タグ:NBA ( 48 ) タグの人気記事

負の連鎖止まらず9連敗、ウォーリアーズも1回戦突破

日本ハムの連敗が止まらない。昨日からソフトバンク3連戦がはじまった。カード別対戦で唯一勝ち越しているチームだけに淡い期待をもってTV観戦した。
高梨、千賀両投手の先発は第1戦と同じであった。先手をとったのは日本ハム、3回一死1、2塁から松本剛のプロ入り初となるホームランで3点を先制した。
d0183174_09022236.jpeg
d0183174_09023284.jpeg
高梨の出来はよくこの3点があれば連敗脱出は十分可能と思ったが、先制点をもらったために守りの投球となってしまったか、その裏連打で1点を失ってしまった。その後二死1、3塁のピンチはなんとかしのいだ。
追加点のチャンスは5回、一死2塁から西川がつないで1、3塁と追加点のチャンスであった。しかしこのチャンスをつぶしてしまったことがよくなかったと思う。
高梨にしてみれば2点のリードはセーフティリードとは思えなかったようで、勝利投手の権利が得られる5回、制球に微妙なズレがでて四球2個で一死1、2塁のピンチを招いてしまい、ここで痛恨のワイルドピッチ。これでランナーがすすんでタイムリーヒットを連続で打たれてあっという間に同点に追いつかれてしまった。
4回は安定した投球をしていただけに残念である。その後のピンチはリリーフがおさえたが、6回に中継ぎ陣が打たれて失点してしまい終わってみれば5-7で9連敗である。
昨年と違って、先制してもらっても投手が失点を恐れて投球が大胆になりにくくなっているようだ。今日の先発は村田である。ここは1点とられてもいいという開き直りの投球を魅せて悪い流れを断ち切ってほしい。
NBAプレイオフ1回戦、東地区のキャブスに続いて西地区もウォーリアーズが4連勝で1回戦を突破した。敵地でのブレイザーズ戦、第1Qから怒涛の攻めを魅せたウォーリアーズがデュラント、グリーン、トンプソンの3ポイントシュートでいきなり14-0とリードした。
その後もカリーが3ポイントシュートをきめ、第1Q終了時点で45-22と大量23点のリードを奪った。その後もリードを延ばして最終的には128-103で圧勝しキャブスと同じく4連勝で2回戦にすすんだ。
d0183174_09024203.jpg
東西の強豪チームが順当に2回戦にコマをすすめた、昨年、一昨年とほぼ同じ展開となっているがはたしてこの両者でファイナルを争うのであろうか。
明日からWRC第5戦、ラリー・アルゼンティーナがはじまる。トヨタはこのラリーまでは2台体制であるが、続く第6戦はいよいよ3台体制となる。
ラリーに臨む各ドライバーに意気込みが発表された。ラトラバはこのように語っていた。
d0183174_09031319.jpg
「(ラリー・アルゼンティーナに向けた)事前テストは有効で、いくつかの異なるセットアップを試すことができた。特に、(第3戦)メキシコではベストとはいえないフィーリングだったデファレンシャルに関しては、アルゼンチンに向けて入念にセッティング作業で改善に努めた」
昨年は土曜日までトップを快走していた相性のいいラリー、上位入賞(表彰台)が期待される。

[PR]
by motokunnk | 2017-04-26 09:05 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

NBAプレイオフ、ホンダがザウバーにエンジン供給?

