タグ:錦織圭 ( 196 ) タグの人気記事

NFL第4週はエースQBの厄日、錦織初戦勝利、ラグビースコッド発表

MNF1試合はまだ終了していないが、その他の試合はすべて終了NFLも早いもので序盤戦が終了した。ブレディの出場停止4試合をどう戦うかが注目されたペイトリオッツであったがガロポロが活躍、そのガロポロも怪我で離脱したが、第3QBのブリセットが第3週の試合で活躍をみせて3連勝、地元でビルズと対戦した。
プロ野球の世界では2年目のジンクスというものがあり、新人で活躍した選手は2年目はスランプに陥ってしまうらしいがNFLでもその格言はあったようだ。ブリセットが前戦とは打って変わって絶不調、第3ダウン更新も12回中1回しかなく、試合もビルズ相手に0-16の完封負けをきっしてしまった。
ペイトリオッツの無得点は2006年12月10日のドルフィンズ戦0-21以来、ホームでの無得点は1993年11月28日のジェッツ戦0-6以来とであった。ジレット・スタジアムでの完封負けは初めてのことでもあった。ただ来週からはエースQBのブレディが復帰するので痛手は少ないだろうが、気にかかる出来事ではある。
d0183174_09185497.jpg
昨年の両カンファレンスのチャンピオンチームのQBが負傷してしまった。ブロンコスのシーミアンとパンサーズのニュートンである。試合結果は明暗をわけ、ブロンコスは快勝で開幕4連勝、パンサーズは敗戦で1勝3敗となってしまった。またカージナルスのQBパーマーもサックを受けてしまい、検査を受けることとなった。QBにとって厄日となってしまった第4週であった。
4連勝はブロンコス(バイウィークのイーグルスは3連勝だが)となってしまったが、3勝1敗のチームが多数あり、混戦ムードのNFLとなりそうな予感がする。
ATP500・楽天ジャパンオープンがはじまった。対戦するはずだったニコラス・アルマグロが発熱のため今日になって棄権し、予選で敗れたヤングがラッキールーザーとして急きょ錦織の対戦相手となった第1シードの錦織圭。第1セットはヤングの鋭い攻めの姿勢に受け身となってしまい4-6で落としてしまった。第1セットは錦織の凡ミスも多く、その結果第10ゲームをブレイクされてセットを失った。
d0183174_09190251.jpg
しかし、落ち着きを取り戻した第2セット以降はヤングのサービスゲームをブレイクしはじめ、6-2、6-2で連取し、2回戦に進出した。2年ぶり3回目の優勝が期待できそうな初戦の試合内容であった。
11月のテストマッチに臨むラグビー日本代表のメンバー36人が発表された。初招集されたのは15人、強力スクラムを武器とするヤマハ発動機ジュビロのフォワードから、山本幸輝、日野剛志、伊藤平一郎のフロントローと、キャプテンの三村勇飛丸が選ばれた。
セブンズ日本代表として今夏のリオデジャネイロオリンピックで活躍したレメキ ロマノ ラヴァと徳永祥尭は国際舞台への新たな扉が開かれたし、社会人1年目ながら今季トップリーグで活躍している明大出身の松橋周平(リコー)と帝京大出身のマルジーン・イラウア(東芝)も選出、明大出身の東芝ルーキーである田村熙は38キャップを持つ兄の優(NEC)とともに選ばれ、兄弟での出場を目指すことになった。
一方で常連であったリーチや山下裕史、ツイ ヘンドリックは選ばれなかった(ほとんど休みなくハードなスケジュールをこなしてきたため?)。怪我のリハビリ中の五郎丸も選出されなかった。
新生日本代表、初戦は11月5日のアルゼンチン代表戦(秩父宮競技場)である。
ノーベル賞発表週間がスタートした。文学賞に今年こそ村上春樹が選ばれるのだろうか期待がかかるが、その前に医学・生理学賞に大隅良典東工大栄誉教授が受賞した。
d0183174_09191021.jpg
基礎研究分野での受賞でありまた単独受賞ということがサプライズのようである。これでノーベル賞受賞者は25名となった。

[PR]
by motokunnk | 2016-10-04 09:21 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

