渋谷金王丸について

d0183174_19174163.jpg
今回は渋谷金王丸について調べてみる。前回紹介した金王八幡宮のホームページによると、
渋谷金王丸常光(しぶやこんのうまるつねみつ)は、渋谷平三家重の子で、永治元年(1141)8月15日に生まれた。重家には子がなく夫婦で当八幡宮に祈願を続けていると、金剛夜叉明王が妻の胎内に宿る霊夢をみて立派な男子を授かった。その子に明王の上下二文字を戴き「金王丸」と名付けたといわれる。
d0183174_19175851.jpg
金王丸17歳の時、源義朝に従って保元の乱(1156)で大功を立て、その名を轟かせた。続く平治の乱(1159)では義朝は敗れ、東国に下る途中立ち寄った尾張国野間で長田忠宗の謀反により敢えない最期を遂げた。金王丸は、京に上り常磐御前にこのことを報じたのち渋谷で剃髪し、土佐坊昌俊と称して義朝の御霊を弔った。
金王丸は、義朝の子である頼朝との交わりも深く、頼朝が挙兵の折は、密かに当八幡宮に参籠して平家追討の祈願をしたといわれる。
壇ノ浦の戦いののち頼朝は義経に謀反の疑いをかけ、これを討つよう昌俊(金王丸)に命じた。昌俊は断ることもできず、文治元年(1185)10月、百騎ばかりを率いて京都に上り、同月23日夜義経の館に討ち入り、はじめから義経を討つ考えはなかった昌俊は、捕らえられて勇将らしい立派な最期を遂げた。
とホームページでは説明されている。各地に残されている金王丸伝記によれば、ここまでは大体が似たような記述となっているようである。また金王八幡宮には写真のような祠が建立されており、中には金王丸の木像が祭られ、毎年3月には木像が公開されているようである。では実在したとして(架空の人物であるという説もある)、金王丸の墓はどこにあるかとなればこれが何と琵琶湖のほとり、和邇の集落の中にあるというのである。京都で死罪となったわけだから、その墓が近江の国にあっても不思議はないといえる。
この項は「週末の散歩道」というブログからの引用→http://lycaste621.shiga-saku.net/e96394.html

また全国各地に金王丸伝説が存在する。
この項は、「渋谷金王丸とは?」というページに詳しく書かれているのでそちらを参照して欲しい。2006年12月に調べているようです、本業が忙しくなったとあるが、何をしている人なのか、想像しずらいなあ。
ホームページ → http://www.tabizaiya.jp/konnoumaru_shiryou.htm

私の関連するブログ → もうひとつの渋谷金王丸祭事
私の関連するブログ → 再び渋谷金王丸伝説Ⅱ
私の関連するブログ → 再び、渋谷金王丸
私の関連するブログ → 金王八幡宮について/加筆しました
[PR]
by motokunnk | 2010-07-20 20:20 | 神社・仏閣・城郭 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://kmotokun.exblog.jp/tb/11585821
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 吉祥 at 2010-07-21 21:09 x
こんばんは。
ご紹介ありがとうございます。
由緒書が読みづらいかったかと思います。原文書き写しのがメールに残っていましたので、先ほど記事追加しておきました。

宜しければまた見てください。
記事にした時は滋賀県滋賀郡志賀町中浜だったと思いますが、市町村合併で今は大津市和邇中浜に変わっていると思います。

この和邇ですが、なかなかどうして古代歴史の発祥地とでも言うのでしょうか、初代の遣隋使であった小野妹子の生誕地なんですよ。
いろいろとブログのほうには書いているつもりです、またよろしくお願い致します。
Commented by motokunnk at 2010-07-22 19:23
吉祥 さま
わざわざのご訪問ありがとうございます。一度機会があれば、大津市和邇中浜に行ってみようかと思います。これからもよろしくお願いいたします。
由緒書き拝見いたしました。
<< 金王八幡宮・社殿造営400年に... 金王八幡宮について/加筆しました >>