NBAプレイオフ1回戦、キャブスが4連勝で早々と2回戦進出を決めた。敵地でむかえたプレイオフ1回線の第4戦、キャブスは第2Qでリードを奪うと、第3Qには88-77とリードを拡げた。
しかし第4Qにはいりペイサーズの反撃にあい、残り1分半で100-102と逆転されてしまった。しかしタイムアウトをとり体制を立て直したキャブスはジェームズがボールを持ってドリブルし、左30度から 3ポイントを放った。鮮やかに決めて 103-102と逆転した。
最後はペイサーズに得点を許さず、ゲームは106-102でキャブスが勝利し、4連勝で2回戦進出を決めた。ジェームスがキャブスに復帰してプレイオフ1回戦はすべて4連勝での通過となる。
d0183174_09171224.jpg
ウォーリアーズも3連勝で1回戦通過はほぼ間違いないと思われる。今シーズンもこの両チームがファイナルでぶつかるのであろうか、はたまた別のチームが勝ちあがるのか、まだまだ先は長いプレイオフである。
マクラーレンにエンジンを供給しているホンダであるが3年目となっても一向に成績はあがらず、両者の関係は冷え切ってしまっているようだ。そんなホンダF1エンジンがザウバーに供給されるらしい。
F1では、パワーユニット供給に関する規則があり、パワーユニットを確保できないチームが現れた場合、FIAが提携チームが最も少ないマニュファクチャラーに対して供給を強制することが可能になっているという。
フェラーリの1年落ちエンジンを利用しているザウバーとしてはホンダの最新版エンジンは魅力あるものと映ったようだ。マクラーレンのブーリエ代表も「チームが増え、より多くのエンジンが走るようになれば、(開発の面で)より有利になると思う」と発言しており、契約はすんなりといきそうである。
ただ2チームに供給するとして開発が散漫にならないかなど心配点も多々ある。その前に今シーズン、最低でも表彰台にあげる活躍を魅せなけらばならないと思う。

[PR]
by motokunnk | 2017-04-25 09:18 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

NBAプレイオフ、キャブス3連勝で1回戦突破に王手、そしてスーパーラグビー

NBAプレイオフ1回戦が全米各地で開催されている。ファイナル連覇を目指すキャブスは地元で連勝した勢いで敵地に乗り込んでの第3戦であった。
地元に帰りペイサーズは息を吹き返したかのように得点を重ねていき、キャブスは防戦一方、前半終了時には49-74とリードされてしまった。
しかしキャブスは第3Q以降、追い上げをみせ、第3Q終了時には84-91と10点差以内に追いつき、最終第4Qで一気に逆転、最終的には119-114と5点差をつけて勝利した。
d0183174_09145148.jpg
これでキャブスは3連勝となり、1回戦突破がみえてきた。レブロン・ジェームスは41得点、13リバウンド、12アシストとトリプルダブルの大活躍、この得点でプレイオフ通算得点でコービー・ブライアントを抜いて歴代3位に浮上した。
連敗スタートとなった東地区第1シードのセルティックス、敵地に乗り込みブルズ戦、第1Q終了時点では33-15とリードしている。
MotoGP第3戦、アメリカズGPがはじまった。金曜日のフリー走行、Moto2クラスの中上貴晶は総合10番手のタイムで会った。1回目の走行ではセッティングがイマイチだったようで下位に沈んでしまったが2回目ではトップと1秒以内まで回復、日本時間明日未明に行われる予選での活躍が期待される。
スーパーラグビーも第9節、ニュージーランド遠征第2戦となるサンウルブス、試合前日の練習にのぞんだ。昨年まで所属していたハイランダーズとの試合にのぞむ田中史明、こんなコメントをしていた。
d0183174_09150015.jpg
「すごく懐かしい思いもありますし、自分がどれだけ成長したかも知れるチャンスなので、すごく楽しみにしています。また、日本のスーパーラグビーチームがハイランダーズに挑戦できることを、すごくうれしく思います。セットプレーは日本も進化してきて、ひとつの強みになると思います。また、バックスもいい戦術があるので、それをしっかり使いながらコミュニケーションをとっていきたいと思います」日本代表のジョゼフHCが率いていたチームだけにどんな試合を魅せてくれるか楽しみである。1敗してしまったが優勝を狙うチーフスはフォースとの対戦である。ほぼベストメンバーでのぞむ一戦、負けることはできないだろう。フォースもまだまだオーストラリア地区優勝を狙えるだけにここは一泡ふかせたいと全力でぶつかってくるであろう。いい試合がみれそうだ。

