タグ:大坂なおみ ( 27 ) タグの人気記事

日本ハム4連敗、大坂は途中棄権

やはり目的を持つチームの勢いは計り知れないものがありそうだ。昨年の日本ハムのように今年の楽天は計り知れない勢いを感じる。優勝を目指すというのはそういうことのようだ。
昨日の試合は日本ハムが試合をリードすること3回、そのいずれも楽天に追いつかれ、最後はサヨナラ負けをきっしてしまった。日本ハム、打線で元気なのは松本剛、昨日もマルチ安打を記録して打率も3割、不振な打線の中で唯一期待が持てる選手である。
d0183174_09071169.jpeg
明日からはソフトバンク戦、3連戦が終わるころには最下位転落しているかもしれないという思いもある日本ハムである。
ATP1000・ロジャーズ・カップはシード選手にとって鬼門のようだ。2回戦で第5シードの錦織圭が負けてしまった。そのほかにも第3シードのティーム、第6シードのラオニッチ、そして第8シードのツォンガ、第9シードのゴファン、第11シードのカレノ ブスタ、第15シードのソックも敗れている。
準々決勝を前に第2シードのフェデラーも過去無敗のフェレール相手に第1セットを失うなど苦戦しておりロジャーズ・カップはランキング上位勢にとっては鬼門なのかもしれない。4大大会とマスターズ大会、フェデラー、ナダル以外の優勝者はイタリア国際を制したザブレフのみという現実からもビッグ4の牙城は崩すことが容易でなさそうだ。
WTAプレミア5のロジャーズ・カップ、ベスト8入りを目指して大坂なおみが第1シードのプリスコバに挑戦した。第1セットは2-6で落としてしまったが、第2セットは6-6からタイブレイクとなり、7-4でタイブレイクを制してファイナルセットまでもつれ込む熱戦であった。
d0183174_09071908.jpg
しかしファイナルセット、第1ゲームをブレイクされたところで大坂がトレーナーを呼び、腹部などの治療を受けた。その後は試合続行が不可能と判断し、途中棄権を申し入れた。残念な結果となってしまったが、第2セットに大坂の成長が垣間見えた一戦であった。

[PR]
by motokunnk | 2017-08-11 09:09 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

有原10敗目、錦織初戦敗退、大坂3回戦進出

3連敗阻止をかけて日本ハムは有原航平が先発した。初回の攻撃で1点を先取した日本ハムであったが、有原の投球はいただけなかった。
1回裏、先頭打者に投げた初球をスタンドに運ばれ、あっという間に同点にされてしまった。茂木は初球から打って来るだけに結果論ではあるが慎重な投球でいくべきであった。
打線も有原を援護することができず、2、3回のチャンスをつぶしてしまった。すると3回、二死から四球、連打で2点を失ってしまった。失点をここで食い止めておけばよかったと思ったが、なんと3ランまで打たれてしまい5失点。これで試合は終わってしまった。有原は昨年と違ってここ一番での粘りがなくなってしまったようだ。やはり優勝争いから脱落してしまったことによるモチベーションが低下してしまっているのかもしれない。
d0183174_09193758.jpeg
そこにいくと堀のデビューマウンドは観ていてすがすがしかった。6回の1イニング、楽天の下位打線相手ではあったが前の打席で一発を打った聖沢を一塁ゴロに仕留めると続く打者から連続三振を奪ってデビューマウンドとしては満点に近い出来であった。
d0183174_09194511.jpeg
今回の登板は味方がビハインドな状況であったので、次回はホールドがつく場面でどんな投球をしてくれるかが観てみたいと思わせる内容であった。試合は後1本がでずに5-6で負けてしまった。
ATP1000・ロジャーズカップ2回戦に錦織圭が登場した。相手は難敵のモンフィスであった。この日の錦織はどこかがおかしかった。どこがおかしいか指摘することはできなかったがなんとなく普段の錦織とは違っていた。
第1セット、6-5とリードしてのサービスゲームをブレイクされてタイブレイクに持ち込まれてしまった。ここはタイブレイクを制したが、第2セットは5-3とリードしてから連続して4ゲームを失うと第3セットも5-3からあと1ゲームとれば勝利であったのにこのゲームをブレイクされてしまった。
d0183174_09195401.jpg
第3セットもタイブレイクに持ち込まれたが、ここで錦織は6-2とリードしてマッチポイントを得た。4回もチャンスがあるので錦織の勝利を確信したがなんと錦織、ここから連続してポイントを奪われモンフィスに大逆転負けをきっしてしまった。メンタル的な面なのかわからないが全米オープンにむけて嫌な敗戦となってしまった。
一方の女子2回戦で大坂なおみは第15シードのセバストワを6-3、6-4のストレートで破り、WTAプレミア5の大会ではじめてベスト16に進出した。
d0183174_09200379.jpg
3回戦の相手は第1シードのプリスコバである。上位ランカーに対しても臆することがない大坂なおみであるから期待がもてそうだ。

