タグ:大谷翔平 ( 146 ) タグの人気記事

価値ある1発大谷20号、トップリーグ第1節は好試合続出

ディゲームでソフトバンクがロッテに大勝しており、この試合に負けるとチームの勢いが止まってしまう危機をむかえた日本ハムは敵地での西武戦であった。この日も体調不良で前日の試合を欠場した大谷翔平はベンチスタートであった。代役は近藤であるが昨年のチーム首位打者には昨年の輝きが今ひとつなところが懸念材料である。
さて日本ハムの先発は高梨、西武先発は高橋光成であった。初回から日本ハムは高橋光成を攻めて二死満塁まで攻め込むが無得点に終わってしまった。
先制点は日本ハム、2回二死から不振の中島が中前ヒットで出塁し、ワイルドピッチの間に二進、陽岱鋼のライト前ヒットで先制のホームを踏んだ。
しかし先発の高梨が不調であった。先制直後に3連打であっさり同点に追いつかれると続く3回には連続四球で無死1,2塁とピンチをつくってしまい浅村に勝越し2塁打を打たれてしまった。この後犠飛で1点を追加され1-4とリードを拡げられてしまった。
日本ハムにとって嫌な流れである。ただ試合の流れは守備からという言葉もあり、4回の高梨は西武を三者凡退に片付けた。そして5回表の大反撃へとつながっていった。この回先頭の近藤が内野安打で出塁すると、中田もレフトに運んで無死1、2塁とし田中賢介は1塁ゴロ、併殺かと思われたが遊撃手が捕球ミスして無死満塁のチャンスとなった。
ここで初回に三振しているレアードの登場である。2ボール後の甘い直球を強振した打球はレフトスタンドにとどくグランドスラム、この一発で5-4と試合をひっくり返すとともに流れも一気に呼び寄せた。
5回裏、西武も安打で無死1塁と反撃のチャンスをつくるが盗塁失敗で高梨を立ち直らせてしまった。6回一死1塁でマウンドは石井にチェンジ、石井が後続をおさえて、宮西、谷元と無失点リレーで勝ちパターンの試合を作り上げていった。
ただ1点差ゲームはなにがおこるかわからない。9回一死から大谷が代打で出場した。2ストライクを取られるまでは長打を狙っていたという大谷は3球目を強振するとバックスクリーンに飛び込む20号ホームランとなり、試合を決定づけた。中田にも18号がでて3安打の活躍となった。
d0183174_09151803.jpg
まだまだ続くソフトバンクとの首位攻防であるが、ロッテが5連敗、4位の楽天が逆転勝ちをおさめたので楽天にも自力で3位となる可能性がでてきた。6連勝を目論んで挑んだ日本ハム、ソフトバンク戦であったがここまでは5連敗、最後の試合に意地をみせられるであろうか。
ラグビートップリーグの第1節残り6試合が行われた。金曜日の2試合が1点を争う好ゲームだっただけに6試合にも期待していたがいずれの試合も好ゲームであった。d0183174_09152789.jpg
注目していた東芝対クボタは1点を争う試合となり、前半を10-8とリードして折り返すと後半一旦はクボタに10-14と逆転されるがWTB松岡の活躍もあり最後は23-20でクボタに勝利、幸先のよいスタートをきった。
この試合はリオ五輪で大活躍した7人制ラグビー日本代表の徳永がフル出場したほか、SOには新人の田村が出場、後半16分、技ありの飛ばしパスで逆転のトライを演出するなどの活躍であった。この田村、日本代表で田村優の弟だそうだ。昨日はNECは負けてしまったが、兄弟そろっての活躍がみられそうだ。
8試合行われた第1節、そのうち4試合が7点差以内の好ゲームであった。NHKも試合を生中継するなど2019年W杯にむけてラグビー界は視界良好のようである。

[PR]
by motokunnk | 2016-08-28 09:18 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

