タグ:錦織圭 ( 199 ) タグの人気記事

集団的自衛権とウィンブルドン、そしてW杯

昨日夜のトップニュースは集団的自衛権行使容認の話題であった。通常国会中での閣議決定を目指した安倍内閣であったが、公明党の説得に時間がかかり、国会会期中での決定は無理であった。
d0183174_955328.jpg

一方で、首相官邸前での抗議活動は日ごとにエスカレートしているようで、昨晩も多数の国民が集合して集団的自衛権の行使反対を叫んでいた。自国が攻撃されていなくても密接な関係にある国への攻撃を阻止する集団的自衛権の行使を認めるため、憲法解釈を変更するというのが安倍首相の考えであるが、「自国が攻撃されていなくても密接な関係にある国」の解釈をめぐっての議論をもっと慎重にしたほうがいいと私は考える。
専守防衛という考えを日本とっていたと思うが、これは明確に日本が攻撃された段階で対応することであり、たとえば北朝鮮からミサイルが発射された後でないと防衛できない状況である。これを今回の解釈変更によれば、可能になるというのが安倍首相の言っていることであるが、これは個別自衛権でも十分対応できるのではないかと思う。
集団的自衛権とアメリカを意識してのことだろうが、戦争大好きな国民性を持つアメリカと共同歩調をとることが果たしていいのか、ここはじっくりと考えて結論を出すべきだと思うのだが。
かたい話はこの程度として後はテニスをサッカーの話題を少々。テニスの4大大会の一つである全英選手権がウィンブルドンで開催されている。
d0183174_961439.jpg
全仏大会を欠場した錦織圭が自身初となる4回戦進出を決めた。日没順延となった3回戦、格下相手にフルセットまでもつれた試合を最後はしめてこれでベスト16である。ベスト8進出をかけて次は第8シードのM・ラオニチと戦う。これに勝てば日本人として松岡修造以来19年ぶりのベスト8である。
そしてサッカーW杯決勝トーナメント1回戦の2試合はどちらも熱戦だっとようだ。フランスvsナイジェリアは前半は0-0、後半30分を過ぎるまで得点の予感はするがスコアは動かないという展開だったようだ。そして34分にフランスが先制、ロスタイムにもダメ押し点を奪い、2-0でベスト8進出を決めた。1時間ほど前に終了したドイツvsアルジェリア戦はまさに死闘という表現がピッタリの戦いであった。
d0183174_96271.jpg

ボール支配率ではドイツが上回っているようであったが、アルジェリアのカウンター攻撃は素晴らしく、何度もドイツゴールを襲い、GKノイアーの攻守に助けられていた。
後半はドイツも決定機を多数つくるがあと一歩及ばずに試合は延長戦へ突入した。そして延長開始早々に得点シーンが生まれた。開始2分にドイツが待望の先制点を入れたのである。ドンピシャリのタイミングというわけではなかったが、ヒールで押し込む技ありのゴールだった。
これで少し楽になったドイツであるが、延長後半10分過ぎにはアルジェリアにあわやというシーンが訪れる。そして延長後半15分にドイツにダメ押し点がはいり、勝負あった。と思われたが、延長後半ロスタイムにアルジェリアに1点返され、スコアは2-1であったが、見ていて面白い内容の試合であった。
ただ、残念なことがあったそうで、試合中にドイツ代表GKマヌエル・ノイアーに対してレーザーポインターが当てられた。22日に行われた韓国対アルジェリア、27日のロシア対アルジェリア戦でも確認された行為、いずれもアルジェリア戦であるが、どうなっているのであろうか。
さてW杯決勝トーナメント1回戦も残り2試合、アルゼンチンvsスイス、ベルギーvsアメリカである。ここまで6試合はすべて予選1位突破のチームが勝利しているのでアルゼンチン、ベルギーが優勢だと思うが果たして結果はどうなることであろうか。
参考URL → 集団的自衛権・写真転載サイト
参考URL → 大会初の4回戦進出・写真転載サイト
参考URL → サッカーW杯・写真転載サイト
[PR]
by motokunnk | 2014-07-01 09:07 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(2)

