タグ:高梨沙羅 ( 28 ) タグの人気記事

ジャンプ団体は銅、そして渋谷では来週オークション

ノルディック世界選手権、ジャンプの団体戦が未明に行われた。団体戦は3大会連続して男女2選手合計4選手で争われることになり、日本は2大会連続して表彰台(金、銅)を確保している種目でもある。
今回も期待をしてTV観戦した。日本の4人のメンバーは女子が高梨、伊藤、男子は竹内択、伊東大貴、葛西はメンバーから外れてしまった。
ここまで好調なドイツはこの団体でも図抜けた実力を発揮し、1回目を終えて2位以下を数十点引き離す独走体制をつくってしまった。日本チームは僅差の3位といいポジションにつけ、2回目のジャンプで上位を目指すこととなった。
2回目のジャンプ、高梨は不利な追風のなかでのジャンプとなったがそれでも92mをマーク、伊東も96.5mを飛び、3位をキープし3大会連続して表彰台を確保した。
d0183174_09420934.jpg
高梨沙羅にとっては世界選手権優勝という大目標を今回もクリアーできなかった悔いの残る大会となってしまった。
一方の伊藤有希にとって同じ2位表彰台であったが、前回の2位はフロックと言われても仕方がないラッキーな2位であった。それが今回はW杯での実績を反映させて堂々の2位、自信をつけた世界選手権であったと思う。
来年の平昌五輪、果たして優勝するのはどちらの選手であろうか、はたまた大舞台に強いドイツのフォクツであろうか、楽しみは後1年後に迫っている。
昨年のゴールデンウィーク、渋谷の街には「ひつじのショーン」が各所に展示されそれを探しながら歩くのが楽しみであった。
そのひつじたちがなんと代官山T-SITEに集合している。なんのことなのかと思うと、チャリティオークションが開催されるそうだ。
d0183174_09421977.jpg
d0183174_09422629.jpg
3月5日に代官山T-SITEに飾られているひつじのショーンすべてがチャリティオークションにかけられるという。それまでは品定め、鑑賞など、個人によって目的は違うだろうが自由にショーンを観ることができるのでまだ見ていない人は一見の価値があると思う。
マクラーレン・ホンダがニューマシンを発表し、2017年シーズンに参戦するF1チームのニューマシンが出そろい、今日からF1合同テストがスペインで4日間開催される。それぞれのチームでテスト項目は異なり一概に比較は難しいであろうがおおよその比較はできそうである。
今年のマクラーレン・ホンダの出来栄えはどんな感じなのか、表彰台圏内でのバトルは可能なのか、ある程度の答えがでそうな合同テストとなりそうである。

[PR]
by motokunnk | 2017-02-27 09:45 | 日記 | Trackback | Comments(0)

表彰台はのぼったが、チーフス快勝、そしてオープン戦開始

女子スキージャンプの世界選手権が開催された。高梨沙羅の初優勝が期待されたジャンプであったが、2回目にプレッシャーからか本来のジャンプを魅せることができずに3位に終わってしまった。
d0183174_09115114.jpg
優勝はフォクト、ソチ五輪チャンピオンで大舞台はこれで連勝である。1回目4位からの逆転であった。1回目3位の伊藤は2位、1回目トップのルンビーは高梨同様、2回目は彼女にしてみれば失敗の部類にはいるジャンプで4位に沈んで表彰台も逃してしまった。
メダルのチャンスは27日未明に行われる混合団体である。高梨、伊藤で大量リードして逃げ切れるかどうか、注目である。
スーパーラグビー開幕週の注目カード、ハイランダーズ対チーフスが行われた。ハイランダーズの地元での開催、このところハイランダーズが連勝中とハイランダーズ有利との見方もあったが、チーフスはディフェンスが機能してハイランダーズに攻め込まれながら(ゴール前にもしばしば攻め込まれてしまった)もノートライにおさえた。
d0183174_09114190.jpg
攻撃ではインターセプトからのトライなど3トライ(&ゴール)、1PG(SOグルーデンの正確なキックも素晴らしかった!)をあげ、24-15でチーフスがライバル対決を制した。ハイボールを難なくキャッチするFBマッケンジーの素晴らしさに感動した試合でもあった。
そして今日はいよいよサンウルブス始動である。下馬評では大敗も予想されているだけにここは一昨年のW杯のように予想をくつがえす勝利をもぎ取ってほしいものである。
侍ジャパンのWBCに向けた強化試合もはじまる。初戦のソフトバンク戦、先発メンバーも発表されトップは山田、4番は筒香というオーダー、先発は武田、2番手は千賀の予定だそうだ。
そして2017年シーズンを戦うマクラーレン・ホンダのニューマシンMCL32が発表された。過去2年、表彰台もあがれなかっただけにニューマシンにかける思いは強いが果たしてこのマシンの実力はどんなものであろうか。
d0183174_09113219.jpg
27日からはじまるバルセロナでのF1合同テストでの走りに注目である。

