タグ:錦織圭 ( 209 ) タグの人気記事

大荒れの日本GP、錦織選手2連勝、稲葉選手の引退セレモニーと凱旋門賞

書きたいことがたくさんあるがまずはF1日本GPから書くことにする。鈴鹿サーキットは雨、スタートからセーフティカー先導でのレースとなり、すぐに赤旗中断となってしまった。その後レースは再開され、メルセデスの2台が雨の中でも速くトップ争いを繰り広げた。中でもハミルトンの速さはロズベルグをしのいでおり、ハミルトンがレース中盤にロズベルグをパスしてトップに進出、そのままリードを広げていった。

特筆すべきはベッテルの走り、雨を味方につけて予選とは違った走りを魅せて3位までポジションアップ。終盤またセーフティカーが出動してラースは赤旗終了となったが、ハミルトンの強さが目立ったレースであった。
次からは時系列で書くことに。昨日は1日雨だったので、TVをつけながらスポーツ中継の梯子をしていた。まず午前中はMLB地区シリーズの中継、ジャイアンツvsナショナルズ戦。息詰まる投手戦であった。9回一死まで20打者連続で打ち取っていたナショナルズのジマーマンであったが、四球をだすと投手交代。
これが結果的には延長18回におよぶ激戦となってしまったようだ。続くドジャーズvsカージナルズ戦もドジャーズの先発で好投していたグリンキーを8回に交代させたことがドジャーズ勝利を遅らすこととなった。投手交代はどのチームにとっても難しい問題だが、昨日の両試合はたまたま投手交代が裏目にでた一戦であった。
午後は楽天ジャパンオープン決勝が行われた。こちらはネットで情報が公開されていたので、それをチェックしていたのでタイムラグはあったが、後でレポートを読むと大接戦であったようだ。相手のラオニッチとは同世代のライバルで先の全米オープンでも4時間以上の死闘を繰り広げた間柄、今回もまた2時間超えの死闘となった。

ラオニッチは高速サーブが持ち味でエースも1試合で数十本とる選手である。ブレイクするにはワンチャンスを狙うしかないと思われた。そのワンチャンスが最終セットの第10ゲームだったようだ。錦織がラオニッチのファーストサーブを連続してブレイクして、この試合初めてのブレイクチャンスをむかえ、まさにワンチャンスをものにして楽天ジャパンオープンの優勝をもぎ取った。
2週連続しての優勝は初めて、これで世界ランクも6位になりそうだ。ツアーファイナルにむけてのランキングも5位となるようだ。
そして夜は北海道日本ハムvs東北楽天の試合。大谷翔平と松井裕樹という明日のプロ野球を背負って立つ両投手の先発で試合開始であった。大谷翔平は事前にCSをにらんでの調整登板だったようで2回までということが決まっていたそうだ。
そのためではないだろうが、全26球のうち直球は17球。うち12球で160キロ台を計時した。最速はオールスターでマークした162キロでそれも4球、フォークも150キロ台と一段とパワーアップしたようであった。これでCSが楽しみになってきた。
試合後には稲葉選手の引退セレモニーが行われた。ちなみに、4万1208人という今季最高の入りであったそうだ。 引退セレモニーではナインの手で宙に10度舞い、すがすがしい表情を浮かべた。「全力疾走でここまでやってきた。稲葉篤紀に悔いなき20年間、最高の20年間をありがとうございました」。スピーチの言葉が示すように、最後まで全力でプレーした稲葉選手であった。

競馬の凱旋門賞であるが、日本から出場した3頭はハープスターの6着が最高で見せ場はほとんどなかった。やはり海外遠征競馬は難しそうだ。
参考URL → 雨で大荒れの決勝
参考URL → F1写真転載サイト
参考URL → 錦織「限界を乗り越えた」・写真転載サイト
参考URL → 稲葉選手引退セレモニー
参考URL → 日本馬はハープ6着が最高

[PR]
by motokunnk | 2014-10-06 08:53 | スポーツ全般 | Trackback(3) | Comments(0)