日本ハムは2試合連続の引き分け、錦織はベスト4進出そしてリオパラリンピックはじまる


旭川の試合が雨天中止となり1試合のみとなったロッテ戦、日本ハムの先発は大谷翔平であった。約2か月ぶりの先発とあって、球数制限付きの先発である。吉井コーチの言によれば50球だそうで初回からストレート中心の投球であった。
d0183174_08491480.jpg
ただ二死2塁からそのストレートをデスパイネに詰まりながらライト前におとされ先制点を失ってしまった。しかしその裏、ロッテ先発のスタンリッジを攻め、近藤、中田の連続タイムリー2塁打であっさりと逆転したところまでは日本ハムペースであった。
大谷は2回でマウンドを降りたが、先発復帰テストとしては上々の出来であったと思う。2番手としてあがったメンドーサも前回登板した楽天戦とは別人の投球でこちらも7回までの5回を無失点でおさえて先発復帰にゴーサインがでた。しかし好調だったリリーフ陣に暗雲である。
マーティン離脱はしかたがないが、宮西も不調のようだ。この試合も8回に登板したが、連続ヒットを許してしまい一死もとれずにマウンドをおりた。毎年50試合以上登板しており、この時期は調子落ちの頃合いなのでちょっとした休養が必要かもしれない。
再逆転した9回には吉川が新守護神としてマウンドにあがったが1点差の緊張する場面で制球が定まらずに一死1、3塁のピンチをつくってしまい、二死後角中に同点2塁打を打たれてしまった。
試合は4-4の引き分けに終わったが、日本ハムとしては大谷、メンドーサの先発が2枚揃ったことが数少ない光明だったかもしれない。
全米オープン準々決勝、錦織圭の相手はマレーであった。過去1勝7敗と相性のよくない相手でありこのところ4連敗している苦手でもある。ただ今年のデ杯ではフルセットの激闘をしており、そのときの試合ができればマレーに対しての勝機もあると思われた。
試合は第1セットはマレーに錦織がサービスゲームを2ゲームブレイクされ1-6で奪われてしまった。しかし第2セット、雨による2回の中断を味方にした感じの錦織は1ブレイクずつの5-4からマレーのサービスゲームをブレイクして6-4でこのセットを奪い返した。
続く第3セットはマレーがとったが、第4セットは錦織が取り返し、勝負はファイナルセットまで持ち込まれた。ファイナルセットも大接戦となったが、5-5からマレーのサービスゲームをブレイクした錦織が第12ゲームをキープし、2年ぶりのベスト4進出を決めた。
d0183174_08490709.jpg
リオ五輪ではナダル、そして全米オープンではマレーとビッグ4の2選手に勝利した錦織、後残すは世界ナンバー1に君臨するジョコビッチである。それには次の準決勝に勝利する必要がある。相手はワウリンカ対デルポトロ戦の勝者である。
そしてリオパラリンピックがはじまった。現在開会式が行われており、今日からパラリンピックがはじまる。リオ五輪と同様に熱い戦いを期待したい。

[PR]
by motokunnk | 2016-09-08 08:50 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

ジョセフHC体制スタート、錦織は2年ぶりベスト8

ラグビー日本代表HCのジェイミー・ジョセフ氏の就任会見が昨日行われた。ジョセフHC就任はかなり前から発表されていたが、契約の関係で就任が9月1日までずれ込んでいた結果である。d0183174_08483555.jpg
先週末の来日し早速トップリーグの試合を視察するなど精力的に仕事をこなす姿勢をみせている。ジェセフHCはエディ・ジョーンズ前HCがフル代表専任だったのに対して日本ラグビー協会は、U-20日本代表やスーパーラグビーの日本チーム「サンウルブズ」などの強化に関与できる『チームジャパン2019総監督』のポストを用意しており、まさしく全面サポートで日本代表強化に邁進する姿勢である。
当面は11月5日のアルゼンチン代表戦であるが、新生ジョセフジャパンがどんな戦い方を魅せてくれるのか今から楽しみである。
全米オープン男子シングルス4回戦、2年ぶりのベスト8入りをかけて錦織圭はカルロビッチと対戦した。1勝2敗と決して分のよい相手ではないビッグサーバーである。今回の全米オープンでも1回戦で61本のサービスエースをとっており油断は禁物の相手であった。
その相手に対して錦織は第1セット第1ゲームをラブゲームでキープし幸先のよいスタートをきった。そして第4ゲーム、リターンエースでリードすると30-40から最後はリターンで決めこのゲームをブレイクした。
その後第1セットはお互いサービスゲームをキープしあいこのセットは6-3で錦織のものとなった。いい流れである。続く第2セット、いきなり錦織のブレイクではじまったこのセット、錦織のサービスゲーム(ラブゲームキープが4)をすべてキープし6-4でこのセットもとり思わずガッツポーズもでた。
d0183174_08482843.jpg
そして第3セットはお互いにサービスゲームをキープしあいタイブレイクに持ち込まれた。ここで錦織はギアをあげいきなり連続6ポイントを奪取、その後4ポイントを奪われるが最後はカルロビッチのリターンがアウトとなり、錦織圭がセットカウント3-0で2年ぶりのベスト8に進出した。今大会初めてのストレート勝利でもあった。
準々決勝の相手はマレーかディミトロフ、現在試合が行われているが、マレーになりそうな気配である。リオ5輪の雪辱戦となりそうな準々決勝、今日のようにファーストサービスの確率をあげていくことが勝利への近道と思う。2年前の再現を期待したい。