1988年の再来か、スペインGPでのメルセデスの強さは異次元

スペインGPが終わったが、メルセデスの強さが再度確認できるレースであった。予選からメルセデスの2台は他のマシンを圧倒して、予選3位のリカルドとの差はポールのハミルトンから1秒以上もあった。
スタートもハミルトンが好スタートをきり、2位のロズベルグもまあまあのスタートで1周目からメルセデスのワンツゥ体制が確立され、後はどちらのメルセデスが勝つか興味はその一点のレースとなった。
d0183174_924174.jpg

チームメイト同士のバトルはなかなか見ごたえがあり、最後は両者の差は1秒未満という接戦であった。ワンミスが勝利を決める展開であったといえるが、事前から予想されてはいたが、今年のメルセデスの強さは1988年のマクラーレンホンダの強さに匹敵すると思う。あの年もプロスト、セナがぶっちぎりでライバルを蹴散らして優勝争いを繰り広げた。そのシーズンの再現を見ているようである。
ただ、ひとつの光明はレッドブルである。予選15番手に沈んだベッテルが決勝レースで4位に入ったことである。新品タイヤとの相性がよかったようで、今シーズンのベストレースであった。次は伝統のモナコGP、コース上での抜きどころは少なくピットワークが勝負の分かれ目といえる。予選順位も影響するので、予選から目が離せない。小林可夢偉はスタートダッシュを決めて予選順位よりポジションアップしてレースをすすめたが、ブレーキトラブルでリタイアしてしまった。ニューパーツも2日間のテストで熟成を予定しているよいうので、モナコでの走りに期待である。
さて、錦織圭のマドリッドオープン決勝である。クレーコートの王者・ナダルとの対戦はあわやと思わせる展開であったそうだ。今までナダルとは6連敗中で1度も勝ったことがなかったのがうそのようなはつらつとしたプレイ全開で、第1セットは相手サービスゲームを2度ブレイクして6-2で勝利。第2セットに入っても最初のゲームをブレイクしてこれはナダルから初勝利と2週連続優勝かと思わせたが、第7ゲーム終了時に、錦織がメディカルタイムアウトで痛めている腰のマッサージを要求。
d0183174_92591.jpg

その後も試合に復帰したが、それまでの好調さは影を潜めてしまい、4-6でナダルにセットを取られてしまい、ファイナルセットも3-0となった時点で腰痛から棄権してしまい、2週連続優勝の夢はついえてしまった
タラレバではないが、もし錦織の腰がベストの状態であったらと悔やまれる。この結果、錦織のATP世界ランキングは堂々の第9位となり、本人に目標であるベスト10入りが現実のものとなった。今後は腰の状態を考えながら出場するトーナメントでは全力をつくしてランキングを少しでも上げられるように努力してほしい。
今日はサッカーW杯・日本代表の発表が午後2時から行われる。誰が選ばれるのか興味津々、先日ドイツのあるクラブからフライング気味の発表があったがそのメンバーは果たして選ばれているのかも興味がある。
参考URL → スペインGP・写真転載サイト
参考URL → マドリッド・オープン男子・写真転載サイト
[PR]
by motokunnk | 2014-05-12 09:03 | スポーツ全般 | Trackback(3) | Comments(0)

マー君、ダルビッシュ、錦織圭が世界で活躍中

昨日は朝から海外で活躍する日本人選手が登場した。そしてある意味、記録を残した。まずMLBではヤンキースのマー君とレンジャーズのダルビッシュが同時刻に先発した。相手はマー君はブリュワーズ、ダルビッシュは昨年のワールドチャンピオンチームのレッドソックスであった。
d0183174_8593181.jpg

NHK-BSではマー君の試合を中継していた。マー君は初回こそ四球を出してしまうが後続を抑えて無難な立ち上りで1、2、3回と無失点で抑えていく。ブリュワーズ戦はインターリーグなので打席にもたったがすぐに打てるわけではなく三振であったのはご愛嬌か。味方打線は4回にソラーテの3ランなどで4点をあげてマー君をサポート、マー君はクオリティスタートの条件である6回を2失点で投げ切り5勝目をあげた。
NPB時代から続く連勝を33としたが、今のマー君にとってはそんなことはどうでもいいことなのかもしれない。さてNHK-BSの中継ではあるタイミングで突如レンジャーズ戦の中継に切り替わってしまった。場面は8回のダルビッシュ投球シーンからでなんとノーヒットピッチングをしているという。7回2死からオルティスのフライをライトがエラーしてそうでランナーは四球を含めて2人だけという。
d0183174_8594827.jpg