[PR]
by motokunnk | 2017-08-10 09:22 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

ロジャーズカップはじまる、そしてながさき

ATP1000・ロジャーズカップがはじまった。錦織は2回戦からの出場であるが、杉田は1回戦から本大会初勝利をかけて第9シードのゴファンと対戦した。
第1セットを6-4でとるという出だし好調な杉田であったが、第2セットは1-6で失うと第3セットも4-6で失い、善戦しながらも残念ながら1回戦敗退となってしまった。
d0183174_09093368.jpg
一方の錦織は2回戦からの出場、その2回戦の相手は難敵のモンフィスである。過去3勝無敗であるがいずれもフルセットの激戦を制しての結果である。この試合も熱戦となりそうだ。
女子の大会は別の場所で開催されているがその1回戦に大坂なおみが出場した。予選を勝ち上がっての本戦出場、1回戦は6-1、4-1とリードしている段階で相手選手が棄権して勝利した。先週の大会では初戦敗退だっただけにこの運を味方につけてほしい。
d0183174_09094331.jpg
その大坂なおみ、2回戦も突破すると3回戦は第1シードのプリスコバと対戦しそうである。
さて8月9日は長崎に原爆が投下された日である。6日に広島、そして今日が長崎、2発の原爆により日本は結果として終戦をむかえることとなった。個人的には「ヒロシマ」より「ナガサキ」に思い入れがある。子どものころ近所にナガサキ出身の人が住んでいてその人から原爆の話を聞いたことがあったからかもしれない。
そのナガサキであるが、あるとき原爆投下直後のことを書いた書籍があることを知った。『ナガサキの郵便配達』である。作者はピーター・タウンゼント(WHOのメンバーではない!)という人でマーガレット王女の旦那さんだそうだ。原爆投下直後の一郵便配達の少年が主人公の物語である。
復刻本を購入したのだが、どこに整理したか忘れてしまった。今日はこれから探し出すことにしようと思う。じっくり読み返して原爆について考えてみようと思う。

[PR]
by motokunnk | 2017-08-09 09:11 | 日記 | Trackback | Comments(0)

ウィンブルドン5日目、有原航平完投も

ウィンブルドン5日目にして日本人選手すべてが負けてしまった。まず錦織圭はバウティスタ、過去4連勝と相性はよかったはずだが芝コートとなると勝手が違ったようだ。ブレイクポイントまではいくのだが、ゲームをブレイクすることはほとんどできず、バウティスタのゲームをブレイクできたのは3セット目にはいってからであった。ブレイクしたゲームもそのひとつだけとあってはセットを奪うことも困難であった。
d0183174_09050278.jpg
結局、調子はまずまずであったこの大会だが、3回戦で敗れてしまい、またもベスト8進出の望みは費えてしまった。芝コートでの戦略を考える必要があると思えた試合であった。
続いて出場した大坂なおみ、憧れのウィリアムズ姉妹との対戦である。憧れという存在は封印して臨んだ試合、第1セットは先にブレイクを許してしまったがブレイクバックし、タイブレイクに持ち込む試合となった。
そのタイブレイクも3-0とリードしたが、勝ちを意識してしまったかそこから連続して7ポイントを失い、このセットを奪われてしまった。第2セットも先にブレイクを許し、ビーナス姉との試合は負けてしまった。
d0183174_09051104.jpg
ただ、そのビーナスは試合後「彼女はすでに自分のスタイルを持っている。私からアドバイスするようなことは何もないと思う。今日のスコアを見れば分かる」とコメントしておりすでに大坂なおみの存在を認めているようだ。
「負けて学ぶことに意味がある。プレー面よりもメンタル面で学ぶべきことがまだたくさんある」とコメントした19歳、成長は止まらないようで今シーズンの初優勝も夢ではなさそうだ。
連敗ストップをかけ、日本ハムは有原航平が先発、ソフトバンク打線に挑んだが結果は4失点での負け投手となってしまった。3回の失点の場面が悔いが残ると思う。タイムリーも追い込んでからの詰まったライト前ヒットであったし、その次の2ランも失投をとらえられてしまったものだからだ。
d0183174_09045374.jpeg
ただ失投をとらえて打つソフトバンクのこわさは本物、この勝利で今シーズン初の首位にたったようなのでこれからは昨年の轍はふまないだろうし一気にひた走りそうな勢いである。
3回、そして4回の1発を打たれなければ有原もそこそこの投球をしたのであるが、やはり最高の投球をしないとソフトバンクはおさえられないようだ。

[PR]
by motokunnk | 2017-07-08 09:07 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

ウィンブルドン3日目、日本ラグビーに暗雲?