再び接近、全米オープンの錦織は第6シード

首位攻防戦を1勝2敗と負け越してしまった日本ハムだが、3戦目を勝利したことで勢いはついたようだ。昨日から唯一負越しているロッテとの3連戦、おまけに1度もカード勝越しがないQVCマリンでの一戦であり、ロッテの先発はこれまた苦手のスタンリッジであった。しかし日本ハムの初回の攻撃は見事であった。西川が内野安打で出塁すると、杉谷が送って一死2塁のチャンスを作り出す。そして大谷翔平はフルカウントからの内角球を腕をたたんでライト前へクリーンヒットし先制点を奪取した。二死1、2塁とエラーもありチャンスが継続して陽岱鋼がライトに3ランをはなち、速攻で4-0とリードした。
d0183174_08513726.jpg
日本ハムの先発バースは立ち上がり連打で一死1、2塁のピンチを招くも次打者を併殺に打ち取りまずまずのピッチングであった。しかし2回に中島に待望のヒットがでた後はスタンリッジに抑え込まれてしまい、3回以降は四球、エラーでランナーは出したが無安打に抑え込まれてしまった。
一方、バースも調子はよくなくヒットでランナーをだしてしまうが、失点は2回の1点のみで何とかロッテ打線をおさえこみ、7回からは石井、谷元、宮西とつないで4-1でロッテに勝利した。苦手意識を払しょくしたとはいえない勝利ではあったが、大谷の非凡な打撃センスにはビックリした。打線が湿りがちな日本ハム、DHでの大谷は必要なコマのひとつとなっているようだ。先発復帰は当分先のこととなりそうな気がする。
地元にかえったソフトバンクであったが、楽天に惜しい星を落としてしまった。武田が先発したこの試合、2点を先制されてしまったが、1点また1点と反撃して同点で9回をむかえた。このでマウンドにあげったサファテが誤算であった。連打で無死1、2塁のピンチを招いてしまう。松井、藤田と打ち取るが島にヒットを打たれ、二死満塁となって島内に決勝の内野安打を打たれてしまった。
おまけにサファテも打球を取りに行く際に足を滑らせて転んでしまい、今日の登板は無理そうである。検査結果は24日ということだが、打線が日本ハム同様不振なだけにここにきての守護神離脱は痛い。
さて日本ハムであるが、マジック点灯の可能性があるそうだ。24-26日に3連勝し、ソフトバンクが3連敗するとマジック25が点灯するという。一方ソフトバンクが24、25日に連勝して日本ハムが連敗か1敗1分け、ソフトバンクが1勝1分けか2分けでも日本ハムが連敗すれば、マジック27が点灯するという。いずれにせよマジックなど気にせず目の前の試合に全力で取り組んでほしい。
29日からはじまる全米オープンのシード順が発表された。リオ五輪銅メダルのあと、ATPマスターズ1000のW&Sオープンは3回戦敗退であった錦織は第6シードとなった。
第1シード:N・ジョコビッチ、第2シード:A・マレー、第3シード:S・ワウリンカ、第4シード:R・ナダル、第5シード:M・ラオニチ、第6シード:錦織圭、第7シード:M・チリッチ、第8シード:D・ティエムが上位である。果たして2014年のように決勝まで進出することはできるのであろうか。

[PR]
by motokunnk | 2016-08-24 08:53 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