ダルビッシュといえば昨年の開幕戦であわや完全試合という快投をしており、その再現を期待したのであるが、今回もまた最後の打者となったオルティスにゴロでセカンド右を抜かれてしまい、ノーヒットノーランはお預けとなってしまったが、自身の3勝目は楽々ともぎ取った。ここ2試合を見ると、レンジャーズ打線の援護もあり、開幕当初の貧打に泣かされることはなくなったようだ。マリナーズの岩隈投手も2勝目をあげており、今年のMLBは日本人投手が大活躍しそうである。ヤンキースの黒田投手やメッツの松坂投手も忘れてはいけない存在だった!
そして今朝のニュースではうれしい話題が飛び込んできて。テニスの錦織圭選手がマドリッドオープンの準決勝で第5シードのフェレール選手を2-1のフルセットで破って2週連続して決勝進出したことである。先週の優勝は自分より上位のランカーとは当たらないという幸運(すべて実力だと思うが)もあったが、今回は3回戦でランク9位のラオニチ選手を破り、準決勝ではランク5位のフェレール選手を撃破しての決勝進出である。
そして準々決勝を勝った段階で12日に発表となる世界ランキングでのトップ10入りが確定したそうだ。男子としては日本人史上初の快挙である。女子でも過去にクルム伊達選手、杉山愛選手の2名しかおらず、すばらしいことだと思う。準々決勝後のインタビューでは常時ベスト10にいられる選手を目指していくとのことである。決勝は世界1位のナダル選手過去6戦全敗の相手だが無欲でぶつかっていってほしい。ファイナリストになって世界9位が確定したようだが、もうひとつ高みを目指してほしい8位と9位のポイント差は1500ポイントと離れているが、今の錦織選手であればその差は追いつけそう。怪我(ニュースでは準決勝の試合中にメディカルタイムアウトをとり、持病である腰痛のマッサージをしていた)に注意し、試合に全力をつくすことが望まれる。
d0183174_90649.jpg

今日はF1スペインGPが行われる。ハミルトンが連続ポールを獲得しているが、果たしてハミルトン+メルセデスの勢いを止めるチームはあるのだろうか、フェラーリなのかレッドブルか、こちらも興味津々である。
参考URL → 田中将が開幕から無傷の5勝目・写真転載サイト
参考URL → ダルビッシュの何がどう凄かったのか
参考URL → 世界9位の錦織がナダルとの決勝へ・写真転載サイト
[PR]
by motokunnk | 2014-05-11 09:02 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

渋谷の区立松濤美術館では

渋谷区の区立美術館は東急百貨店本店の近くにある。そばに区立の鍋島公園があり、閑静な住宅街(昔はそうであったが)の中に建設されている。先ごろ改修工事が行われて今年の3月からリニューアルオープンしている。毎週金曜日が渋谷区民無料公開日となっているところがうれしい。
d0183174_9383795.jpg

そしてリニューアル後の展示会は「リニューアル記念特別展「ねこ・猫・ネコ」である。それも前期と後期に分かれての展示ということだ。GW最中に展示の入れ替えがあり、現在は後期である。前期と後期それぞれ展示を見に行ってきた。松濤美術館は展示スペースが地下1階と2階の2カ所になっておりそれぞれ美術館としては中規模に属する広さとなっているようだ(あまり美術館めぐりをしたことはないのであくまで感覚だが)。
前期と後期と2回に分けて展示をするというので期待していたが、後期の展示は前期の展示とそれほど入れ替わりはなく、少々がっかりというのが第一印象であった。主だった絵画や掛け軸、彫刻などは前後期とも同じものが飾られていた。間で休館日をとらずに前期と後期開催があったことを考えると作品の入れ替えは少なかったのだろうと後から思ってしまった。
唯一違った点と言えば、愛猫の写真を持っていくと何割か入場料が割り引かれる制度があったので、前期と後期では貼られている(持参した愛猫の写真をパネルに貼ることができる!)写真の枚数がかなり違って後期ともなると貼りきれない枚数となっているようであった。
d0183174_9385247.jpg

