いタイムでした。原因を探るためにこれからデータを見直したいです。8耐のスーパーバイクからの乗り換えがうまくいかず、乗り慣れているはずのMoto2マシンにうまく乗れていないような気がします。
d0183174_09203832.jpg
感覚的にはかなり限界まで攻めているのですが、実際は遅いという感覚のずれがあるのだと思います。昨年の予選では2列目4番手。タイムは2分02秒046だったのに、そのタイムから2秒以上も遅いタイムしか出せませんでした。明日はしっかり攻められるようにしたいです。」とはフリー走行後のコメントである。予選は感覚を取り戻して昨年並みのグリッドを確保してほしいものだ。

[PR]
by motokunnk | 2017-08-05 09:22 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

佐藤琢磨5位、稲葉篤紀侍ジャパン監督、そしてMLB

インディカー・シリーズ第13戦ミッドオハイオが開催された。8月4日に内閣総理大臣顕彰授与のため帰国する佐藤琢磨にとっては帰国前の大事な一戦、ぜひ好成績をあげて帰国していところであった。
その予選は3番手。優勝を狙えるポジションであった。しかしスタートしてしばらく3番手のポジションをキープしていたがポジションアップは困難であった。ピットストップでの些細なミスもあり8位にポジションダウンして残り30周、このレースはじめてのイエローコーションがでた。
d0183174_09120746.jpg
そしてイエローが開けるとレッドタイヤの琢磨は猛追、ヒンチクリフ、そしてロッシとかわして5番手に浮上し、ゴールした。予選のポジションを守ることはできなかったが、5位は久々、ランキングも7位を守り、佐藤琢磨としては久々のトップ5フィニッシュであった。
侍ジャパンの監督にかねてから噂になっていた元日本ハムの稲葉篤紀氏が就任した。稲葉監督はWBC打撃コーチとして先のWBCには出場しており、選手からの人望も厚く監督経験はないが、適任ではないかと思う。
d0183174_09121659.jpg
稲葉ジャパンの初陣は、24歳以下の(オーバーエージ3人)メンバーで戦う「アジアプロ野球チャンピオンシップ2017」(11月16日~19日、東京ドーム)となる。この日、対戦カードも発表され、日本は11月16日の初戦で韓国と対戦し、中1日で18日に台湾と戦う。上位2チームが19日の決勝戦へ進む。
「大事にするのはチームの輪、結束力。侍ジャパンの誇りを胸に、これからしっかり戦っていきたい」と抱負を語った稲葉新監督に期待したい。
MLBではトレード期限となる7月31日に日本人2選手の移籍が発表された。青木宣親がアストロズからブルージェイズに移籍する。アストロズは怪我人続出でブルージェイズの左腕フランシスコ・リリアーノを獲得するためのトレードである。青木にとっては残念であろうが、これもメジャー、6球団目となる新天地での活躍を期待したい。
そしてもう一人は噂通り、ダルビッシュ有がドジャーズに移籍することになった。ドジャーズのワールドシリーズ制覇のための戦力としての移籍である。
ドジャーズには前田もおり、日本人投手2人でワールドシリーズ制覇のため全力をつくしてほしい。またダルビッシュ有は今オフにFAとなる。昨年のチャップマンのようにカブスに短期移籍しワールドチャンピオンとなりまたヤンキースに復帰することもあるかもしれない。ダルビッシュ有のドジャーズでの初登板に注目である。

[PR]
by motokunnk | 2017-08-01 09:14 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

