タグ:猫 ( 6 ) タグの人気記事

練習試合は大乱戦、アイスホッケーは大勝、そして猫の日

名護市営球場で強風が吹いた時の試合は乱戦となると言われているが、昨日の日本ハム対楽天の試合もそのジンクス通りの試合となった。
投手陣でいえば、合格点がつけられたのは、先発して吉田、加藤の2人だけだろう。吉田にしても先制点をもらった直後に被弾されるなど気をつけなければいけない点はあったが3回1失点の内容は評価できそうだ。
加藤にしても荒れた展開の試合で2回無失点はまずまずだが、登板初回、二死から2四球はいただけない。またこの回はほとんどの打者がフルカウントまでいってしまったことも反省材料であろう。
今年復活を期す斎藤佑樹、2番手で登場したが情けなかった。4点リードした直後の4回から登板したがいきなり死球を与えてしまったが次打者は注文通り、ショートゴロを打たせ、さあ併殺と思ったところショートがトンネルしてしまい、二死無走者となるところが無死1,3塁の大ピンチとなってしまった。
実践でもこういうことはあるだろう、その試金石と思いTVを注目していたが、続く打者から4連打を浴びてしまいまさかの3失点、同点のピンチを招くがここは1点差を守って続く5回もマウンドへあがった。そして銀次に2塁打を打たれると続くアマダーには軽々とレフトスタンドに逆転2ランをあび、2回5失点の内容であった。
過去2回の登板がそこそこだっただけに先発候補から大きく後退してしまう投球内容であった。特に失策から連打を浴びてしまったこと、不用意に投げたツーシームなど反省すべき点は多々あった。次の登板があるかどうかは不明(多分、栗山監督は登板させるであろう)だが、次の登板でも結果がでないようだと開幕一軍、先発ローテーション入りは絶望だと思う。
リリーフ陣もピリッとしなかった。鍵谷は投球がベルト付近に集中した一発を浴びてしまったし、白村も本来の出来とはかけ離れてボールが上ずっていた。
一方の打撃陣は観るものがあった。昨年の3割到達で自信を得た西川が2打席連発である。3打席目も無死2塁から引っ張っての進塁打とリードオフマンとしての役割をきっちり果たした。
d0183174_10000099.jpg
レアードにも一発がでたが、相変わらず中田、岡のバットからは快音が聞かれなかったのが気がかりである。一方若手は生きのいい打撃を魅せてくれた。
逆転された6回、二死1塁から横尾が幸運なヒットで1、3塁とチャンスをつくると、清水がタイムリーで6-6の同点に追いつき、失策を挽回しようと打席に立った石井一成は左投手から勝越しの2塁打を放った。
d0183174_09594954.jpg
続く松本もヒットで一気にこの回4点を奪った。連打での得点は日本ハムの得意とするところ、若手が連打をはなったことが評価できそうだ。
投手陣は有原、高梨は安定しており先発ローテ入り確実、メンドーサ、加藤、そして大谷を加えた5人はベンチ入り確定だろうが6人目の先発投手を誰にするかが?である。
また中継ぎ陣も不安要素は多々ある。谷元、宮西、マーティン、増井、あと数人は必要だと思うが果たして誰がノミネートされるのであろうか。キャンプはもう終わってしまう。
冬季アジア大会、女子アイスホッケーは香港と対戦した。格下相手に何点とるか注目していたが開始33秒での先制点から得点ラッシュ第1Pは17点、第2Pは18点、さすがに第3Pは攻め疲れたか11点止まりではあったが、46-0と大勝であった。
アジア大会の目標が無失点での全勝優勝なだけに後2戦、気が抜けない。特に世界ランクが16位の中国がスマイルジャパンにとっては残された強敵である。
2月22日は語呂合わせで「猫の日」である。渋谷ヒカリエでも今日までねこフェスと題して各店舗でネコ関連グッズを取り揃えて販売している。
d0183174_09594198.jpg
我家にも猫が3匹いるが猫の日を認識しているわけでもなく、朝からのんびりと寝転がっている。
ちなみに犬の日もありこちらは11月1日、猫関連では「招き猫の日」というのもあるそうでこちらは9月29日だそうだ。
参考URL → 乱戦・写真転載サイト
参考URL → ROUND ROBIN - GAME 9
参考URL → 【猫の日】
参考URL → スマイルJが向かう“理想的な到達地点”

[PR]
by motokunnk | 2017-02-22 10:02 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

ねこの写真展といえば岩合さん、そして御嶽山では9カ月ぶりに行方不明者捜索再開

最近、ねこの写真展開催の案内を各所で見かける。写真家の欄を見ると、大多数(ほぼすべてといっていいかもしれない)が岩合光昭氏の写真展である。
また夏休みになると、渋谷ヒカリエのホールでは多数の人が楽しめるイベントを開催することが定番となってきているようだ。今年もヒカリエホールでは夏休み向けのイベントが開催されている。
d0183174_08325933.jpg
ホールAでは「細田守監督作品『バケモノの子』展」、ホールBは「岩合光昭写真展『ふるさとのねこ』」が8月30日まで開催されている。昨日、ホールBで開催されている「岩合光昭写真展『ふるさとのねこ』」を観てきた。
今回の写真展は青森県津軽地方にスポットをあてて、母猫コトラと5月に出産した5匹の子猫の1年を写真に撮り紹介している作品展で子猫の成長が観てとれるものである。今までの写真展とは違って、1家族(とその周辺)にスポットをあてた点が新しい視点であり、春、夏、秋、冬と展示をわけている点も斬新であった。
d0183174_08330866.jpg
特に子猫のリッキーの写真は各所で見かけられ、ポスターにも採用される(確かにかわいい)ほどであった。
夜のプロ野球、日本ハムはオリックスと対戦し4-8で敗れてしまった。ソフトバンクが勝ったのでこれでまた6ゲーム差である。この試合、常に先制され、追撃の得点をあげるたびに失点してしまうという悪循環の繰り返しであった。今日の先発は有原航平、結果がだせない登板が続いているが、今日はどうであろうか。
そして9か月半ぶりに御嶽山では火山噴火に巻き込まれ今も行方不明となっている6人の捜索が再開される。
今朝から岐阜県、長野県両県から120名体制で行われるそうだ。
d0183174_08331747.jpg
29日の捜索は、これまでの目撃証言などから行方不明の6人がいたとみられる、山頂の「剣ヶ峰」周辺や「一ノ池」から「二ノ池」周辺、それに山頂南側の「八丁ダルミ」周辺で、金属探知機などを使って行われるという。行方不明者の発見が急がれる。