[PR]
by motokunnk | 2016-09-06 08:49 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

錦織ベスト16進出、日本ハムはまさかの引き分け、そしてソフトJAPANは久しぶりに

全米オープン3回戦、錦織圭の相手はマウであった。初対戦となるマウに対して錦織はこの大会に入って初めて第1セットを奪われてしまった。
しかし第2セット以降は落ち着いてプレイすることに心がけ、3セットを連取し2年ぶりにベスト16進出が決まった。4回戦の相手はビッグサーバーのカルロビッチである。
d0183174_09222708.jpg
容易にサービスをブレイクすることは困難な相手、自らのサービスゲームをキープすることが必須であるが、今大会のファーストサービスの出来は50%強、後最低10%は確率をあげる必要がありそうだ。
ナダルがフルセットの末に敗れてまった全米オープン、上位シード選手もうかうかしていられない。
ラグビー・トップリーグ第2節、クボタはトヨタ自動車と対戦した。初戦で東芝相手に善戦していただけにどんな戦いをしてくれるか注目していた。
しかしトヨタのうまい攻撃に翻弄されてしまい、スクラム、ラインアウトとセットプレイを支配されてしまい、善戦も前半までであった。後半は立て続けにトライを献上し、終わってみれば10-27の完敗であった。
リオ五輪で活躍したトヨタ彦坂、クボタトゥキリロテのWTB対決も彦坂に軍配があがり、クボタりとしてはいいところなしの試合であった。
いいところなしといえば日本ハムもとんでもない試合をしてしまった。カード勝越しをかけて臨んだオリックス戦、先発の加藤は3回を無失点でおさえると、4回に打線が爆発した。連打、エラー、四球で一死満塁のチャンスをつかむと中島のタイムリー2塁打で2点、二死から杉谷もタイムリーで2点と試合を一気にリードした。
続く5回には陽岱鋼の2ランもでて6-1と大量リードして試合を決定づけた。しかし勝負はわからないものである。魔の7回、疲れがでたのか加藤が3連打を打たれて失点したところでリリーフ陣にバトンタッチしたのだが、流れはせき止めることができずにあっという間に7-7の同点に追いつかれてしまった。
試合は12回降雨でコールドゲームとなり日本ハムにとってはまさかの引き分けとなってしまた。ソフトバンクが負けていただけに惜しい引き分けである。
試合前に打者での出場が続いている大谷翔平の9月7日のロッテ戦の先発が栗山監督から発表された。
d0183174_09224721.jpg
約2か月ぶりの先発である。旭川での試合、地方球場では相性のよい大谷だけに快投をしてソフトバンクを追撃する体制を作り上げてほしい。
2020年東京オリンピックで女子ソフトボールが復活する。そのためではないが、ソフトボール日本代表の試合をTV観戦した。JAPANCUPという国際大会で毎年日本で開催されているそうである。
d0183174_09223895.jpg
今年は高崎で開催され日本がアメリカを久しぶりに破って優勝した。ソフトボールの世界も世代交代の波は押し寄せており、私の知らない選手が活躍していた。
そしてMotoGPイギリスGPのMoto2クラスで中上貴晶が3位入賞した。予選は雨の影響で11番手であったが、ドライとなった決勝では順位を上げていく、残り10周となった時点では6位争いをするまでにランクアップした。
残り4周となった時点でトップ争いをしていた2台がコースアウトするアクシデントが発生し、中上のグループは2位争いをすることとなった。
d0183174_09225574.jpg
モルビデリに最終周にかわされてしまい3位となってしまったが、予選の結果からよく追い上げたと思う。次戦サンマリノGPも期待がもてそうだ。