[PR]
by motokunnk | 2017-04-22 09:16 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

NBAプレイオフ開始、初戦から異変が

NBAもレギュラーシーズンが終了しファイナルに向けたプレイオフがはじまった。すでに1回戦の第1試合8戦はすでに終了、ほぼ順当に上位シードチームが勝ちあがっている。
d0183174_09010282.jpg
しかし東地区の第1シードのセルティックスはブルズに敗れて黒星発進となってしまった。セルティックスのエース、トーマスは妹を交通事故で亡くしてしまう不運に見舞われながら先発出場し、33得点をあげたが第4Qに競り負けてしまった。
d0183174_09011059.jpg
第1シード進出チームとしての初戦負けはちょっと痛い。一方で終盤の4連敗で第2シード進出となったキャブスは第3Qに一時逆転されてしまったが1点差でペイサーズを下し連覇に向けて白星発進である。
d0183174_09011869.jpg
西地区の第1シードのウォーリアーズ、こちらは第8シードのブレイザーズの粘りに第3Qまでは苦しみながら第4Qに一気に得点を重ねて勝利した。
今日は1回戦第2試合の2試合が開催されキャブスは地元での連勝を目指すことになる。
開幕して負傷者続出、野戦病院状態の日本ハム、楽天戦の得点はすべて1発によるものでタイムリーヒットによる得点はなかった。陽岱鋼の後継者として期待している岡大海も打率1割2分と絶不調で17日に登録が抹消されてしまった。
ファームで一から打撃フォームを見直して昨年のような活躍をしてほしいものである。その岡にかわって一軍昇格する選手は、2015年の選抜優勝投手の平沼翔太だそうだ。プロ入り後は打者として2軍で今シーズン試合数は少ないが3割2分と好調である。
今日、静岡でのオリックス戦でいきなりの出場はあるのだろうか、不振の打撃陣のカンフル剤となることを期待したい。

[PR]
by motokunnk | 2017-04-18 09:03 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

NBA天王山はキャブス、日本ハム連敗、今日からWRCラリー・フランス

NBA東地区の首位を争うキャブスとセルティックスが戦った。試合はレブロン・ジェームスの活躍もあり、終始キャブスがセルティックスをリードする展開、最終的には114-91で勝った。
d0183174_08494016.jpg
この勝利で東地区の単独首位にたったキャブスであるが、直接対決を3勝1敗としたことで、1勝以上の価値ある勝利であった(タイブレイクでも優位にたった)。残りは両チームとも4試合である。
また西地区はウォーリアーズが連勝を13に伸ばして西地区のプレイオフ第1シードを確定した。今シーズンもウォーリアーズ、キャブスのファイナルが観れそうな両チームの終盤にきての快進撃である。
「終盤にチームの調子を戻そうと取り組んできた結果、自分にとって今季最高のパフォーマンスを披露できた」とレブロン・ジェームスの試合後に語っており、チームの好調さを肌で感じているようだ。
日本ハムが開幕2カード連続しての負越しである。昨日の試合は斎藤佑樹が先発、本人としては満足のいくピッチングであったと思うが、新オーダーで臨んだ打線が機能しなかった。タイムリーがでたのは3回の西川の同点打のみであった。
d0183174_08492823.jpeg
大谷はヒットはでるが、ここまでの得点圏打率はゼロ、わずかに犠飛1つ、これではチャンスメイクはできるがクリーンアップとしては?な成績である。
今日からオリックス戦であるが、開幕3カード連続しての負け越しは避けてほしい。上沢が先発予定、打線のより一層の奮起に期待したい。
さて今日からWRC、F1、インディカーレース、そしてMotoGPがはじまる。WRCは第4戦ラリー・フランスである。すでにシェイクダウンは終了し、トヨタの2台は順調にテストを終了した。
d0183174_08494954.jpg
今日のデイ1は、サービスパークが置かれる島の東海岸バスティアから約130km離れた西海岸のアジャクシオで競技がスタートする。30km前後の2本のコースを、間にサービスを挟むことなくタイヤ交換のみで各2回走行するため、クルマに大きなダメージを負うことはすなわち勝負権を失うことを意味する。
トラブル、事故などなく慎重の上にかつ大胆なレース運びで臨んでもらいたい。