毎週金曜日の無料開放は何もリニューアル記念展示だけではなさそうなので興味ある展示会は金曜日に訪れることにしよう。
今朝のネットニュースでは、マドリッドオープンで錦織圭がベスト8に進出したそうだ。2週続けてのクレーコートでの快進撃、どこまで連勝は続くのであろうか。またサッカーW杯の日本代表が12日に発表されるようだが、大迫の所属チームから予備登録選手名が漏れてしまったようだ。
それによれば、「大迫のほかに、MF長谷部誠、MF清武弘嗣(ともにニュルンベルク)、MF細貝萌(ヘルタ・ベルリン)、FW岡崎慎司(マインツ)、DF酒井高徳(シュツットガルト)、DF酒井宏樹(ハノーファー)、DF内田篤人(シャルケ)のブンデスリーガ所属選手が予備登録メンバー30人に選出されたと伝えている。」とのことである。なんか興ざめな出来事ではある。
参考URL → 松濤美術館
参考URL → 錦織圭、2度のタイブレークを制す
参考URL → 日本のW杯予備登録メンバーの一部をフライング発表?
[PR]
by motokunnk | 2014-05-09 09:39 | 美術館・博物館・美術 | Trackback | Comments(0)

錦織圭がクレーコートで初優勝、そして今日は「しぶやの日?」

昨日のブログでも書いたが、錦織圭選手がバルセロナオープンでクレーコートでは2回目となる決勝に進出した。そして決勝が昨晩行われた。決勝の相手はコロンビアのサンティアゴ・ヒラルド選手で過去4勝1敗と相性のよい選手である。
試合はいきなりサーブをブレイクされてしまったが、その後は安定した強さを見せつけ6-2、6-2のストレートで勝利し、初のクレーコート開催トーナメントでの優勝を決めた。また年間2勝をいうのも自身初のことだそうだ。
d0183174_848168.jpg

クレーコートは苦手意識があったようだがこの優勝で払拭されたと思うのでグランドスラムの全仏オープンでの活躍が期待される。ランキングも今回の優勝でかなり上がりそう、目標のベスト10入りはもう目の前である。
南米アルゼンチンではMotoGP第3戦のアルゼンチンGPが開催された。こちらは昨年のチャンピオンであるM.マルケス選手が3戦連続となるポール・トゥ・フィニッシュを決めたそうだ。MotoGPクラスに日本人として唯一参戦している青山博一選手は10位フィニッシュ、同僚のN.ヘイデン選手を抑えてのフィニッシュであった。
M.マルケスは昨年MotoGPクラスにステップアップしていきなりチャンピオン獲得、そして今年は開幕3連勝、この強さ、速さはどこまで続くのであろうか、ロッシをすでに超えてしまったような気がする。
そして今日はしぶやの日だそうだ。428が「しぶや」と読めるということでしぶやの日となったという説もあるが定かではない。しぶやの日といっても公共施設が無料開放されたり、学校が休みになったりすることはなく、渋谷区のホームページを見ると「4月28日は「しぶやの日」で「渋谷区一斉清掃の日」です。この日を中心に一定期間、区民、事業者及び区が一体となって清掃活動や環境美化に関する啓発活動を行います。」
とある。カミさんも朝から町会のゴミ掃除活動に参加している。午後2時からは渋谷駅周辺でも清掃活動も実施されるそうだ。興味のある人は参加してみてはどうだろうか。
参考URL → クレー初優勝・写真転載サイト
参考URL → M.マルケスが3戦連続のポール・トゥ・フィニッシュを達成
参考URL → しぶやの日
[PR]
by motokunnk | 2014-04-28 08:48 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

メーデーと豪州競馬とバルセロナオープンと

昨日は代々木公園まで散歩に出かけると、メーデー中央大会が開かれていた。午前10時過ぎに行ったので、会場周辺では各労働組合が集合して代々木公園にむかう準備をしている姿も見受けられた。
d0183174_851494.jpg
d0183174_8511778.jpg