ウィンブルドン3日目、錦織圭の2回戦の相手はスタホフスキーであった。芝の巧者であり、過去2戦2敗と相性はいいとは言えない相手だけに世界ランクは100位以下だが苦戦が予想された。
試合は第1セット第5ゲームに錦織圭がブレイクしてリードした。サービスゲームも安定しており、このまま第1セットを押し切るかと思えたが、第8ゲーム突如サービスが乱れて15-40とピンチをむかえた。30-40と挽回しチャンスボールがきてこれを決めればデュースの場面でボールはネットにかかり4-4となってしまった。
錦織は気落ちすることなく第9ゲームで積極的に攻撃をしかけてすぐにブレイクバックに成功し、第1セットは6-4で先取した。
錦織圭、調子はよさそうに見えるが凡ミスも多く、特にバックハンドのミスが目立つ。それがでたのが第2セット、お互いサービスキープを続けたが第6ゲームをブレイクされてしまう。3-5となった第9ゲーム、ここでサービスゲームをブレイクしてこのセットをタイブレイクに持ち込んだ。
タイブレイクも2-5とリードされながらも6-6と追いついたがサービスをダブルフォルト、このミスでこのセットを失ってしまった。
第3セットは第4ゲーム、第6ゲームをブレイクした錦織があっさり6-1でとり、第4セットに勝負は持ち込まれた。このセットも第2セット同様お互いにサービスゲームをキープしあって6-6とこの試合2回目のタイブレイク勝負となってしまった。
d0183174_09240299.jpg
ここで3連続ポイントをとってリードした錦織はそのままリードを守って6-5としてマッチポイントをむかえたがこのポイントをスタホフスキーに奪われ同点に追いつかれてしまった。どうなることかと思っていたらスタホフスキーにもサービスのダブルフォルトがでて錦織にマッチポイントが転がり込み、最後はスタコフスキーのバックがアウト、錦織の3回戦進出が決まった。
3時間超えの熱戦、最後は運も味方にした錦織が勝つには勝ったが容易ならざる相手であった。3回戦の相手はバウティスタ、過去4戦4勝と相性はいい相手である。油断することなく対戦してほしい。
大坂なおみも第22シードのストリコバとの試合で勝利し3回戦にすすんだ。以前の試合で新幹線というニックネームをつけてもらったストリコバであるが試合もまさに新幹線そのものであった。
d0183174_09241234.jpg
第1セットはわずか27分で6-1で先取したが続く第2セットは急停車してしまい1ゲームも奪えずに0-6で奪われてしまった。
しかし成長した大阪は第3セットにはいると立て直し、3-3からの第7ゲームをブレイクしてリードすると最後はボドライブボレーを見事に決めて6-4でこのセットを奪ってセットカウント2-1で3回戦に進出した。
そして3回戦の相手はビーナス・ウィリアムズとなった。「ウィリアムズ姉妹がいなければ私はテニスを始めていない。セリーナの方が好きだけど、ビーナスも大好き」という大坂にとっては憧れの選手との3回戦となった。こちらも全力を出してぶつかってほしい。
2019年のラグビーW杯にむけて着々と強化を進めている日本ラグビーであるがこんな懸念の声もあがっている。それは2015年までに培ってきたラグビーが見事なまでになくなってしまっている。確かにエディジャパンとジョゼフジャパンでは攻め方は違っているのは戦略として認めるがフィットネス、膝下に突き刺さる低いタックル、反則をしないディシプリン(規律)の高さなどが消滅してしまった。
d0183174_09242193.jpg
残された時間は2年しかない。このままでは2019年W杯でのベスト8入りは絵にかいた餅となってしまうような気がするのであるがどうなのだろうか。ラグビー協会も率先してこの問題に対処してほしいと思う。

[PR]
by motokunnk | 2017-07-06 09:27 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

