タグ:田中将大 ( 46 ) タグの人気記事

大谷で勝てない日本ハム、楽天OB対決は後輩に軍配、そしてWEC開幕戦

どうもめぐり合わせが悪いのか、大谷翔平が先発する日の日本ハム打線は湿りがちである。ただ大谷翔平も昨年より先発してからの投球がおとなしくなってしまったようにみえてしまうのは私だけだろうか。
また大谷先発の日は必ず先制点を奪われてしまっているところも昨年との差のようだ。ただ9回に打線が同点に追いつき、負けがつかなかったのは大きいかもしれない。しかし延長戦で増井が乱調で負けてしまったのはいただけない。
d0183174_09094488.jpg
これで大谷先発の日の勝敗は1勝3敗、昨年は4連勝だったので昨年同様の成績であれば5割キープはできていた。開幕投手でまだ勝利がないのはオリックス・金子、ソフトバンク・摂津と大谷だそうだ。次戦はソフトバンク戦が有力だが、果たして勝てるのであろうか。
WEC開幕戦がシルバーストンで開催された。予選結果をみると、アウディ、ポルシェの対決模様でトヨタは昨年同様、両メーカーに水をあけられてしまったような結果であった。予選は雨だったので、晴れの場合は違うだろうと期待していたが、ドライの路面でもアウディ、ポルシェとは速さが違った。
d0183174_09095293.jpg
d0183174_09100063.jpg
d0183174_09100905.jpg
大幅にマシンを改良してのぞんだ2016年シーズンであるが、まだまだアウディ、ポルシェとの差は大きいようである。ルマンまで2か月、最大目標のルマンで勝つことはまた夢となってしまうのであろうか。
今年は3メーカーのマシンもデザイン・カラーリングも異なり、判別しやすくなっているのは観戦していてわかりやすいのだが、やはりトヨタが速くないと面白くない。
MLBでは日本人投手対決が実現した。ヤンキースの田中将大とマリナーズの岩隈久志である。この両投手、楽天時代の先輩後輩であり、どんな投球をしてくれるのか楽しみであった。
まずは田中が1回に不運なヒットが重なって1点を失ってしまったが、2回以降は立ち直ったようだ。一方の岩隈は1回は無難な投球であったが、2回にA.ロッドに逆転2ランを打たれてしまった。甘い球ではあったので、制球ミスであろう。続く3回にもヒットを打たれ、盗塁、悪送球で無死3塁のピンチを招くとあっさり失点してしまった。
d0183174_09101801.jpg
これで1-3である。ただ無死2塁のピンチを無失点で切り抜けたことは大きかった。4回に1点をいれると5回はマリナーズ・青木が3塁打をはなち、同店に追いついた。しかし直後に失点してしまったのは痛かった。
結局岩隈、田中とも7回を投げ、それぞれ4失点、3失点であったが、田中には白星、岩隈には黒星がついてしまった。

[PR]
by motokunnk | 2016-04-18 09:13 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

田中将大5回2失点、そして木曜時代劇スタート

田中将大が昨日ブルージェイズ戦に先発した。初回から四球を連発するいつもとは違う投球内容で、きわどいコースに投げ込む球が外れてしまったため投球数がやたら増えていってしまった。
それでも1、2回は無失点で切り抜けたが、3回に死球、安打、2塁打で2点を先制されてしまった。ただ無死2塁のピンチを無失点で切り抜けたところはさすがであった。このままの投球数でいくと4回までに100球を超えそうであったが、4、5回はそれぞれ10球に抑えて5回で降板した。
d0183174_08465316.jpg
この試合の田中将大はベストピッチではなかったが、エースとして試合をコントロールする最低限の仕事は果たしたのではないだろうか。ヤンキースが逆転勝ちし、田中に負けはつかなかったのは幸いであった。次の登板は17日、マリナーズの岩隈との投げ合いになる。元楽天のチームメイト、どんな投球をするのか楽しみである。
マリナーズと言えば、地元で5連敗の真っ只中であったが、レンジャーズとの試合、延長10回に李大浩のサヨナラホームランがでて連敗を5でストップさせたようだ。
地元でのサヨナラホームランで李大浩もマリナーズの一員としてファンに認められたのではないだろうか。
そして今日からNHK木曜時代劇がはじまる。今回のシリーズは「鼠、江戸を疾る2」である。2014年に放送された「鼠、江戸を疾る」の続編のようである。
d0183174_08470158.jpg
キャストは小袖役が変更となった以外は前作と同じようなので親しみを持って観ることができそうだ。今回はどんなエピソードが映像化されているのであろうか、夜の放送が楽しみである。