ラリー・フィンランドデイ2、鈴鹿8耐、そして佐藤琢磨など

モータースポーツ関連のニュースが目白押しであった昨日であった。まず目に入ったニュースは佐藤琢磨に総理大臣顕彰というニュースであった。
インディ500優勝のご褒美(?)だそうで、8月4日に首相官邸で顕彰式が行われることとなったという。今週はインディカーシリーズ第13戦が行われる。
このレースで好成績をおさめて凱旋してほしいものである。
やはりポルシェが今年限りでWECから撤退するそうだ。ポルシェとすれば2014年に復帰して翌年からルマン24時間レースを3連覇し、またシリーズチャンピオンも連覇しているだけに撤退もやむを得ないかもしれない。
これでLMP1クラスのメーカー参戦はトヨタだけになってしまう。トヨタとしてはポルシェがいる間にルマンを制覇したかっただろうと思うとそのモチベーションが萎えてしまったのではないかと心配である。
鈴鹿8時間耐久レースの公式予選が行われた。予選は2段階でトップ10トライアル進出チームを選ぶことが優先事項、予選11番手以降はこの日に決定する。
トップ10のうち、最高タイムをマークしたのはヤマハのファクトリーチームであった。8耐連勝中のチームだけあって余裕を感じさせる走りであったようだ。
d0183174_09371858.jpg
2位はヨシムラ、3位にMuSASHi、4位にカワサキと4ワークスが上位を独占して今日行われるポールポジション決定戦にのぞむこととなった。8時間という長丁場だげやはりポールポジションは別格のようである。
WRC第9戦ラリー・フィンランドデイ2が行われた。トヨタチームにとってはベストな1日となった。ライバルと目されていたMスポーツのオジェが早々にトラブルで脱落、ヌービルもタイムは上がらなかった。
そんな中、速さを見せつけたのがラッピであった。SS3はラトラバから0.1秒差の2番手タイムをマークするとSS4からSS7までトップタイムをマークし総合2位に進出した。
d0183174_09370860.jpg
そして午後のセッションもトップタイムを連発し、SS10でトップにたち、そのまま首位を守ってデイ2を終了した。エースラトラバも2位とトヨタチームがワンツーを独占してデイ3に突入である。ハンニネンも5位と好調をキープしているのでデイ3そして最終日の走りに期待が持てる。
最後に将棋の話題、藤井聡太四段が銀河戦予選で平藤真吾七段と対戦して勝利し、通算34勝2敗となった。
この成績は現在、今年度の対局数、勝利数、勝率の3部門でトップであり、勝率は0.923となり歴代最高勝率の更新(1967年度に記録された0.8545)も可能かもしれない。
次の対戦は8月4日、王将戦予選で相手は菅井竜也七段である。菅井竜也七段は現在進行中の王位戦で羽生王位に連勝している強敵だけにここで勝利すると藤井四段の強さが確立するかもしれない、注目である。

[PR]
by motokunnk | 2017-07-29 09:40 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

