「ほっ」と。キャンペーン

タグ:競馬 ( 213 ) タグの人気記事

厩舎、騎手、そして馬が初G1勝利を目指す、フェブラリーS

カフジテイクが勝てば、オーナー、厩舎そして騎手が初G1勝利となる。根岸Sの再現を演じればG1勝利は堅いと思われる。
d0183174_17415828.jpg
後は津村騎手がどこまで落ち着いて騎乗できるかであるが馬を信頼して騎乗すれば勝利はついてくると思う。
対抗はゴールドドリーム、お父さんのゴールドアリュール死亡の報があっただけに弔いの意味でも頑張ってくれるであろう。
3番手は同じゴールドアリュール産駒のコパノリッキー、この馬が勝つと史上初の同一G1勝ち3つとなる。
抑えにはベストウォーリア、エイシンバッケン、ノンコノユメとした。果たして明日はどの馬が最初にごーるするのであろうか。

フェブラリーSの予想
◎ カフジテイク
〇 ゴールドドリーム
▲ コパノリッキー
△ ベストウォーリア、エイシンバッケン、ノンコノユメ

[PR]
by motokunnk | 2017-02-18 17:42 | スポーツ全般 | Trackback(6) | Comments(0)

シュヴァルグランが悲願達成の予感

クリスマスの有馬記念、2005年は圧倒的な人気だったディープインパクトを破ってハーツクライが悲願のG1を制覇した。
d0183174_08574360.jpg
そして今年のクリスマス、ハーツクライの産駒であるシュヴァルグランがこれまたG1初制覇を飾ると予想する。中山小回りコースが若干苦手であるとはいえ、調教の動きをみると絶好調である。ハーツクライのように前目につけたレースをすれば活路は見いだせそうだ。そして対抗にはキタサンブラック、1番枠から最短コースを逃げてゴールするといういつものパターンが再現できればJC、有馬の連勝も夢ではなさそうだ。
3番手にはミッキークイーン、調教の動きがよかったので推すことにした。おさえはゴールドアクター、サウンズオブアース、サトノダイヤモンドとした。今年最後のG1レース、最後に笑うのはどの馬だろう。
参考URL → 有馬記念・調教BEST5

有馬記念の予想
◎ シュヴァルグラン
〇 キタサンブラック
▲ ミッキークイーン
△ ゴールドアクター、サウンズオブアース、サトノダイヤモンド

[PR]
by motokunnk | 2016-12-24 16:53 | スポーツ全般 | Trackback(10) | Comments(0)

朝日杯フューチュリティステークス、今年は牝馬

朝日杯フューチュリティステークスの予想だが、今年は格上牝馬が一頭出走する。その名はミスエルテ、先週阪神JFを制したソウルスターリングと同じ父を持つ牝馬である。
d0183174_09260446.jpg
過去2戦連勝している点もソウルスターリングと同じである。ここはこの馬が本命で間違いない。対抗はレッドアンシェル、この馬も連勝しているので要注意と思う。
3番手はタガノアシュラ、鞍上に朝日杯初制覇をプレゼントできるであろうか、実力は間違いなく一級品である。おさえにタガノアシュラ、モンドキャンノ、トリリオネアを指名する。
明日はどんなレースとなるのやら、楽しみである。

朝日杯FSの予想
◎ ミスエルテ
〇 レッドアンシェル
▲ タガノアシュラ
△ タガノアシュラ、モンドキャンノ、トリリオネア

[PR]
by motokunnk | 2016-12-17 17:16 | スポーツ全般 | Trackback(7) | Comments(0)

阪神JF、2歳牝馬はよくわからない

2歳牝馬はどの馬にもチャンスはあると思うので、文字通り山勘で馬を選んでみる。山勘といっても連勝中の馬に一応敬意をはらって本命はソウルスターリング、鞍上もルメール、距離も不安なし問題ないと思う。
d0183174_09453498.jpg
対抗はこちらも連勝中のリスグラシュー、鞍上が乗り替わりとなるが戸崎であれば問題なし、大外枠も前戦で経験済なのでこれも問題ないだろう。
3番手はヴゼットジョリー、連勝中だが休養明けのハンデがあるので3番手までとした。おさえにはディーパワンサ、サトノアリシア、ゴールドケープとした。明日はどんなれーすとなるのだろう。

阪神JFの予想
◎ ソウルスターリング
〇 リスグラシュー
▲ ヴゼットジョリー
△ ディーパワンサ、サトノアリシア、ゴールドケープ

[PR]
by motokunnk | 2016-12-10 17:07 | スポーツ全般 | Trackback(7) | Comments(0)

チャンピオンズカップ、コパノリッキーが逃げて勝つ

中京で開催されるようになったチャンピオンズC、今年はコパノリッキーの逃げが決まりそうな予感がする。鞍上のルメールは2歳以来であるが相性はいいので問題ない。
d0183174_17290243.jpg
武・アウォーディーが強力だが、ここは一泡ふかせてくれることを期待したい。そして対抗はノンコノユメ、鞍上にムーアをむかえているだけに陣営の初G1取りの執念がうかがえる。
3番手はアウォーディー、おさえにラニ、アポロケンタッキー、モーニンとした。明日はどんなレースとなるのであろうか。

チャンピオンズCの予想
◎ コパノリッキー
〇 ノンコノユメ
▲ アウォーディー
△ ラニ、アポロケンタッキー、モーニン


[PR]
by motokunnk | 2016-12-03 17:29 | スポーツ全般 | Trackback(10) | Comments(0)