[PR]
by motokunnk | 2016-04-14 08:49 | 日記 | Trackback | Comments(0)

リオ五輪、明暗分かれた昨日と勝てなかった田中将大

リオ五輪代表選考を兼ねた競泳の日本選手権2日目、注目の2人のスイマーが登場した。1人目は池江璃花子である。女子100mバタフライで昨日日本記録を出して注目されている選手である。d0183174_08543986.jpg
初めての五輪、そして1発勝負の決勝レース、タイムと順位が求められるレースでどんな結果を出してくれるか注目していた。レースは前半から頭一つリードした池江璃花子が50mのターンでは日本記録を更新するタイムもマークし、これで五輪切符は大丈夫と思えた。
しかし、ラスト10mでまさかの失速状態、当選ラインがバーチャルで表示されていたが、急激に池江璃花子に迫ってきてゴールの瞬間には?という結果であった。ゴールした瞬間にリオ五輪のマークがバーチャルで表示されたが、本人にとってはゴール直前に失速してしまったことが心配だったようだ。
ゴール後に流したうれし涙が印象的であった。まだまだ記録短縮が期待できる高校1年生、五輪までにどれだけタイムを短縮できるかで五輪本番でのメダル獲得が期待できる。
そしてもう一人、北島康介の100m平泳ぎ決勝は残念な結果となってしまった。順位も2位、タイムも標準記録をマークすることができず、5大会連続の五輪出場は200m平泳ぎにかかってしまうこととなった。1位であれば、メドレーリレー代表という可能性があっただけにタッチの差は大きかったようだ。
未明に雨で1日遅れとなったMLB・ヤンキースの開幕試合が行われた。アストロズとの試合は昨年のプレイオフと同じ組み合わせであり、そのときは負けているだけに田中将大にとってはリベンジをかけての登板である。
立ち上がりは3者凡退で退けた田中将大、順調な立ち上がりであった。すると味方打線は2回裏に二死2、3塁とチャンスをつかみ8番打者の2塁打で2点を先制した。田中将大は2巡目となった4回に先頭打者に2塁打を打たれると、次打者にも内野安打でチャンスを拡げられ内野ゴロで失点してしまった。そして6回にはホームランで同点とされ降板した。同点での降板は不本意であったと思う。
d0183174_08544844.jpg
アストロズの先発・カイケルは2回に失点してしまったが、回を追うごとに調子をあげ、5、6、7回は三者凡退に切り抜けた。そして試合は8回、ヤンキースのセットアッパーのペタンセスが四球、盗塁で無死2塁のピンチを招き、次打者は打ち取ったものの3番打者の投手ゴロを1塁へ悪送球して勝ち越し点を取られてしまい、結局3-5で開幕戦は黒星スタートとなってしまった。
今日はマリナーズの岩隈久志がレンジャーズ戦に登板する。マリナーズも昨日の開幕戦は黒星だっただけに連敗は避けたいと思う。ここは岩隈に踏ん張ってもらって今シーズン初勝利をあげてほしい。

[PR]
by motokunnk | 2016-04-06 08:56 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