素晴らしい記録と順位、男子400mリレー、日本ハムは連敗

リオ五輪陸上男子400mリレーはまさしく鳥肌のたつレースであった。予選結果から日本チームのメダル獲得は可能性があると思われた。
そして決勝、日本はジャマイカの隣の5レーン、アメリカは3レーンであった。日本の4選手はスタートが抜群の山縣が第1走者、中間走が速い飯塚が第2走者、カーブワークが得意な桐生が第3走者、そして勝負強いケンブリッジがアンカーと4選手がそれぞれの特徴を活かした順番で臨んだレースであった。
d0183174_09080240.jpg
実際に結果をみると4選手がベストをだしていたことがわかる。誰と言わずに4人の総合力が銀メダル獲得の原動力であった。そして結果としてアメリカは失格となってしまったが、実力でアメリカに勝利したことは大きいと思う。
ボルトが引退し、100mは混戦が予想される。その中での400mリレー2位は東京オリンピックでのメダル獲得を予感させる。
100mファイナリストなし、9秒台の選手ゼロの日本チームではあるが、4年後にはオール9秒台、ファイナリストも複数名で400mリレーに挑んでほしい。
ソフトバンクとの直接対決で日本ハムはまさかの連敗である。昨日の試合、高梨が我慢のピッチングで6回1失点におさえて降板するとその裏、大谷翔平が魅せてくれた。低めの球をちょんとあてた打球は右中間中段のスタンドに吸い込まれて行った。
d0183174_09081013.jpg
打たれたソフトバンクの千賀も驚く一発であった。失投ではない、どちらかといえばいいコースをついた投球であったと思う。その球をスタンドまで運ぶ大谷翔平は別次元の選手といえる。
2-1と逆転した日本ハムであったがリリーフの宮西が再逆転の一打を打てれて2-3で負けてしまった。今日負けるとソフトバンクにマジックが点灯してしまう重要な一戦、大谷翔平の大活躍が期待される。

[PR]
by motokunnk | 2016-08-21 09:09 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

7月の日本ハムは連敗ゼロ、米民主党大会では

首位を追いかけるチームにとっての避けなければいけないことは連敗しないことである。その意味で昨日の西武戦は重要な試合であった。西武の先発は岸、7月に入り2連勝と好調である。
岸に対して日本ハムは勝ってはいるがいずれも苦戦しての勝利、特に前回6月27日はこの試合と同じメンドーサ対岸の対決であった。先にメンドーサが攻略され、3-7とリードされてしまった試合であった。
7回に大逆転したものの岸を打ち崩したイメージはなかった。立ち上がりの岸は制球もよさそうでまずまずの投球であった。一方のメンドーサもまずまずの序盤であった。
試合が動いたのは2回、一死後大谷が出塁すると二死となってから岡がヒットでチャンスを拡大(岡は岸との相性がよいようでプロ入り初ヒットを岸から打っているという)、二死1、2塁から大野がレフトにタイムリーを放って先制した。
一方の西武は3回に連打で無死1、3塁のチャンスをつくったが、後続が三振、併殺に倒れメンドーサは無失点におさえた。この日の西武は攻撃がチグハグで日本ハム守備陣に合計5併殺をきっしてしまった。
ピンチの後にはチャンスありの格言通り、4回に中田、大谷の連続2塁打で2-0とリードを拡げた日本ハムであったが、その裏に中村のタイムリーで2-1とされてしまった。
試合は小康状態となり、7回からは両チームともブルペン陣の勝負となった。谷元、宮西、マーティンと無安打リレーをした日本ハムに対して西武は野田、大石までは無失点に切り抜けたがセットアッパーとして安定した投球を魅せていた牧田からレアードが値千金の26号をはなって待望の3点目をあげ、最終回にも陽岱鋼の犠飛で4点目、これで勝利を決定づけた。メンドーサはこれで7勝目、2年連続しての2桁勝利が実現しそうなここ数試合の好投劇である。
d0183174_09082733.jpg
d0183174_09083504.jpg
20打席以上ヒットがでなかった田中賢介であったが、第3打席にレフト前に運ぶとそこから3安打で猛打賞、完全復活を印象づけた。大谷翔平も3安打と打撃は好調を維持し、打点も自身過去最高を記録した。最近不調だったレアードにも1発がでて打線はどこからでもチャンスがつくれそうな気配である。
そして今日の先発は吉川である。吉川といえば開幕直後の西武戦で序盤に8失点してしまった嫌な思い出が頭をよぎる球場である。
ここ数試合も投球内容は決して安定しているとはいいがたいがここは打線が先制して吉川をリラックスさせる試合展開がベストであろう。
米国では民主党大会がはじまり、予備選挙で戦ったサンダース氏がクリントン氏の応援演説をした。共和党のクルーズ氏は大会で演説はしたがトランプ氏を応援するとは決して言わなかった。これに対してサンダース氏はクリントン氏を応援し、トランプ氏を打倒しようという文言をいれて明確にクリントン支持を明らかにした。
サンダース氏を応援した支持者の中にはトランプ氏に投票すると意思表明している人も多くあり、民主党としては結束してクリントン氏支持を表明したものの支持者の囲い込みは11月までの課題として残りそうだ。
クリントン氏が大統領となるには、サンダー氏を支持した人をどれだけ多く取り込めるかにかかっていそうである。

