人気ブログランキング |

春の小川は河骨川

渋谷川ついでに、暗渠となったその先を訪ねていくと春の小川の記念碑に行きつくことができる。
d0183174_2045319.jpg
渋谷区の教育委員会の説明板(いつもブログでお世話になっているが)によれば、
「ここにはかつて清らかな小川が流れ、黄色のかわいらしい”こうほね”が咲いていたので、河骨川と呼ばれていました。春になると、岸辺にはれんげやすみれが咲く、のどかな所でした。明治四十二年(1909)から代々木山谷(現代々木三丁目三号)に住んでいた国文学者の高野辰之氏は、このあたりの風景を愛して、しばしばこのほとりを散策したといわれています。そして、今も歌い続けられている『春の小川』を作詩して、大正元年(1912)に発表しました。この詩は、小学唱歌となり、現在に至るまで広く愛唱されています。
現在、河骨川は暗渠となり、もはや当時のおもかげはありませんが、この詩から明治末ごろの付近の様子を知ることができます。ここにある歌碑は、このことを永く後世に伝えるために、地元の篤志家が建設し、渋谷区に寄贈されたものであります。」とある。渋谷川の源流が河骨川ということではないが、渋谷駅から暗渠になっていることを考えると多分この川の流れが渋谷川となって古川となり東京湾に流れていっていることは間違いなさそうである。
また作詞をした高野辰之氏が代々木三丁目に住んでいたということでその地も訪ねてみることにした。
d0183174_2051523.jpg
代々木の国立青少年センターをぬけて参宮橋駅を左手に見ながら進む。その後交差点を右折して代々木駅へ由汁道の傍らに旧住居跡はある。旧住居にはご覧の標識が建てられていた。近くの民家の表札は高野さんであったので親族の住居かもしれないと勝手に想像してしまった。
by motokunnk | 2011-03-08 20:06 | 記念碑 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kmotokun.exblog.jp/tb/13083128
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 今日が見納めか、亀島橋 政治とカネと来年度の予算 >>