タグ:岩隈久志 ( 56 ) タグの人気記事

連敗脱出、WRC第5戦、そして岩隈

10連敗の泥沼に陥っていた日本ハムがようやく連敗から脱出した。日本ハム・加藤、ソフトバンク・バンデンハークの投げ合いで試合は進んでいった。
前回の顔合わせではバンデンハークを打ち砕いていた打線であったが、この日は四球は選べるがヒットは打てないもどかしい展開であった。加藤も過去最高といえる投球内容でソフトバンク打線に連打を許さず両チーム6回を終えて無得点であった。試合が動いたのは7回であった。ここまでバンデンハークに対してノーヒットに抑えられていた打線であったがチーム初安打は4番のバットから生み出された。不振にあえぐ中田翔が打ったことでチームに活力がうまれたようであった。
d0183174_09292827.jpeg
そして続くレアードが連夜の一発を放ち、2-0と試合をリードした。打率が1割台ながらレアードはすでに5本のホームラン、やはり昨年のホームラン王は健在であった。加藤は先制点をもらった直後の投球もなんら気負いなく二死からヒットは打てれたが後続は三振におさえ、7回を4安打6奪三振無失点の好投であった。
d0183174_09294619.jpeg
続く8回は宮西、そして9回は増井とリリーフ陣がおさえて連敗脱出と思っていたが宮西が誤算であった。8回簡単に二死をとったのはよかったが今宮に粘られ四球を与えてしまった。そして柳田に投じた初球をレフトスタンドに運ばれてしまいあっという間に同点に追いつかれてしまった。
土壇場での同点、流れはソフトバンクに傾いてしまった。日本ハムは9回からクローザーの増井を投入、延長を考え2イニングを任せる予定であったと思われる。
そしてドラマは10回に訪れた。一死から西川がヒットで出塁すると松本がバント、これが投手正面に飛んであわや併殺と思えるようなあたりであった。かろうじて生き残った松本が盗塁を試み二死2塁とした。
d0183174_09293822.jpeg
1塁が開いたことで近藤は敬遠ぎみの四球で二死1、2塁で中田の登場であった。3球目を強振し打球はレフトスタンドに今シーズン1号ホームランは貴重な勝越しの3ランとなった。
しかしドラマは裏の攻撃にもあった。2イニング目のはいった増井、先頭バッターを2塁内野安打で出塁を許すと続くバッターにも初球をレフトに打たれてあっという間に1点を奪われ無死3塁のピンチとなってしまった。
打順はトップに戻ってしまい、どうなることかとヒヤヒヤしたが、後続はなんとか抑えて試合は5-4で勝利、10連敗から脱出した。
勝つと負けるとでは大違い、やはり勝つということはいいものである。土曜日からは札幌ドームで楽天2連戦があるがここはぜひ連勝して勢いをつけ5月反攻を開始する序章としてほしい。
WRC第5戦、ラリー・アルゼンティーナのシェイクダウンが行われ、ラトラバがトップタイムをマークした。実際のラリーではないがシェイクダウンといえどもトップタイムをマークすることは士気を高めると思われる。トヨタにとってはさいさきのよいスタートといえるのであろう。
d0183174_09300227.jpg
そして未明に開催されたMLBタイガース対マリナーズに岩隈久志が先発した。雨で試合開始が遅れたが岩隈は快調な投球を披露してくれた。タイガース先発バーランダー相手に一歩も譲らず試合は投手戦となった。6回にマリナーズが先制したがその裏内野守備のミスで同点とされ降板した。
d0183174_09295466.jpg
先制直後の失点だけに悔やまれる無死から許した安打であった。これで4月は4年連続して勝ち星なしで終わることとなったが、前回そして今回とも好投をしていただけに残念だが初勝利も近いのではと思われる。

[PR]
by motokunnk | 2017-04-28 09:32 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