[PR]
by motokunnk | 2016-09-05 09:24 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

日本ハム連敗ストップ、錦織は3回戦、そしてトップリーグ第2節

日本ハムの4連敗阻止のマウンドにあがったのは増井であった。先発転向から4試合目の登板である。前の試合では自身初となる完投勝利をあげており、先発にも慣れたようで全4試合すべてで好投しているだけに打線が先制することが勝利への近道であった。d0183174_09240923.jpg
一方楽天の先発は美馬であった。美馬も立ち上がりこそ制球に乱れはあったが、テンポの良い投球で日本ハムを抑えていた。増井も1回こそ制球が乱れがちであったが2回以降は安心して観ていられる投球であった。ピンチは4回、茂木に2塁打を打たれて一死2塁とされたが、次打者の遊ゴロ(中島の好判断!)で走者が三封、ピンチを脱した。
日本ハムのチャンスは5回であった。一死から中島がヒットで出塁、西川が四球でつなぐと今シーズン不調の近藤がライト前にタイムリー、日本ハムに待望の先制点がはいった。続く大谷は三振に倒れたが、好調さを取り戻しつつある中田が初球甘めに入ってきたカーブを強振すると打球は高い放物線を描いてレフトスタンド中段に飛び込む3ランとなった。一気に4点の援護をもらった増井は6回を無失点におさえると、その裏レアードにも一発がでて5-0、7回以降は毎回ランナーをだす苦しいピッチングとなった増井であったがタイムリーは打たせない粘りの投球を魅せ、自身初となる完封でこれも自身最多となる6勝目をあげた。
9月にはいり、また7月の勢いを取り戻したい日本ハムにとっては幸先のよい白星であった。内容も中田が2本塁打と調子は上向き、増井も3連勝と投手陣の柱となりそうな勢い、ソフトバンク追撃にむけて役者がそろいつつあるように思えた試合であった。あとは今日先発予定の有原航平の出来がどうかということ、8月は1か月間白星なしであっただけに9月となって気分一新で快投を魅せてほしい。
全米オープン、錦織圭の2回戦は雨にたたられた一戦であった。開始が雨で遅れた試合は先にカチャノフに第5ゲームをブレイクされてしまった。しかし直後の第6ゲームをブレイクバックすると第10ゲームはカチャノフのダブルフォルトでゲームを奪い、このセットを6-4で奪取した。
しかし第2セットは逆にカチャノフに第9ゲームをブレイクされ4-6で奪われ1-1のタイに持ち込まれてしまった。そして第3セット、4-4となったところで雨が激しくなり試合は中断した。
d0183174_09241685.jpg
約2時間半の中断後は錦織が連続してゲームを奪取してセットを奪った。第4セット後がないカチャノフに1-3とリードされるが、第5ゲームから5ゲーム連取で6-3とこのセットをとり、セットカウント3-1で2年ぶりの3回戦進出となった。
雨の中断が錦織に有利に働いた一戦であったような気がする。3回戦はマウとの対戦となる。これに勝ってベスト16目指してほしい。
ラグビーのジョゼフHCが来日した。来日に合わせるかのように日本代表が11月に秩父宮競技場でアルゼンチン代表とテストマッチを行うことも発表され、トップリーグ開幕にあわせてPR効果も狙った演出であろう。
さてトップリーグも第2節、優勝を争うとみられるパナソニック、東芝はそれぞれ神戸製鋼、NECと対戦する。初戦で黒星スタートとなったパナソニックにとっては負けられない試合である。ヤマハに粉砕されたスクラムをどこまで立て直してくるかが焦点だと思う。リザーブには先の日本代表で怪我してしまった田中史明の名前がある。後半に登場する可能性もあり、どんなプレイをしてくれるかが楽しみである。
東芝はNECと対戦する。初戦のクボタ戦は後半40分過ぎから数分間攻められてしまったがしのぎ切った勝利であった。この試合の見どころは両SO対決ではないだろうか。NECのSOは日本代表の田村優、一方東芝のSOはその弟の新人・田村熙である。初戦は新人とは思えぬ落ち着きで試合をコントロールしていただけに2試合目はどんなプレイをしてくれるのであろうか。
またリーチマイケルが先発出場する。初戦は後半途中出場だっただけに、怪我も癒えての先発となれば東芝にとって心強いキャプテン復活となろう。リーチのキャプテンシーにも注目だ。
ジョゼフHC、2日のトップリーグを視察するというが、いったいどの試合を視察するのであろう。順当であれば秩父宮競技場で開催される東芝対NECだと思うのだが。

