「ほっ」と。キャンペーン

タグ:渋谷駅周辺 ( 221 ) タグの人気記事

新入団発表、応援大使、青の洞窟

プロ野球各チームで新入団選手の発表、お披露目が行われた。日本ハムも新入団選手8名が国の重要文化財に指定されている「札幌市豊平館」でお披露目された。
d0183174_09094845.jpg
サイドスローからの最速150キロの直球とスライダーが持ち味の堀は「1年目からローテーションに入って2桁勝利。同い年の中では一番で白星を挙げたい」と決意を口にしたそうだ。23日はファン感謝ディである。ファンには今日お知らせがあるそうだ。
また日本ハムは地域密着をテーマに道内179市町村に応援大使を選任して、各市町村のイベントなどに駆けつけている。シーズンオフの昨日は13選手が今金町、積丹町、三笠市、美瑛町、苫小牧市、清水町、新ひだか町の2市5町を訪れた。
そんな中、斎藤佑樹、有原航平が応援大使を務める美瑛町、「青い池」が人気観光スポットでそこにむかっているときに、前方でスリップした車を発見、運転していた男性を救助したそうである。今年は勝星があげられなかった斎藤佑樹だけに来シーズンは最後のチャンス、初年度の6勝以上の勝利を目指してほしい。
青つながりではないが、昨日から渋谷公園通りから園内のケヤキ並木まで約750メートルに「青の洞窟」をイメージし55万球の青色LEDが輝く「青の洞窟SHIBUYA」がはじまった。数年前に目黒川で開催されたイベントが場所をかえて復活したようだ。
d0183174_09091061.jpg
d0183174_09091945.jpg
たまたま夕方渋谷に出かける用事があったので観てきたが、なかなか壮観な景色であった。1月9日まで夕方5時から11時までライトアップされているという。クリスマスにむけてカップルや家族連れにはもってこいのお散歩コースではないだろうか。

[PR]
by motokunnk | 2016-11-23 09:12 | 日記 | Trackback | Comments(0)

日本ハムらしい勝ち方で白星発進、そして渋谷パルコは建て替え

プロ野球オールスターも終了し、後半戦が昨日からはじまった。パリーグは上位3球団と下位3球団がそれぞれ対戦するカードとなった。上位3球団と下位3球団、3位と4位のゲーム差が10ゲーム離れているだけに下位球団としては上位叩きをして、是が非でもゲーム差を小さくしてスタートしたいと考えているはずで下位3球団はそれぞれエースを先発させて必勝大勢で向かってきた。
楽天の先発は則本であった。一方の日本ハムは今季の楽天戦は3勝1敗と相性のよいメンドーサである。立ち上がりから日本ハムらしい攻撃が展開された。先頭打者の西川が足でかせいだ内野安打で出塁すると、田中賢介はフルカウントから右中間へ運び、無死1、3塁のチャンスをつくった。陽岱鋼はセンターオーバーの2塁打(センターの拙守にも助けられたが)で先制点をあげた。その後一死1、3塁から大谷翔有平がライト前ヒットで追加点をあげ試合を有利にすすめることができた。
d0183174_09022061.jpg
2回は先頭の中島がこれまた内野安打で出塁するとすかさず盗塁、捕手の悪送球もあり、一死3塁から田中賢介のタイムリーで3-0とリードを拡げた。この試合のメンドーサは絶好調といえる内容で7回を3安打無四球8奪三振無失点でおさえて降板した。ただリリーフの宮西が二死2塁からタイムリーを打たれて30試合連続無失点がならなかったのはご愛嬌であった。試合は3-1で勝利、ソフトバンクが破れたのでゲーム差は5となった。上位3チームで勝利したのは日本ハムだけでパリーグ下剋上の雄たけびがあがりだしたかは今日の試合にかかっている。
ゴジラ映画が来週封切られるそうだ。池袋にはゴジラの足が出現したそうだが、渋谷にもゴジラが出現している。築43年をむかえた渋谷パルコが建て替えられるそうで、いつの間にか壁面にゴジラが出現している。頭と左手が壁面から浮かび上がっており、左手にはパルコのRの文字が握られている凝ったつくりである。
d0183174_09022916.jpg
渋谷パルコでは8月7日の一時閉店にむけイベントも企画されているらしい。今後もどんなイベントがくりだされるのか楽しみである。

