タグ:日本ハム ( 233 ) タグの人気記事

日本ハム連勝、NBAは明暗、そして錦織はベスト8進出

日本シリーズ第4戦が行われた。これに勝って五分の対戦成績としたい日本ハムと一気に王手をかけたい広島、日本ハムの先発は高梨であった。
CSではいい投球ができなかっただけにこの一戦にかける思いはひとしおであったと思う。立ち上がりからエンジン全開であった。打線は初回からチャンスをつくるが、タイムリーがでない展開で特に2回は一死満塁のチャンスをふいにしてしまう拙攻が目立つ試合内容であった。
高梨は無安打に広島打線を抑えていくが、微妙な制球が定まらないのか四球も多かった。そして4回、丸に四球(盗塁失敗)、続く新井にも四球を出してしまった。二死をとり、エルドレッドを打ち取ったが、センター、ライト、セカンドの中間に高くあがった飛球を近藤が落球してしまい、無安打ながら失点してしまった。
広島先発の岡田は2回のピンチを切り抜けると、4、5回は日本ハム打線を三者凡退に打ち取り、調子を上げてきた。日本ハム敗色濃厚な展開であった。しかし6回、先頭打者の中田が初球を振りぬくと打球はレフトスタンド一直線!これで1-1の同点に追いついた。
ここから両チームのブルペン陣が登場したが、8回裏登板したジャクソンは第3戦で一時逆転となるタイムリーを打たれた中田に四球を与えてしまった。
d0183174_09303976.jpg
近藤は残念ながら凡退、続くレアードは追い込まれてしまった。しかし1-2から4球目、甘く来たスライダーを逃さず強振すると打球はバックスクリーン左に飛び込む2ランとなった。これで3-1と日本ハムがリードした。
9回は宮西が登板した。一死後には岡のスーパープレイがでてピンチを未然に防いだのが大きかったと思う。
d0183174_09305690.jpg
その後二死満塁となったが最後の打者丸を三振に打ち取り、日本ハムが3-1で勝利し対戦成績を五分に戻した。
今日の先発予定、日本ハムは加藤である。CSでは初回に4失点で降板しているだけに高梨同様、気合いが入っていると思われる。後のことは考えずに目の前の打者を打ち取ることだけを考えて投球してほしい。
ATP500・スイス室内の2回戦、錦織の相手はロレンツィであった。第1セットの第2ゲームからブレイクポイントを握った錦織であったがなかなかゲームをブレイクすることはできなかった。
結局6度のブレークポイントを取りながら、1度も決められず試合はタイブレイクにすすみ、7-3でタイブレイクを制して錦織が第1セットを取った。
d0183174_09304720.jpg
第2セットも錦織ペースで試合はすすみ、第3ゲームをブレイクすると第7ゲームもブレイクし、このセットを6-2でとり、ベスト8に進出した。ベスト8進出は5年ぶり2回目のことである。ゴフィンとデルポトロの勝者とベスト4をかけて戦うこととなった。第1セットを果敢に攻めていけば勝機はあると思うので頑張ってほしい。
NBAも開幕したが、昨年のイースト、ウェストカンファレンスを制したキャブス、ウォーリアーズは真逆の開幕戦であった。
初優勝したキャブスはチャンピオンリングセレモニーが試合開始前に行われ、チャンピオンリングをつけて記念撮影をした余韻そのまま試合に突入し、第1Qから試合をリードし117-88でニックスに勝利し、開幕戦を勝利で飾った。
一方のウォーリアーズであるがこちらは地元開催にも関わらず、スパーズに100-129で大敗してしまった。地元で抜群の強さを魅せてきたウォーリアーズ、ちょっと気になる出だしである。

[PR]
by motokunnk | 2016-10-27 09:32 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