[PR]
by motokunnk | 2016-09-02 09:26 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

日本ハムは痛い敗戦、錦織は初戦勝利、そして台風10号

優勝目指すには勝つことが一番の日本ハム、楽天と東京ドームで対戦した。先発のバースが立ち上がりいきなり4連打されてしまい3点のビハインドで試合ははじまった。
楽天先発の菊池も出来はそれほどいいわけではなかったが打線はちぐはぐな攻めであった。3回に近藤、中田(これで3試合連続で5年連続の20号)の一発で1点差に追い上げ、4回も一死1、2塁と同点のチャンスをつくったが近藤、大谷にタイムリーはなかった。
d0183174_09100858.jpg
すると5回にバースが打たれてしまい、リリーフ陣も打たれて大量6失点、これで試合は決まってしまった。両軍ともに13安打を放ったが日本ハムは2点のみ、打線のつながりに差がでた一戦であった。
ソフトバンクが勝利したので、ゲーム差は0.5となり、今日の試合結果いかんではソフトバンクにマジックが点灯してしまうこととなった。先発予定はメンドーサ、比較的相性のよい東京ドームでの快投を期待したい。
錦織圭の全米オープンがはじまった。1回戦の相手はベッカーである。立ち上がりいきなりブレイクでスタートした錦織はわずか24分でこのセットを6-1で奪取、第2セットも第1ゲームこそ0-40とブレイクポイントを握られるがこのピンチをしのいでからは錦織のペースとなりこのセットもあっさり6-1で奪取し試合時間はここまで50分たらずであった。
このまま第3セットも錦織があっさりとると思われたが、ベッカーも意地をみせ第8ゲームをブレイクする。ブレイクバックのチャンスもあったがこのセットは3-6で失い、嫌な流れとなってしまった。
d0183174_09101808.jpg
第4セットも第3ゲームをブレイクされてしまうが続く第4ゲームをベッカーに2度のダブルフォルトがありブレイクバックすると最後は第8ゲームをブレイクして6-3でこのセットを奪取、セットカウント3-1で初戦を突破した。
この勝利で4大大会通算勝利で日本人歴代2位タイとなった。2回戦の相手はロシアのカチャノフである。女子では奈良くるみが4年連続しての初戦突破である。
迷走していた台風10号は昨日午後に岩手県に上陸したが、台風が東北地方の太平洋側に上陸したのは、気象庁が昭和26年に統計を取り始めてから初めてのことだそうだ。確かに台風が上陸してから東北地方を縦断することはあっても太平洋地域から上陸するのは記憶にない。
d0183174_09102515.jpg
この台風、その後は温帯低気圧に変化したが、東北・北海道地方に大雨をもたらし、各地で河川の氾濫などの被害が発生している。雨がやんだからといっても油断は禁物、これからも注意が必要だ。

[PR]
by motokunnk | 2016-08-31 09:14 | 日記 | Trackback | Comments(0)