[PR]
by motokunnk | 2017-02-25 09:14 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

錦織クレーで始動、高梨は通算53勝目、そしてKIAとの練習試合

3週間ぶりの実戦となった。錦織が選んだのは連覇中のメンフィスオープンではなく、クレーコートのアルゼンチン・オープンであった。
第1シードの錦織の初戦となる2回戦の相手はランク50位の地元のシュワルツマンであった。いきなり2-0とリードしこれは圧勝かと思ったが、その後2度サービスゲームをブレイクされてしまい5-7で第1セットを落としてしまった。
d0183174_09352356.jpg
続く第2セットは第5、第7ゲームをブレイクして6-2で奪い返すと、第3セットも6-2と連取して勝利し、ベスト8に進出した。
アルゼンチン・オープンの後はATP500のリオ・オープンとクレー2連戦が待っており、ここはまけられない大会、ぜひ優勝して次に臨んでほしい。
日本ハムが韓国のKIAタイガースと練習試合を行った。この時期の練習試合は今シーズンの戦力を見極めるための試合が多く、若手にとっては真価を魅せる絶好の機会である。また復活を期す選手にとってもアピールの場となるが、先発した浦野にとっては残念な結果であった。3回を1失点とまずまずの投球内容であったが、投球の精度が悪かった。思ったところに制球できずに残念な結果であった。次の登板ではしっかりと制球された球を投げてほしい。
打撃陣は中田翔の当たりがでないのが若干気がかりである。この日も初回、エラーで先制点を奪取した無死1、2塁でまさかの併殺打、本番ではこんなことはないと思うがWBCに向けてちょっと気掛かりである。
気掛かりと言えば岡大海も同様、この日も無安打に終わり練習試合でのヒットはでていない。今シーズンはレギュラーが期待されるだけに早くトンネルを抜け出してほしい。一方で若手は元気であった。7番で先発した高濱は5打数1安打ながら3回にはタイムリー2塁打を右中間に放つなど積極的な打撃が観られた。一軍入りが期待される。
d0183174_09353369.jpg
2番手で登場した斎藤佑樹、後がないだけに結果をだす必要がある投球であった。エラーで1失点であったが、2イニング目は三者凡退におさえてまずまずの投球であった。シンでとらえられた打球が多かったのが懸念事項でありこちらも次回の登板でのチェックが必要だ。
それよりも最終回に登場した石川直が期待できそうだ。キレのある球を投げており次は先発で観たい投手である。キャンプも中盤、来週からはオープン戦もはじまる。積み残した課題をクリアーする時間はもう少ししか残っていないが選手たちには頑張ってクリアーしてもらいたい。
高梨沙羅が快挙達成である。スキージャンプ女子W杯第18戦、1回目を終え2位につけていた高梨は97mのジャンプでトップに立つとルンビーのジャンプは94mに終わり、逆転での通算53勝目が転がり込んだ。優勝した瞬間、TVに映し出されたが信じられないという雰囲気であった。
d0183174_09360846.jpg
風に結果が左右されるジャンプ台であっただけに高梨にとって有利な風の中でのジャンプができたことがさいわいしてのかもしれない。2位には伊藤有希がはいった。1回目は90mと失敗ジャンプに終わってしまった伊藤であったが、2回目はジャンプ台の最長不倒となる111mの大ジャンプをマークした。
来年の平昌五輪が開催される会場で行われた今回のW杯、2戦とも高梨、伊藤の1、2位で終わったことは来年に向けていいイメージが両選手の中に残ったのではないだろうか。W杯最高位タイを記録した勢藤、17位に終わってしまったが2回目はいいジャンプができた岩渕、来週の世界選手権に向けて最後にいいジャンプを飛べた感触をつかんだことは大きかったと思う。