御嶽山噴火は予想以上の被害、大相撲とATPマレーシアオープン

昨日も朝からテレビでは御嶽山噴火のニュースが流れていた。一夜明けて警察、消防、自衛隊などで編成された救助隊が山頂に到着すると悲惨なニュースが流れてきた。
d0183174_08471169.jpg
心肺停止状態の人が31人もいるというニュースを聞いたとき、これは雲仙普賢岳の事故に匹敵する大惨事になってしまったと思った。気象庁では今月中旬ころから火山性の地震を観測していたそうで、もし事前に入山禁止措置などしていたら未然に防げた事故であった。
ただ、御嶽山は風光明媚な山で、誰でも気軽に登山できるそうなので、入山禁止措置を出してしまうと、その後何事もない場合のことを考えてしまったのではないか。
広島の土石流災害のとき、避難指示が遅れた場合と事故の種類は違うが、同じ思惑があったのではないかと思うと残念だ。事故が起きて人間は成長するのであるから、この事故を教訓に警戒レベルの認定を危険サイドを重視して出してほしい。
さて大相撲は白鵬が千代の富士に並ぶ31度目の優勝をかざり、秋場所が終わった。話題の中心は新入幕の逸ノ城であった。入門当初から逸材といわれて、白鵬からも自分の記録を抜くのは彼だろうと一目おかれていた有望株であったが、新入幕でまさかの13勝である。
d0183174_08472047.jpg
そして大関、横綱を連覇したのだから白鵬以外の横綱・大関陣は猛省すべきだろう。来場所、白鵬は自らが師と仰ぐ大鵬の32回目の優勝に挑むがあっさりとクリアーしてしまいそうな勢いである。
深夜に開催されたテニスのマレーシアオープン、全米オープン準優勝以来、初の公式戦出場の錦織圭が順当に優勝した。全米オープンと比べるとランクの低い大会でまして第1シード、相手は全て格下だけにやりにくさはあったと思う。決勝も第4シードのベネトー、過去戦績は2勝1敗の相手であった。
d0183174_08472850.jpg
第1セット、第3ゲームをブレイクされ、その後もブレイクチャンスはあったが、ミスでそのチャンスを逃し、ブレイクしたのは第10ゲーム、そのままタイブレイクに持ち込み、タイブレイクを制して第1セットを奪取した。第2セットはサービスゲームをキープして第7ゲームをブレイク、そのままサービスゲームをキープし、6-4で第2セットをとり、マレーシアオープンを制した。
これで今シーズンは3勝目、マレーシアオープンを制した最初のアジア人の称号も得た。今日から有明で開催される楽天ジャパン・オープンでの活躍が期待される。

[PR]
by motokunnk | 2014-09-29 08:49 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

プロスポーツの小ネタをひとつ、ふたつ

春スタートのプロスポーツもそろそろ終盤戦、優勝争いに目がいきそうだが、ひとつの記録が生まれそうな気配もある。
それはマリナーズの岩隈が握っている。彼の今シーズンの勝利数は14で、与えた四死球も14個である。このようにMLBで規定投球回数に達した投手で過去勝利数>四球という投手は3人しかいないのだそうだ。
その3人とは、クリスティー・マシューソン(1913年に25勝・21四球、1914年に24勝・23四球)、スリム・サリー(1919年に21勝・20四球)、ブレット・セイバーヘーゲン(1994年に14勝・13四球)だそうだ。ブレット・セイバーヘーゲンを除けば他2人は戦前のこと、この記録がいかに達成困難かがわかる。
d0183174_13080455.jpg
今日のアストロズ戦、岩隈が先発したが4回1/3で4失点で降板してしまった(1四球をだしてしまった!)。結果として15勝目は実現しないで逆に四死球が15個となってしまった。記録達成は困難な状況となったが、残る登板機会で無四球試合を達成してぜひ、MLB4人目の勝利数>四球の投手となってほしい。
そして錦織圭も9日現在世界ランキングは自己ベストの8位となり、ツアーファイナルへの出場が見えてきた。ツアーファイナルは世界でトップの8人のプレイヤーが戦う1戦である。トップ8というのは世界ランクとはちょっと違って、年初からの総獲得ポイントで上位8位に入らなくてはならないようだ。錦織は現在このポイントで6位につけており、後5大会で8位以内を死守すればはれてツアーファイナルに出場可能となる。
d0183174_13081326.jpg
全米オープンでは惜しくも初優勝を逃してしまったが、アジア人初となるツアーファイナルに向けて、新たな挑戦がはじまりそうだ。
参考URL → ATPシングルスランキング
[PR]
by motokunnk | 2014-09-11 13:10 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