日本ハム反撃の1勝、そしてNBA開幕

地元に帰って反撃したい日本ハム、1回に広島先発の黒田を攻め、近藤、大谷の連打で一死2、3塁のチャンスをつくりだした。中田の遊ゴロの間に先制点をゲットした。
このシリーズにはいって初めての先制点であった。しかし先発の有原がすぐに反撃されてしまった。2回にこのシリーズ3試合連続となる1発をエルドレッドに打たれてしまい1-2と逆転されてしまった。
乱打戦の予感がする立ち上がりであったが、3回からは悪いながらも要所をしめ、無失点でおさえる有原と、ほぼパーフェクトなピッチング(打たれたヒットは大谷の2塁打のみ)をする黒田の投手戦となった。
そして6回裏、黒田が大谷を初めてレフトフライに抑えた直後に降板した(ふくらはぎに痛みがでたようである)。勝利投手の権利を持って広島リリーフ陣に後を託す降板であった。
日本ハム打線は8回にチャンスをつくった。先頭の中島が粘って10球目を選んで四球で出塁すると、二死2塁から大谷を敬遠して中田との勝負を選んだ広島であった。CSでも同様の場面で中田はタイムリーをはなっており、その再現を期待していると見事にレフト前にタイムリーをはなち、レフトが打球を逸らす間に大谷もホームを駆け抜け再逆転に成功した。
しかし広島も粘りをみせ、9回無死から鈴木が三塁打をはなって同点のチャンスをつくると、二死後安部のタイムリーで同点とされてしまった。試合は延長戦にもつれこんだ。
d0183174_09390292.jpg
そして10回、一死から西川が四球を選び、二死となって大谷の打席の3球目に盗塁成功、二死2塁となった。直後の4球目をライト前に運んだ大谷のバットが日本ハムのサヨナラ勝ちを演出した。ヒーローインタビューでフォークボールを狙っていたという大谷のセンスに脱帽である。
連敗を2で止めたといえどもまだまだ不利な状況にある日本ハム、今日の試合が正念場である。先発は高梨の予定、CSでは一発攻勢をあびてしまいふがいない投球であっただけに汚名挽回としたいところだ。
NBAも今日から2016-17シーズンがはじまった。昨シーズンのファイナルは1勝3敗と後がなくなったキャブスが3連勝でチャンピオンの座を射止めたが今シーズンはどんな結末が用意されているのであろうか。
d0183174_09391277.jpg
昨年同様にイースタンカンファレンスはキャブスが制し、スプラッシュブラザーズ健在のウォーリアーズがウェスタンカンファレンスを制してチャンピオンファイナルは3年連続して両チームの争いとなるのであろうか。はたまた昨季球団史上最多となるシーズン56勝を挙げてイースタン2位となったラプターズの巻き返しはあるのだろうか。
ウェスタンでは超攻撃的な補強をしたロケッツがウォーリアーズの牙城をくずすかどうかに期待が集まる。いずれにしろこちらも約半年におよぶ長いシーズンがはじまった。

[PR]
by motokunnk | 2016-10-26 09:41 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

東芝2戦連続の終了間際の逆転負け、こちらも連敗の日本ハム

トップリーグ第8節、日曜日は東芝対リコー他が開催された。この試合で負けてしまうと4敗目となり優勝は絶望となってしまう東芝である。
是が非でも勝利しなければいけない試合であったが前半17分にパスをインターセプトされて先制トライを奪われてしまった。その後も日本代表に選出されたNo.8松橋にトライを奪われ0-12とリードを拡げられてしまった。
d0183174_09135076.jpg
しかし東芝もトライをかえして前半は7-12で折り返し、後半にはいりリーチのトライで逆転するとその後もトライを重ね21-12とリードを拡げた。しかしリコーに反撃されたが28-26でノーサイドとなりそうであった。
悪夢は再現するものである。リコーに最後は攻め続けられ、松橋に逆転のトライを奪われたところでノーサイドとなり、28-32で2戦連続して終了間際の逆転で連敗してしまった。リズムにのれない東芝、流れが悪い方向に向いており、立て直しが急務と思う。
日本ハムも悪い流れに取りつかれてしまった。昨夜の日本シリーズ第2戦も先制され追いついたまではよかったが、6回に菊池のタイムリーで逆転されると踏ん張ることができなかった。ただ菊池のタイムリーでホームに突入した田中は一旦はアウトの判定、ビデオ判定で覆っただけに惜しまれる結果ではあった。これで連敗して札幌ドームでの3試合である。シーズン11.5ゲーム差を跳ね返しての逆転優勝を決めた底力を期待したい。
バトミントンのデンマークオープン、女子ダブルス決勝で髙橋・松友ペアは世界ランキング3位の第2シード韓国ペアと対戦し、第1ゲームは奪われるものの続く2ゲームを連取して優勝した。これでスーパーシリーズ今季4勝目となった。
続いて女子シングルス決勝には山口茜が出場した。世界ランキング6位で第5シードのタイペイ選手と対戦である。こちらも第1ゲームは19-19から2ポイント連取されてしまったが、続く2ゲームを21-14、21-12で連取してうれしいスーパーシリーズプレミアの初優勝を飾った。バドミントン女子は奥原希望に続いて山口茜と期待の新星が順調に活躍しており東京オリンピックに向けて視界良好である。