JCはゴールドアクター

ジャパンカップは昨年の有馬記念でみせたような素晴らしい走りをゴールドアクターが魅せてくれフィニッシュラインを真っ先に通過する。
春の天皇賞は度外視しれば、このところ6連勝であるこの馬、3000m未満であればパーフェクトな強さを魅せてくれる。従って本命間違いなしといっていいだろう。
d0183174_09140042.jpg
そして対抗はシュヴァルグランとした。前走のアルゼンチン共和国杯の勝ちっぷりが見事であった。休み明けであの足が使えるのであれば2走目ボケがない限り、確実に伸びてきそうである。逆転の可能性もあるが、大外枠が影響すると思うので対抗までとした。
3番手にはキタサンブラック、東京の2400mで実績がないのが欠点であり、3000m以上では無類の強さを魅せるが果たして2400mではどうであろうか。前走は勝利しているがイマイチ感は残る。
抑えにはディーマジェスティ、ルージュバック、レインボーラインとした。どの馬が勝ってもおかしくないジャパンカップだと思う。

ジャパンカップの予想
◎ ゴールドアクター
〇 シュヴァルグラン
▲ キタサンブラック
△ ディーマジェスティ、ルージュバック、レインボーライン

[PR]
by motokunnk | 2016-11-26 19:17 | スポーツ全般 | Trackback(12) | Comments(0)

マイルCSの予想は、イスラボニータ


明日の淀は晴れだそうだ。馬場がどうなるかが課題だが、私はイスラボニータが戴冠すると考える。ルメールになって2戦目、そろそろ馬の能力も把握して本領発揮と願いたい。
d0183174_09071880.jpg
対抗はサトノアラジン、里見オーナー、菊花賞に続いて戴冠となる可能性は高い。3番手にミッキーアイル、そしておさえはロードクエスト、フィエロ、ガリバルディとした。
馬場がどこまで回復するか、ひょっとすると馬場状態で波乱もありそうだ。

マイルCSの予想
◎ イスラボニータ
〇 サトノアラジン
▲ ミッキーアイル
△ ロードクエスト、フィエロ、ガリバルディ

[PR]
by motokunnk | 2016-11-19 20:21 | スポーツ全般 | Trackback(10) | Comments(0)

今年は3歳、パールコードが勝ち切る予感

エリザベス女王杯、今年はパールコードが勝つような気がする。
d0183174_08552714.jpg
秋華賞ではヴィブロスに交わされて2着であったが、直線の伸びは鋭かった。今回は斤量も54kgと他馬より2kg軽いこともメリットとなろう。大外枠からの出走となるが15頭立てなのでそれほどマイナスにはならないはずである。
最後の直線ではじけてほしい。鞍上の川田騎手も今日は3勝しており好調のようだ。対抗にはマリアライト、2200mのG1を連勝しているのが決め手である。3番手はクイーンズリング、おさえはミッキークイーン、シュンドルボン、シャルールとした。
牝馬の頂点にたつのはどの馬になるのだろうか、明日が楽しみである。

エリザベス女王杯の予想
◎ パールコード
〇 マリアライト
▲ クイーンズリング
△ ミッキークイーン、シュンドルボン、シャルール


[PR]
by motokunnk | 2016-11-12 16:37 | スポーツ全般 | Trackback(12) | Comments(0)

頑張れサトノクラウン、天皇賞は適距離だ!

菊花賞、スワンSと里見治氏所有馬が重賞連覇しているので、3連覇を期待してサトノクラウンを本命とした。この馬の3歳弥生賞は強かった。そのときの鞍上が福永祐一、そして今回も福永祐一なのでここは一発いってほしい。
d0183174_09284411.jpg
福永も秋華賞制覇、菊花賞は2着とG1連対中なので心強い。対抗はルージュバック、3歳時は最優秀牝馬と噂された逸材だけに本格化したこの秋はこの馬がきてもおかしくない。
3番手にエイシンヒカリ、おさえはリアルスティール、ラブリーデイ、ロゴタイプとした。府中の2000m、最初にゴール板をよぎるのは果たしてどの馬になるのだろうか。

天皇賞・秋の予想
◎ サトノクラウン
〇 ルージュバック
▲ エイシンヒカリ
△ リアルスティール、ラブリーデイ、ロゴタイプ

[PR]
by motokunnk | 2016-10-29 16:47 | スポーツ全般 | Trackback(11) | Comments(0)

三冠レースの最後、菊花賞はサトノダイヤモンド

春の二冠で惜敗続きだったサトノダイヤモンドが最後の一冠を取ると思う。前哨戦もしっかりと勝ち切ってしまうあたりに成長を感じさせてくれる。淀の3000mを一気に駆け抜けてくれそうだ。
d0183174_08474010.jpg
対抗はディーマジェスティ、皐月賞に続く二冠取りは可能と思われる。セントライト記念を勝っての参戦だけにこのレースでの勝利も十分ありえそうだ。
3番手はカフジプリンス、抑えにはミッキーロケット、レインボーライン、エアスピネルをあげておく。明日はどんな競馬となるのであろう、楽しみである。

菊花賞の予想
◎ サトノダイヤモンド
〇 ディーマジェスティ
▲ カフジプリンス
△ ミッキーロケット、レインボーライン、エアスピネル

[PR]
by motokunnk | 2016-10-22 17:50 | スポーツ全般 | Trackback(7) | Comments(0)