[PR]
by motokunnk | 2017-02-17 09:38 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

伊藤4勝目、高梨チャンピオン、日本ハム練習試合

スキージャンプ女子W杯第17戦が行われた。会場は来年冬季五輪が開催される平昌である。来年の本番を見据えてのW杯だけに出場選手も多いと思ったが、来週の世界選手権に向けて特にヨーロッパの選手は極東までの遠征をパスして参加選手も31名であった。
高梨、伊藤の両エースにとってライバルはルンビーのみである。高梨にはW杯通算53勝、そして4度目の個人総合優勝のかかる大会でもある。そのジャンプ1回目、高梨は安定したジャンプで1位につけた。2位は伊藤でライバルのルンビーは失敗ジャンプで下位に沈んでしまった。勢藤、岩淵もベスト10内と4選手とも10位以内が望めるポジションであった。
そして2回目、伊藤が100mを超す大ジャンプを魅せて首位にたち、あとは高梨のジャンプを残すのみ、しかし高梨は力んでしまったのか明らかな失敗ジャンプで94mに終わってしまった。高梨以外であればそこそこのジャンプであったがやはり目指すところが優勝だっただけに惜しいジャンプと思われた。ジャンプ後の悔しい姿勢からも心の内がうかがえた。
d0183174_09425168.jpg
一方の伊藤有希は今シーズン4勝目、過去3勝がいずれも国内でのW杯だっただけに初の国外W杯の優勝である。おまけに来年のオリンピック開催地での優勝だけに一気に五輪メダル候補になったようである。今日も同じ舞台で第18戦が開催される。今日、日本の両エースはどんなジャンプを魅せてくれるのであろう、高梨沙羅の通算53勝目となる大ジャンプを期待したい。
アリゾナキャンプから戻ってきた日本ハム、名護で練習試合を韓国のサムソンと行った。7番一塁で先発出場した2年目の横尾が大爆発、第一打席に逆転となる2ランをレフトスタンドにたたきこむとその後も安打を量産し4打数3安打4打点の大活躍であった。練習試合ではあるが中田翔の代役は十分こなせる成長を魅せてくれたのは大きいと思う。
d0183174_09425901.jpg
今シーズンから2塁のポジションも練習している近藤も1安打1打点とそこそこの活躍、今シーズン復活を期す上沢も2回をピシャリとおさえるなど投打順調に仕上がりつつある日本ハムの若手陣であった。
大谷翔平もスパイクを履いてのキャッチボール開始と徐々にではあるが実践に近い練習をはじめており、開幕に向けて準備は怠りないようである。

[PR]
by motokunnk | 2017-02-16 09:46 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

カーリング日本選手権、高梨通算52勝

ウィンタースポーツ花盛り、カーリング日本選手権の女子決勝は見ごたえのある戦いであった。LS北見と中部電力の争いは、各エンドともストーンを投げたチームが有利となるどちらに転んでもおかしくない展開の試合であった。
勝負は第9エンド、LS北見の藤沢が中部電力のストーンを2つはじき出すスーパーショットを魅せてくれてこれでLS北見が絶対有利と思われたが、中部電力の松村のショットも絶妙で、このショットが中部電力に3年ぶりの優勝をもたらしたようだ。
d0183174_08233428.jpg
ピョンチャン五輪への出場が決まれば9月にまた両チームで仁保代表の座を争う試合をやることになる。ぜひまた観たいものである。
スキージャンプ女子W杯第14戦が行われ、高梨沙羅が3連勝して通算勝利を52勝とした。1回目から安定したジャンプをみせ、トップにたつと2回目も92mの大ジャンプで首位を譲らず通算52勝目をあげ、男女を通じての最多勝利まであと1勝に迫った。
d0183174_08234263.jpg
インタビューによればまだまだベストの状態ではないようで、世界選手権に向けてどこまで調子をあげてくれるのであろうか。伊藤有希は7位に終わってしまったが、2回目は89.5mのジャンプを飛んでおり、復調のきざしがみえるようであった。こちらも世界選手権に向けて調子を戻しつつあるようだ。
NFLスーパーボウルがそろそろはじまる。ペイトリオッツ対ファルコンズ、果たしてどちらが勝つのであろうか。

