日比谷公園の石桝

再び、日比谷公園内での発見物について。今回の発見は帝国ホテル側の入り口を入ってすぐのところにある石桝(いします)についてである。
d0183174_191634100.jpg

説明板によれば、江戸時代の上水道木管の石桝とのこと。園内各所に置かれているそうである。石桝の内側にその所在地を刻したものもあるそうである。
この石桝から江戸市内の大名屋敷に治水されていたという。勉強になった。
[PR]
by motokunnk | 2010-08-25 19:16 | 公園・庭園・遊歩道 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kmotokun.exblog.jp/tb/11805046
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 今日の毎日新聞社説から 代々木八幡宮境内にある記念碑など >>