彼らは5月1日にはどうするのだろうと余計な心配をしてしまったが、それはそれ各団体で参加する人のアサインは考えているのだろう。会場はゆるキゃラなどもみられ、労働者の祭典というよりは代々木公園で開かれているフェアと間違えてしまう。ただ、設置されたスピーカーから聞こえる声がメーデーを感じさせる内容であった。
安倍首相も来賓挨拶で祝辞を述べているのがスピーカーから聞こえてきたが、自民党の首相がメーデーに参加するのは小泉元首相以来とか、また個人の私邸が代々木公園のそばにあるそうで、メーデーのシュプレヒコールはよく聞こえていたと話していた。アベノミクス打倒などと看板に書かれていた中での挨拶はどんな感じがしたのであろうか。談話など聞いてみたくなった。
さて午後、ネットニュースを見ていると、ハナズゴールが豪州のG1レースで勝利したというニュースが目にはいった。ハナズゴールといえが一昨年のクラシックレースで活躍した牝馬である。オーナーがオーストラリア人だそうで、それで豪州のG1レースに参戦しているようだ。G1レース3連戦の3戦目でつかんだ初勝利、今日開催される香港クイーンエリザベス2世カップの日本馬2頭の追い風になりそうな勝利であると思う。
そして今朝の新聞ではテニスの錦織圭選手がテニスのバルセロナオープンで決勝に進出したそうだ。ATPワールド・ツアー500大会での決勝進出は3回目、クレーコートでの決勝進出は2回目だそうだ。決勝の相手は世界65位のサンティアゴ・ヒラルド選手だそうだ。ツアー5勝目は目の前である、自身の目標であるランキング10位以内へ頑張ってほしい。
また26日に行われたブンデスリーガ第32節でマインツの岡崎慎司選手がゴールを決めて、2011ー12シーズンに当時ボルシア・ドルトムントに在籍していた香川真司選手が記録した13ゴールを超え、欧州主要リーグ日本人最多得点記録を塗り替えた。6月に開催されるW杯にむけての朗報である。香川選手もマンUで先発出場したようで、マンU監督交代で出場機会が増えそうなこともいい傾向のようだ。サッカー日本代表、W杯にむけて視界良好となるには本田選手の活躍待ちだけかもしれない。
参考URL → ハナズゴール直線一気決めた!3度目の挑戦で海外GI制覇!
参考URL → 錦織が快勝、初の決勝進出
参考URL → 岡崎連発、香川超えの今季14点目 ニュルンベルクを下す
[PR]
by motokunnk | 2014-04-27 08:52 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

雨の日は映画DVD「20世紀少年」、ソニーオープンで錦織がベスト4入り!

晴耕雨読ではないが、朝から雨の日なので借りてきたDVDを見ることにした。DVDは映画で、2008年から3部作で公開された「20世紀少年」である。
d0183174_15301155.jpg

私は原作を読んでいないので、映画の感想を述べるだけなのだが、とにかく設定が面白かった。「よげんの書」というタイトルも面白いが、そのまま実現してしまうストーリーにも感動ものである。
それぞれ2時間以上あったが、第1章を観終わると第2章をみたくなり、第2章を観終わると最終章を観たくなるという思いになり、7時間近くかけて一気にみてしまった。
ストーリーはともかく、豊川悦司演じる「オッチョ」がかっこよかったし、当然主人公である「ケンヂ」もよく描けていたし、唐沢寿明が好演していたと思う。また「カンナ」もよく描かれていた。トモダチが誰だったかは問題ではなく、1969年当時を思い出すという意味で見ていたのでいろいろ当時を振り返って私なりの思い出をめぐらすことができたことはよかったと思う。
なかなか秀作の3部作であるので、時間のある方は一見の価値はあると思う。
参考URL → 20世紀少年・第1章
参考URL → 20世紀少年・第2章
参考URL → 20世紀少年・最終章

*スポーツニュースでは、錦織がフェデラーを破ってソニーオープンでベスト4入りを果たしたそうだ。昨日は世界ランク4位のフェレールを破っているので連日の快挙である。マスターズ1000大会でのベスト4入りは2011年の上海マスターズ以来だそうだ。今年の目標である世界ランク10位以内も視界が見えてきたかもしれない。
参考URL → ソニーOP、錦織がフェデラー撃破でベスト4
[PR]
by motokunnk | 2014-03-27 15:31 | 日記 | Trackback | Comments(0)

ジャンプ団体銅メダル、カーリングは5位と健闘、そして錦織選手が連覇

ソチ五輪も折り返して後半となった。前半、日本のメダル候補者は実力を発揮することができない人もいたようだが、ここ数日は候補といえる人たちが実力以上の力を発揮してメダルを獲得しているし、入賞を果たしている。
昨日世界ランク4位のスイスを破ったカーリング女子日本代表、今日の2連戦、連勝することが準決勝進出のノルマであった。ただ相手は世界5位の中国と世界1位のスウェーデン、特に中国には最近5連敗しており、苦手意識もあるようだ。中国戦で敗退してしまうのではないかと夕方のTV放送を見ていた。
d0183174_975913.jpg