[PR]
by motokunnk | 2016-07-19 09:05 | 日記 | Trackback | Comments(0)

金曜日は美術鑑賞、そして交流戦

毎週金曜日に渋谷区立松濤美術館は区民無料公開を行っている。企画展示で鑑賞してみたい内容の場合は金曜日をねらって松涛美術館に行くことにしている。
そして現在の企画展示は「中島千波とおもちゃシリーズ」である。画壇の最前線にいる日本画家の一人で、南米やアジア・ヨーロッパなどで収集したおもちゃ世界各地のおもちゃをモチーフに描いたシリーズで約60作品が展示されているという。
d0183174_09051855.jpg
d0183174_09052722.jpg
早速展示会場に行くと、絵画の前にはその作品でモチーフにした実際のおもちゃが展示されている作品が多数あった。単に絵画を鑑賞するだけでなく、そこに描かれているおもちゃを鑑賞することで、作者の思いを想像することができるこの方法は展示作品を数倍楽しめると思う。秀逸な時間を過ごせた午前中であった。
プロ野球交流戦も前半戦が終わり、後半戦がスタートした。なかなか波に乗れない日本ハムは昨年3連敗を喫した阪神が相手である。昨年のリベンジを期待していたが阪神先発の岩貞に4回までパーフェクトに抑えられてしまった。
一方のメンドーサは毎回ランナーを背負うピッチングであるが、2回の1失点に食い止めていた。しかし5回に追加点を取られて0-2とリードを拡げられてしまった。日本ハムの負けパターンである。5回も二死となり、レアードがチーム初となるヒットを放つと、岩貞のリズムが狂ったのか、大野にフェンス直撃の2塁打を打たれ反撃の1点を奪取した。
6回、メンドーサが初めて阪神打線を三者凡退に打ち取ると、流れは日本ハムに傾いたようで、一死から四球ででた西川がうまいタイミングで盗塁を仕掛けて一死3塁のチャンスを演出した。ここで杉谷がスクイズ、結果は失敗となるが、ランナー西川の好判断で一度は得点が認められた。しかし、ビデオ判定となり西川のアウトが宣告された。
コリジョンルールに抵触していない場面であるのでビデオ判定は納得できないが、チャンスは残り、中田がタイムリーを放って同点に追いついた。7回も一死1、3塁から中島のショートゴロの間に勝越し点をとり、8回からはマーチンが登板、いつもの勝パターンとなったがマーチンの出来がイマイチで無死2、3塁にピンチを招いてしまった。
一死後に、新人とは思えないバットコントロールの持主である高山に再度の逆転となるタイムリーを打たれ3-4と逆転されてしまった。
万事休すと思えたが、昨日のレアードはひと味違った。9回内野安打で出塁した田中賢介を1塁において阪神・藤川のフォークを見事なスイングでレフトスタンドに運んで行った。打った瞬間それとわかる逆転サヨナラホームランである。
d0183174_09051074.jpg
d0183174_09050246.jpg
岩貞のパーフェクトピッチングでスタートしたこの試合、流れは阪神であったが、最後に日本ハムに勝利の女神が微笑んだことは大きい。この流れを今日、明日の試合に持ち込んで昨年3連敗の借りを3連勝で返してほしい。

[PR]
by motokunnk | 2016-06-11 09:07 | 美術館・博物館・美術 | Trackback | Comments(0)