ウィンブルドンはじまる

今年もウィンブルドンがはじまった。錦織圭を筆頭に日本人選手は男女あわせて7選手が出場する。そのうち初日にはやくも4選手が出場した。
注目の錦織圭もその一人、初戦はチェッキナートと対戦した。芝コートでの実績がほとんどない選手のようで、芝特有の攻撃もなく錦織圭が終始圧倒した。
d0183174_09354075.jpg
唯一第1セット第4ゲームで30-40とブレイクのピンチはあったが、サービスエースで切り抜けキープし、6-2、6-2、6-0で1時間12分という短時間で圧勝、2回戦にすすんだ。
その2回戦は予選勝者のスタコフスキーとの対戦が決まった。芝巧者といわれ、過去の対戦成績は錦織の2連敗である。予選決勝では伊達竜馬を破って勝ち上がってきただけにその雪辱を果たしてくれることを期待したい。
もう一人の注目選手、大坂なおみも出場した。ソリベス トルモを6-3、7-6のストレートで破り、ウィンブルドン初勝利をあげた。
ポイントは第2セット、一旦は6-5とリードし、第12ゲームで何度もマッチポイントを握ったが数度のデュースのすえにブレイクされタイブレイクとなってしまった。
d0183174_09354832.jpg
今までの大坂であれば気持ちがきれてしまってもおかしくない場面であったが、この日はモチベーションが下がることなくタイブレイクを戦い、先にミニブレイクポイントをあげて4-1とリードした。
続くサービスはポイントを失ってしまったがそこからポイントを連取して6-2とし、トータル7-3でタイブレイクを制した。大坂なおみ、2回戦の相手は第22シードのストリコバである。
日比野菜緒、奈良くるみは残念ながら初戦敗退であった。2日目はダニエル太郎がククシュキン、杉田祐一がクラインと対戦する。前哨戦でATP250初優勝(松岡修造、錦織圭に続き日本人選手として3人目の快挙)を飾りランクも44位(日本人では錦織を除くと最高位)、対戦相手のクラインとは以前ダブルスパートナーであったとか、相手をよく知っている(知られている)だけにどんな試合となるのであろうか。
プロ野球オールスターの監督推薦選手も発表されオールスターに出場予定の全選手の顔ぶれが決定した。d0183174_09355740.jpgファン投票、選手間投票で選出されなかった4球団の選手も選ばれ、12球団の選手がそろっての顔見世となるようだ。
日本ハムからは中田、大谷、近藤(残念ながら怪我→手術で辞退)の他に谷元、西川、レアードの計5選手が選出された。西川選手、交流戦がはじまるころから調子があがり気がつけが打率も3割を超え、安打数、盗塁数もリーグトップ!、このところ絶好調なだけにオールスターで自慢の快速だけでなく華麗な打撃も披露してくれることを期待したい。

[PR]
by motokunnk | 2017-07-04 09:42 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