[PR]
by motokunnk | 2015-07-29 08:36 | 日記 | Trackback | Comments(0)

猫の不審死は大田区だけではない

先日来、ニュースで東京・大田区で猫の不審死の話題が取り上げられている。一昨日夜のニュースでは、公園内の餌からエチレングリコールが検出されたと報道されていた。
このエチレングリコールという物質は車のラジエーター内を循環させる液体として利用されており誰でも入手可能だそうだ。そしてこの物質を摂取すると吐き気やおう吐するらしい。確かに入っている容器には「飲むな」と書かれていたような気がする。
我家近くでも先月末にノラ猫が不審死している姿が目撃された。我家でもノラ猫を捕獲して避妊、去勢手術をさせているところである。また、町会の掲示板にはこんなポスターが貼ってもらった。
d0183174_08452477.jpg
いくらノラといっても命ある生き物、むやみに殺生するのはいかがなものかと思う。
参考URL → 猫不審死 「餌」から有害物質
参考URL → エチレングリコール
[PR]
by motokunnk | 2014-08-23 08:46 | 日記 | Trackback | Comments(0)

我家には猫がいる

前、書いていたブログでは猫についてかなり書いていたが、このブログになってからはほとんど猫については触れていなかった。d0183174_20492770.jpg別に深い理由はないが、もうかなり年をとり老猫となってしまったので取り上げなかったのかもしれない。
さて最近は寒くなってきたのか、夫婦2匹揃ってご覧のようにそれぞれのお決まりの寝床に入って暖をとっている。ちなみに前に写っている猫がお母さんで後の猫がお父さんである。子供の猫もいるのだがそれは遊んでいるようである。
[PR]
by motokunnk | 2011-11-22 20:51 | 日記 | Trackback | Comments(0)

床下から「ニャー」、子猫が電車を止めてしまった!

今日は今年2回目の土用の丑の日である。そして土用波という言葉もあるが、この時期になると海には大波が発生して海水浴ができなくなるといわれている。
今年は先週は雨模様で海水浴には不適であった。今週末はどうなるのであろうか、涼しい夏だとうれしいが、子供たちにしてみれば海水浴や山登りなど夏しかできないことを堪能したいと思っていることであろう。
さて、今日は昨日できた出来事について新聞の朝刊ではそのタイトルがユニークなものが多々あった。
「子猫が電車止めちゃった JR京浜東北線22分遅れ」「子猫が京浜東北線止めちゃったニャ~」「走行車両の床下から「ニャー」 15本に遅れ」などなど、いずれも昨日の朝におきた出来事について語っている。
TBSのニュースがYouTubeにアップされているのでそちらを見ると、子猫はクロネコ、生後3ヶ月くらいだそうだ。飼い猫のようで、人を見ても逃げないそうで持ち主を探しているとか、また遺失物扱いになるそうで、何ヶ月かすると希望者n引き取られるということ、すでに引き取りたいという希望者が数多く現れているそうである。
崖っぷち犬が有名になったが、この子猫も有名になるかもしれない。

YouTube → TBSニュース
[PR]
by motokunnk | 2011-08-02 19:10 | 日記 | Trackback | Comments(0)

地域猫と我家の猫

我家の周りはノラ猫が昔から多く住んでいる。そして我家にも4匹の猫が住んでいる。我家の猫は1匹は動物病院でもらったもの、そして1匹は購入したもの(スコティッシュフォールド:ブログの写真参照)、そして他の2匹はこの子供である。
すべてに命名されているが、名前はかわるもので生まれたときのものがそのまま呼ばれているわけではない。げんに動物病院でもらった猫は当初は「ネネ」であったが、牡であることがわかり、また子供のお父さんということもあり、最近はお父さんと呼ばれている。
さて、我家の猫については次回に紹介するとして、今回は渋谷駅近くに住んでいる猫について紹介する。
d0183174_9594398.jpg
渋谷駅から明治通りを恵比寿方面に歩き、一つめの信号脇(渋谷川をわたったところ)にこの猫たちは住んでいる。渋谷川沿いの居酒屋さんの店の前にはりっぱな猫小屋が建てられており、その中で自由気ままに生活しているようである。2匹で暮らしているようであるが、色柄などから兄弟(姉妹かもしれない)のようである。近所の猫好きさんの間では評判のようである。このような猫は果たして幸せなのであろうか。
我家の猫はとある事情から以前は外に散歩に出していたがそれを最近はしていないというよりは、禁止している。家の中での生活となっている。それに引き換え、この猫たちは自由にどこでも散歩することができるが、その分外敵も多く、身の危険にさらされることもあるであろう。また毎日の食事も心配かもしれない。猫にとって果たしてどちらが幸せなのか、よくわからないというのが今のところの答えである。
[PR]
by motokunnk | 2010-11-23 10:00 | 日記 | Trackback | Comments(0)