[PR]
by motokunnk | 2017-04-07 08:53 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

岩隈敗戦も収穫あり、NBAでは記録達成、どうした日本ハム

マリナーズの岩隈久志がアストロズ戦に今シーズン初登板した。立ち上がりから落ち着いた投球でオープン戦の不調がうそのような出来であった。
ただ年齢とともに球速が落ちてきているので、制球が甘くなることだけが注意点であったが、この日はよく低めにボールが集められていた。
d0183174_08535283.jpg
強力アストロズ打線を6回4安打2失点におさえたことは評価できると思う。味方打線が不発であったことが不運だったのかもしれないが、次回の登板に期待が持てる内容であった。
NBAではトリプルダブルのシーズンタイ記録がうまれた。サンダーのウェストブルックがバックス戦で今シーズン41回目となるトリプルダブルを達成し、1961-62シーズンにロバートソンがマークしたNBA歴代最多記録に並んだ。
d0183174_08533746.jpg
ウェストブルックは現在7試合連続してトリプルダブルを達成しており、次のグリズリーズ戦で新記録がうまれる可能性が高いといわれている。
キャブスは一時の不調から脱したようでこの日もレブロン・ジェームス以下が活躍し、4月にはいって3連勝で東地区首位を走るセルティックスと並び、今日対戦する。
天王山、勝つのはどちらのチームであろうか、注目である。
堅守で昨年の優勝を勝ち取った日本ハム内野守備陣がおかしい。ロッテとの2回戦、6-2とリードしてむかえた6回裏に信じられないミスがうまれた。なんでもない3ゴロ(あたりが弱く難しいゴロではあった)をレアードが1塁へ悪送球してしまった。
そして次打者の1塁ゴロ、ベースカバーにはいった先発・加藤に中田がトスしたボールは走りこむ方向の逆で加藤は捕球することができなかった。
このダブルエラーで2失点してしまい、6-4で無死2、3塁のピンチとなってしまった。連投の谷元が押出し四球で1点を失うもこのピンチを切り抜けたが、宮西が逆転2ランを打たれてしまった。この試合6-7で負けてしまったが、昨年とは違う、日本ハムであった。
守りから攻撃のリズムをつくりだす野球が身上である日本ハム、守りの破たんから西武戦に続いてロッテ戦も落としてしまった。せっかく大谷がこの日第2号のホームランをライトスタンドに放ったがまたも空砲に終わってしまった。d0183174_08534541.jpg
その大谷、ロッテ初戦はノーヒットに終わってしまったが、この日は2安打2打点と活躍し、打率も5割キープ、打者部門で打率、本塁打部門でトップである。大谷が当たっている、ようやく中田にもタイムリーがでたが試合に負けてしまってはどうしようもない。
今日は斎藤佑樹が先発予定、ロッテの新人・佐々木千隼とのドラ1同士の対決である。斎藤佑樹復活の投球が観られるであろうか、注目である。

[PR]
by motokunnk | 2017-04-06 08:57 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