錦織は準優勝、週末は渋谷が祭一色

残念ながら錦織圭の全米オープン制覇は夢に終わってしまった。チリッチのサービスゲームをブレイクしたのがわずか1ゲームだけに終わったことはチリッチのサーブの出来がよかったと言わざるを得ないし、超高速サーブに屈してしまった感がある。よくここまで頑張ったともいえる。この経験は必ず活きるはずで世界ランクも8位となるそうだ。とりあえず、お疲れさまでした。
さて週末は渋谷駅周辺では秋の例大祭が行われる。私の周りでも先週は隠田神社で例大祭が行われたのを皮切りに今週末は金王八幡宮、氷川神社で行われる。そのための準備も行われており、明治通り周辺には各町内会の提灯が飾られている。
提灯といえば、各町会毎にデザインが違っているようで、我家の属している町会は赤白の提灯だが、代官山あたりの町会では白の提灯のようだ。そして金王八幡宮の境内を飾っている提灯もちょっとデザインが違っている。提灯ひとつをとっても違ったデザインがあり、祭の楽しみがここにもある。
d0183174_08300422.jpg
d0183174_08301361.jpg
d0183174_08302195.jpg
そして神輿や山車の担ぎ手募集のパンフレットにもそれぞれの町会で工夫をこらしているものが多数ある。
d0183174_08302920.jpg
d0183174_08303637.jpg
d0183174_08304473.jpg
d0183174_08305247.jpg
週末の天気予報は晴れ時々曇りのようだ。お祭りの梯子見物を堪能できそうである。
参考URL → 全米決勝詳細
参考URL → 金王八幡宮
参考URL → 金王八幡宮Facebook
参考URL → 氷川神社例大祭2014
[PR]
by motokunnk | 2014-09-09 08:34 | 日記 | Trackback | Comments(0)

F1イタリアGP、メルセデス対決はハミルトン、そして十五夜エトセトラ

F1ヨーロッパシリーズも最終戦、モンツァで開催されたイタリアGPはハミルトンの優勝で幕を閉じた。
ポールポジションからスタートしたハミルトンであったが、まさかのスタートミスで順位を4位まで落としてしまった。ただあわてずに順位を回復していくところがハミルトンが成長した証のようだ。
数周かけたポジションアップしてトップのロズベルグに追いつくと後はプレッシャーをライバルにかけ続け、ミスを誘った。ロズベルグのミスを見逃すことなく、トップにたつとそのままチェッカー目指してミスなく走り続けた。
d0183174_08505119.jpg
冷静に考えれば、ハミルトンはロズベルグに比較して速さで一歩優っていると思う。あとはミスをなくすことだが、今日のように冷静にレースをすすめることができれば逆転でのチャンピオン獲得は十分視野に入っていると思う。
プロ野球の世界では日本ハムの大谷翔平が大記録を達成した。同一年で10勝10本塁打である。過去にMLBではあのベーブルースが記録したことがあるそうだが、日本では初めてだそうだ。プロ入りから二刀流で試合出場しているが、いろいろ批判めいたことが言われていたがこの結果が二刀流の証しのような気がする。
d0183174_08505823.jpg
残念ながらチームは負けてしまったが、できることなら勝ちゲームで記録達成を祝福してあげたかった。
そして今朝のNFL開幕戦、前年チャンピオンのシーホークス戦以外は今朝未明、そして明日に開幕戦が行われる。その中で私の応援するドルフィンズは地元に昨年の地区チャンピオンのペイトリオッツをむかえた。下馬評ではペイトリオッツが断然優勢ということであった。ボックススコアで判断すると先制したのはドルフィンズであったがペイトリオッツに逆転され、前半終了時は10-20と10点のビハインドであった。
ここからの反撃が素晴らしかったようだ。第3QでFG、TD、そしてFGを決めて逆転すると第4Qにも得点を重ね33-20で見事な逆転勝利、後半はペイトリオッツを完封するおまけつきであった。ペイトリオッツの開幕黒星は11年ぶりだそうだ。開幕1試合で何とも言えないが今年のドルフィンズはやってくれるかもしれない。第4QにTDをあげたN.モレノは昨年まではブロンコスンエースRBであったが、そのブロンコスはこれから昨年AFC南地区の覇者コルツと対戦する。
d0183174_16024120.jpg
新旧QB対決、コルツのラック、ブロンコスのマニングの対決が注目される1戦である。
話はかわって今日は十五夜である。なんでも今年の十五夜はスーパームーンといっていつもの満月よりも大きく見えるのだそうだ。問題は天候、せっかくのスーパームーンの名月も見ることができなければ意味がない。外は雨が降り出しているのでテルテル坊主でもつくってお天気祈願をしようかと思う。
今日もテレビニュースでは錦織圭の全米オープンの決勝進出の話題でもちきりのようである。今朝の朝刊もかなりの紙面(一般紙でも)を割いて、日本人初となる4大大会決勝進出を取り上げている。決勝は明日朝行われるが、これで優勝したらどんな騒ぎになるのか想像もつかない。
d0183174_08510564.jpg
毎日新聞には小学校の作文が紹介され、夢は世界チャンピオンになることと書かれている。その夢があと1勝でかなうところまで来ている。頑張って栄冠をつかんでほしい。
参考URL → ハミルトンが今季6勝目
参考URL → 写真転載サイト
参考URL → ペイトリオッツvsドルフィンズ・写真転載サイト
参考URL → 9月9日の「スーパームーン&中秋の名月」
参考URL → 小学校の川柳と作文に決意
[PR]
by motokunnk | 2014-09-08 08:53 | スポーツ全般 | Trackback(3) | Comments(0)