日本は中国と互角以上の戦いをみせ、第5エンド終了時のスコアは5-3と2点のリードを奪う。その後もリードを守り第9エンドでは難しいショットをスキップの小笠原選手が決めて2点をもぎとりこの段階で8-5として勝利を不動のものとした。
そして迎えた深夜のスウェーデン戦、前半は互角に戦ったが、日本チームは中国戦では見せなかった細かなミスがでてしまい8-4で負けてしまった。
この結果、日本の最終順位はカナダ、スウェーデン、スイス、英国に続く5位となった。オリンピックで5位入賞は長野大会以来とのことである。
この大会、日本が完敗したのは英国だけだったと思う。初戦の韓国戦、第3戦のアメリカ戦に勝っていればと思うがそれは「タラレバ」、混戦のカーリング女子で5位入賞は素晴らしいことだと思う。
そして未明に行われたジャンプ団体戦で日本は見事に銅メダルを獲得した。W杯の国別ランキング6位の日本がメダルを獲得できた勝因を考えると4人の選手がミスをしなかったからではないかと思う。
清水選手、竹内選手、伊東選手、葛西選手がそれぞれK点を超えるジャンプを2本そろえたことが銅メダル獲得の大きな要因だと思う。ライバルチームは誰かがミスではないがK点を超えないジャンプがあったように思えた。
d0183174_982243.jpg

優勝したドイツ、2位のオーストリアは4選手がそれぞれ実力以上の+αを発揮しての金メダル争い、若干ポイントでは差がついてしまった銅メダルではあるが、4年後にむけて弾みとなるメダル獲得であったように思う。
オリンピックだけではない。錦織圭選手が全米室内選手権で2連覇を達成した。昨年も優勝している大会で今回はランキングが錦織圭選手より上の選手がいなかったということはあったが危なげなく決勝まで進んだ。
d0183174_984199.jpg

決勝の相手はイボ・カロビッチ選手で過去に勝ったことがないベテランであったが、決勝も6-4、7-6でくだして見事2連覇達成、ツアー4勝目である。デ杯でも日本のベスト8進出に貢献するなど悲願のランク10位内へむけての視界は良好そうである。
そして今日はノルディック複合のラージヒルが行われる。ノーマルヒルで銀メダルを獲得した渡部暁斗選手が出場する。ノーマルヒル金メダリストのエリック・フレンツェル選手が発熱で欠場するとの噂があるが、そうすると、、、。「とらぬ狸の皮算用」はやめておくことにしよう。
参考URL → ソチ五輪・写真転載サイト
参考URL → 全米室内選手権・写真転載サイト
[PR]
by motokunnk | 2014-02-18 08:50 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

クルム伊達がウィンブルドンで最年長勝利記録を更新

今年もテニスの4大大会の全英選手権がウィンブルドンコートで開催されている。芝の王者を決定する由緒ある戦いで、テニスをすこしかじっただけの私にとっても興味ある大会である。
1970年代はよく生放送でボルグやコナーズの活躍をみていたものだが、ここ10年以上は生放送でテニス番組をみる機会はなかった。
ただ、今年のウィンブルドンはクルム伊達が1、2回戦を突破したウィンブルドンの女子最年長勝利記録を更新している。数年前に復帰したときも驚いたが、その後の活躍を見ていると、この人に限界はあるのかと思ってしまう。
家族の支援があっての活躍であろうが、本人の努力もなければここまでの結果は出せないと思う。3回戦の相手はS.ウィリアムズだそうだ。今年の大会はシード選手が格下に負けているケースも多々あるので、番狂わせがあっても不思議ではなさそうだ。
そして男子では錦織圭が同じく1、2回戦を勝利して昨年同様3回戦に進出した。3回戦を勝利するとベスト16である。第12シードの錦織、3回戦突破でベスト16なるかどうかが注目である。
今年は男女ともに日本人選手が活躍しているウィンブルドンである。
参考URL → 最年長勝利のクルム伊達、17年ぶりの3回戦<ウィンブルドン>
参考URL → 錦織、自己最高16強への壁は「弱点がない」世界28位
参考URL → 対戦表
[PR]
by motokunnk | 2013-06-28 19:33 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)