[PR]
by motokunnk | 2017-02-06 08:24 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

武田が代役の侍ジャパン、LS北見が王手、高梨連勝

日本ハムの大谷の代役にソフトバンク・武田が指名された。これで侍ジャパン28選手がそろってWBCに向かう体制が整った。
d0183174_10070634.jpg
WBC経験者が6名のみ、メジャーリーガーも青木宣親と経験不足が心配されるがチーム力で一丸となって優勝を目指してほしい。
カーリング日本選手権も今日が決勝である。昨日決勝に向けての試合があった。1、2位で争った試合は延長のすえ、LS北見が中部電力を振り切り決勝にコマをすすめた。3、4位の試合は北海道銀行が富士急を振り切り決勝に向けて中部電力と戦った。
この試合の分岐点は第6エンドであった。小笠原の投げた最終ストーンが中部電力ストーンより内側に止まれば北海道銀行の1得点で同点に追いつくはずであったが、まさかの失敗に終わって逆に2点が中部電力に入ってしまい、万事休すとなってしまった。それまで小笠原は安定していただけに惜しいショットであった。
d0183174_10072537.jpg
今日の決勝、LS北見が勝つと日本代表が決定するが、中部電力が勝利すると9月に代表決定戦が行われる。その日本選手権で2度対戦して連勝しているLS北見が3連勝で優勝するか、3度目の正直で中部電力が勝つか、楽しみな試合である。
スキージャンプ女子W杯第13戦が行われた。第12戦で区切りとなる50勝目をあげた高梨沙羅がどんなジャンプを魅せてくれるのか、伊藤有希は表彰台にあがれるのかに注目してTV観戦した。1回目、W杯で好調なルンビー、伊藤が失敗ジャンプで下位に沈む中、高梨はトップタイのジャンプを魅せた。2回目も高梨は一人90m超えのジャンプを魅せ、通算51勝目を手にした。
d0183174_10073525.jpg
伊藤有希は85.5m、85mで4位、勢藤優花は7位、岩渕香里は19位だった。次戦の高梨は欠場予定(連戦による疲労回復のためらしい)し世界選手権に備えるそうだ。53勝目は早くて15、16日に開催される韓国ピョンチャン大会となりそうだ。

[PR]
by motokunnk | 2017-02-05 10:09 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

サントリー二冠達成、高梨50勝目、そして気になる大谷の体調

ラグビー日本選手権決勝は見ごたえのある戦いであった。トライはパナソニックの1本だけであったが、ゴール前に突進するパナソニックに対してサントリーの体をはったディフェンス、サントリーは自慢の攻撃ラグビーは炸裂しなかったが、SO小野晃征の正確なキックが全得点を生み出した。
d0183174_09271275.jpg
後半、一旦は9-10と逆転されてしまったサントリーであったが、パナソニック陣内でのペナルティのチャンスにPGを狙い、6本中5本を成功させ15点をあげ、ノートライながら日本選手権を勝ち取った。
勝利へのあくなき執念がサントリーのほうがパナソニックより大きかったと思えた決勝戦であった。ラグビーシーズンはこれからスーパーラグビーシーズンへと突入する。今までは敵同士で戦ったが今後は仲間となって海外勢と戦うシーズン、サンウルブスを核として日本代表強化が望まれる。
スキージャンプ女子W杯第12戦が11戦と同じルーマニアのジャンプ台で開催された。ここまで5戦連続して勝利のない高梨沙羅であるが、11戦の2回目のジャンプは本人も納得していただけに期待が持てそうであった。
その高梨、1回目に96mのジャンプで2位につけた。トップのルンビーとは3点差であった。そして2回目は97.5mのジャンプを見せ、2回ともほぼ完ぺきと思えるジャンプであった。
d0183174_09272181.jpg
そしてルンビーの2回目は93mと本人にしてみれば失敗の部類にはいるジャンプに終わり、高梨沙羅のW杯通算50勝目が達成された。
伊藤有希は2回ともジャンプを失敗して4位に終わり、6戦連続の表彰台を逃したが、勢藤優花は9位と2戦連続してのベスト10入りとなり、岩渕香里は17位だった。
高梨の調子が戻りつつあるのに対して伊藤が調子を落としかげんなのが気にかかるジャンプW杯2連戦であった。
気にかかると言えば大谷翔平の体調である。元気にアリゾナキャンプに出発してと思っていたが、どうも体調不良らしい。やはり昨年の疲れが残っているのだろうか、アリゾナでの登板は回避だそうでWBCを含めて今後の調整がどうなるか気にかかるところである。