[PR]
by motokunnk | 2016-07-27 09:10 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

大逆転のシナリオへ、そして木曜時代劇はなくなったが

1か月前には考えられなかったことである。パリーグで首位を走るソフトバンクの勢いに陰りが見え始めてきた。2位で猛追する日本ハムの勢いが止まらない。
10ゲーム以上も離されていた日本ハムだが、オールスター前に6ゲーム差とし、昨日の試合前には4.5ゲーム差に詰め寄った。そして昨日は帯広でのディゲームであった。
ここで勝利してナイターで行われるソフトバンクにプレッシャーをかけたいものであったが、先発の吉川がピリッとしない投球であった。また足を絡めた攻撃も2盗塁死、1牽制死とチグハグであった。それでも2-1とリードはしていたが5回に吉川が捕まった。
無死から連打され1、3塁のピンチとなりそうだったが、好連携で一死3塁としたまではよかったが、リリーフした白村がタイムリー、そして一発をあびて2-3と逆転されてしまった。前半のチャンスで拙攻を繰り返してしまったつけがきてしまったような展開であった。
d0183174_08421636.jpg
ただこの流れを引き戻す力が今の日本ハムにはあった。5回裏に中島が2塁打で出塁すると、二死1、3塁から中田が同点タイムリー、続く大谷が決勝3ランを放って試合を決定づけた。レアードのエラーによる出塁でチャンスを拡げ最後は岡のタイムリーで一挙5点のビッグイニングとしてしまった。
後は自慢のブルペン陣が試合を引き締めて結局9-3で楽天を撃破、後半戦を連勝して幸先のよいスタートとなった。ナイターで行われたソフトバンクの試合はソフトバンクが勝利し、ゲーム差は4.5のままであったが7月に入って1敗しかしていない日本ハム、15連勝のあとの大型連勝も期待できそうな勢いである。
木曜日といえば、NHKの木曜時代劇を楽しみにしていたがどうやら当分はお休みのようである。かわりにといってはなんだが、テレビ朝日で面白そうなドラマがスタートする。
d0183174_08422445.jpg
「女たちの特捜最前線」というタイトルだそうで、おばさん3人衆が事件を解決していくストーリーのようだ。予告編をみる限り、なかなか脇役もそろっており面白そうである。

[PR]
by motokunnk | 2016-07-21 08:44 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