田中将大の今年は終了、錦織はベスト8、いよいよCSはどこが生き残るか

田中将大がワールドシリーズ地区シリーズ進出決定戦のアストロズ戦に先発した。1試合で勝負が決する試合である。マー君は1回から全力で投球しているようであったが、2回と4回、それぞれ先頭打者に投じた初球を打たれてしまい5回2失点で降板した。
本塁打以外は投球数は多くなってしまったが、そこそこの投球でアストロズ打線を抑えていただけに残念な結果となってしまった。
一方楽天オープンでは錦織圭が2回戦でビッグサーバーのクエリーと対戦した。第1セットこそ、タイブレイクに持ち込まれてしまったが、第2セットは相手サービスゲームをブレイクして7-6、6-3のストレートでベスト8進出を決めた。
d0183174_08493439.jpg
この勝利は今シーズン50勝目だそうだ、昨年より早い50勝到達、今年こそATPマスターズ1000大会優勝が望まれる。その前に楽天オープン連覇である。
そしてセリーグも公式戦の全日程が終了した。広島が最終戦で敗れたことにより、阪神の3位が確定し、10日から行われるクライマックスシリーズはセリーグは巨人対阪神、パリーグは日本ハム対ロッテをなった。
個人タイトルもセパともに決定し、セリーグ打撃部門はヤクルト勢が独占した。それも川端、山田、畠山の3選手での独占は初めてのことだそうだ。
投手部門は4チームの選手が受賞したが、混戦セリーグ、最後までCS争いをした4チームの選手が受賞し、中日、横浜DeNaの選手は前年ながらゼロであった。
さて、10日からはセパともクライマックスシリーズがスタートする。パリーグは日本ハムとロッテが対戦するが、両チームの勢いが気になる。
ロッテが公式戦を4連勝で終えたのに対して日本ハムは4連敗、特に対ロッテ戦は勝ち越してはいるが、終盤は4連敗である。ロッテは石川、涌井が1、2戦の先発と思われるが、この両投手に対して日本ハムは今シーズン、3勝4敗、2敗と分が悪い。日本ハムは大谷、メンドーサが先発すると思うが、初戦必勝でとにかく10日の初戦、大谷の快投で勝利をもぎ取り勢いをつけて連勝して福岡に乗り込むことがイチバンである。

[PR]
by motokunnk | 2015-10-08 08:51 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

田中将大も有原航平も不安が残る先発であった

両投手ともプレイオフに向けての登板となったと思う。マー君はワイルドカードプレイオフ先発(ヤンキースはまだ確定していないが)に向けての登板であった。
しかし投球は安定していなかったようだ。いきなり3ランを打たれてしまい、5回を4失点の乱調であった。味方打線が追いつき黒星はつかなかったが、一発勝負のワイルドカードプレイオフだけにちょっと心配な内容であった。
有原航平も新人王獲得を目指してシーズンの最終登板であった。ロッテ打線に対して3回まではパーフェクトピッチングであったが4回に突如崩れ、満塁から押出し、犠飛で2点をとられてしまった。折角、中田の30号で先制しただけに惜しまれる四球であった。
続く5回も連打で2失点、新人王が遠のく6敗目となった。ロッテは連勝して5割復帰、西武が敗れたため、残り5試合で2勝すればよく俄然3位のメがでてきた。
d0183174_08452626.jpg
ロッテには5年周期で日本一になるというジンクスがあり今年はその5年目、日本ハムにとっては嫌な相手に連敗してしまった。残る2試合も敵地でのロッテ戦、すっきり2連勝してクライマックスシリーズをむかえたい。
一方、試合には負けてしまったが、西武の秋山がプロ野球記録となる215安打を打った。200本目もそうであったが、三遊間への内野安打で達成である。最終回にも3塁打を放ってシーズンの安打数を216本までのばした。
d0183174_08453260.jpg
残念ながら首位打者にはなれそうもないが、金字塔の記録をたてたことにケチはつかない。願わくば西武がクライマックスシリーズに進出できることを祈るのみであろう。
雨で順延となってしまったが、混戦セリーグもようやく先が見えてきた。ヤクルトがマジック1となり今日の阪神戦に優勝をかける。和製ライアンの異名を持つ小川の右腕が快投を魅せるであろうか、注目である。

[PR]
by motokunnk | 2015-10-02 08:47 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

野球、ラグビー、スポーツは筋書きのないドラマである!