日本ハムは逆転負け、そして全米オープンはじまる

首位に立つチャンスだった対西武戦であったが、1球の甘い球を逃さなかったメヒアの逆転3ランにより3-4で逆転負け、昼間の試合でソフトバンクが負けていただけに惜しい敗戦となってしまった。
d0183174_08554858.jpg
敗戦の中にも明るい材料はある。それは主砲の中田翔である。西武戦に18、19号と連発してやっと本来の放物線を描く高い弾道が戻ってきたように感じられた。明日からの東京ドームでの楽天戦に期待がもてる。
テニスのグランドスラム、全米オープンがはじまる。錦織圭は第6シードでの出場であるが、女子選手も土井美咲がグランドスラム大会では初となる第30シードからのスタートである。それぞれ初戦の相手はベッカー、ウィットフェフトである。初戦突破して上位進出を目指してほしい。
「シンゴジラ」、「ヱヴァンゲリヲン」との類似点が多いというコラムが多数見受けられたので、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」を借りてきた。ちょうど蔦屋代官山店から8月間DVD/CD100レンタルのはがきがきていたので、3本300円で借りれるので蔦屋の販促にのってしまったが借りることにした。
驚いたことに「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」のDVDは本来のアニメコーナーのほかに、「ゴジラ」特設コーナーにも用意されていた。このことからも庵野秀明監督の影響の大きさが伺いしれた。
私はヱヴァンゲリヲンは言葉は知っていたがストーリーは知らなかったので3本とも新鮮な感覚で観ることができた。3作品は大きく2つにわけられており、それぞれ1、3部では「つづく」という文字で映画が終了している。
綾波レイという女の子がでてくるが、この人物がドラマのキーを握っているようである。また第2部では昭和の懐かしい歌謡曲がBGMとしてながれていた。葛城ミサトと加持リョウジが居酒屋でくつろぐシーンでは「恋の季節」が流れていたのが印象的であった。
d0183174_08555500.jpg
いろいろなホームページでもヱヴァンゲリヲン新劇場版は特集されており、第4部はもともとは第3部と同時公開の予定であったそうだ。また第1部はTV版のリメイクだったが、第2部からはオリジナルのストーリー展開となっているそうで、誰にも今後の展開は予想できないという。
ドラマの完結編はいつ観られるのであろうか、第3部までを観て続きが観たくなったのは私だけではないと思う。

[PR]
by motokunnk | 2016-08-29 08:57 | 日記 | Trackback | Comments(0)

再び接近、全米オープンの錦織は第6シード

首位攻防戦を1勝2敗と負け越してしまった日本ハムだが、3戦目を勝利したことで勢いはついたようだ。昨日から唯一負越しているロッテとの3連戦、おまけに1度もカード勝越しがないQVCマリンでの一戦であり、ロッテの先発はこれまた苦手のスタンリッジであった。しかし日本ハムの初回の攻撃は見事であった。西川が内野安打で出塁すると、杉谷が送って一死2塁のチャンスを作り出す。そして大谷翔平はフルカウントからの内角球を腕をたたんでライト前へクリーンヒットし先制点を奪取した。二死1、2塁とエラーもありチャンスが継続して陽岱鋼がライトに3ランをはなち、速攻で4-0とリードした。
d0183174_08513726.jpg
日本ハムの先発バースは立ち上がり連打で一死1、2塁のピンチを招くも次打者を併殺に打ち取りまずまずのピッチングであった。しかし2回に中島に待望のヒットがでた後はスタンリッジに抑え込まれてしまい、3回以降は四球、エラーでランナーは出したが無安打に抑え込まれてしまった。
一方、バースも調子はよくなくヒットでランナーをだしてしまうが、失点は2回の1点のみで何とかロッテ打線をおさえこみ、7回からは石井、谷元、宮西とつないで4-1でロッテに勝利した。苦手意識を払しょくしたとはいえない勝利ではあったが、大谷の非凡な打撃センスにはビックリした。打線が湿りがちな日本ハム、DHでの大谷は必要なコマのひとつとなっているようだ。先発復帰は当分先のこととなりそうな気がする。
地元にかえったソフトバンクであったが、楽天に惜しい星を落としてしまった。武田が先発したこの試合、2点を先制されてしまったが、1点また1点と反撃して同点で9回をむかえた。このでマウンドにあげったサファテが誤算であった。連打で無死1、2塁のピンチを招いてしまう。松井、藤田と打ち取るが島にヒットを打たれ、二死満塁となって島内に決勝の内野安打を打たれてしまった。
おまけにサファテも打球を取りに行く際に足を滑らせて転んでしまい、今日の登板は無理そうである。検査結果は24日ということだが、打線が日本ハム同様不振なだけにここにきての守護神離脱は痛い。
さて日本ハムであるが、マジック点灯の可能性があるそうだ。24-26日に3連勝し、ソフトバンクが3連敗するとマジック25が点灯するという。一方ソフトバンクが24、25日に連勝して日本ハムが連敗か1敗1分け、ソフトバンクが1勝1分けか2分けでも日本ハムが連敗すれば、マジック27が点灯するという。いずれにせよマジックなど気にせず目の前の試合に全力で取り組んでほしい。
29日からはじまる全米オープンのシード順が発表された。リオ五輪銅メダルのあと、ATPマスターズ1000のW&Sオープンは3回戦敗退であった錦織は第6シードとなった。
第1シード:N・ジョコビッチ、第2シード:A・マレー、第3シード:S・ワウリンカ、第4シード:R・ナダル、第5シード:M・ラオニチ、第6シード:錦織圭、第7シード:M・チリッチ、第8シード:D・ティエムが上位である。果たして2014年のように決勝まで進出することはできるのであろうか。