WEC開幕戦、岩隈大乱調

WEC開幕戦シルバーストーン6時間レースは見どころ満載、手に汗握る大乱戦であった。予選結果をみる限りではトヨタチームの楽勝かと思われたレースであった。実際マシンのスペックもトヨタはハイダウンフォーススペック、ポルシェはルマンを見据えてローダウンフォーススペックと異なっていた。
これらを観てトヨタ有利と思っていた。実際のレースもスタートからトヨタ2台がトップを快走するレースを魅せていた。しかしその状況が一変したのはレース開始1時間半近くたったころであった。ルーティーンの2回目のピットストップ、トヨタ7号車がトラブルを抱えているらしく小林可夢偉にドライバーチェンジするが、ペースは上がらず、ポルシェ2号車に抜かれると、1時間50分後には2号車にも抜かれてしまった。
レースも2時間を過ぎるころから天候不順のこの時期のイギリスらしく雨が降りだしてきた。トヨタのルーティーンストップのときは雨脚は強くなかったがポルシェ2号車のピットストップ時にはけっこうな強さとなっており、インターミディエートタイヤに交換してピットアウトした。この結果ラップタイムはトヨタより20秒近く速くなり1号車もピットインしてタイヤ交換を行ったので、ポルシェのワンツー体制となってしまった。
d0183174_09233872.jpg
しかしレースはこのまま進まず、雨は20分でやみ、ポルシェは再びタイヤ交換のためにピットストップ、これでトヨタ8号車が再逆転してトップにてった。
レースはこのまま進むと思ったが、再び雨が降りだし、トヨタ7号車がなんと大クラッシュしてしまった。7号車は自力でピットまで戻ることができ、約1時間かけて修理したが優勝争いはトヨタ8号車とポルシェ1、2号車の争いとなってしまった。トップは走っているものの何となく不利な感じのトヨタであった。
そして5時間が経過し、レースは最後の1時間にドラマをかかえていた。最終ピットストップ、トヨタ8号車は、タイヤ、ドライバーチェンジしてコースインしたが、ポルシェ2号車は給油のみでのピットアウトであった。
残り30分、トップ2号車と2位8号車の差は約8秒である。8秒をつめることはできても抜くとなると相当のスピード差がないと不可能であるので、トヨタの逆転は難しいと思っていたが、なんとブエミは15分で8秒差をつめてしまった。残り時間10分、ポルシェのインにトヨタのマシンをねじ込んで抜き去りトップを奪還したとき残り時間は10分であった。
慎重かつ大胆に走り切ったトヨタ8号車が大乱戦の開幕戦を制し、貴重なポイントをゲットした。トヨタ、ポルシェ、2大ワークス勢の熱い戦いは今年もみられそうである。
レースは他でも劇的な幕切れを用意していた。LM-GTEアマクラスはレース終盤まで澤圭太が所属するクリアウォーターレーシングのフェラーリがトップを走行したが、フィニッシュまで残りわずかというタイミングで給油のみのスプラッシュピットを行い、一度クラス3番手まで後退してしまった。
d0183174_09235529.jpg
ところが最終ラップ、トップ争いをしていた2台のマシンが接触してコースアウトしてしまい、クリアウォーターレーシングのフェラーリがトップに返り咲いてWECフル参戦初年度で初優勝を飾った。筋書きのないドラマがあるものだ!
マリナーズの岩隈久志が早朝のレンジャーズ戦に先発した。初回に先制点をもらった岩隈であったが、過去2回の登板とは違い、制球が悪く2回二死1、2塁から逆転の3ランを浴びると、続く3回にも連打で3失点、3回を投げて7安打6失点で降板した。
d0183174_09234685.jpg
過去2回の登板がいずれも6回2失点、同1失点の好投だっただけにどうしてしまったのかという内容であった。
しかし試合はその後マリナーズ打線が奮起し、6-6の同点に追いつき岩隈の負けはなくなった。そして試合は9回、おさえのディアスが被弾され6-7とリードされてしまったが、その裏2点を取り返しての逆転サヨナラ勝ちとした。これで3連勝であるがまだまだトップとはゲーム差が離れている。
今年のマリナーズは補強もして優勝争いの一角と思っていたがまだまだ調子はあがっていないようである。そのぶん、青木が移籍したアストロズが好調でアリーグ西地区のトップにたっている。アストロズも今季の目玉チーム、アリーグ西地区はレンジャーズもおり、日本人選手の優勝争いが観れるのも楽しい限りである。

[PR]
by motokunnk | 2017-04-17 09:32 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

