タグ:優勝 ( 5 ) タグの人気記事

MLB世界一は108年ぶりのカブス!、錦織は惜敗

MLBワールドシリーズも熱い戦いであった。地元で連敗して1勝3敗と後がなくなったカブス。第5戦は3-2とリードしていた7回一死からクローザーのチャップマンを投入して逃げ切った。このことがカブスを勢いづけたような気がする。地元リグリー・フィールドで流れる「GO! CUBS! GO!」の球団応援歌と勝利を示す白地に青でWと染め抜いた旗がセンターポールに掲げられたシーンは印象的であった。
その勢いで第6戦を勝利して昨日の第7戦となった。流れはカブス、試合もいきなり先頭打者ホームランでリードした。3回に追いつかれてしまったが、すぐ4回にコントレラスの2塁打で勝ち越すと、続く5回にもバイエスの一発などで2点を加点して5-1と大きくリードした。しかし68年ぶりの優勝目指す地元のインディアンスも追い上げを開始し、5回裏にワイルドピッチで2点を返した。しかし6回に今シーズンで引退表明しているロスに一発がでて6-3となり8回にクローザーのチャンプマンがマウンドにあげりカブスの108年ぶりの優勝は決まったと思われた。
しかしチャンプマン、この日は投球にいつもの冴えがなく、なんと同点に追いつけれてしまった。こうなると流れはインディアンスである。スタンドには同じクリーブランドに本拠をおくキャブスのレブロン・ジェームスなどが観戦しており、NBA、MLBと同一年に2つのメジャースポーツのチャンピオンがクリーブランドから生まれる予感もした。
ただ延長に入る前、雨による中断で流れがかわってしまったようだ。10回表、一死1、2塁からゾブリストの打球は3塁戦を抜くタイムリーとなり7-6とリードすると後続も安打で続いて8-6と2点リードし、その裏の攻撃をしのいで8-7で勝利、108年ぶりにワールドシリーズ制覇であった。
d0183174_09283991.jpg
敵地といえども多数のカブスファンが歌う「GO! CUBS! GO!」が印象的であった。これで、長年言い伝えられた“ヤギの呪い”をついに解き放ったといえる。
ATPマスターズ1000・BNPパリバ・マスターズの3回戦、ツォンガとの対戦は昨年の全仏オープンの再現となってしまった。昨年の試合は錦織がフルセットに持ち込んでの敗戦であったが、この試合はツォンガが追いついてフルセットとなる戦いであった。
第3セットも第9ゲーム、40-15とリードしてマッチポイントを握ったが、地元の大声援を受けるツォンガに反撃されこのゲームをブレイクされるとタイブレイクに持ち込まれ、3-7で敗れてしまった。
d0183174_09284781.jpg
2年ぶりのベスト8進出は夢となってしまい、悲願のATPマスターズ1000大会の優勝も来年に持ち越すこととなってしまった。

[PR]
by motokunnk | 2016-11-04 09:30 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

NFL第8週、ペイトリオッツが7勝目、栗山監督生出演、FAの話題など

NFL第8週、ペイトリオッツは同地区のビルズとの対戦である。ブレディの出場停止期間中とあって前戦は地元で完封負けを喫してしまっただけに気合い十分での戦いであった。
特に復帰4戦目となるブレディは過去3戦以上のパフォーマンスを魅せてくれた。この日はパス33回中22回成功、315ヤードを獲得し4TD、インターセプトなしでレーティングはなんと137.0であった。
d0183174_09205373.jpg
100を超えれば一流QBと言われる世界で4試合連続して120以上とは驚異的な数字である。試合は41-25でビルズに雪辱し、AFC東地区の首位をキープしているだけでなく、AFC地区でもトップにたっている。
NFL公式サイト日本語版のホームページのデザインが一新されたようで、古いレイアウトになじんでいるせいか、情報が探しにくくなってしまったような印象を受ける。慣れの問題であればいいのだが、、、。
日本ハム・栗山監督が報道ステーションに生出演した。もともとスポーツ解説者としてレギュラー出演しており、久しぶりの出演だったそうだ。
今回日本一を獲得した実感はと聞かれたとき、実感はなく、課題が多数みえてきたと答えた瞬間、チャップリンのベストな作品は次の一作という言葉がダブった。栗山監督は根っからの野球好きがわかるような気がした。
また大谷翔平について、『「初戦で翔平がベース際で足首を…もともと足首はゆるい選手ではあったんですけど…ぶつかって痛みがひどくなった」と走塁で足首を故障していたことを明かした。』
このことから第6戦の先発を回避して第7戦の先発を予定していたという。当然、第6戦は打者としても使わない決断をしていたそうだ。
さてFAが解禁となったが、陽岱鋼はやはりFA宣言するようだ。FA宣言した選手を日本ハムは慰留しないという方針だけに今後の契約更改に向けた球団との交渉が注目される。
d0183174_09210030.jpg
既に糸井がFA宣言しそうなオリックスが獲得目指しているようで、福良監督とは日本ハム2軍監督時代から、ヘッドコーチとして12年まで指導したチームの教え子でもあり、ぜひ獲得したいところであろう。
プロ野球も侍ジャパンが11日から強化試合開催と来年春のWBCに向けて始動する。栗山監督ではないが、祝福ムードに流されることのない「自己管理」の徹底、来シーズンに向けた戦いはすでにはじまっているようである。