[PR]
by motokunnk | 2017-01-30 09:29 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

入替戦はトップリーグ3チーム残留、高梨50勝目お預け、アリゾナキャンプへ出発

トップリーグ入替戦3試合が行われた。いずれの試合もトップリーグチームが勝利し、昨年のように宗像サニックスが昇格するような試合はなかった。
d0183174_08491126.jpg
ただ、コカ・コーラ対日野自動車の試合は熱戦であった。日野自動車のFLは元サントリーの佐々木隆道、さすがに元日本代表だけあってブレイクダウンで何度もターンオーバーしてチームを活気づけた。
試合は22-32で負けてしまったが、来年につながる戦いは十分に行えたと思える一戦であった。入替戦3試合が終了して来シーズンのトップリーグ参戦チーム18チームと来年からスタートするトップチャレンジリーグに参戦する8チームの顔ぶれが決定した。
トップチャレンジリーグとは、関東ラグビーフットボール協会・関西ラグビーフットボール協会・九州ラグビーフットボール協会の3地域統一リーグのことであり、各3リーグから上位チームが選抜されて1年を戦う新しいリーグである。新年度は以下の8チームの参加となっている。
d0183174_08493667.jpg
日本国内4連戦も終わり、スキージャンプ女子W杯第11戦がルーマニアに舞台を移して開催された。通算50勝に王手をかけて足踏み状態となっている高梨沙羅であるが、この第11戦も2位と今一歩の状態であった。
d0183174_08491945.jpg
優勝したルンビーが2本とも完ぺきなジャンプを決め、高梨のジャンプを上回ったことが敗因(札幌の伊藤有希のようであった)ではあるが、高梨の2本目は完ぺきに近いものであった。徐々にジャンプの質も改善されつつあると思われるので通算50勝も近いと思われる。ライバルは日本の伊藤有希、ノルウェイのマーレン・ルンビーの2選手かもしれない。今年のW杯、すべてこの3選手で優勝を分け合っていることからも実力が一歩抜き出ているような気がする。
侍ジャパンの最後の1選手は想像通りに広島の田中で決定し、これで28選手全員が揃った。日本ハムの5選手はそれぞれ国内海外と場所は違うが独自の調整を図るようである。その海外(アリゾナキャンプ)へ向かう選手がチャーター機で出発した。
d0183174_08492843.jpg
成田空港での出発セレモニー、栗山監督は「スタートは今日。また皆さんに感動してもらえるような試合をやりたい。行ってきます」、大谷翔平選手は「いよいよ始まるなという感じです。アリゾナでしっかりやっていきたい」とのことであった。

[PR]
by motokunnk | 2017-01-29 08:54 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