ラトバラ総合4位、岩隈は1失点の好投、日本ハム5連敗

WRC第4戦ラリー・フランス、デイ3でラトバラが魅せてくれたSS9でタイムを稼げず、総合5位にランクダウンしてしまい、同僚ハンニネンもコースアウトでリタイアしてしまった。
そして最終のSS10パワーステージをむかえ、ラトラバはスタートから全開で飛ばしてくれた。アンダーステア気味のマシンを気にせずにタイムを稼いでこのパワーステージでこのラリー初めてとなるトップタイムをマークした。
d0183174_09395695.jpg
d0183174_09400505.jpg
わずか0.1秒、総合5位となった選手を上回ったことを知り、コドライバーとジャンプして喜ぶ姿はほほえましかった。豊田章夫社長観戦の中でのパワーステージ最速タイムは見事であり、復帰初年でここまでの結果を出しているラトバラの能力の高さに驚きである。シーズンがすすむにつれてどこまでマシンを熟成させていくのか楽しみになってきた。
マリナーズの岩隈久志がエンゼルス戦に先発した。2回に一発を浴びてしまったが、それ以外は連打を許さず、6回を2安打におさえる完ぺきなピッチングを魅せてくれた。
d0183174_09401577.jpg
味方打線もカノが3ランと2点タイムリーの5打点をあげるなど大量9点をとってくれ、今シーズンの初勝利は間違いないと思っていた。
ところが9回、先頭プホルスに一発を打たれると、一死もとれずに満塁のピンチを招いてしまった。あわててマウンドにあがったクローザーのディアスが二死をとったものの2四球をだして再び打席にたったプホルスに同点タイムリーを打たれ、次打者にサヨナラ打を打たれてしまい、エンゼルス戦3連敗となってしまった。
9回5点のリードがあればクローザーは登板する必要はないと考えるのがふつうである。多分ディアスも心がまえができすにマウンドにあがり、下位打線はおさえたが上位をおさえることは難しかったのだろう。
岩隈にしてみれば手の中にはいった初勝利が飛んでいってしまった、後味の悪い敗戦であったと思う。
日本ハムも何故かリズムがかみあわない。大谷の肉離れに続いて中田も戦線離脱である。そして5回にはレアードも死球退場となり、主力3選手を欠いての戦いとなった。代打で出場した岡にヒットはでたが西に完封されてしまいこれで5連敗となってしまった。
d0183174_09402368.jpeg
5連敗は2015年の9月以来のことだそうだ。地元に帰って巻き返しを期待したいが、相手はソフトバンク、厳しい連戦が続きそうだ。岡を筆頭に横尾、石井など若手選手の奮起で強敵を粉砕してほしいものである。

[PR]
by motokunnk | 2017-04-10 09:42 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

岩隈敗戦も収穫あり、NBAでは記録達成、どうした日本ハム

マリナーズの岩隈久志がアストロズ戦に今シーズン初登板した。立ち上がりから落ち着いた投球でオープン戦の不調がうそのような出来であった。
ただ年齢とともに球速が落ちてきているので、制球が甘くなることだけが注意点であったが、この日はよく低めにボールが集められていた。
d0183174_08535283.jpg
強力アストロズ打線を6回4安打2失点におさえたことは評価できると思う。味方打線が不発であったことが不運だったのかもしれないが、次回の登板に期待が持てる内容であった。
NBAではトリプルダブルのシーズンタイ記録がうまれた。サンダーのウェストブルックがバックス戦で今シーズン41回目となるトリプルダブルを達成し、1961-62シーズンにロバートソンがマークしたNBA歴代最多記録に並んだ。
d0183174_08533746.jpg
ウェストブルックは現在7試合連続してトリプルダブルを達成しており、次のグリズリーズ戦で新記録がうまれる可能性が高いといわれている。
キャブスは一時の不調から脱したようでこの日もレブロン・ジェームス以下が活躍し、4月にはいって3連勝で東地区首位を走るセルティックスと並び、今日対戦する。
天王山、勝つのはどちらのチームであろうか、注目である。
堅守で昨年の優勝を勝ち取った日本ハム内野守備陣がおかしい。ロッテとの2回戦、6-2とリードしてむかえた6回裏に信じられないミスがうまれた。なんでもない3ゴロ(あたりが弱く難しいゴロではあった)をレアードが1塁へ悪送球してしまった。
そして次打者の1塁ゴロ、ベースカバーにはいった先発・加藤に中田がトスしたボールは走りこむ方向の逆で加藤は捕球することができなかった。
このダブルエラーで2失点してしまい、6-4で無死2、3塁のピンチとなってしまった。連投の谷元が押出し四球で1点を失うもこのピンチを切り抜けたが、宮西が逆転2ランを打たれてしまった。この試合6-7で負けてしまったが、昨年とは違う、日本ハムであった。
守りから攻撃のリズムをつくりだす野球が身上である日本ハム、守りの破たんから西武戦に続いてロッテ戦も落としてしまった。せっかく大谷がこの日第2号のホームランをライトスタンドに放ったがまたも空砲に終わってしまった。d0183174_08534541.jpg
その大谷、ロッテ初戦はノーヒットに終わってしまったが、この日は2安打2打点と活躍し、打率も5割キープ、打者部門で打率、本塁打部門でトップである。大谷が当たっている、ようやく中田にもタイムリーがでたが試合に負けてしまってはどうしようもない。
今日は斎藤佑樹が先発予定、ロッテの新人・佐々木千隼とのドラ1同士の対決である。斎藤佑樹復活の投球が観られるであろうか、注目である。