全米オープン、MLB、地元では秋の例大祭

今朝は雨、昨晩から降り続いているがそれほど強くはないが、午前中は降り続きそうな勢いがある。
時系列に話題を振り返っていくと、昨日はMLB・マリナーズの岩隈久志が自身最多タイとなる14勝目をあげ、マリナーズの優勝戦線生き残りに貢献した。
出来事態はそれほどよくなかったようで、初回は味方の攻守に救われたようだ。相手投手も好調だったようだが、マリナーズの一発攻勢に屈してしまった。この試合、マリナーズは7得点すべてを4本のホームランであげている。
d0183174_08471747.jpg
岩隈は5回1/3を投げ4安打3失点3奪三振の内容であった。マリナーズは4連勝でワイルドカード争いは2位に進出した。
秋本番、地元では秋の例大祭開催の季節がやってきた。ふりだしは隠田神社からのようだ。昨日、そして今日と2日間のお祭りである。日中お参りしたが、人出はそれほど多くはなかった。行く途中で山車、子ども神輿を見かけたので参拝に来た人もその行列について繰り出していったのかもしれない。
d0183174_08472651.jpg
d0183174_08473334.jpg

地元の金王八幡宮、氷川神社は13、14日が秋の例大祭である。その準備がそろそろはじまり、街頭を照らす提灯がつけられてお祭りムードを盛り上げはじめている。今年の金王八幡宮の例大祭には13日夜にBEGINの奉納ライブがあるそうだ。
ライブといえば、17日に例大祭のある渋谷宮益御嶽神社では庄野真代のライブが午後6時から開催されるようだ。お祭りにもライブがつきものとなってきているのかもしれない。
最期はうれしいニュースで締めくくり。テニスの全米オープン準決勝、錦織圭が世界ランク1位のジョコビッチを6-4、1-6、7-6、6-3で破り、日本選手として4大大会男女シングルスで史上初めて決勝進出の快挙を成し遂げた。準々決勝に勝利して段階でランク8位以内に上昇することが確定しているが、大会後どこまで上昇するか楽しみである。
d0183174_08474000.jpg
4回戦で世界6位のミロシュ・ラオニッチ(カナダ)、準々決勝で4位のスタニスラス・ワウリンカ(スイス)、そして準決勝は1位のジョコビッチと上位ランカーを次々と破っての決勝進出である。決勝の相手はランク3位のフェデラーを破ったマリン・チリッチ(クロアチア)に決まった。ランクは16位、対戦成績は錦織の5勝2敗である。数字的には有利と思えるが、チリッチも準決勝は6―3、6―4、6―4でフェデラーを下しており絶好調のようだ。決勝は日本時間9日に行われるそうだが、悔いのない試合をしてほしい。
参考URL → BEGIN
参考URL → 日本勢初の決勝進出・写真転載サイト
[PR]
by motokunnk | 2014-09-07 08:50 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

デング熱感染拡大、エボラ熱も世界規模、そして錦織4強へ!