スーパーラグビー上位8チーム決定、オールスター第2戦、そしてMotoGP

スーパーラグビーはあっという間に17週のシーズンが終了し、上位8チームによる決勝トーナメントがスタートすることとなった。特にニュージーランド地区は各チームとも接戦で上位4チームがすでに決勝トーナメント出場を決めていたが順位は最終戦、そしてその4チームの直接対決に持ち越された。
その結果、先週まで下位だったチームがそれぞれ勝利し、最終的にはハリケーンズが地区1位となり、準々決勝のホーム開催権を獲得した。チーフスは昨年の覇者ハイランダーズに敗れ地区3位での決勝トーナメント出場となってしまった。22日からスタートする決勝トーナメントも迫力ある試合が観れそうで楽しみである。
オールスター第2戦が横浜スタジアムで開催された。第1戦のホームランダービーで優勝した大谷翔平の連続優勝に期待したが、決勝に進出するもメヒアに敗れ準優勝に終わってしまった。
さて試合はまたまたセリーグが一発攻勢で試合をリードした。2回は筒香、そして3回は丸の一発であった。0-3と序盤で3点差をつけられてしまった。連敗(昨年のオールスターもパリーグは2連敗)をストップしたいパリーグは大谷翔平がその口火をきった。ロッテ戦で指を負傷してこのオールスターは特例措置で野手で出場している大谷の第2打席、初球を振りぬきレギュラーシーズンと同じ放物線を描いた打球はバックスクリーン左へ。自身のオールスター第1号はまたまた観衆の驚く一発となった。
レアードが2塁打で続き、浅村がライトスタンドに同点弾、これで3-3の同点に追いついた。7回も大谷がチャンスメイク、先頭打者でヒットを打ち出塁すると、今宮のラッキーな内野安打でホームを駆け抜け、4-3とリードした。
パリーグの抑えは有原航平であった。初出場の有原は山田はアウトに仕留めたが売り出し中の広島・鈴木に2塁打、阪神・原口にも連続2塁打を打たれ同点に追いつかれてしまった。そしてなんとヤクルト・大引にもタイムリーを打たれて4-5とセリーグに逆転を許してしまった。
しかしパリーグはあきらめなかった。8回二死1、2塁のチャンスでまたまた大谷の登場である。このチャンスに見事にライト前にヒットをはなって5-5の同点に追いついた。
有原は7回の投球とは別人のような投球で8、9回を完ぺきにおさえて第2戦は5-5の引き分けに終わった。
d0183174_09101341.jpg
試合のMVPは大谷翔平であった。今年のオールスター、終わってみれば話題を独占したのは大谷翔平であったようだが、日本ハム選出の5選手もそれぞれ役割をきっちり果たしたと思う。18日から始まる後半戦での活躍を期待したい。
MotoGP・ドイツGP、Moto2クラスでは中上貴晶が3年ぶりとなるポールポジションを獲得した。前戦のオランダGP初優勝のいい流れを引き継いでいるようである。
d0183174_09100430.jpg
「3年ぶりにポールポジションを獲得できたので、すごくうれしかったです。昨日、ポールポジションを獲りたいと言っていましたし、それを果たせたこともよかったです。正直、今日は、いろんな選手にマークされて、走りづらかったのですが、最後の最後にいいスペースを見つけることができ、ベストタイムを出せました。今日はコンディションがよくなり、午前中のフリー走行では、リヤのグリップをうまく出せず2番手へとポジションを落としました。そのため、ホイールベースを短くして、それでリヤのフィーリングを感じられるようにしたこともよかったです。明日は初のポール・トゥ・ウインを目指したいです」
コメントにもあるように今日の決勝、自身初となるポール・トゥ・ウィンを期待したい。

[PR]
by motokunnk | 2016-07-17 09:12 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