[PR]
by motokunnk | 2017-04-06 08:57 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

錦織圭マイアミもベスト8止まり、プロ野球はいよいよ開幕

ATP1000・マイアミオープン準々決勝が行われた。錦織圭の相手はフォニーニ、格下であるが、4回戦で身体に違和感を感じていただけにどんな試合をするか注目していた。ただ身体の違和感は足だけではなかったそうだ。なんと右手首にも痛みがでていたそうで、錦織の武器のひとつである回転をかけたサーブを繰り出すことができない状態であった。
そんな中試合ははじまり、第4ゲーム、ラブゲームでブレイクされてしまった。第9ゲームでブレイクバックに成功したが続く第10ゲームをブレイクされ第1セットを失ってしまった。
第2セットにはいっても錦織圭は動きに精彩を欠き、第2、第6ゲームを落としてしまった。第7ゲームをブレイクする意地はみせたが気力もここまで第8ゲームをブレイクされこのセットも落としストレート負け、マイアミ大会もベスト8どまりに終わった。
d0183174_09252082.jpg
この敗戦でランキングは7位に落ちてしまうことが決定した。次戦は4月下旬、クレーのバルセロナ・オープンを予定しているそうだ。約1か月、この間、身体を万全な状態に戻して元気な姿をコートに魅せてほしい。
プロ野球も31日開幕に向け各球団から開幕ロースターが発表された。日本ハムからも開幕・西武戦を戦う26名の選手が発表された。予想したメンバーの大部分は登録されていたが投手の中に白村の名前がなかったことは意外であった。
また新人では石井一成が唯一開幕ロースター入りした。杉谷が怪我で出遅れているので登録されたのかもしれないが、やはりオープン戦での活躍が評価されたのであろう。また2年目の横尾も晴れてベンチ入りである。開幕戦は左腕の菊池が先発だけにスタメンもひょうっとするとあるかもしれない。スタメンはなくとも代打での出場はあるであろう。
d0183174_09252940.jpg
「F-AMBITIOUS」のキャッチフレーズのもと今年の日本ハムはどんな戦いをしてくれるのか楽しみである。
他球団も開幕ロースターが発表されているが、期待されていた楽天の岸はインフルエンザ、オリックスの吉田は怪我の影響でそれぞれロースターから外されてしまった。開幕ダッシュを狙う両チームにとって痛手であろう。
MLBも4月2日に開幕する。すでに開幕投手も告知されつつあり、田中将大とダルビッシュ有がそれぞれのチームで開幕投手を務めることになった。また今シーズンこそプレイオフ進出が望まれるマリナーズは開幕投手はヘルナンデスであるが、第2戦の先発は岩隈久志のようである。
昨年自己最高の16勝をあげた実績が評価されてのことだと思うが、オープン戦は不調だっただけにどんなピッチングをしてくれるかが注目だ。

[PR]
by motokunnk | 2017-03-30 09:27 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