NBAも最終ステージプレイオフ進出チームも続々、昨日のクローズアップ現代

NBAも残すところ各チームとも5試合前後となり、続々とプレイオフ進出チームが決まっている。d0183174_09065880.jpg西地区では早々とウォーリアーズが地区優勝を決め、プレイオフ進出を決定、昨日の試合でもウィザーズを圧倒し(139-115)、11連勝を飾り第1シード獲得までみえる位置につけている。
なかでもステフィン・カリーは絶好調と見え、9本の3ポイントを決め42得点をあげた。ウォーリアーズはカリーのほか、クレイ・トンプソンが23得点、ドレイモンド・グリーンが今季5回目のトリプルダブル(11得点、12リバウンド、13アシスト)を記録した。
トリプルダブルといえば、サンダーのラッセル・ウェストブルックが、ホーネッツ戦で今シーズン40回目となるトリプルダブル(40得点、13リバウンド、10アシスト)を記録している。NBA記録は41回だから後5試合残しているサンダー、新記録達成はほぼ間違いないだろう。
西地区はプレイオフ進出チームが7チーム決定し、残すは1チーム(ブレイザーズとナゲッツの争い)であるが、東地区は混戦である。
昨年チャンピオンのキャブスが今シーズンも首位を独走するかと思ったが意外に苦戦しており、昨日の試合も2度の延長のすえにペイサーズに勝利している。4チームがプレイオフ進出を決めているが残り数試合の段階でも4つの椅子を巡って7チームが争う混戦となっている。最終試合で残り1チームが決まる可能性もあり注目である。
昨日のNHK・クローズアップ現代のタイトルは「稀勢の里優勝 知られざる最後の3日間」であった。春場所13日目に左腕を負傷した後の主に2日間の動きについての元横綱大乃国とゆくみつるさん(相撲好きで有名である!)の二人のゲストを中心に検証していた。
横綱とは「土俵上で圧倒的な強さを魅せて勝つ」ことが使命と常々公言している稀勢の里、14日目も真っ向勝負に挑んだがなすすべもなく完敗してしまった。稀勢の里としては優勝1回で横綱に昇進したこと(歴代の横綱は連続優勝して昇進しているケースがひじょうに多い)が負い目となっているようで(元大乃国もその点を指摘していた)、連続優勝が自身の中での使命として考えていたと思われる。
d0183174_09070617.jpg
インタビューでは14日目の朝は痛くなかったと答えていたが、実際どうだったかはわからない。14日目に完敗したことで真っ向勝負で勝つことは断念し、勝利することを一番に考え、千秋楽の一番があったと思う。勝つための最善の手段を講じて見事に優勝を勝ち取った稀勢の里、「圧倒的な強さで勝つ」ことも重要だが(稀勢の里の場合、受けて勝つという相撲が当てはまるようだ!)、出足をつけて一気に寄り切る相撲で勝つことも強さの表現だと思う。
左腕以外にも左胸の筋肉も損傷を受けていたようで1か月の治療が必要とのこと、今は怪我を治すことを第一に考え、5月場所では元気な姿を見せてほしい。

[PR]
by motokunnk | 2017-04-04 09:09 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