まずMLB。ヤンキースの田中将大はメッツ戦に先発した。サブウェイシリーズとして有名であるが、今回はメッツの本拠での試合のため、マー君もバッターボックスにたつことになる。
マー君はほぼ完ぺきな投球内容であったが、失投ともいうべき球をすべてスタンドに放りこまれてしまい、6回2失点で降板、今シーズンの7敗目を喫してしまった。打線が湿っていただけで決してマー君の出来が悪かったのではない。優勝争いの中での敗戦は大きいがまだまだ望みはありそうだ。
そして夜のプロ野球、日本ハム対西武戦は大谷翔平がスライド先発した。自身の登板では2連敗中とあって、今回は初回からエンジン全開のようである。1四球をだしたが2三振を奪うなど好調のようである。
味方打線も初回から援護射撃をしてくれた。一死後中島のヒットに続いて田中が四球、中田がタイムリー2塁打でまず1点、近藤、レアードもタイムリーをはなち3点をあげた。
d0183174_08502379.jpg
大谷にしてみれば3点あれば十分のようであった。2、3、4、5回と許したランナーは自身のエラーでだしたのみ、ノーヒットピッチングである。ただ6回二死から初ヒットを打たれてしまい、続く打者にもタイムリー3塁打を打たれ、ノーヒットはおろか、失点までしてしまった。
後続打者は三振に打ち取りピンチを切り抜けると、谷口のホームラン、近藤のタイムリーで3点を追加してもらい、9回を2安打11奪三振2四球1失点の完投で14勝目をあげた。
日本ハムはこの勝利でクライマックスシリーズへの進出が確定した。目指すは2位での通過、そのためには今日も勝利することが肝心である。
そして深夜には歴史的な快挙が生まれた。それはラグビーワールドカップ。イギリスを舞台にはじまった大会、日本の初戦の相手は過去優勝2回、今回も優勝候補に挙げられている南アフリカである。
先日、NHK-BS1で放送されていたスポーツ番組(スポーツ酒場)でラグビーワールドカップの特集が組まれていたが、ラグビー専門家の意見では今回のワールドカップは予選突破は可能ではないかとされていた。
ただ、南アフリカには善戦してほしいが勝利は難しいという意見が大多数であった。誰も勝つとは思ってもいなかったこの試合、それが前半から互角の戦いをみせ、後半いったんは追いつくが、29-32と逆転されて残り数分。相手ゴールに迫ったところでペナルティの反則を得た。
いままでならキックを選択して同点としていたが、今年の日本代表はスクラムを選択! 見事にボールをつないで攻め続けてトライを獲得して34-32で南アフリカに勝利した。後半30分過ぎに南アフリカの選手がイエローカードで10分間退場で1人少なかったとはいえ、素晴らしい攻撃であった。
d0183174_08503178.jpg
きっと負けるだろうと寝てしまい、起きたのが午前2時40分頃、最後の歴史的瞬間を生放送で観れたのが救いであった。昼からの録画放送が待ち遠しい!

[PR]
by motokunnk | 2015-09-20 08:55 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

田中将大、チームの連敗ストップ、そして日本ハムも連敗脱出

MLB・ヤンキースの田中将大がブルージェイズ戦に先発した。アリーグ東地区での首位攻防地元での4連戦でなんと3連敗して背水の陣での先発であった。
もし敗戦すると自力優勝がなくなる瀬戸際での投球、田中将大は序盤から力投し、ランナーは出すが巧みな牽制でアウトにするなど好投、味方打線も2回に2点を先制すると、4回には2ランと効果的に得点を重ねた。
d0183174_08433743.jpg
マー君は7回を投げ、4安打、7奪三振、無四球、無失点の好投で12勝目をあげ、自力優勝に望みをつないだ。もし地区2位となってもワイルドカードでのプレイオフ進出の可能性はあるので、ヤンキース、マー君にとってはこれからが正念場ともいえる。
そしてプロ野球、日本ハム対オリックスが行われた。もしこの試合に負けると日本ハムは今シーズン初めて6連敗となってしまう。連敗ストッパーに指名されたのはメンドーサ、前回ソフトバンク戦での登板では5回途中7失点でKOされており、前回登板の汚名返上といえる登板でもあった。
メンドーサは初回、2回、3回とパーフェクトピッチングを披露し、味方打線も2回、3回、4回に得点をあげて序盤で6-1とリードした。5回に2点をかえされるが、その裏に2得点をあげ8-3とし連敗ストップのヒカリが見えてきた。
d0183174_08434404.jpg
終盤8回には白村が3者凡退におさえて、8-4で最終回は増井がマウンドにあがった。しかしこの増井にいつものキレがなく、いきなり連打、一死をとるが内野ゴロで8-5、二死をとり試合終了と思ったが、そこからまた連打を打たれて8-6、四球もだして二死満塁のピンチ、安達のヒットで8-7と1点差に追い上げられて糸井である。
さすがに糸井はレフトフライにおさえて連敗ストップを決めたが、まさに薄氷の勝利であった。とりあえずは連敗脱出、クライマックスシリーズに向けてチームをどうまとめていくか注目していきたい。