岩隈16勝でマリナーズは8連勝、トップリーグは第4節

MLB・マリナーズの岩隈久志がエンゼルス戦に先発した。今シーズンの岩隈はエンゼルス戦は勝星なしとやや相性が悪いようだが自己最多タイの15勝をあげ、チームも連勝中とあり、いいムードでの先発であった。
3回表に青木の内野安打で先制したと思われたが、エンゼルスのチャレンジの結果青木はアウトとなり先制点も取り消されてしまった。そしてその裏岩隈は暴投で失点してしまった。マリナーズにとっては嫌な流れであった。
岩隈は前回登板したときと同様、ランナーは出すが要所はしめ、暴投の1失点で試合をすすめていくと5回にシーガーが1発を放ってマリナーズは同点に追いついた。そして7回にはクルーズにも勝越し弾がでて2-1と試合を逆転した。
d0183174_09041551.jpg
結局岩隈は7回途中まで投げ1失点の好投であった。試合はリリーフ陣が無失点におさえて2-1で勝利し、岩隈にとっては自身初となる16勝目をあげた。過去日本人投手で16勝をあげた投手は野茂英雄(16勝を3度)、松坂大輔(18勝)、黒田博樹(16勝)、ダルビッシュ有(16勝)に継ぐ5人目となった。
日本人投手最多の18勝も視界にはいってきた。これでマリナーズは8連勝となり、地区優勝争いではレンジャーズに遅れをとっているが、ワイルドカードでのプレイオフ出場まで1.5ゲーム差と迫ってきた。土曜日からはホームでのアストロズ戦である。ホームで連勝記録をどこまで延ばせるか注目である。
ラグビー・トップリーグも第4節をむかえた。今週は好カードが複数あり、どちらを観戦するか悩んでしまう。そのカードは土曜日に行われるヤマハ対東芝、パナソニック対サントリーの試合である。3連勝でトップを走るヤマハに対して同じく3連勝の東芝がぶつかる試合、ヤマハの強力スクラムを東芝FWがどこまで耐えられるかが勝敗の分かれ目かと思う。
東芝は大野が4試合目で初先発するのでベテランの試合巧者ぶりを如何なく発揮してヤマハFWを翻弄してほしいものだが果たしてそううまくいくだろうか。試合開始が待ち遠しい。他1試合はパナソニック対サントリーである。開幕戦でヤマハに苦杯してしまったパナソニックであるが、その後は立ち直って2連勝、その勢いをサントリー戦にぶつけていくようだ。
前戦からハーフ団をSH田中史明、SOベリック・バーンズと変更したパナソニック、サントリー戦の先発もこの2人である。サントリーの流、小野のハーフ団対決も試合の見どころのひとつかもしれない。TBで初先発するパナソニックのタンゲレ・ナイヤラボロと同じくCTBで先発するサントリーのデレック・カーペンターの対決も面白そうだ。第4節が終わるとトップリーグは1週間のインターバルにはいるので第4節は各チームとも全力をだしての攻防戦が期待できそうだ。
4節を終了してトップにたっているのはどのチームであろうか、楽しみなトップリーグ第4節である。
NFLも第2週がはじまる。TNFはジェッツとビルズのAFC東地区のライバル対決である。この他にもドルフィンズはペイトリオッツと東地区同士の対決もあり、北地区もスティーラーズ対ベンガルズ、レイブンズ対ブラウンズと地区内ライバル対決も多く予定されている。
その中で黒星スタートとなってしまったパンサーズ、カージナルスがどういう試合をするか興味がある。パンサーズは49ers、カージナルスはバッカニアーズと対戦する。
参考URL → 岩隈 自己最多16勝・写真転載サイト
参考URL → トップリーグ第4節
参考URL → NFL第2週

[PR]
by motokunnk | 2016-09-16 09:07 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

秋祭りとスポーツの秋