NBAオールスターはウェストが勝利、スマイルジャパンは辛勝、初の外国人棋士誕生

NBAオールスターゲームが開催された。今年の舞台はニューオーリンズ、ペリカンズのホームであった。そのペリカンズから唯一選出されたのがアンソニー・デイビスであった。
d0183174_11302672.jpg
そのデイビスが大活躍、52得点をあげウェストの勝利に貢献しMVPに輝いた。52得点は1962年にチェンバレンが記録した42得点を大きく上回るものであったし、両軍合計374点は昨年を5点上回る最高得点であった。
ウェストはオールスター3連勝であるが、ウェストを率いたカーHCにしてみれば、NBAファイナルで戦うことが想定されるキャブスの両エースに注目していたのではないだろうか。ウォーリアーズは現在ウェストを独走中、プレイオフに進出し昨年の借りを返すことのみを考えているようであった。
冬季アジア大会、アイスホッケーの女子は総当たり戦で優勝が決まる。そのスマイルジャパンの第2戦の相手は平昌五輪でも対戦することが決まっている韓国であった。この試合に圧勝して韓国に日本は強いという印象を植え付けたいと考えていたようだ。試合は開始早々に先制点をあげ、思惑通りの展開となった。
しかしなかなか思惑通りには試合はコントロールできなかった。追加点がなかなかとれないいやな流れとなってしまった。韓国に決定機は許さなかったが攻め込まれることはあり、ちょっとしたミスも許されない試合となってしまった。
追加点は第3P、開始早々に待望の2点目をゲットすると、反則で4人となってしまったスマイルジャパンであったが、相手パスをカットして攻め込み3点目をゲットした。
d0183174_11303533.jpg
試合は3-0で2試合連続しての完封勝利であったが悔いの残る試合であった。特に反則が6回と韓国の倍あり、12分間も4人で戦う時間があったことは大きな反省材料だと思う。トップチーム相手であればこの時間帯に失点してしまうケースも多いだけに今後の試合は反則ゼロを目指して行ってほしい。
史上初めてとなる外国人棋士が誕生した。ポーランド出身のカロリーナ・ステチェンスカさんという女性である。
d0183174_11304760.jpg
棋士と女流棋士ではプロとなる資格が異なるが、女流棋士の場合、女流3級となって2年以内に昇級条件をクリアーすれば晴れて女流2級となりプロ棋士として登録されるという。
その条件をクリアーする将棋の一戦が20日にあり、見事に勝利をおさめたステチェンスカ3級、晴れて女流2級となり女流棋士誕生となった。将棋の棋士を目指した動機は高校時代に読んだ漫画「NARUTO」であったそうだ。これからどんな将棋を指していくのか楽しみな存在である。

[PR]
by motokunnk | 2017-02-21 11:34 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

WBCのルール発表、フェド杯第1ラウンド開幕、そしてNBAは

3月に行われるWBCのルールが発表された。一番大きな変更点は登録メンバー28名とは別に予備投手枠10名が新設されたことである。
各国は予備投手枠に入っているピッチャーから1次ラウンド、2次ラウンド、決勝ラウンドでそれぞれ最大2人を登録メンバーと入れ替えることができるようになるそうだ。決勝ラウンドなど期間限定で主力ピッチャーを参加しやすくする狙いがあるようで、MLB在籍の投手にとっては朗報なのかもしれない。ただ侍ジャパンの小久保監督はこの制度を利用しないことを明言しており、従来から怪我人によるメンバー交替以外での入替はしないでWBCを戦い抜くという。この作戦、果たして吉とでるであろうか。
テニスの女子国別対抗戦、フェド杯がはじまった。デ杯の女子版ともいえるフェド杯、1955年にフォーマットが一新され、デ杯と同様にワールドグループ制を採用。さらに2005年からはトップカテゴリーが「ワールドグループ」と「ワールドグループⅡ」の2部に分けられた。
「ワールドグループⅡ」の下には、「ヨーロッパ/アフリカゾーン」「アメリカゾーン」「アジア/オセアニアゾーン」と3つのゾーンがあり、「ヨーロッパ/アフリカ」は上からグループⅠ~Ⅲ、「アジア/オセアニア」「ヨーロッパ/アフリカ」は上からグループⅠとⅡに分類される。
d0183174_08581302.jpg
日本は現在「アジア/オセアニアゾーン」のⅠに属している。その大会がはじまり、初日の日本はインド相手に3勝をあげ幸先のよいスタートをきった。第2戦はフィリピン戦、そして中国戦と続いていく。
NBAもそろそろ終盤を見据えた戦いがはじまろうとしている。プレイオフ進出を目指しているチームにとっては1試合が非常に重要だ。昨年の覇者キャブスは首位をキープしており、プレイオフ進出は間違いないだろうがこのところ調子をおとしており、1月は月間負け越しを記録してしまった。
そして敵地に乗り込んでのウィザーズ戦、7連勝と好調の相手だけにどんな戦いをするのか興味があった。第1Qにウィザーズが32-26とリードし、 キャブスは第3Q残り7分でラブが33ポイントを入れて68-68と同点にした。第4Qは11点を争う攻防となり、白熱した。
3点リードされ残り3秒となったところで、キャブスのジェームスが起死回生の3ポイントシュートを決めて試合は延長にもつれ込み、その延長もキャブスが終盤にリードを奪って逃げ切り連敗を止めた。
d0183174_08582170.jpg
負け試合をひっくり返しただけに単なる1勝以上の価値のある試合であったと思う。ライバルのウォーリアーズは西地区のトップを独走しており、今シーズンもキャブス対ウォーリアーズのファイナルとなりそうな予感がする。