大坂完敗そしてジョコビッチも敗退、高梨50勝なるかW杯蔵王大会

全豪オープン2回戦、大坂なおみは2回戦で格上相手に完敗であった。ただ見せ場はあっただけに第1セット第8ゲームのブレイクポイントをゲットしていれば全く逆の結果となっていたかもしれない。
d0183174_08394464.jpg
負けて実力をのばすこともあり、この敗戦は大坂なおみにとっていい経験となったことであろう。男子2回戦では大波乱があった。あのジョコビッチが敗れてしまった。
ワイルドカード出場の世界ランク117位、ウズベキスタンのデニス・イストミンにフルセットの末に敗退である。ジョコビッチの4大大会での2回戦敗退は2008年のウィンブルドン以来。また全豪では06年以来となる。
昨年前半までの驚異的な勝率はどこへ行ってしまったのだろうか。最近のジョコビッチはちょっとおかしいような気がする。
地元で余計なプレッシャーを感じてしまったのか、高梨沙羅のW杯50勝目はお預けとなって2戦が経過した。そして今日から蔵王大会がスタートする。その公式練習(予選を兼ねた)が昨日行われた。d0183174_08395332.jpg
1回目が98.5m、2回目が96.5mと連続でK点越えを果たすと、最後の3回目はヒルサイズとなる103mの大ジャンプを披露した。蔵王は2012年3月にW杯初優勝を飾った思い出の地でもあり復活の大ジャンプを期待したい。
公式予選の結果、今日の本戦には予選免除の高梨沙羅、伊藤有希を含めて6人の選手が出場することとなった。ジャンプは午後5時スタート(錦織の3回戦とダブってしまった!)である。
WRC第1戦、ラリーモンテカルロがはじまった。初日はナイトセッションのSSが2本と各チーム、ドライバーの腕ならしのようなセッションであるが、なんとヒュンダイのパッドンがクラッシュしてしまいSS1はキャンセルとなってしまった。こちらも波乱の幕開けとなってしまったがトヨタの2人のドライバーの活躍に期待したい。
そして明日からNHKでは大河ファンタジー「精霊の守り人」シーズン2がはじまる。今回のシリーズはチャグムも成人しており、バルサと別々に行動して物語が進行していくようであり楽しみな展開となりそうだ。
d0183174_08400110.jpg
悲しき破壊神とサブタイトルされているように、アスラという一人の少女を守っていくことがこのシリーズのバルサの役割となってくるようである。原作を読んでいても楽しめるストーリー展開となりそうである。

[PR]
by motokunnk | 2017-01-20 08:43 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

錦織の全豪は死のグループ、高梨50勝目へセンター試験は雪模様

全豪オープンの組み合わせ抽選が行われ、錦織圭のグループは死のグループとなってしまった。順当に勝ち進むと4回戦で第10シードのベルディハまたは元世界1位で第17シードのフェデラーと当たり、準々決勝で第1シードのマレーと激突するゾーンに入ってしまった。1回戦はランキング48位のクズネツォフと対戦する。
死のグループと言っても優勝するにはどこかで倒さねばならない相手である。気持ちをしっかり持って初制覇目指して頑張ってほしい。
一方の女子、大坂なおみはS.ウィリアムズと同じグループにはいった。順当に勝ち進めば準々決勝で憧れの選手との対戦が可能となる。こちらも頑張って勝ちつづけてほしい。
スキージャンプ女子W杯第7戦は日本の札幌が舞台である。地元開催ということで日本人選手にも門戸が開かれており、昨日本戦に進む選手を選抜する予選が行われた。
ランキング10位までの選手は予選免除で本戦に出場できるが、11位以下の選手にとっては予選を通過しなければ本戦には出場できない。
昨日行われた予選では勢藤優花が89・5メートルの102・1点でトップとなり、本戦参加を決めた。他に岩渕香里が12位、岩佐明香が22位、茂野美咲が24位、大井栞が28位で予選を見事に通過し今日の本戦への出場を決めた。
d0183174_08512408.jpg
日本人選手は予選通過の5選手に加えて高梨、伊藤の計7選手が本戦に出場することとなった。7選手のうち、ベスト10に残るのは誰か、高梨のW杯50勝目はなるのか注目したい。個人的には地元である伊藤有希のW杯初優勝に期待したいのだが。
今日から大学入試センター試験がはじまる。毎年この時期に行われるので豪雪によるトラブルが発生するのも定例となってしまった。
豪雪を避ける意味でもセンター試験の実施時期をずらすなどすることは可能(例えば12月初旬に実施するとか)だとはおもうのだが、どんなものだろうか。

[PR]
by motokunnk | 2017-01-14 08:53 | 日記 | Trackback | Comments(0)