NPBオールスター、HR競争は史上初の出来事、サンウルブスの挑戦、2連勝へ好発進

NPBオールスター第1戦がヤフオクドームで開催された。試合前にはオールスターで恒例となっているホームラン競争が行われ、ファン投票で選出された4選手(山田、筒香、柳田、大谷)によるホームラン打ち合い合戦がはじまった。
準決勝の組み合わせは筒香vs柳田、山田vs大谷である。最初に登場した筒香は投手に指名した同じDeNAの戸柱(初出場なので制球が定まらなかった)の投球のまずさからまさかの実績ゼロに終わり、柳田が1本スタンドインしたところで柳田の決勝進出が決定した。第2試合は大谷が先に打つこととなった。最初のスイングでスタンドインしたので気が楽になったとみえ、スタンドイン連発であった。合計6本であったが、ホームランテラスに助けられたのはライナーで飛んだ1本のみ、その他は打った瞬間にホームランとわかるすべてスタンド中段まで飛ぶものであった。
d0183174_09130274.jpg
山田も合計5本のホームランを放ったが1本及ばず、決勝の組み合わせは柳田vs大谷のパリーグ同士の争いとなった。先に打った柳田が2本だったので、大谷楽勝かと思ったが、なぜか力んでしまったようで5スイング連続してスタンドインはなく、6スイング目で初めてのスタンドインとなった。ここから異次元の風景を観ることになった。
1回しくじって後がなくなった状態でライトスタンド中段への1発で両者タイに持ち込むと最後のスイングはセンター方向への打球であった。これが中段までのび、大谷翔平初出場で初優勝の栄冠に輝いた。大谷翔平の非凡な才能を改めて認識させてくれたホームラン競争であった。
スーパーラグビー、サンウルブスの最終戦の相手はシャークスであった。シャークスの連続トライ(&ゴール)で0-14とリードされてしまったが、15分にトライを奪い7-14と追い上げた。しかしその後、シャークスに7-21と突き放されてしまうがこの日のサンウルブスは気合いの入り方が違い、連続してトライをあげ19-21と追い上げ前半を終了した。後半にはいり、シャークスにトライを奪われて19-28とリードを拡げられるが、田村のPGで22-28と6点差に詰め寄った。7点差以内の敗戦はボーナスポイントが得られるので、キングスを抜いて南アフリカ地区の最下位脱出も視野にはいった。しかし善戦もここまでであった。後半30分過ぎに立て続けにトライを奪われ22-40とされてしまった。
d0183174_09131101.jpg
最後にサンウルブスは意地を魅せ、トライをとったが結局28-40で負けてしまった。これで参戦1年目は1勝止まりに終わってしまったが、この日はW杯組でチームを牽引した堀江、立川が欠場した中での善戦であった。
確実にチーム個々人のスキルはアップしていると思われるので今秋の欧州遠征は期待が持てそうである。
MotoGPドイツGPが開幕した。オランダGPでMoto2クラス初優勝した中上貴晶の調子がいいようで、フリー走行1、2回目ともトップタイムをマークした。
d0183174_09153463.jpg
「このサーキットは右コーナーが非常に少なく、転倒は絶対に避けたかったので、周回ごとに少しずつタイムを上げていくように心がけた。最終的にFP1、FP2ともトップタイムで終えることができたが、限界まで攻めていないので、ポテンシャルにはまだかなりの余裕があると思う。明日もこの調子を維持して、予選ではポールポジションを狙いたい」
とのコメントにもあるようにまだまだタイムは短縮できる可能性を残している。2戦連続優勝へ向けての視界は良好のようだ。

[PR]
by motokunnk | 2016-07-16 09:18 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

中国の主張通らず、日本ハムの連勝ストップ、大谷がHRダービー選出

南シナ海を巡り、フィリピンが申し立てた国際的な仲裁裁判でオランダにある仲裁裁判所はフィリピンの申し立てを全面的に認める判断をくだした。
前々から中国は今回の決定如何に関わらず、南シナ海の主権はゆるぎないとの主張をしてきており、今回このような判断が下されることを予期していたようだ。
d0183174_08580166.jpg
ということは中国も「九段線」と呼ばれる境界線の内側に「主権」や「管轄権」、それに「歴史的権利」がある、「この海域や資源に対して歴史的に排他的な支配をしてきた」ということは作り話であることを認めていたことになる。
仲裁裁判所はさらに、中国が最近行った大規模な埋め立てや人工島の造成は、仲裁手続き中に紛争を悪化させたり、拡大させたりしないという義務に反すると警告を発した。
法的には中国の南シナ海に関する行動を制約することはないが、国際世論からみれば明らかに自国の利益優先行動を中国が行っているわけで今までのような横暴な行動は控えなければいけなくなりそうだ。ただ中国国内には新疆ウイグル自治区など、問題をかかえる地区が多くあり今回の判断は打撃を与えそうだ。
日本ハムの連勝が15で止まってしまった。不振だった主砲の中田に150号の逆転弾がでて3-2と試合をリードする場面があっただけに残念な結果となってしまった。
しかし連勝はいつかは止まるもの、止まってしまった次の試合に連敗しないことが重要であり、今日の先発予定の斎藤佑樹は心してマウンドにあがる必要がある。今日の結果に注目だ。
注目と言えば、NPBオールスターのホームランダービー出場者ファン投票の結果が公表された。なんとパリーグでは大谷翔平が2試合とも選出された。ヤフオクドームの第1戦はソフトバンクの柳田に続く2番目の得票数であったが、第2戦の横浜スタジアムでは堂々の1位選出である。
「オールスターゲームにはピッチャーとして選出されていたので、ホームランダービーに出る資格があるとは思っていませんでした。びっくりしましたが、ファンのみなさんに投票していただき、選ばれたことをうれしく思います。ホームランダービーにもいつかは出たいと思っていたので、しっかりと準備をして、みなさんに楽しんでいただけるように頑張ります」とコメントしている。
何本のホームランがでるか、試合前から注目である。心配されている中指の怪我は打撃には影響ないそうだ。そして怪我の状態もオールスター欠場ほどひどくなく、出場できる方向で調整されているとのことである。週末が楽しみである。