[PR]
by motokunnk | 2016-10-24 09:16 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

ヤマハ辛勝も首位キープ、そして広島先勝の日本シリーズ

どの競技場でも半旗が掲げられ、試合開始前には黙とうがなされたラグビートップリーグ第8節、花園競技場ではボーナスポイントの獲得差で首位を争うサントリー、ヤマハが豊田自動織機とNTTコムと戦った。
サントリー、前半は豊田自動織機の攻撃にやや手こずり、19-15と接戦であった。しかし後半に地力を発揮し5トライの猛攻で豊田自動織機を完封して52-15で大勝して連勝を8とした。
ヤマハ対NTTコムはスコアをみれば接戦ではあったが、試合運びのうまさはヤマハであった。前半20分はお互いに攻め込むものの得点は奪えず0-0であったが、28分にヤマハが先制トライを決めると34分にもトライを奪い、14-0とリードした。
直後に反撃のトライを奪われたが、前半は14-7とリードして終了、後半に入りPGを決められ14-10とされたが後半22分にトライをあげ22-10として試合を決定づけた。
d0183174_09094272.jpg
ロスタイムにトライを奪われてしまったが22-17と勝利することにかわりはなかった。そして今日は調子の上がらない東芝はリコーと対戦する。この試合を落とすとなるとかなり深刻な状況となってしまう。是が非でも勝たなければいけない試合である。注目して観てみたい。
日本シリーズがはじまった。初戦は思わぬ展開となってしまった。初回に日本ハムはいきなり西川の内野安打、岡のラッキーなヒットで一死1、3塁のチャンスをつくったが、中田、陽岱鋼が連続三振に打ち取られてしまい無得点に終わってしまった。後から考えれば先制点をあげていればどうなったかわからない展開であった。
試合は2回裏、一死1、3塁から重盗が試みられ広島が先制した。当然日本ハムも重盗は予想していただけに捕手からの送球は低く、投手がカットするタイミングであったが、なぜかスルー、あわてて遊撃手がとるというチグハグな処理であった。打者を三振に打ち取っただけに、また次打者が投手だっただけに捕手が送球しなくてもよかったのではと思えた(結果論ではあるが)。
d0183174_09095211.jpg
この日の大谷翔平はどこかマウンドを気にするなど絶好調とはいえない投球内容であった。4回には2者に一発を浴びてしまうなど6回3失点の投球であった。
試合は7回レアードの一発、大谷の内野安打でチャンスをつくりかけたが併殺、その後連打で二死1、2塁と再びチャンスをつくったが2安打していた岡が救援した今岡におさえられてしまった。
どこかで1本のタイムリーがでていれば試合は変わっていたと思える内容であった。初戦黒星スタートとなってしまった日本ハム、第2戦の先発は増井である。増井が踏ん張って五分の星に戻して札幌決戦に持ち込みたい。

[PR]
by motokunnk | 2016-10-23 09:11 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