テニスは惜敗、アイスホッケーは後1勝

フェド杯アジア/オセアニアゾーン・グループⅠの決勝が開催された。地元のカザフスタンと対戦した日本は第1試合で大坂なおみが第1セットを取られてしまったが、第2、第3セットは気力を充実させて連取して勝利、グループ突破へ後1勝となった。
d0183174_09212517.jpg
しかしカザフスタンも粘り、土居美咲は第1セットをタイブレークの末に落とすと第2セットも2-6で失い、勝負はダブルス戦に持ち込まれた。ダブルスも3-6、6-7でカザフスタンに負けてしまい、2年連続して決勝で負けてワールドグループⅡ部プレイオフ進出はならなかった。
大坂なおみは初出場ながら3試合でその実力を如何なく発揮し、今後の成長が期待できることが今回の成果であったのではないだろうか。
平昌五輪へ向けてスマイルジャパンが快調に連勝し出場に一歩近づいた。昨日行われたフランス戦、立ち上がり2分過ぎに先制点をあげた日本はその後、フランスの攻撃をGKを中心とした守りでしのぎ第1Pを終えると、第2Pも立ち上がり3分半に追加点をあげ2-0とリードした。
しかし反則退場で1人少ない状態での守備が多かったスマイルジャパンはその間に1点を失い、第2Pはどちらかというと防戦一方の展開であった。
d0183174_09210731.jpg
第3Pも反則退場の悪い流れが続いてが、ここをしのぎ切ると、13分に待望の追加点がはいり、結局4-1でフランスを撃破し五輪出場まであと1勝にせまった。ドイツに勝てば2大会連続の五輪出場が決定する。
WRC第2戦ラリー・スウェーデンのデイ3、なんとトヨタのラトラバが首位にたった。デイ3を首位で順調に飛ばしていたヒュンダイのヌービルが最終のスーパーSSでなんとコンクリートブロックにマシンをヒットしてしまい走行不能のアクシデント、そのままリタイアとなってしまった。
これで2位につけていたラトラバが首位、ただ2位とのタイム差は僅差であり、最終日の結果如何では逆転される可能性もあるので油断は禁物だ。
d0183174_09211793.jpg
「昨日に続き、今日も良い1日となりました。マシンはごく小さな問題こそ生じましたが、特に大きなトラブルはありませんでした。コース上に降り積もった雪で路面はかなり滑りやすく、特にダウンヒルセクションでは、パンクをしたのではと錯覚するほど、コントロールが難しく感じられました。午前中はスペアタイヤを2本搭載して走ったのですが、ロングコーナーでオーバーステアが強く感じられ、スペアタイヤを1本しか搭載していなかったライバルに対し苦戦しました。1本積みに変更した午後はペースを上げることができましたが、スタッドタイヤの摩耗に苦しみタイムを失ってしまいました。とはいえ、マシンもチームも日々どんどん良くなっています。明日の最終日はとても重要な1日なので、ベストを尽くして戦いたいと思います。」とラトラバは話している。デイ4はあくまで無理せず完走狙いで走ってその結果が優勝であってほしい。
ラグビーも熱い。2月11日に開幕した「ブリスベン・グローバル・テンズ」、日本から唯一参加しているパナソニックが熱い戦いを魅せている。ワラターズを15-5、レベルズを17-12とスーパーラグビーのオーストラリアチームを続けて下し、決勝トーナメント進出に大きく近づいた。
今日の予選最終戦の相手はチーフス、スーパーラグビーの優勝経験もある強豪チーム、「相手はスーパーラグビーで優勝しているニュージーランドの王者。今日のことはリセットして、また一から臨みます」とはロビー・ディーンズHCの話だが、一泡ふかせて決勝トーナメントに進出してほしい。

[PR]
by motokunnk | 2017-02-12 09:23 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

大坂完敗そしてジョコビッチも敗退、高梨50勝なるかW杯蔵王大会

全豪オープン2回戦、大坂なおみは2回戦で格上相手に完敗であった。ただ見せ場はあっただけに第1セット第8ゲームのブレイクポイントをゲットしていれば全く逆の結果となっていたかもしれない。
d0183174_08394464.jpg
負けて実力をのばすこともあり、この敗戦は大坂なおみにとっていい経験となったことであろう。男子2回戦では大波乱があった。あのジョコビッチが敗れてしまった。
ワイルドカード出場の世界ランク117位、ウズベキスタンのデニス・イストミンにフルセットの末に敗退である。ジョコビッチの4大大会での2回戦敗退は2008年のウィンブルドン以来。また全豪では06年以来となる。
昨年前半までの驚異的な勝率はどこへ行ってしまったのだろうか。最近のジョコビッチはちょっとおかしいような気がする。
地元で余計なプレッシャーを感じてしまったのか、高梨沙羅のW杯50勝目はお預けとなって2戦が経過した。そして今日から蔵王大会がスタートする。その公式練習(予選を兼ねた)が昨日行われた。d0183174_08395332.jpg
1回目が98.5m、2回目が96.5mと連続でK点越えを果たすと、最後の3回目はヒルサイズとなる103mの大ジャンプを披露した。蔵王は2012年3月にW杯初優勝を飾った思い出の地でもあり復活の大ジャンプを期待したい。
公式予選の結果、今日の本戦には予選免除の高梨沙羅、伊藤有希を含めて6人の選手が出場することとなった。ジャンプは午後5時スタート(錦織の3回戦とダブってしまった!)である。
WRC第1戦、ラリーモンテカルロがはじまった。初日はナイトセッションのSSが2本と各チーム、ドライバーの腕ならしのようなセッションであるが、なんとヒュンダイのパッドンがクラッシュしてしまいSS1はキャンセルとなってしまった。こちらも波乱の幕開けとなってしまったがトヨタの2人のドライバーの活躍に期待したい。
そして明日からNHKでは大河ファンタジー「精霊の守り人」シーズン2がはじまる。今回のシリーズはチャグムも成人しており、バルサと別々に行動して物語が進行していくようであり楽しみな展開となりそうだ。
d0183174_08400110.jpg
悲しき破壊神とサブタイトルされているように、アスラという一人の少女を守っていくことがこのシリーズのバルサの役割となってくるようである。原作を読んでいても楽しめるストーリー展開となりそうである。