[PR]
by motokunnk | 2016-08-24 08:53 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

伊調馨が五輪4連覇、卓球が銀、そして日本ハムは逆転勝利

リオ五輪、メダルの期待がかかる女子レスリングがはじまった。初日の注目は58kg級に出場する伊調馨である。ここでも優勝すると女子選手としては五輪初となる4連覇達成である。
その伊調馨は初戦、準決勝はテクニカルフォール勝ちするなど順調に決勝に勝ち進んだ。しかし決勝は大苦戦してしまう。ロシアのコブロワゾロボワの消極的な攻めで警告点をもらった伊調馨であったが、その後バックをとられて1-2と逆転されてしまった。
6分間の試合も残り1分をきり敗戦濃厚となってしまったが、奇跡は起こった。残り10秒となって伊調馨が相手の攻めをかわしてバックをとり3-2と逆転した。残り時間は10秒をきるきわどい勝利であった。
d0183174_10594074.jpg
他の2クラスも観ていてハラハラする決勝であった。いずれも伊調馨の試合と同じように5分過ぎて日本人選手がリードされる展開であった。そこから起死回生のバックをとり2ポイントを獲得し逆転金メダルである。
相手選手に油断はなかっただろうが、3試合も残り1分からの逆転勝ちとなると偶然とは思えない何かがあるような気がする。
卓球の男子団体決勝は惜しい試合であった。この五輪で1試合も失っていない中国相手に接戦した。第1試合を落とした日本であったが、第2試合に登場した水谷はいきなり2ゲームを連取して試合をリードした。相手選手に2ゲームを取り返され、第5ゲームも7-10とマッチポイントを握られてしまった。
水谷の活躍もここまでと思ったが、ここから連続5ポイントを奪取してこの試合に勝利して1-1と五分の戦いとした。続くダブルスも先に1ゲームを先取し、これは中国に勝てるのではと思ったが、さすがに地力の差は中国が一枚上であった。日本の善戦もここまでであとは1ゲームも奪取できずに結果として1-3で負けてしまった。
d0183174_10594802.jpg
しかし、男子団体の銀メダルは誇っていい実績である。今後は精進して東京ではぜひ金メダルを獲得してほしい。
日本ハムに勢いがみられてきた。7月の快進撃は先行逃げ切りの試合パターンであったが、ここ数試合は逆転勝ちである。昨日の試合もそのパターンであった。
2回に先制したものの5、6回に失点してしまい、1-2で迎えた7回に逆転劇は幕をあけた。一死から中島が四球で出塁すると、ただいま絶好調の西川が二塁打で一死2、3塁のチャンスをつくった。ここで杉谷が2球目をスクイズして同点とした。この日チームとしては3回目のスクイズ(過去2回はいずれもファウル)であった。そして試合を決めたのは大谷翔平である。
d0183174_11000486.jpg
甘く入ったカーブを一振りすると打球は右中間中段に飛び込む2ランとなりこの回一気に3点をとり、4-2と試合をひっくり返した。
9回にマーティンが二死満塁まで攻め込まれてしまったが、無失点におさえて日本ハムは4連勝、試合のなかったソフトバンクに0.5ゲーム差に詰め寄った。今日日本ハムが勝ち、ソフトバンクが負けると今季初の首位である。ちょっと期待してしまう。
リオ五輪で銅メダルを獲得した錦織圭がATPマスターズ1000・ウェスタン&サザン・オープン2回戦に出場した。第5シードの錦織の初戦である。ロシアのユーズニー相手にブレイクポイントは握られたが1ゲームもブレイクされることなく6-3、6-2で勝利し3回戦にすすんだ。
d0183174_10595697.jpg
3回戦の相手は、第11シードのダビド・ゴファン(ベルギー)とバーナード・トミック(オーストラリア)の勝者との対戦となる。

[PR]
by motokunnk | 2016-08-18 11:02 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