今日から日本シリーズ、トップリーグも折り返し

今日からプロ野球日本シリーズがはじまる。日本ハムの相手は広島である。今年の日程はセリーグ球場からスタートするので、日本ハムにとっては戦いやすい日程と言われている。
d0183174_08472100.jpg
それは初戦で大谷翔平を先発させ(リアル二刀流の実現!)、第3戦からはDHで出場、そして第6戦で再び先発と大谷翔平をフル回転で出場させることができるためである。
とはいっても大谷翔平にとっては初めての日本シリーズのマウンドであり、真っ赤に染まったマツダスタジアム、完全アウェイの中での投球で実力が発揮できるかはわからない。
昨日の監督会議で予告先発の実施が確認され、初戦の先発は日本ハムが大谷翔平、広島はジョンソンと発表された。先手必勝だけに大谷翔平の右腕にかかる期待は大きい。
ラグビートップリーグも第8節となった。今シーズンはヤマハ、サントリーの2チームが7戦全勝でトップにたっている。この両チーム、今日は花園競技場の第1、第2試合に登場する。第2試合でヤマハはNTTコムと対戦する。前節でトヨタに競り勝っているNTTコム、そしてこの試合からSOに南アフリカ代表のエルトン・ヤンチースが先発出場する。4か国対抗戦を終えての本では今季初出場となる。
d0183174_08473280.jpg
スーパーラグビーではライオンズのSOとして大活躍してチームを準優勝に導いた選手だけに初戦からの活躍を期待したい。果たしてヤマハに一泡ふかせられるだろうか。
参考URL → いよいよ日本シリーズが開幕!・写真転載サイト
参考URL → 大谷の165キロに疑問
参考URL → トップリーグ16/17
参考URL → 日程・結果

[PR]
by motokunnk | 2016-10-22 08:50 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

2016年ドラフト会議終了、平尾氏死去

2016年ドラフト会議が行われた。日本ハムは予想通りに創価大・田中投手を指名したが、5球団が競合してしまい、クジで敗退、敗者復活戦ではなんとクジで敗退した5球団がそろって桜美林大学・佐藤投手を指名するハプニングがあった。
ここでも栗山監督はクジで敗退、結局1位指名は堀瑞輝投手(広島新庄高校)であった。日本ハムのチームの補強ポイントを考えると左投手を獲得できたことはメリットだと思う。
d0183174_08381149.jpg
今年のドラフトが終わった直後の栗山監督「理想的なドラフトだった。俺が2回くじを外したので98点。指名したい選手が最後まで残っていた。左腕の高校生3人は力のある投手ばかり。2人の大学生の野手も本当にほしかった。(玉井は)ファンは北海道出身の選手が活躍するのを願っている。あとはくじを練習します。」確かに昨年もクジは3度敗退しており、采配は抜群だがクジはイマイチのようだ。
日本ラグビーの天才プレイヤーであった平尾誠二氏が亡くなった。53歳の働き盛りであった。平尾誠二といえば伏見工業を思い出す。
d0183174_08382369.jpg
弱小チームであった伏見工業を全国制覇に導いたことで一躍有名になったことを思い出す。当時の監督がこれまた日本ラグビーの至宝であった山口良治氏が指導したことでも有名であった。そしてこのことはTVドラマの題材としてもとりあげられたことでも有名である。同志社大学では大学選手権3連覇、神戸製鋼に進んでは社会人選手権7連覇の偉業を達成し、1991年のW杯ではジンバブエから歴史的なワールドカップ初勝利をあげている。2019年W杯に向けて精力的に活動していただけにラグビー界にとって惜しい人材をなくしてしまったといえる。

[PR]
by motokunnk | 2016-10-21 08:40 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

プロ野球ドラフト会議、今年は豊作のようだが

今日夕方、プロ野球ドラフト会議が行われる。今年はどんなドラマが起こるのか楽しみである。昨年は高山外野手を指名したヤクルト、阪神がくじを引き、真中ヤクルト監督が間違えてしまった経緯があった。d0183174_08502551.jpg
今年はこのようなことがないようにするそうである。昨年から創価大・田中投手の評判が高いが今朝の新聞では最大8球団が指名するだろうとも言われている。果たしてどの球団が射止めるのであろうか。
日本ハムの栗山監督は取材で明言は避けたが、投手を1位指名するとのこと、毎年1位指名はその年で話題になった選手を指名しているだけに創価大・田中投手を指名しそうである。
ドラフト会議で思い出すのは1012年である。MLB志望だった大谷翔平を単独指名し、プレゼ資料も用意して入団させた日本ハム、このことが今年のリーグ優勝に結びついているだけにドラフト会議で指名することも重要な戦力補強である。
果たして創価大・田中投手はどの球団が指名権を獲得できるのであろうか。
今日は米大統領選挙の最後のTV討論会である。前回の討論会ではお互いの候補が政策論争ではなく、誹謗中傷論に偏ってしまっただけに今回は「移民」や「経済」、それに「海外の紛争地」や「大統領としての適性」など、6つのテーマについて論戦をしっかりとしてほしいと思う。
またお互いの候補が足の引っ張り合いをするのでは米国大統領としての資質を問われてしまうような気がする。