[PR]
by motokunnk | 2015-09-15 08:44 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

田中将大快投も12勝目ならず、そして線状降水帯

MLBヤンキースの田中将大が昨日のオリオールズ戦に先発した。オリオールズの先発はゴーズマン、岩隈久志がノーヒット・ノーランを達成したときの相手投手である。そしてマー君は夫人の里田まい妊娠発表の直後の先発であった。そのマー君、父親になる責任感の表れか初回からアウトの山を築きあげ、4回まではパーフェクト。5回に四球と内野安打でピンチを招いたが無失点に切り抜けた。
d0183174_08384837.jpg
しかし6回に被弾してしまったのは惜しかった。その裏にA・ロッドの30号で同点に追いついてもらうと8回を6安打10奪三振1失点の好投で投げ切った。勝敗はつかなかったが、10奪三振は今季初で地元メディアも「TanaKKKKKKKKKKa」と賞賛していた。
ヤンキースはアリーグ東地区でブルージェイズと熾烈な首位争いをしているが、マー君がこのような投球をくりかえせば地区優勝も可能であろう。
話はかわり、台風が去ったが関東地方は大雨が降っている。ニュースを見ていると線状降水帯というものがあり、これが関東地方に大雨をもたらしているのだそうだ。線状降水帯とは、湿った空気がぶつかりあって積乱雲が次々に発生していく現象のようで、それが昨日、そして今日の関東地方で現れているそうだ。昨年、広島県を襲った豪雨もこの線状降水帯がもたらしたものなのだそうだ。
d0183174_08385928.jpg
またひとつ知識が増えた。この歳になりうれしいことであるが、雨降りは陰気くさくなってどうも気分がはれなくて嫌である。

[PR]
by motokunnk | 2015-09-10 08:40 | 日記 | Trackback | Comments(0)

ドーム観戦は連敗してしまった

先日久しぶりに生で野球観戦をしたのだが、残念ながら応援している日本ハムは負けてしまった。やはり球場で応援するからには勝ってほしいものである。
そこで昨日もまた東京ドームに行くことにした。対ロッテ戦である。そして先発は大谷翔平、今年のロッテ戦は2試合連続して完封勝利と負けなしである。ただ心配点は東京ドームで勝利がないこと、新人のときに一度投げているだけ(オールスターでも投げていた)なのでその点が気がかりであった。
d0183174_10353298.jpg
球団初となる同一チーム3試合連続完封の夢は1回に潰えてしまった。先頭打者に四球をだし、2番打者にホームランを打たれてしまった。これで0-2となった。いつもの大谷翔平だと持前の修正能力を発揮して2回から立ち直るのであるが、この試合はどの球種もイマイチのようで、毎回のようにランナーを出す苦しい展開であった。
一方ロッテの先発石川は快投という言葉が当てはまるように日本ハム打線を手玉にとり、5回終了時点でノーヒットである。
嫌な予感がしたが、6回二死から陽岱鋼の初ヒットがホームランとなり、その後の連打で2-3と追い上げた。大谷翔平は6回でマウンドを降り、浦野がマウンドにあがったが、いきなり被弾され2-4とリードを拡げられてしまった。追い上げムードに水をさす負けパターンのゲーム展開であった。
d0183174_10353860.jpg
日本ハムも8回にセットアッパーの内を攻め、無死満塁と絶好のチャンスを作った。西川の打った打球はファーストゴロ、ランナーの陽岱鋼はうまくタッチを逃れたが、ファースト、キャッチャー、ショートとわたるダブルプレイが成立して結局無得点で終わってしまった。
試合は2-4で敗戦、東京ドームで観戦した試合は2連敗となってしまった。来年こそは観戦した試合で勝利してほしいものである。
そして今朝行われたヤンキース対レッドソックス戦で田中将大が中4日で先発した。初回に失点してしまったが、2回に味方打線が大量8点をとり、田中将大は楽に投球することができた。
d0183174_10354616.jpg
7回、四球をだしたところで降板したが、その後のヤンキースのリリーフ陣がよくなかった。この時点で12-3と大量リードしていたが、出てくるリリーフがしまりなく、結局ベタンセス、ミラーという勝ちゲームのセットアッパー、クローザーまで投入し13-8で勝利した。この勝利で田中将大は11勝6敗となった。
ヤンキースのブルペン陣はベタンセス、ミラー以外は信用できないメンバー揃いのようだ。こんなことではプレイオフ進出もおぼつかなくなってしまう。