岩隈14勝、日本ハムは2ゲーム差、そして錦織は銅メダル

8月15日は終戦記念日である。71回目をむかえ、記念式典が開催されるが世の中はリオ5輪の話題で持ち切りである。
リオ五輪の話題は後程核としてまずはMLB・マリナーズの岩隈久志についてである。昨日のアスレチックス戦に先発した。ここ数試合、先発で好投している岩隈久志であったがこの日は制球定まらずという内容であった。
2回に先制を許してしまったがその後は辛抱の投球で追加点は許さなかった。打線は4回にクルーズの一発で同点にすると、5回にはスミスのタイムリー、そしてカノの2ランで合計4-1とリードした。
d0183174_10393105.jpg
5回は無失点に抑えた岩隈であったが、6回に一発を打たれて失点し、降板した。リリーフ陣が踏ん張って試合は4-3で勝利し、岩隈は14勝目をあげ、マリナーズも地区2位の座を守った。プレイオフに向けて青木、岩隈の日本陣選手の活躍が期待される。
そしてNPBでも好試合があった。まずは日本ハム対楽天戦から。この試合、日本ハムの先発は新人の加藤であった。大谷が指のマメのため先発回避している間の緊急登板である。この試合で3試合目、過去2試合はそこそこの投球であった。
この日も2回に安打、四球で一死2、3塁のピンチを招いてしまったが、後続打者を三振、内野ゴロに打ち取って無失点で切り抜けるなど三者凡退は4回のみであった。楽天先発の辛島も日本ハム打線をおさえこんでおり、投手戦の様相であった。
試合が動いたのは5回であった。先頭打者にヒットを打たれて出塁されると、バントで二進、ヒットを打たれて一死1、3塁となり、内野ゴロの間に先制点を取られてしまった。
しかし、日本ハムはすぐに反撃した。6回、先頭の西川が2塁打で出塁し、一死3塁となって打席には大谷登場である。ここ6試合内角を攻められて調子を落としていたが、甘い球は逃さなかった。ライトスタンドに運ぶ逆転2ランで2-1と試合をひっくり返した。楽天・辛島にとっては悔いの残る投球であったと思う。
d0183174_10393922.jpg
結局日本ハムの得点はこの2点のみであった。一方楽天には同点に追いつくチャンスは多々あった。特に8回は連続安打で無死1、3塁とチャンスをつくってクリーンアップの登場であった。しかしリリーフの宮西が踏ん張り、三振、内野フライ、内野ゴロで無失点に切り抜けると、9回には守護神マーティンがいきなり2塁打を打たれてしまった。しかし、銀次のバントを中田がダッシュしてつかみ、3塁封殺でピンチを防ぎ、勝利を納めた。
ソフトバンクは惜しい試合を落としてしまった。ロッテ戦、9回表に待望の先制点をあげ守護神サファテが登場し、簡単に二死をとった。角中にヒットは打たれ、盗塁されるとデスパイネには四球、二死1、2塁となった。続く打者は1塁ゴロで試合終了と思った瞬間に一塁手がファンブルしてしまい二死ながら満塁となってしまった。
そして鈴木にタイムリーを打たれて2-2の同点にされ、延長10回にサヨナラ負けである。もしソフトバンクが今シーズン優勝を逃すとしたらその分岐点となった試合として語り継がれそうな嫌な敗戦であった。
これで日本ハムはソフトバンクとのゲーム差を2とした。7月絶好調だった日本ハムだが、8月の調子はイマイチである。ただ2ゲーム差となっている、野球とは面白いものである。
そしてリオ五輪、錦織圭が難敵ナダルに勝利してテニス競技では96年ぶりとなるメダルを獲得した。試合は錦織のうまさが際立ち第1セットは2ブレイクで6-2と奪取、第2セットも同じく2ゲームをブレイクして5-2とリードして1ゲームとれば勝利というところで錦織は堅くなってしまったかまさかの2ブレイクを喫してしまった。流れは一気にナダルのものとなりこのセットはタイブレイクで失ってしまった。
第3セットもナダルの流れは止まらないと思われたが、錦織は吹っ切れたのかサービスゲームをキープし続け、逆に第4ゲームをブレイクしてリードした。
d0183174_10394726.jpg
その後もお互いにサービスゲームをキープしあいむかえた第9ゲーム、錦織は第2セットの轍は踏まずにサービスエースでマッチポイントをとるとナダルのボディを狙ったサーブに反応できずに錦織圭が苦しみながら勝利をつかんだ。テニス競技、96年ぶりのメダル獲得の瞬間であった。

[PR]
by motokunnk | 2016-08-15 10:42 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)