「Shaun IN SHIBUYA」とトップリーグ

5月5日のこどもの日から渋谷駅周辺をベースに羊のショーンを探そうというアート&チャリティプロジェクトがはじまっている。昨年にロンドンで開催されたのが最初で3月28日(土)から8月31日(月)まで様々に彩られた大型ショーン合計120体がロンドン、ブリストルの2都市で展示され、展示後は英国の病院にいる子どもたちのために、オークションにかけられ、収益金が寄付されたそうだ。
その継続版が日本の渋谷で開催されているようだ。規模は小さいが、それぞれのショーンを探すということは大人でも宝探しをしているような感覚でワクワク感がある。
d0183174_08591276.jpg
d0183174_08592157.jpg
d0183174_08592977.jpg
30体が狭いエリアに飾られている(といっても全部探し当てるには1日以上かかりそうだ)ので、数日かけて探すことにしようかと思う。すでに6体は発見した。
ラグビートップリーグの2016-2017シーズンの日程が発表された。昨年はW杯開催のために変則開催となったが、今シーズンはトップリーグ16チームの総当たりのリーグ戦形式にされた。毎年若干リーグの試合形式が異なっているが、最良の方式はなかなか見つかりそうもなさそうだ。
d0183174_08590451.jpg
8月26日にパナソニック対ヤマハ発動機の試合が開幕戦となり、来年1月までの長丁場のリーグ戦が続く。そして6月に試合がある日本代表対スコットランド代表の来日するスコットランド代表メンバーが発表された。
2015年9月23日にグロスターでジャパンと対峙した先発メンバーがスコッドに11人(FW 7人、BK 4人)、途中出場メンバーも5人いる強力メンバーである。少数精鋭のメンバー構成で、スコットランドのやる気が感じられる。
日本代表メンバーも近々発表されるが、リーチマイケルは代表辞退の意向だそうなので、メンバーも注目だが誰が主将となるのかも注目である。

[PR]
by motokunnk | 2016-05-10 09:02 | 日記 | Trackback | Comments(0)

いつものように確定申告、そして錦織圭のATP500初戦、F1テスト2日目

毎年のようにやって来る確定申告のシーズンとなった。今年は退職して丸2年が経過し、国民健康保険の金額や住民税もやっと年金に見合う額となったので、還付金も医療費控除に関する金額となってしまった。
d0183174_09193165.jpg
過去2年が多かったのであるが、もともとは源泉徴収で納めた税金なので得はしていないのだが。例年通り、すぐそばのベルサール渋谷に行ってきた。午前中であったのでそれほど窓口も混んでいなかったので待ち時間は数分であった。
そしてATP500・アビエルト・メキシカーノ・テルセルがはじまった。第2シードの錦織圭の相手はデ・バッカーである。ジュニア時代は歯がたたなかった相手だったそうだが、ランク100位以下とあって、錦織圭はパワー全開、相手サービスゲームを3連続でブレイクし、第1セットは6-0で取ることに成功した。
第2セットも第3ゲームをブレイクし、錦織圭のペースと思われたが、第4ゲームをラブゲームでブレイクされてしまった。メンタル面で余裕がでたのが原因と解説者が言っていた。
d0183174_09194000.jpg
続く第5ゲームはキープされたが、第7、第9ゲームをブレイクし、このセットも6-3で初戦は1時間未満で勝利した。終わってみれば楽勝であり、2大会連続優勝にむけた幸先のよいスタートがきれた。
2回戦の相手はクエリーとセラの勝者であるが、クエリーであればメンフィスオープン準決勝の再戦である。その試合は2-1で勝っているが、第1セットを落としているので油断は禁物である。
女子の大会もはじまり、主催者枠で出場した大坂なおみが初戦の相手ベルテンスと対戦した。4度のブレイクチャンスをしっかりものにした大坂が6-4、6-2のストレートで2回戦に進出した。大坂にとっては全豪以来の勝利だそうだ。この大会でもブレイクしてほしいと思うのは私だけではないと思う。
F1カタロニアテストも2日目となり、マクラーレン・ホンダはアロンソがドライブし、予定されたテスト項目すべてをこなすことができたようだ。
d0183174_09194784.jpg
アロンソもマシンの仕上がりに満足のようで「空力面においてはかなり革新的で新しいパーツが取り入れられている。少なくとも僕らのマシンにとってはということだけど。他チームはそのアイデアを過去に採用していたかもしれないが、僕らにとっては全く新しいものだ。」とのコメントからも快適なテストであったことがうかがえる。
バトン、アロンソともに好感触のマクラーレン・ホンダ陣営、今年は表彰台が狙えそうである。

[PR]
by motokunnk | 2016-02-24 09:21 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