秋の例大祭がはじまった。昨日、今日と渋谷氷川神社の秋祭りである。昨日お詣りに行ったが、朝早かったので屋台は準備中でまだ参拝者もまばらであった。
d0183174_09300472.jpg
d0183174_09301226.jpg
神輿や山車の準備をしている町会もあり、祭りが本格化するのはこれからといった雰囲気であった。ただ今朝から雨が降りだしているので参拝者が減ってしまうのではないかとの懸念もある。
14勝を達成してから4連敗となかなか自己タイとなる15勝目が遠かったMLB・マリナーズの岩隈久志が15勝目をあげた。今シーズン相性のよいアスレチックス戦に先発した岩隈は初回に早くも先制点をもらうと立ち上がりから制球よくアスレチックス打線を打ち取っていった。
d0183174_09293672.jpg
3回に同級生の青木の2号で追加点を援護してもらったが勝利投手の権利がかかる5回に失点してしまった。しかしこの日もマリナーズは1発攻勢、6回に捕手・ズニーノの一発がでて3-1とリードを拡げてもらった岩隈は7回途中2失点で降板、リリーフ陣が無失点におさえて自己最多にならぶ15勝をあげ、マリナーズのプレイオフ進出に貢献した。
地区優勝はレンジャーズでほぼ決まりであるがワイルドカード争いでは3.5ゲーム差となって追い上げ開始である。
さてプロ野球、セリーグは広島が25年ぶりの優勝を決めたが、パリーグの優勝争いは熾烈である。15日ぶりに首位となった日本ハムは前回は1日天下であったので是が非でも勝ちたい試合であった。
先発は安定感抜群の高梨であった。一方の楽天は安楽であった。この試合の高梨はちょっと制球が定まらないようで不安定な投球であった。3回に近藤のタイムリー、大谷の2ランで3-0と先制した日本ハムであったが、その裏に1発攻勢で3-2と1点差に追いつかれてしまった。
4回も近藤のタイムリーで5-2とリードするが高梨がその裏ピンチを招き、5-3とされ一死満塁で降板した。内野ゴロの間に5-4と詰め寄られたがまだ1点のリードで5回、バースがマウンドにあがりピンチを招くが無失点で5、6回と試合をしめた。すると6回、二死1塁から大谷がこの日2本目となる2ランをバックスクリーンに打ち込みこれで7-4とほぼ試合を決定づけた。
d0183174_09294588.jpg
バース、石井、宮西、そして吉川とつないだリリーフ陣が楽天を無失点におさえて7-4で勝利し首位の座を守った。ナイターで行われたソフトバンク対西武戦は2-7と一方的な試合となりソフトバンクは敗戦してしまった。この結果ゲーム差は1.5と拡がり日本ハムにマジック点灯のチャンスがうまれることとなった。マジック点灯といってもまだまだ優勝争いは熾烈さをましていきそうである。
目の前の1試合を勝ち抜くことが大切だと思う。今日の先発予定は加藤である。今日も勝って3連勝を決めたいところだ。
ラグビー・トップリーグ第3節が行われ、どの競技場でも熱い戦いが繰り広げられた。2019年W杯決勝が行われる予定の日産スタジアム、観衆1万1223人の前で、東芝とキヤノンの試合が行われた。前半4分に先制トライ(&ゴール)をあげた東芝は試合を有利に進めていくがなかなか追加点はあげられず、前半を10-6でおり返した。
後半にはいると、キャノンの逆襲がはじまり、ボール支配率もキャノンが優勢となってPGやDGで点差をつめ、後半23分、ついに逆転に成功した。その後PGで加点して残り10分の段階で13-19と6点差をつけた。
しかしここから東芝の反撃が開始され33分にトライで1点差に迫るとその後も攻め続けるが痛恨のノックオンで相手ボールのスクラムとなってしまった。もはやこれまでと思われたがこのスクラムを東芝が猛烈にプッシュしてボールを奪って逆にPGのチャンスをつくった。ここでPGが成功して21-19と再逆転、残り1分をしのぎ切り21-19で開幕3連勝を飾った。
d0183174_09295271.jpg

