人気ブログランキング |

初詣その2・金王八幡宮の算額

今日は、金王八幡宮へ初詣してきた。箱根駅伝を見ながら、2区から3区へのバトンタッチ前後だったので10時過ぎに出かけたことになる。
歩いて数分なのですぐに行けることがかえって足を遠くしているのかもしれない。金王八幡宮は今年が鎮座920年、金王丸生誕870年、社殿造営400年ということもあり、盛大に寄付の貼紙が目立つかと思いきやほとんどそれらしきものはなく例年通りの境内であった。唯一の違いはブログでも書いたが、新作カブキで渋谷金王丸が演じられたことを紹介した新聞記事が目につくところに貼られていたことである。
さてどこの神社もそうであるが、宝物殿(といっても倉庫をちょっと小奇麗にした建物)が公開され、以前紹介した大江山鬼退治之図(その1・その2)や金王丸の錦絵を見ることができた。また前回は見落としてしまったが、算額(嘉永3年・安政6年・元治元年)をじっくり見ることができた。
d0183174_1881810.jpg
いずれも渋谷区の区指定有形民俗文化財(金王丸の錦絵は除く)となっている算額である。算額とは、古代中国から日本に伝えられて、江戸時代に独自の発展を遂げた和算の記録で、数学の研究発表や学問成就の祈願のために、神社に奉納されたとのこと、ご覧のように着色されており、見ていて美しいと感じる代物である。特に扇形の元治元年のものは大変珍しいとのこと、ほかにはどこに保管されているのか、ご存知の方がいれば教えてほしい。
箱根駅伝であるが、結果は柏原の力走で東洋大学が往路3連覇を達成した。明日の復路如何であるが、東洋大学の3連覇なるか興味がある。一方で2位につける早稲田大学の大学駅伝3冠のチャンスもあり、明日はTVに釘付けとなりそうである。
なお写真のものは、安政6年と元治元年のものである。
渋谷区の文化財 → 算額の紹介 
by motokunnk | 2011-01-02 18:09 | 神社・仏閣・城郭 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kmotokun.exblog.jp/tb/12621651
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< しめ飾り(正月飾り)と初詣その3 初詣&神社と狛犬その3・穏田神社 >>