代々木公園周辺を訪れた人の間でデング熱感染者が全国規模で拡大している。デング熱といってそのまま死に至る恐ろしい病気ではないが、ほっておくと重症になるというので若干心配である。
今朝のニュースでは明治神宮に参拝した人からも感染者がでたという。確かに明治神宮も代々木公園に隣接しており、可能性は否定できないが、デング熱感染者は全国に散らばってしまったのだから、その感染者を地域の蚊が刺し、その蚊がデング熱ウィルスを他の人に移す可能性もあるのではないか。
そう考えると、けっこう深刻な問題となりそうである。エボラ出血熱も世界規模での拡大が恐れられている感染症である。まだ日本に影響はないが、アメリカなどでは感染した医師が治療のために帰国するなど、メディアも注目している。
こちらは3000人以上が感染し、1500人以上が死亡している恐ろしい感染症である。特効薬もない現状を考えると、うてる対策はすぐ実行することが第一と考える。
池上彰の朝日新聞の連載コラムが話題となっている。事の発端は朝日新聞がなんでも書いてかまわないと言っておきながら、先月の従軍慰安婦問題について言及すると、それは困るといったとか、今日の朝刊に実際に掲載されているので読んでみたが、確かに辛辣な意見ではある。
ただ、この程度の内容は他の新聞ではとっくに書かれていたことなので、「なぜ朝日新聞が?」と疑問に思う。この騒ぎがなければ、さすがに朝日新聞と言われるところだったのに、残念な騒ぎであった。
d0183174_08494114.jpg
そして全米オープン準々決勝、錦織圭がフルセットのすえ、全豪覇者で世界ランキング4位のスタニスラス・ワウリンカに競り勝ち1918年熊谷一弥以来日本男子大会96年ぶりの4強入りを果たした。有言実行、どこまで勝ち上がっていくのだろうか。
d0183174_08494905.jpg
参考URL → デング熱 計48人に
参考URL → エボラ患者 今後著しく増加も
参考URL → 錦織4強!日本男子96年ぶり快挙・写真転載サイト
[PR]
by motokunnk | 2014-09-04 08:51 | 日記 | Trackback | Comments(0)

錦織 92年ぶり快挙達成、テング熱も感染拡大?

昨日のテニス全米オープン準々決勝進出がかかった錦織vsラオニッチの試合はまさしく死闘という言葉がピッタリの激戦であったようだ。ラオニッチが1セットを先取、第2セット、第3セットともタイブレイクとなり、それぞれがとり、第3セットを終了してラオニッチが2-1とリードした。
d0183174_08064325.jpg
続く第4セットは逆に錦織が第11ゲームをブレイクして7-5とセットを奪取して最終第5セット。勝利の女神は錦織に微笑んだようで、第5ゲームをブレイクしてそのままリードしてベスト8進出を決めた。
これで次の対戦相手は第3シードのスタニスラス・ワウリンカ、強敵であるが頑張ってほしい。ちなみに錦織はこれで4大大会のセンターコートで初勝利だそうだ。センターコートでの試合は過去5戦全敗だったが、この勝利で待望の初勝利、この大会は初が似合う錦織である。
そしてテング熱の感染者が全国各地で報告されている。いずれの感染者も代々木公園を訪れたと言っているそうで、代々木公園を管理する東京都では蚊の採取と分析に着手したそうだ。
d0183174_08065089.jpg
我家のそばだけあって若干心配であるし、一昨日の防災訓練は代々木公園(場所は若干離れているが)で開催された。渋谷区でも動員がかかっていたそうなので、前から決まっていたとはいえもう少し配慮があってもよかったのではないか。これで、防災訓練参加者からテング熱感染者がでたら事件となることは必至である。
参考URL → 錦織 初8強
参考URL → 感染者35人に
[PR]
by motokunnk | 2014-09-03 08:09 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