[PR]
by motokunnk | 2016-11-01 09:24 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

爆ぜる日本ハム、10年ぶりに日本一、錦織は決勝進出

日本ハムが10年ぶり5回目の日本一に輝いた。栗山監督にとっては5年目での悲願達成であり、4年前の忘れ物を取りにいくことを公言していただけに大きな忘れ物を取りに行けた瞬間でもあった。
d0183174_10061983.jpg
d0183174_10055772.jpg
d0183174_10060799.jpg
試合はどちらが勝利してもおかしくない展開であった。ただ投手起用について日本ハムと広島では若干異なっていた気がした。日本ハムがシーズンの実績を問わず、シリーズに入って調子のよい投手を起用したのに対して広島はシーズン通りの投手起用であった。
特にブルペン陣の起用がシーズンと同様であった。このことが第4、5戦の逆転負け、そして第6戦の大敗につながったと思う。昨日の試合、8回の攻防が最後の分岐点であったと思う。
それまでも4回などなぜ西川と勝負させたのかなど?のつく采配はあったが8回が極め付けだった。二死から3連打で満塁とされ中田をむかえた。明らかにセットアッパーのジャクソンは冷静さを失っていた。ここは投手交代ではなかったのだろうか。
結果としてジャクソンは押出し四球を与えてしまった。気落ちしたジャクソンはバースにもタイムリーを打たれてしまった。6-4と2点はリードされたがまだまだ逆転の可能性はあった。このポイントでジャクソンをなぜ続投させたか大いに疑問が残る。結果としてレアードに満塁弾を打たれて10-4とされ、日本ハムの10年ぶりの日本一が決定した。
2連敗スタートしたときはどうなることかと思ったが、ホームに戻って息を吹き返し4連勝で日本一となったあたりは11.5ゲーム差を跳ね返してリーグ優勝した底力の再現だったと思う。若いチームだけにこの経験は来年にも活かされるであろう、来シーズンが楽しみである。
ATP500・スイス室内の準決勝、錦織圭の相手はサウスポーのビッグサーバー・ミュラーであった。過去2戦2勝と相性のいい相手に対して錦織は第1セット、第3ゲームでブレークに成功。ところが、第8ゲーム、今大会初めて自身のサービスゲームをブレークされると、4―5の第10ゲームでもブレークを許し、このセットを失った。
ここから錦織の粘り強いテニスがはじまり、第2セット、4-5から2度のマッチポイントをしのいでタイブレイクに持ち込むと、7-3でタイブレイクを制してセットカウントをワンオールとして勝負のファイナルセットとなった。
d0183174_10062769.jpg
第3セットも強力なサーブに苦しんだ錦織だったが、第6ゲームでブレークに成功し、6-3でこのセットを勝利し、自己最多を更新する年間56勝目とした。決勝の相手はチリッチとなった。チリッチに勝ってスイス国内初優勝をつかんでほしい。

[PR]
by motokunnk | 2016-10-30 10:08 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