[PR]
by motokunnk | 2017-01-20 08:43 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

大坂なおみが2回戦進出、日本ハムの新スローガン

大坂なおみがフルセットの激戦を制して全豪オープン2回戦に進出した。昨年は予選から勝ち上がって3回戦まで進み、大坂なおみの名をテニスファンに浸透させた大会、今回は1回戦からの出場であった。
ワイルドカードで出場したタイ選手に苦戦、第1セットは両者サービスキープのタイブレイクのすえに失ってしまった。第2セットも苦戦は続き、先にブレイクするもののブレイクバックされるなどこのセットは苦戦しながら6-4で奪い返すと、第3セットも激戦は続いて最後は7-5でからくも勝利した。
d0183174_08555230.jpg
どうも格下相手の試合の場合、大坂なおみは苦戦するようだ。2回戦の相手は第9シードのコンタである。前哨戦を優勝して乗り込んでいるだけに調子はよさそうだが、全力でぶつかってほしい。
西岡良仁も1回戦を突破した。こちらは2015年全米オープン以来の4大大会の勝利である。昨年は怪我に泣かされただけにこの勝利は本人にとっても格別のものだと思う。
今日は錦織圭が2回戦に登場する。勝利をあげて3回戦に進んでほしい。
日本ハムが2017シーズンを戦うチームスローガンを発表した。2016シーズンは「爆ぜる」であったが新スローガンは「F-AMBITIOUS」(ファンビシャス)、クラーク博士の名言「Boys,be ambitious」とファイターズのFを組み合わせた造語だそうだ。
d0183174_08560063.jpg
クラーク博士のこの言葉が残されて今年がちょうど140年目となるそうなのでこの言葉をかね、歴史に残る活躍をしてもらうためにこのスローガンを決めたという。なんとも壮大な考え方のような気がする。
また春季キャンプメンバーも発表された。中田翔は国内キャンプ、WBCメンバーも増井、宮西が国内を選んでいる。WBCに向けてのためと思われるが、大谷、大野はアリゾナでキャンプとWBC組みでキャンプ地が別れてしまった。
今年の新人では石井一成がアリゾナキャンプに新人として唯一選ばれている。期待の高さがうかがえると思う。
昨日、明治神宮に野鳥を観にでかけたが、北の池は氷が張られており、野鳥の姿は遠く、常緑樹が湖面にせりだしているところに固まっていた。
d0183174_08560846.jpg
帰路、参道の傍らでエサを探す野鳥の姿を見かけたが、そばに近づいても逃げもせず、一心にエサを探しているのにはちょっと驚いてしまった。

[PR]
by motokunnk | 2017-01-18 08:57 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

大坂棄権、トップリーグ終盤戦、そしてスーパーボールへ向けて

ASBクラシックの準々決勝、大坂なおみまさかの棄権敗退であった。同年代のコニュとの対戦ということもありどんな試合をするのか期待していたが、0-3とリードされたところで手首の故障でリタイアした。
d0183174_08544510.jpg
全豪オープンを控えているだけに怪我の状態が心配だが、軽症であることを念じるしかない。陣営も次の大舞台を想定しての棄権判断であったのではないかといい方向で考えることとしよう。
ラグビートップリーグも残すところ後2週、直接対決を勝利し、優勝に一歩前進したサントリーであるが、明日の試合は東芝である。
すでに先発メンバーが発表されているが、東芝は大野均が先発メンバーに名を連ねている。現在7位といつも優勝争いをするチームにとっては不甲斐ない順位であるが、連敗後2連勝と調子は上向いており、ここでサントリーを倒してリーグを盛り上げてほしい。
そしてNFLもレギュラーシーズンが終り、プレイオフ進出の12チームが決定、今週末からスーパーボールに向けての戦いがはじまる。
d0183174_08543638.jpg
ドルフィンズも久しぶりのプレイオフ進出であり、ワイルドカードプレイオフでスティーラーズと対戦する。エースQBのタネヒルの状態であるが意外と順調に回復しているらしく、ワイルドカードプレイオフからの復帰もささやかれていた。
d0183174_08545304.jpg
復帰はならないようだが、ここはチーム一丸となってスティーラーズに勝ち、ディビジョナルプレイオフへ勝ち進んでほしい。試合は日本時間9日早朝に行われる。

[PR]
by motokunnk | 2017-01-06 08:56 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)