新記録2つ、一つは世界最長

d0183174_08333820.jpg夜のスポーツニュースでもトップで報道されていたし、今朝の朝刊でも1面に掲載されていたので気づいた人も多かったと思う。
兵庫県で開催されている全国高校軟式野球選手権の準決勝中京vs崇徳の1戦が3日間にわたり決着がつかない。それも両軍ゼロ行進でスコアボードには45回、合計90個のゼロが並んだ。
これまで世界最長とされていた1983年の天皇賜杯全日本軟式野球大会決勝の延長45回を超えることが確実となり、まさしく世界最長の記録となる。今日の試合は午前8時半から再開され(扱いはサスペンデッドゲームとなっているそうで、決着がつき次第ゲームセットとなる)、9回で決着がつかない場合は抽選で勝者を決めるそうだ。
サッカーでは延長でも決着がつかない場合はPK戦となるが、野球でもホームラン競争とか、野球の技術に関する何かで勝敗を決めさせた方がよいのではと思ってしまう。午後零時半から決勝が行われるというが、中京vs崇徳の勝者にとってはまた厳しい戦いとなりそうだ。
d0183174_08334734.jpg
さてこちらは昨日のブログでも書いたことだが、全米オープンの3回戦、錦織圭が勝ち、6年ぶりのベスト16進出を決めた。これで4大大会通算勝利を34勝とした。今大会初のシード選手との対戦であったが、3-0のストレート勝ちで本人曰く「体力を温存できた」そうだ。ベスト8をかけて、第5シードのM・ラオニチ(カナダ)と対戦する。これも初の上位シード選手との対戦であるが、両者は4度目の対戦となり2012年の楽天ジャパン・オープン決勝、2014年のムチュア・マドリッド・オープン3回戦では錦織が勝利しているが、同年のウィンブルドン4回戦ではラオニチが勝利し、グランドスラム初のベスト4進出を果たしている。4度目の対戦、勝利の女神は微笑むのはどちらであろう。
参考URL →  四十五回で決着せず4日目の31日へ
参考URL → 6年ぶりベスト16進出・写真転載サイト
[PR]
by motokunnk | 2014-08-31 08:35 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

錦織、大谷と世界レベルの選手が活躍

テニスの錦織圭とプロ野球の大谷翔平がいずれも日本人選手としては初となる記録を達成した。
まずは錦織圭、テニスの全米オープンで2回戦を突破した自身の4大大会通算勝利数を33として日本人記録を更新した。従来の記録は1930年代に活躍した佐藤次郎のマークした32勝。
d0183174_08253435.jpg
ただ、試合後のインタビューでは「感慨はない、100勝を目指す」と日本人という規格を超えた挑戦を高らかに宣言した。13歳から海外生活をしている身としては日本人という感覚がないのかもしれない。4大大会100勝の目標達成にはまず4大大会の制覇がかかっている。
世界ランク10位以内定着も目の前だし、今年は無理でもそう遠くない将来、4大大会の勝者に錦織圭の名が刻まれる日が来そうである。
そして夜のプロ野球、日本ハムvsロッテの試合。日本ハムは以前の本拠地である東京ドームでの3連戦の初戦であった。札幌ドームと違って狭いドーム球場が幸いしたのか、1回裏に中田の先制打の後、5番DHにはいった大谷翔平の打った打球はレフトスタンドに吸い込まれて2試合連続の8号となった。
d0183174_08254291.jpg
10勝をマークした投手の最多本塁打記録は1950年に巨人・藤本英雄の持つ7本を上回り日本球界では最多記録となった。試合も8-3と日本ハムが勝利し4位に8ゲーム差をつけた単独3位を守った。
10勝、10本塁打も夢ではなく現実の目標となってきた。MLB記録はあのベーブ・ルースが1918年に記録した13勝11本塁打であるので、どうせならこれに追いつき追い越す記録をマークしてほしい。
参考URL → 北海道日本ハム 対 千葉ロッテ・写真転載サイト
[PR]
by motokunnk | 2014-08-30 08:28 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)