日本ハム、4年ぶりのパリーグ制覇は記録ずくめ

マジックナンバーを1としていた日本ハムが昨日の西武戦に勝利し4年ぶり通算7度目のパリーグ制覇を果たした。日本ハムの先発は大谷、西武の先発は菊池、ともに花巻東高の先輩・後輩対決であった。
試合は毎回ランナーをスコアリングポジションまですすめる日本ハム、3者凡退に打ち取られる西武と日本ハム優勢ではあったが、このような試合は押しているチームがミスで自滅してしまうケースもあるので日本ハムとしては早く先制点が欲しかった。
先制点はレアードの一振りから生まれた。4回一死から打席にたったレアードの2-1からの4球目を強振、打球は高く上がりすぎたかに思えたが、持ち前のパワーでレフトスタンドにとどく39号となった。待望の先制点をとり日本ハム・大谷翔平のピッチングも加速していった。
d0183174_09370667.jpg
5回に森にヒットを打たれたが、後続の中村、栗山を空振りの三振にとると、6回は三者三振と三振の山を築いていった。日本ハムは6回、一死から岡がこの日2本目のヒットで出塁すると、牽制につられてしまったのが幸いして悪送球もあり三進、西川も四球で一死2、3塁のチャンスをつくった。しかし陽岱鋼、中田が凡退して絶好の追加点のチャンスをつぶしてしまった。
味方の拙攻にも動じることなくマウンド上で時折笑みをみせる大谷は凡打の山、8回までに1安打15奪三振の完ぺきなピッチングで最終回をむかえた。
さすがに9回は緊張したのか一死からこの日はじめてとなる四球をだしてしまったが、後続をおさえて4年ぶりにパリーグ制覇を達成した。
d0183174_09371752.jpg
優勝決定試合での完封投手は1995年のヤクルト・ブロス以来21年ぶり16人目だが、1-0で完封したのは大谷が史上初だった。また、1-0で優勝を決めたチームは91年の広島、2000年のダイエーに次ぎ16年ぶり3球団目となったが、過去2度は継投だった。
1安打完封は1リーグ制だった43年の巨人・藤本英雄以来73年ぶり2人目。50年の2リーグ制後では初めて。優勝決定試合での15奪三振は最多だった。
そして大谷は3月25日の開幕戦で先発したが、開幕投手が優勝決定試合で先発し完封したのは1982年の中日・小松以来34年ぶり5人目だそうで、パリーグでは1951年の南海・江藤以来2人目の記録だそうだ。
この日の勝利で10勝目をあげ、自身2度目の2桁勝利&2桁本塁打の記録達成(今シーズンはこれに100安打以上のオマケつき!)である。規定投球回数には及ばないが(わずか3イニングである!)、防御率も1.86と秀逸である。
自身の野球人生の中で初めてとなる優勝、その瞬間をマウンドでむかえることができ最高であったろう。CSに勝利し、日本シリーズで日本一になるまで後少し、ぜひアリゾナキャンプで栗山監督に書いた夢の実現をしてほしい。

[PR]
by motokunnk | 2016-09-29 09:39 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

白鵬、締めくくりは全勝優勝で

史上初となる33回目の優勝を早々と13日目に決定した白鵬、その後白星を重ねて千秋楽の土俵にあがったが、注文はある。それは千秋楽は三役そろい踏みという儀式があるが、その前にそれぞれの力士は土俵下に集合することになっている。
それに白鵬が原因で遅れてしまった。土俵で取組がはじまってしまい、控えに力士が入場するという前代未聞のことが起きてしまった。常々白鵬の言動にはいろいろと注文が多いが、またひとつ加わってしまった。相撲は横綱鶴竜を相手に慎重に寄り切りで勝ち33度目の優勝を全勝で飾ったことは見事であった。
d0183174_08591109.jpg
そして優勝インタビューで支えてくれている家族(特に奥さん)に感謝の弁を述べるなど白鵬の家族思いの一面を魅せてくれた。同じインタビューで33回という優勝で目標を達成して次は何を目標にしたらいいかと悩んでいるという発言もあったが、心技体いずれも完璧になるよう精進することが大横綱として歴史に名を刻むことが許されるのではないか。
そんなことを感じた千秋楽の土俵であった。他の力士で白鵬を脅かすものの登場を期待したいが、その候補はいそうもない。それがちょっとこわいような気がする。若貴人気で大相撲が人気となった時期があったが、引退後は人気がなくなってしまった。今満員御礼が15日間でているという、この時期に今後の人気を保つには何をするか、すればいいかを考えるのも公益財団法人としての役割だと思う。
さて、イスラム国人質事件はヨルダンに捕えられているイスラム過激派死刑囚の釈放という要求がだされ、両国間での折衝が行われている模様である。日本一国の問題ではなくなってしまったイスラム国人質事件、その結末はどうなるのか、予想すらできない。
今日は、NFLはプロボウルが開催される。以前プロボウルはスーパーボウル開催後に行われていたが、数年前からスーパーボウルの前週開催となり、AFC対NFCという色分けも前回からはNFLで活躍した2名の選手により、プロボウルに選ばれた選手をドラフトしてチームを作る方式にかわった。
これにより、同じチームの人間も敵味方に分かれて戦うことが可能になり、面白さの面では興味が倍増した。プロボウルはお祭り要素が大きいのでファンサービスということを考えるといいのかもしれない。今年は名WRとして活躍した、マイケル・アービンとクリス・カーターの2人がチームを率いて戦うこととなった。
午後からは、全豪オープン4回戦が行われ、錦織圭は世界ランク10位のダビド・フェレールと戦う。フェレールとは過去6勝3敗と勝ち越しているが6試合がフルセットの激戦であった。そしてストローク戦となることが多いので勝利しても疲労が蓄積される可能性が大である。いかにして疲労しないで勝利するか、そのところを見てみたい。今日も昼からNHKで放送予定である。

[PR]
by motokunnk | 2015-01-26 09:02 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)