[PR]
by motokunnk | 2015-09-03 10:38 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

野球ネタ、3つ

今日のブログは野球に関してである。まずはMLBの試合から。ヤンキースの田中将大がインターリーグのブレーブス戦に先発した。
ブレーブス戦は初先発とのことである。初回、いきなり5点のプレゼントをもらい、これで10勝目は決まりと思って観ていたが、ブレーブスの本拠地のマウンドがしっくりこないのかいきなりヒット、四球、ヒットで失点してしまった。
その後、ヒットは打たれたが何とか2失点で初回を切り抜けた。ただ打線は好調(相手投手が乱調だったせいかもしれない)で2回にも二死から連続得点をあげ、早くも9-2と試合を決定づけた。2回からは持前の修正能力を発揮して7回を投げ、1本塁打の3失点で10勝目をあげた。
ヤンキース史上8人目、戦後では3人目のデビュー2年連続2桁勝利達成である。日本人投手では野茂、松坂、ダルビッシュにつぐ4人目の快挙(?)である。
d0183174_08374491.jpg
そして今日はマリナーズの岩隈久志が前回の汚名をはらすべく登板する。先発捕手がスクレであることを期待するのだが、どうであろうか。
午後からはソフトバンク対日本ハムのパリーグ首位攻防戦、日本ハムは有原航平が先発した。初回、いきなり柳田に2ランを打たれてしまったが、それ以外は制球もよく安心して観ていられる。ただ、日本ハム打線、中田の負傷により打線が小粒になってしまい、ソフトバンク投手を打ち崩すもとができない。
有原は2、3回とソフトバンクを三者凡退に打ち取るが、4回松田に高めのボール球をレフトスタンドに運ばれてしまい、5回を4安打4失点で降板した。
d0183174_08375280.jpg
日本ハムの8回の粘りを考えると、松田への1球が悔やまれるのだが、これも野球、1年目の有原にとっていい勉強になったのではないだろうか。
そしてU-18ワールド杯、若き日本代表チームは強敵アメリカと対戦した。佐藤世那が先発である。自慢の鋭く落ちるフォークを武器に2回に3者連続三振を奪うなど、4回まで2安打無失点と快調なピッチングを披露した。
一方の打線は5回に奮起し足を絡めた見事な攻撃で一挙3点を奪った。佐藤にとって3点あればOKであった。結局アメリカ相手に5安打9奪三振の完封劇を演じて日本チームに2勝目をプレゼントした。今日のオーストラリア戦、勝利すると次のステージが見えてきそうである。
d0183174_08380184.jpg
海の向こう、ドイツミュルブルグリンクではWECの6時間レース予選が行われ、ポルシェがフロントロー独占の速さを魅せつけたそうだ。アウディに続きトヨタは5、6番手だそうだ。富士に向けてのいい流れは出来そうもなさそうだ。

[PR]
by motokunnk | 2015-08-30 08:39 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)