人気ブログランキング |

明治神宮御苑・パート2

昨日に続き、明治神宮御苑にある清正井以外についての紹介である。まず北門から入場して順路通りに歩いていくと右手前方に現れる綺麗な日本家屋がある。名前を隔雲亭(かくうんてい)というそうである。
d0183174_20131359.jpg

説明パネルによると、
「明治33年、明治天皇の御思召により皇后様の為に建てられましたが、戦災にて焼失、昭和33年に篤志の寄付と社殿造営残材とにより一部増築して再建されました」
とある。時の権力者は素晴らしい建物を建築させてしまうのだなあと感心してしまった。
d0183174_20133764.jpg
d0183174_20134657.jpg

明治天皇はこの隔雲亭以外にも、南池やその場所にあるお釣台、そして菖蒲田(しょうぶだ)などを昭憲皇太后のために作らさせたそうである。清正井から湧き出た水が菖蒲田を通り、菖蒲の花に命を与え、そして南池の動植物に潤いを授けている。その意味では昨日紹介した清正井はまさにパワースポットなのかもしれない。菖蒲田であるが清正井がこれほど有名になる前は御苑といえばは菖蒲田というほど有名だったようで、5月末から6月にかけては観光客が多数訪れるそうである。私も数十年前にはその観光客の一人であった。今年の菖蒲のシーズンにはぜひ訪れてみようと思っている。いい写真がとれたらブログで紹介しようと思っているので期待しないで待っていて欲しい。
YouTubeに投稿された映像があったのでリンクしておく。

明治神宮御苑の南池:隔雲亭~お釣台~四阿 → YouTubeの映像

明治神宮関連の私のブログ1 → 「ねぶた」が明治神宮に登場
明治神宮関連の私のブログ2 → 明治神宮のパワースポット・清正井

明治神宮関連の私のブログ4 → 明治神宮散策
明治神宮関連の私のブログ5 → 明治神宮・御苑の花菖蒲
by motokunnk | 2011-03-22 20:15 | 神社・仏閣・城郭 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kmotokun.exblog.jp/tb/13208536
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 渋谷川に架かっていた橋 明治神宮のパワースポット・清正井 >>