岸記念体育館も移転決定、たばこと塩の博物館は新天地で開館

先日、NHKのニュースで岸記念体育館の移転が放送されていた。建物老朽化が主要な要因だそうで、2020年のオリンピック開催までに新国立競技場のそばに移転するようである。
d0183174_08433927.jpg
JR山手線の渋谷駅から原宿駅に向かう車窓から見える白い建物が岸記念体育館で、よく散歩の道すがら脇を通過したものである。
移転するということでじっくり眺めることにした。敷地内にはじめて入ると、正面に銅像があった。岸清一と名前を確認することができた。この人が岸記念体育館の建設に尽力した人のようである。
d0183174_08434898.jpg
帰宅し、ネットで調べると「大日本体育協会会長、IOC委員を歴任した岸清一博士の遺言に基づいて建設された岸記念体育会館。1941年に建設された神田・駿河台の初代・岸記念体育会館から、現在の渋谷区神南に移転したのは東京オリンピックの直前、1964年7月のことでした。その後、JOCや日本体育協会、多くの国内競技団体の本部があり、日本スポーツ界の総本山となっています。」とありもともと岸記念体育館は神田にあったようだ。
渋谷区役所も仮庁舎での営業がはじまり、解体工事がスタートしたとみえて仮囲いも組まれ、建物もシートで覆われている。また公園通りにあった「たばこと塩の博物館」は閉館し、新博物館がスカイツリー近辺で開館したとの垂れ幕が掲げられている。
d0183174_08435777.jpg
渋谷の街並みもどんどん変化していっていくようである。ちょっとさびしい気もするが新しい施設にも興味があり、さびしさと楽しみが半分といったところであろうか。
参考URL → 岸記念体育会館
参考URL → 岸記念体育館 新国立競技場近くに移転へ
参考URL → 岸清一
参考URL → たばこと塩の博物館

[PR]
by motokunnk | 2016-02-04 08:45 | 街の風景 | Trackback | Comments(0)

トップリーグの首位攻防戦と冬の風物詩

ラグビートップリーグも第5節となり、私が注目している一戦が行われた、東芝対パナソニック戦である。秩父宮競技場で試合は行われたが、前の試合も注目していた試合である。
サントリーとNTTコムの試合、NTTコムは今シーズン、見違えるように強くなったような気がしたが、試合はNTTコムのよさがでない(サントリーがNTTコムのよさを出させなかった)展開となり、前半で大量31点を奪い勝利を確実なものとした。アマナキ・レレィ・マフィの突進を許さなかったサントリーのディフェンスが際立った試合だったと思う。
そして東芝対パナソニックの試合がはじまった。秩父宮競技場は満員の観客で埋まっているようにみえたが、トップリーグはじまって以来の20,138人(リーグ戦最高記録だそうだ!)を集めた試合であった。
試合も多くの観客の前で白熱した戦いが繰り広げられ、1点を争う激戦となった。前半を10-10の同点で折り返し、後半も一進一退の攻防戦であったが、後半20分過ぎに東芝の反則で認定トライが宣言され、またシンビンで10分間14人で戦わなければいけなくなってしまった。東芝の善戦もここまでと思ったが、その後の10分間の攻防も見事であった。
d0183174_09145181.jpg
無失点で切り抜け、ノーサイド3分前に同点のトライ&ゴールを決め、この試合を引き分けに持ち込んだ。日本代表のキャプテンでもあるリーチマイケルのたびたび魅せてくれたラックでの相手ボールを奪い取るしぐさや献身的なタックルなど、さすがはリーチマイケルといえる素晴らしいプレイであった。
一方のパナソニックも堀江翔太がいつもボールに絡む攻撃を魅せるなど、両チームが全力をつくした好ゲームであったと思う。ラグビーもこんな試合が多くなれば人気も高まっていくと思う。今年のベストゲームのひとつだと思う。
d0183174_09150090.jpg
さて師走も中旬、町内会主催の年中行事である「もちつき大会」が各所で開催される。あいにくの雨ではあるが、朝からもちつきの準備が行われているようだ。

[PR]
by motokunnk | 2015-12-13 09:16 | 日記 | Trackback | Comments(0)