[PR]
by motokunnk | 2017-02-09 09:00 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)

NFLプレイオフ、AFCは6チーム決定、NBAはキャブス対ウォーリアーズ

クリスマスイブに試合が多数開催されてしまったので、本来第16週が開催される日曜日には2試合のみの開催となってしまったが、その2試合がそれぞれAFCのプレイオフ進出に関わる試合となった。
スティーラーズは勝利すれば文句なく地区優勝が決まる一戦、同地区のレイブンズに第4Q終盤に24-27と逆転されてしまった。残り時間は1分あまりであったが、そこから怒涛の攻撃が行われ、残り時間10秒で再度逆転のTDを決め、31-27で勝利しAFC北地区の優勝を決めた。
続いて行われたチーフス対ブロンコス戦、どちらもプレイオフ進出に望みがあるだけに熱戦が期待された。悪天候の中ではじまった試合は最初の攻撃でチーフスがTDをあげ7-0とリードした。そしてブロンコスの攻撃を3回で封じた後の攻撃はわずか2プレイでTD、これで14-0とリードを拡げ、チーフス有利の試合となった。
その後ブロンコスにTDを奪われるが、直後にまたTDを奪い返すなど試合の主導権は終始チーフスが握り前半を終了した。
後半にはいるとチーフスの攻撃が不発に終わるが、ブロンコスの攻撃もチグハグで流れは膠着状態であった。第4QにはいってチーフスがFGを2本決め試合を決定づけた。
残り2分となり、ゴール前の攻撃でワイルドキャットフォーメーションをひき、QBの位置にドンタリ・ポーがはいった。ラッシュと思われた瞬間にポーがエンドゾーンのハリスにTDパスを投げ見事に成功した。
d0183174_08574232.jpg
スペシャルプレイが決まり試合は33-10でチーフスが勝利し、プレイオフ進出が決まり、地区優勝の可能性も残すこととなった。
ブロンコスが負けたことでドルフィンズの2008年以来のプレイオフ進出が決まった。例年最終週までもつれ込むプレイオフ出場権争いがAFCは6チームすべてが出そろうこととなった。
また昨年のスーパーボールを争ったチームがポストシーズン前に敗退(パンサーズとブロンコス)してしまう年も珍しいのではないだろうか。
MNFはNFCのライオンズ対カウボーイズである。ライオンズが勝つとプレイオフ進出が決まる注目の一戦である。
NBAもクリスマスということもあってか昨年のファイナルを戦ったキャブスとウォーリアーズが戦った。ウォーリアーズが先行し、キャブスが追いかける展開で前半を終了した。後半にはいってもウォーリアーズのリードは続き、第4Q中盤には80-94とキャブスは14点差をつけられてしまった。
地元ということはあっても14点差を逆転するのは至難の業と思われたが、ここからキャブスの大反撃がはじまった。アービングを先頭に3ポイント攻勢をかけて巻き返し、 残り2分でアービングがフックシュートを入れて 103-103の同点に追いついた。
ウォーリアーズも残り1分でカリーに3ポイントを決められ、105-108とリードされてしまったが、残り3秒でアービングがフェイダウェイを入れて逆転した。手に汗握る大熱戦であった。
d0183174_08575011.jpg
今シーズンも東西両地区で首位を走る両チーム、今年もNBAファイナルはこの両チームの顔合わせとなるのであろうか。

[PR]
by motokunnk | 2016-12-27 08:59 | スポーツ全般 | Trackback | Comments(0)