この試合でもフル出場したSO田村煕の新人らしからぬプレイぶりが際立ったように思えた。第4節ではこれも3連勝中のヤマハとの対戦である。スクラム面での意思統一を強固にしないと圧倒されてしまいそうなヤマハの強力スクラム、セットプレイの精度をあげ戦っていけば勝機はうまれそうである。

[PR]
by motokunnk | 2016-09-11 09:35 | 日記 | Trackback | Comments(0)

岩隈14勝、日本ハムは2ゲーム差、そして錦織は銅メダル

8月15日は終戦記念日である。71回目をむかえ、記念式典が開催されるが世の中はリオ5輪の話題で持ち切りである。
リオ五輪の話題は後程核としてまずはMLB・マリナーズの岩隈久志についてである。昨日のアスレチックス戦に先発した。ここ数試合、先発で好投している岩隈久志であったがこの日は制球定まらずという内容であった。
2回に先制を許してしまったがその後は辛抱の投球で追加点は許さなかった。打線は4回にクルーズの一発で同点にすると、5回にはスミスのタイムリー、そしてカノの2ランで合計4-1とリードした。
d0183174_10393105.jpg
5回は無失点に抑えた岩隈であったが、6回に一発を打たれて失点し、降板した。リリーフ陣が踏ん張って試合は4-3で勝利し、岩隈は14勝目をあげ、マリナーズも地区2位の座を守った。プレイオフに向けて青木、岩隈の日本陣選手の活躍が期待される。
そしてNPBでも好試合があった。まずは日本ハム対楽天戦から。この試合、日本ハムの先発は新人の加藤であった。大谷が指のマメのため先発回避している間の緊急登板である。この試合で3試合目、過去2試合はそこそこの投球であった。
この日も2回に安打、四球で一死2、3塁のピンチを招いてしまったが、後続打者を三振、内野ゴロに打ち取って無失点で切り抜けるなど三者凡退は4回のみであった。楽天先発の辛島も日本ハム打線をおさえこんでおり、投手戦の様相であった。
試合が動いたのは5回であった。先頭打者にヒットを打たれて出塁されると、バントで二進、ヒットを打たれて一死1、3塁となり、内野ゴロの間に先制点を取られてしまった。
しかし、日本ハムはすぐに反撃した。6回、先頭の西川が2塁打で出塁し、一死3塁となって打席には大谷登場である。ここ6試合内角を攻められて調子を落としていたが、甘い球は逃さなかった。ライトスタンドに運ぶ逆転2ランで2-1と試合をひっくり返した。楽天・辛島にとっては悔いの残る投球であったと思う。
d0183174_10393922.jpg
結局日本ハムの得点はこの2点のみであった。一方楽天には同点に追いつくチャンスは多々あった。特に8回は連続安打で無死1、3塁とチャンスをつくってクリーンアップの登場であった。しかしリリーフの宮西が踏ん張り、三振、内野フライ、内野ゴロで無失点に切り抜けると、9回には守護神マーティンがいきなり2塁打を打たれてしまった。しかし、銀次のバントを中田がダッシュしてつかみ、3塁封殺でピンチを防ぎ、勝利を納めた。
ソフトバンクは惜しい試合を落としてしまった。ロッテ戦、9回表に待望の先制点をあげ守護神サファテが登場し、簡単に二死をとった。角中にヒットは打たれ、盗塁されるとデスパイネには四球、二死1、2塁となった。続く打者は1塁ゴロで試合終了と思った瞬間に一塁手がファンブルしてしまい二死ながら満塁となってしまった。
そして鈴木にタイムリーを打たれて2-2の同点にされ、延長10回にサヨナラ負けである。もしソフトバンクが今シーズン優勝を逃すとしたらその分岐点となった試合として語り継がれそうな嫌な敗戦であった。
これで日本ハムはソフトバンクとのゲーム差を2とした。7月絶好調だった日本ハムだが、8月の調子はイマイチである。ただ2ゲーム差となっている、野球とは面白いものである。
そしてリオ五輪、錦織圭が難敵ナダルに勝利してテニス競技では96年ぶりとなるメダルを獲得した。試合は錦織のうまさが際立ち第1セットは2ブレイクで6-2と奪取、第2セットも同じく2ゲームをブレイクして5-2とリードして1ゲームとれば勝利というところで錦織は堅くなってしまったかまさかの2ブレイクを喫してしまった。流れは一気にナダルのものとなりこのセットはタイブレイクで失ってしまった。
第3セットもナダルの流れは止まらないと思われたが、錦織は吹っ切れたのかサービスゲームをキープし続け、逆に第4ゲームをブレイクしてリードした。
d0183174_10394726.jpg
その後もお互いにサービスゲームをキープしあいむかえた第9ゲーム、錦織は第2セットの轍は踏まずにサービスエースでマッチポイントをとるとナダルのボディを狙ったサーブに反応できずに錦織圭が苦しみながら勝利をつかんだ。テニス競技、96年ぶりのメダル獲得の瞬間であった。

[PR]
by motokunnk | 2016-08-15 10:42 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

岩隈12勝目、日本ハムは12カードぶりの負越し

MLB・マリナーズの岩隈久志が昨日のレッドソックス戦に先発した。過去の登板では相性のよくないレッドソックス、そして前回のカブス戦ではKOされているだけにその立ち上がりに注目した。結果は最高であった。連続三振、フライアウトで三者凡退であった。
d0183174_8415240.jpg

調子はよさそうである。クルーズの一発で先制してもらった直後の3回も二死1、2塁とされたがあわてずに後続をしとめた。この日の岩隈は制球もよく四球もださずにランナーはヒットのみ、それも散発のものであった。
結局8回、ヒットを打たれたところで降板したが、散発5安打7奪三振無四球無失点の好投で今シーズンの12勝目をあげた。懸案だった防御率も3点台に復活、ここ10試合は8勝2敗と白星量産である。このままいくと自己最多の15勝以上の勝星が計算できそうだ。
チームは地区3位ではあるが上位2チームは連敗中、反対にマリナーズは連勝中、この勢いでプレイオフ進出を目指してほしい。
一方、日本ハムは12カードぶりの負越しとなってしまいソフトバンクとのゲーム差も5となってしまった。ただ明るい材料は先発に転向した増井が5回を無失点におさえたことであろう。三者凡退は2回のみであったが、2回のエラーがらみの一死2、3塁を無失点におさえた。
d0183174_8422037.jpg