桜丘の知らないスポット、そしてマラソン、トップリーグ

1週間前NHK-BSプレミアムで「TOKYOディープ! 大人の渋谷 桜丘」という番30分番組が放送された。TOKYOディープ!というシリーズ番組で渋谷の桜丘が特集されたわけである。
地元なのでどんな場所が紹介されるのか楽しみに観ていたが、紹介されたスポットはすべて初めて知る場所であった。よく散歩で歩いているエリアであるが、まだまだ知らない場所、気がつかない建物があることを知った番組であった。
昨日、散歩で歩いて見つけた「防空壕の跡」、「家賃3万円の賃貸アパート」、そして「バーテンダースクール(日曜はやっていなかった)」である。
d0183174_09205735.jpg
d0183174_09210508.jpg
午後は福岡国際マラソンをTV観戦、来年のリオ五輪代表選考レースとあって、川内優輝選手、高田千春選手、門田浩樹選手ら日本人選手がどれだけ外国人選手に迫れるか注目のレースであった。
波乱はスタートして5km、優勝候補と言われていた世界記録保持者のデニス・キメット選手がなんとリタイアしてしまった。これで日本人選手にも勝機がきたと思っていると今度は川内選手が11km過ぎで足に痙攣をおこしてしまったのか徐々に先頭集団から離されてしまった。
そんな中で旭化成の佐々木悟選手は30km過ぎまでトップ集団にいて最後は離されはしたが見事に3位に食い込んだ。自己ベストを1分以上も短縮したが、本人は目標タイムに達せず不満な表情であった。
いっときマラソンは日本の得意種目であったが今は世界トップから数分以上も離されており、復活が期待されている種目の一つである。今回の結果を観てもまだまだトップとの差は大きく、どの選手が選ばれても本番での奮起は?のような気がした。
引き続き、TVでトップリーグのヤマハ対コカ・コーラの一戦を観る。熊本の競技場で開催された試合は1万8000人を集め、ラグビー人気の高さは本物と言えそうな雰囲気であった。
3連勝中のヤマハと3連敗中のコカ・コーラの試合なのでヤマハのワンサイドゲームになるのではという予想をしていたが試合は白熱した好ゲームとなった。
開始早々にヤマハの先制トライ&ゴールが生まれたが、コカ・コーラの選手がシンビンで一時退場になったにも関わらずコカ・コーラもトライ&ゴールで追いついた。どうもヤマハはディフェンス面で後手に回ってしまうようである。
前半にヤマハは5トライ&ゴールをあげたが、そのほとんどはコカ・コーラのペナルティからの攻撃でコカ・コーラゴール前からの攻撃で得点をあげたものが大半であった。ペナルティさえおかさなければコカ・コーラも善戦しそうな予感はした。
d0183174_09211402.jpg
その予感が的中し、後半はコカ・コーラが攻め込むシーンが多数あり、ヤマハは防戦一方となってしまった。15分、30分にトライ&ゴールを決められ35-28と7点差に詰め寄られてしまった。
ただここで冷静なSO大田尾のDGが決まり3点を追加、試合は38-28でヤマハが開幕4連勝をかざったが、チーム状態としては前日試合のあったパナソニック、NTTコムのほうが格段にいいと思えた。
折り返し地点を過ぎたトップリーグであるが、パナソニックの強さが際立つ前半戦であったと思う。

[PR]
by motokunnk | 2015-12-07 09:22 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