[PR]
by motokunnk | 2016-10-20 08:51 | 日記 | Trackback | Comments(0)

侍ジャパン強化試合28選手発表、広島・黒田が引退を発表

11月に開催される侍ジャパンの強化試合メンバー28人が発表された。来春開催されるWBCに向けて今のところ最終の強化試合である。
d0183174_08381921.jpg
22日から日本シリーズをむかえる日本ハムからは6名が選出された。球団別ではトップの数字であるが、小久保監督の目に多くの日本ハムメンバーがとまったともいえる。
昨秋も大谷翔平、中田翔、中島卓也、増井浩俊の4選手が選ばれたが、今回もこの4選手(増井浩俊は先発要員か?)は選ばれ、ほかに投手として宮西尚生、捕手として大野翔太の2選手が選ばれた。
いずれの選手も今シーズン日本ハムの優勝を演出した中心選手、侍ジャパンでも活躍してくれそうである。注目の大谷翔平であるが、今回はDHか代打での出場を考えていると小久保監督が明言した。
来春のWBCでの二刀流の可能性について「投打ともに日本のトップクラスとの認識。本人と話をして、負担がかかり過ぎないようにしっかりと配慮しながら考えたい」とのこと、WBC本番での二刀流デビューありえそうである。
日本シリーズを前に広島・黒田が引退を発表した。前々から噂はされていたがいざ発表となると寂しい気持ちもあるが、広島ナインの気持ちが一つとなってくることがこわいような気もする。特に黒田が先発する試合(23日の第2戦?)は要注意である。

[PR]
by motokunnk | 2016-10-19 08:39 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

大逆転で日本シリーズ進出の日本ハム、トヨタも今季初優勝

「筋書きのないドラマ」を実際にやってみせた昨日の日本ハムであった。初回に先発の加藤が緊張のあまり4失点してしまった。私ですらこれで第6戦までもつれ込むだろうと思ったしだいである。
しかし11.5ゲーム差を跳ね返したチームだけのことはあった。2回からバースをマウンドにおくってソフトバンクの反撃を無失点におさえると、打線は中田の一発で反撃を開始、3回には一死から中島がヒットで出塁してすぐに盗塁、二死後この日先発の杉谷がタイムリーを放って2-4と追い上げた。
d0183174_09063885.jpg
そして4回、安打と四球で一死満塁のチャンスをつかむと栗山監督は大野に代えて代打・岡を指名した。主戦捕手の交代は早すぎるのではと思ったが、岡が監督の期待に応え、中堅オーバーの2塁打で4-4の同点とすると、中島のスクイズで5-4と逆転した。
5回二死1塁からレフトオーバーの2塁打を打たれたが、レフトからのバックホームが連携よく市川捕手のミットにおさまりランナーはアウトとなった。結果的にこのプレイが大きく、同点に追いつかれなかったことがその裏の追加点を挙げたと思う。
6回からは日本ハムのリリーフ陣がソフトバンク打線をおさえて9回のマウンドにたったのは大谷翔平であった。41,138人の大歓声の中、まず松田に投じた初球が163kmのストレートであった。続くスライダーも141kmと桁違いの速さであった。5球目のスライダーで空振りの三振をとると次打者吉村への第一球、165kmのストレートが低めに吉村空振りである。
日本最速誕生の瞬間であった。その後も大谷はストレート8球はすべて160km以上で2者連続三振、最後のバッターも遊撃ゴロに抑えて4年ぶりの日本シリーズ進出を決めた。大谷翔平にとってはプロ入り初のセーブポイント獲得でもあった。
d0183174_09062265.jpg
d0183174_09063089.jpg
この試合、栗山監督の采配がひかった試合でもあり、今シーズンで采配的にベストゲームといえる内容であったと思う。これで22日から広島との日本シリーズ、初戦は大谷翔平が先発するであろうが、 どんな投球を魅せてくれるのか楽しみとなってきた。
ツインリンクもてぎで開催されたMotoGP日本GP、MotoGPクラスでホンダのマルケスがチャンピオンを決定した。このレースで優勝し、ランキング2位のロッシが15位、同3位のロレンゾが4位以下であればチャンピオン決定であったが、チームメイトのペドロサが負傷欠場とあってホンダの地元でのチャンピオン決定は難しいと思われていた。
しかし、ロッシが7周目の10コーナーで転倒、ロレンソも20周目の9コーナーで転倒リタイアしてしまい、マルケスのチャンピオンが決定した。これで125cc、Moto2時代を含めて通算5度目、最高峰クラスで3度目のタイトル獲得は、共に史上最年少での記録達成となった。
d0183174_09064600.jpg
そして富士スピードウェイでもうれしい出来事があった。WEC富士6時間レースでトヨタが今シーズンの初優勝を飾った。予選3番手から追い上げたトヨタ6号車は残り1時間となって2位まで進出、最後のピットストップでトップにたった。しかしタイア交換をしてスピードアップしたアウディの猛攻を受けて、残り1周でその差は2秒となってしまった。
しかしハンドルを握っていた小林可夢偉は冷静にマシンをコントロールしてリードを守ってチェッカーフラッグを受け、トヨタの今シーズン初優勝が成し遂げられた。ルマン24時間では苦杯をなめてしまったが、地元で雪辱した形となったトヨタであった。あとWECは2戦残っている。ドライバーズチャンピオンも23点差の2位となったそうで、わずかながら逆転チャンピオンの可能性がでてきた。
d0183174_09065492.jpg
日本ハム、トヨタいずれも筋書きのないドラマを演じてくれた。これだからスポーツ観戦は面白い。