そして4回は一死満塁のピンチをつくってしまったがここでもあわてずに併殺打に打ち取り切り抜けた。先発転向1戦目とあって5回で降板したがまだまだ余力があるような投球内容であった。
しかし暗い面もある。それは7月の快進撃を支えた岡大海が戦線離脱したことである。4日の試合で右大腿四頭筋の肉離れを発症してしまった。6月末に岡が1軍復帰して快進撃がはじまり、岡の離脱で快進撃がストップしそうな雰囲気である。
さいわい3週間程度で復帰できそうであるが大事な8月を岡抜きの戦力で戦うこととなってしまった。ちょっとした痛手であるが、怪我人はしようがないもの、残ったメンバーで頑張ってソフトバンクを追いかけてほしい。今日からヤフオクドームで3連戦、有原の右腕に期待しよう。
長かったスーパーラグビーも今週末が決勝である。その組み合わせはニュージーランド地区のハリケーンズと南アフリカ地区のライオンズである。ライオンズの快進撃は予想できなかったが日本になじみの選手も多く、敵地での戦いとはなるが心情的にはライオンズを応援したい。
スクラムで優位に立つことができれば、好調のSOヤンチースの変幻自在の移動攻撃が生き、ハリケーンズを苦しめることができそうだ。
参考URL → 岩隈久志、8回途中無失点で12勝目!・写真転載サイト
参考URL → 日本ハム12カードぶり負け越し・写真転載サイト
参考URL → スーパーラグビー2016 決勝
[PR]
by motokunnk | 2016-08-05 08:43 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

神がかり日本ハム逆転勝ち、スーパーラグビーはベスト4決定、岩隈11勝

オリックスの先発ディクソンに6回まで散発の2安打で2塁まで進塁した走者はゼロ、7回に先発した高梨が2点目をとられたとき、負けを意識してしまった。
二死満塁まで攻め込まれてしまったが、リリーフした鍵谷が糸井を遊飛に仕留めた(というよりは打ち損じ)ときに一抹の期待はあった。その期待が現実のものとなるとは夢にも思わなかった。
まさにラッキーセブンであった。中田が中安で出塁、一死2塁となりレアード四球、岡安打で一死満塁とチャンスを拡げ、代打矢野の登場である。フルカウントから投じられた外角低めを見逃すと審判の判定はボール。押出し四球となり、1-2と初めての得点をディクソンから奪った。
すでに100球を投じていたディクソンはこの1球で意気消沈したのか、大野が3球目を振りぬくと打球は左中間を真っ二つに破る走者一掃の2塁打となり、これで4-2と逆転した。その後も中島の3塁打、陽岱鋼のタイムリーで得点をかさねて6-2として試合を決定づけた。この勝利で札幌ドーム10連勝、今シーズンの貯金も22となり、栗山監督就任後、最大の貯金となった。
d0183174_09114828.jpg
ナイターで行われたソフトバンク対西武戦でソフトバンクが破れたことでゲーム差も3.5となり、ソフトバンクの背中がちらついて見える位置まで追い上げてきた。
日本ハムの強さは日替わりで勝利の立役者が現れることだと思う。栗山監督は中田と陽が爆発しないとソフトバンクには勝てないと常々話しているが、二人が活躍できなくても今の日本ハムは脇役が大活躍する素地ができている。チーム一丸となっているところが強さの秘訣かもしれない。
今日はマメの影響で先発できない大谷翔平はブルペン待機、変わって新人の加藤が先発予定である。オリックスの先発予定は東明である。前回登板の時も苦戦した投手だけに気を引き締めて向かっていってほしい。
スーパーラグビーはベスト4が決定した。注目の一戦はライオンズ対クルセイダーズであった。ハリケーンズがシャークスを41-0で勝利して、ニュージーランド地区でベスト4独占かと思われた試合、ライオンズは南アフリカ地区の代表としての意地を魅せた。
d0183174_09115509.jpg
特にSOヤンチーズの活躍は素晴らしかったと思う。コンバージョン、PGそしてDGと合計16得点をあげ、チームの勝利に貢献した。準決勝は地元で昨年の覇者ハイランダーズを迎えることが決定した。好試合が予想される。
準々決勝最後の試合はチーフスがストーマーズを圧倒して60-21で快勝した。この結果、ニュージーランド地区から3チームがベスト4に進出、ハリケーンズはチーフスと雌雄を決することとなった。7月30日が楽しみである。
MLB・マリナーズの岩隈久志が未明行われたブルージェイズ戦に先発した。この試合マリナーズに復帰した青木も1番レフトで先発出場である。岩隈久志は前回登板時と違い、制球が定まらずに苦しい投球であった。2回に四球がらみで失点してしまった。
しかしマリナーズの打線は好調であった。3回に一死満塁からクルーズの一発で逆転すると、4回にも2点を追加して6-1、6回にも大量5点を奪取して試合を決定した。
d0183174_09114156.jpg
岩隈は6回を投げ、4安打2失点で今シーズンの11勝目をあげた。青木は3安打2得点、復帰後3試合連続して安打を記録し、チームの3連勝に貢献している。この調子でプレイオフ進出目指して頑張ってほしい。

[PR]
by motokunnk | 2016-07-24 09:13 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)