インディ12戦はピットストップのタイミング、白鳳歴代2位、スーパーラグビー

インディカーレース第12戦がトロントで開催された。インディカーレースシリーズで唯一のカナダでの開催である。予選10番手と不本意なポジションに沈んでしまった佐藤琢磨であるが、マシンの調子はいいようで決勝での巻き返しが期待できた。そしてスタートでポジションアップした佐藤琢磨、イエローコーションも出ずに淡々とレースは進んだ。ただピットストップのタイミングを逃してしまった。
トップ3がピットストップせず、琢磨もそれに追随してラップを重ねたのが不幸な出来事となってしまった。23周目にイエローコーションとなってしまい、すでにピットストップを済ませたマシンが上位に進出し、佐藤琢磨は折角のシングルポジションが18番手まで順位を落としてしまった。
d0183174_19330049.jpg
その後のレースではイエローコーションは出されずにレースは終了、佐藤琢磨は16位でフィニッシュした。「マシンが本当に速かっただけに大変残念です。今日の私たちは。レースペースでみれば、トップに近い速さがあったと思います。それだけに悔しいと感じています」とはレース直後の話頭琢磨のコメントである。
ポイントランキングは7位であるが、トップとは70ポイント、チャンピオン獲得が困難な状況になりつつあるインディカーレースであった。
大相撲名古屋場所、2横綱1大関が途中休場し、ちょっと寂しい土俵となってしまった。その中で、白鳳の一人旅がはじまりだした。中日で一人勝越しを決めた白鳳、9日目は結びの一番に登場した。それまでに登場した1横綱2大関がすべて負けてしまうという大波乱の中でも落ち着いており、はたき込んで、無傷の9連勝とした。
d0183174_19331358.jpg
この勝利で通算1045勝となり、元横綱千代の富士にならび、歴代2位の記録達成である。歴代1位は元大関魁皇の持つ1047勝、後2勝で追いつくだけに早ければ11日目にも達成し、今場所中に歴代1位の新記録達成までもやり遂げてしまいそうな勢いである。他の力士の奮起を期待したい。
スーパーラグビーもレギュラーシーズンが終わり、今週からは8チームによるトーナメントがはじまる。1位通過となると勝ち続ければすべての試合をホームで行えるだけに有利といわれる。その1位には南アフリカのライオンズが14勝1敗の好成績でつくことになった。
開幕からトップを走り続けていたニュージーランド地区のクルセイダースが最終戦で同地区のハリケーンズに黒星をつけられ14勝1敗となりボーナスポイントの差で2位となってしまった。
リーチマイケル所属のチーフスもトーナメントに進出、第1戦は南アフリカのストーマーズと対戦することになった。来シーズンはレギュラークラスの移籍が発表されているチーフス、有終の美を飾ることができるであろうか、優勝争いともどもこちらも注目である。

[PR]
by motokunnk | 2017-07-18 09:03 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

琢磨は16位、稀勢の里は初日

インディカー・シリーズ第11戦アイオワ・コーン300が行われた。予選5番手と好位置につけた佐藤琢磨、今シーズンの2勝目を期待してしまったが結果は16位であった。
スタートこそ5位と順位をキープしトップを追走したかに見えたが徐々にそのポジションを落としていった。右リアタイヤに異常があることがわかりピットインしたもののそのタイミングが悪く、直後にイエローコーションがだされ佐藤琢磨は2ラップ遅れとなってしまった。
d0183174_09152603.jpg
1ラップ遅れであれば何とかなったようだが、致命的な2ラップ遅れとなり、後は淡々とレースを消化し16位でフィニッシュした。スタートポジションがよかっただけに惜しいレースであったといえる。
大相撲名古屋場所、初日に完敗してしまった稀勢の里であったが、2日目は何とか白星を手繰り寄せた。相手が小兵であったので押し込まれることはなかったがそれでも一気に寄り切るわけでなく苦労して突き落とした。力士にとっての良薬は白星だけに3日目以降の相撲に注目だ。
初日黒星でスタートした新大関の高安も2日目に白星をあげた。まだまだ高安本来の相撲ではないが白星をあげたことで新大関の重圧から解放されると思う。ただ初日黒星スタートした日馬富士。照ノ富士、豪栄道の3力士は2連敗スタートとなってしまった。
荒れる名古屋場所である。3日目は上位陣がすべて白星であってほしい。
侍ジャパンの新監督候補に元日本ハムの稲葉篤紀の名前があがっているそうだ。稲葉といえば稲葉ジャンプが有名でファンに愛された選手でもあり、WBCでは2009年の世界一メンバーでもあった。近年は侍ジャパンの打撃コーチも務めており監督経験こそないが侍ジャパンの監督に適任かもしれない。
11月16〜19日には東京ドームで日本、韓国、台湾による「アジアプロ野球チャンピオンシップ2017」の開催が決定しており、そのときが初采配となる新監督、その大会から逆算する意味も含めて7月末が決定のめどとされ、交渉作業は最終段階に入っているといっていい。
他には原元巨人監督、栗山日本ハム監督、中畑元DeNA監督らの名前があがっているそうだ。いずれにせよ誰が新監督になるのであろうか楽しみである。

[PR]
by motokunnk | 2017-07-11 09:17 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)