[PR]
by motokunnk | 2016-07-13 08:59 | 日記 | Trackback | Comments(0)

日本ハム奇跡連発14連勝、そして選挙

参議院選挙が行われた。私は午前中に投票をすませたが、投票所は空いており待たずに投票することができた。
d0183174_09315542.jpg
そして午後は日本ハムの14連勝実現の瞬間をみようとTV観戦した。
ロッテの先発はスタンリッジ、この投手は日本ハム戦は好投しており試合も投手戦となるだろうと思っていた。しかし初回、大谷は明らかに不調にみえた。いきなり先頭打者にストレートの四球、一死後に連打をあびて一死満塁のピンチである。
このピンチを犠飛の1点におさえたのはラッキーであった。大谷は2回にも下位打線に連打され一死1、2塁とピンチを招いたが、遊直の併殺に切り抜けたのが大きかった。この後は悪いながらもロッテに追加点を与えない投球であった。
一方の打線も徐々にチャンスは作っていくがあと一本がでない展開で試合は7回を迎えた。一死後に死球を与えて出塁を許すと、続いて今度は四球を与えて一死1、2塁のピンチを作ってしまった。ここで大谷翔平、中指のマメをつぶしてしまったようで降板である。
ただ後を引きついtだリリーフが二死後に連打をあびてしまい4失点、0-5とリードを拡大されてしまった。残る攻撃のチャンスは3回、5点差を逆転するには厳しいと誰もが思った。しかし今年(最近)の日本ハムは違っていた。一死後に大野が粘って四球を選ぶと、岡が初球を打つと打球はレフトスタンドへ吸い込まれて今シーズンの初ホームランがうまれた瞬間であった。
d0183174_09312408.jpg
このところ一時の好調さが下向きだっただけに本人にとってもうれしい一発だったと思う。これで息を吹きかえした日本ハムは西川から中田までの4連打で4-5と1点差に追い上げて試合をわからなくした。しかし一死1、2塁で同点のチャンスに続く期待の田中賢介、レアードが凡退してしまったことは痛かった。
8回はロッテ、日本ハムともチャンスをつくるが得点までにはいたらず9回、日本ハムは宮西をマウンドに送った。勝ちパターンの投手を送り込むことで士気を高める狙いかもしれない。期待に応えて宮西は3者凡退で最後の攻撃に。
ロッテのクローザーは西野である。今シーズンは3勝5敗と好調とはいえない成績、そして日本ハムはクリーンアップ、期待がこてる打順であった。そして先頭の陽岱鋼の打球はライトフェンス一直線であったが、ファインプレイにはばまれてしまい、中田も遊ゴロで二死となり打席には田中賢介、誰もが敗戦を感じた一瞬であった。フルカウントまで粘った田中賢介の打った会心の打球はライトスタンド前列に飛び込む同点アーチであった。
d0183174_09313488.jpg
起死回生の一打とはまさにこのことをいうのであろうと思える一打であった。これで14連勝のチャンスはうまれた。延長にはいってから日本ハムが押し気味に試合を進めるが得点をあげることはできずに12回の攻撃をむかえた。無得点に終わっても引き分けで14連勝のチャンスは継続であるが、札幌移転後主催試合500勝達成はオールスター明けまで持ち越しである。
先頭打者はレアードであった。3-0となった瞬間、前日のことが思い出された。有利なカウントではフルスイングするレアードである。3-0からはスイングミスしてしまったが、続くボールをジャストミート、打球はレフトスタンド前列に飛び込むサヨナラアーチとなった。
まさに神がかり的な一発であった。これで14連勝達成と同時に札幌移転後の主催試合通算500勝達成である。試合開始が午後2時で修了が午後7時過ぎ5時間以上になる熱戦を制した日本ハムの力の凄さに魅入ってしまった。
d0183174_09314794.jpg
オールスターまで後3戦も連勝街道を驀進していきそうであるが、油断は禁物、今日のオリックス戦は満を持して吉川が先発する。オリックスも西武に連勝しているだけに要注意である。
さて参議院選挙の開票速報を引き続き観ていたが、投票締め切り直後から当選確実者が多数発表され、自公が大勝との前評判通りの結果となった。私の投票した候補者が当選したことが唯一の実績であった(反自公の候補に投票したので)。安倍首相は本当に憲法改正に邁進するのであろうか、今後の政治の動きにも注目していきたい。