ふるさと渋谷フェスティバルとラグビーとWEC、そして錦織圭

一昨日、昨日と代々木公園では「ふるさと渋谷フェスティバル2015」が開催された。あいにく一昨日は平日且つ雨だったので人出は閑散だったようだが、昨日は晴天とあって多数の人が来ていた。
d0183174_08421565.jpg
d0183174_08422307.jpg
渋谷区主催のこのフェスティバル、渋谷区の税理士会、医師会、警察なども参加してそれぞれのキャンペーン活動を行っていた。またNPO法人も参加して広報活動するなど、巨大なフリーマーケットともいえるイベントであった。
ラグビーW杯が終了しても人気は衰えず、かえって上昇しているようなここ数日の動きである。ちょうどなでしこジャパンがワールドカップで優勝したときを思い出す。そして今までは扱いも小さかったトップリーグが一般ニュースでも取り上げられるようになった。
五郎丸選手は一躍時の人になったようで、彼のスーパーラグビー参加もトップニュース扱いである。このままの人気を継続して2019年のワールドカップ開催を目指してほしいものである。日本代表の強化も忘れず、強い日本代表となってほしい。そのためには今週末開催の7人制ラグビーリオ五輪予選で優勝することが近道であるが。
WEC第7戦・上海6時間れーすが開催された。前戦の富士と同様、雨のレースとなり、セーフティカー先導でスタートした。レースはポルシェが安定した走りを魅せつけ、終わってみれば1、2位独占であった。3、4位がアウディ、トヨタは5、6位であった。
これでポルシェはコンストラクターチャンピオン決定となり、ドライバーチャンピオンが最終戦に持ち越されたのは昨年と同じである。
バーレーンでポルシェをドライブするウェーバーがチャンピオンを獲得できるか、注目である。決勝レースは11月21日にスタートする。
錦織圭がのATPワールドツアー・ファイナルに2年連続して出場することが決定した。その前に行われるATPマスターす1000・BNPパリバ・マスターズのドロー表が発表され、第6シードの錦織は初戦で世界32位のシャーディと対戦することとなった。今年の目標のひとつとなっているマスターズ大会の初制覇も残すはいよいよこの大会のみ、ぜひ目標実現となってほしい。

[PR]
by motokunnk | 2015-11-04 08:44 | 日記 | Trackback | Comments(0)

渋谷音楽祭と日本シリーズ

10月24日、25日と渋谷駅周辺では「渋谷音楽祭」が開催されている。今年で10回目だそうだが、回を重ねていくうちに規模が大きくなっているような気がする。一度聴いたことがある「ステーションコンサートin渋谷」も渋谷音楽祭の一環として開催されている。今回で4回目だそうだが、毎回クラシックの音色を聴かせてくれるので、私の中では楽しみなコンサートのひとつとなっている。
d0183174_09104322.jpg
d0183174_09105303.jpg
今回も弦楽器の美しい音色を聴かせてくれた。次回はいつ開催されるのだろうか、楽しみである。
夕方からは日本シリーズをTV観戦。直前にソフトバンクの内川選手の負傷、離脱が発表されたがこれでソフトバンクとヤクルトの戦力が拮抗するのではないかと思ったのは私だけではなかったと思う。
始球式には五郎丸選手が登場、サインボールをスタンドに投げ入れていたが、よく見るとミニチュアのラグビーボールだったそうだ。
d0183174_09110106.jpg
先発はヤクルト・石川、ソフトバンク・武田、初回のピンチを切り抜けた後は、投げ合いの様相で序盤3回を終了した。、
そして、4回裏一死で松田を打席に迎えた。その第4球目、外角シンカーを一振りすると打球はレフトスタンドに吸い込まれた。ソフトバンク先制である。松田選手、実は内川選手のロッカーから打撃用手袋を「無断」で拝借し、ユニホームのズボンの左ポケットに入れて試合に臨んでいたそうだ。
選手会長としてチームに勢いをつける一発であった。その後打線は6連打を放ち、この回3点をあげたが、拙攻も多かった。
一応先発全員安打で打線に勢いはついたようだが、チャンスでの一発はヤクルトの好守にはばまれ15安打で4点はちょっとさびしい。武田投手も完封目前で畠山選手に2ランを打たれたのは失敗だった。これでヤクルトは息を吹き返したと思う。今日の第2戦が楽しみである。
ラグビー・ワールドカップ準決勝のニュージーランド対南アフリカが開催された。試合はさすがに世界を代表するチームの対戦とあって緊迫した展開であった。
試合は20-18でニュージーランドが接戦を制して2大会連続して決勝に進んだ。連覇の可能性大である。
F1アメリカGPは公式予選が豪雨のため決勝当日の朝に行われる異常事態となった。決勝当日の予選も中止の場合はフリー走行3の結果でグリッドが決定されるそうだ。いずれにしろ、雨のアメリカGPとなりそうだ。

[PR]
by motokunnk | 2015-10-25 09:14 | 日記 | Trackback | Comments(0)