[PR]
by motokunnk | 2016-10-17 09:09 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

驚いてしまったノーベル文学賞、日本ハムは痛い1敗

今年も村上春樹のノーベル文学賞受賞はならなかった。ノーベル文学賞にはなんとシンガーソングライターの草分け的な存在でもあるボブ・ディランが選出された。
d0183174_08532397.jpg
ボブ・ディランを知ったのは、1969年頃であった。「レイ、レディ、レイ」という曲がヒットしてボブ・ディランを知ったのである。それまでは名前は知っていたし、「風に吹かれて」などの楽曲を世に出し、ビートルズなどに多大な影響を与えたと雑誌で知っていただけであったが、なかなか「レイ、レディ、レイ」を聴いてなかなか素晴らしいと感じたことを記憶している。この曲が収録された「ナッシュヴィル・スカイライン」は私の当時のお気に入りのLPでもあった。そのボブ・ディランがノーベル文学賞受賞である。楽曲の詩も文学の範疇であると認識されたのであろう。ここ数年はノーベル文学賞の有力候補に名が上がるようになっていたそうなので、今回の受賞は驚くべきことではなさそうである。
パリーグクライマックスシリーズ、日本ハムは痛い1敗を喫してしまった。0-2から2-2に追いつき、中田そして陽岱鋼のタイムリーで4-2と逆転したまでは日本ハムのペースであった。しかし、リリーフ陣がソフトバンク打線につかまってしまった。8回に宮西が二死後に松田に投じた失投をレフトに運ばれて4-3とされると、9回は守護神マーティンがつかまってしまった。一死から死球をだしたのがいたかった。四球そして重盗と足で揺さぶられてしまい、連打で逆転されてしまった。
ただシリーズはまだ2勝1敗とアドバンテージはあるので、昨日の敗戦は忘れて今日の試合を勝ち切ることに専念してほしい。有原航平が先発予定である。9月のソフトバンク戦で魅せた快投の再現を期待したい。
NFLも第6週TNFではブロンコスがチャージャーズと対戦する。出だし4連勝と好調であったブロンコスであったが、エースQBとなったシーミアンが怪我のため欠場した前戦ではファルコンズに負けてしまった。
シーミアンが出場するかどうかはわからないが、同地区ライバルとの決戦で負けるようなことがあると地区優勝に暗雲がたちそうな試合である。1勝4敗と調子のあがらないチャージャーズ、ここは奮起してAFC西地区をもりあげてほしいものである。

[PR]
by motokunnk | 2016-10-14 08:55 | 日記 | Trackback | Comments(0)