[PR]
by motokunnk | 2016-07-11 09:34 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

大谷翔平月間MVP獲得、小池百合子が知事選出馬表明

日本ハムの大谷翔平がプロ野球月間MVP(6月・パリーグ投手部門)を受賞した。本人にとっては2度目の受賞、日本ハムは5月のレアードに次ぐ受賞である。
6月の大谷翔平は素晴らしかった。開幕直後の不調(ではないと思うが勝星から見放されていた)がウソのように、登板4試合で4連勝、自責点も1と完璧な投球内容であった。おまけに自身最速(ということは日本プロ野球最速)となる163kmの速球を記録するなど内容面でも素晴らしかった。
d0183174_08560195.jpg
完封こそなかったが、防御率0.29は月間30イニング以上投げた投手の中でベスト10に入る好成績だそうだ。大谷翔平は7月にはいっても絶好調、3日のソフトバンク戦も8回を投げ無失点の好投で8勝目をマークした。チームも昨日は雨天中止となってしまったが11連勝中と絶好調、この調子を持続して首位ソフトバンクを追い上げてほしい。
小池百合子が東京都知事選挙に正式に出馬することを表明した。自民党からの推薦のある/なしに関わらずの出馬表明であり、規模は違うが小泉元首相が自民党総裁選挙に立候補したときに似ていると感じてしまった。
自民党都連としては増田元岩手県知事を押す声が大きいようで、市長会も増田氏推薦で一致しているとのこと、自民党は分裂選挙となってしまう可能性も高い。
一方の野党も統一候補選びに難航しているようで、長島昭久元副防衛相の名前があがっているが、本人は参議院選挙が終わってからとのこと、どうも10日の参議院選挙後にすべての候補が決まりそうだ。
そのときあっというような人物が立候補表明するかもしれない。
2019年ラグビーW杯の各国チームのキャンプ地選定説明会が開催され100を超える自治体が出席した。説明会では、組織委員会の担当者から、練習グラウンドにドーピング検査のスペースを設置することや、けがなどへの対応で地元の医療機関との連携が必要になること、また大会のロゴマークは正式にキャンプ地に決まるまで使えないことなど細かな点まで示された。
d0183174_08560841.jpg
説明会は大坂、福岡でも開催されるという。ラグビーW杯もいよいよ現実味を帯びてきたようだ。

[PR]
by motokunnk | 2016-07-07 08:58 | 日記 | Trackback | Comments(0)