人気ブログランキング |

鍋島松涛公園の桜

今朝から首都圏では本格的な雨が降るという天気予報だったので、いつもより早めに散歩にでかけ、今帰宅したところである。
街は土曜日ということもあり、新学期を向かえた学生の登校する姿が目についた。やはりそろそろ首都圏では日常のリズムによる生活が戻ってきているのかもしれない。さて桜の綺麗な季節も今週末で終わり、来週は葉桜となってしまうようである。葉桜もそれはそれで綺麗ではあるが、やはり満開の桜見物をすると心が癒されるようである。
ということで、今日は東急本店を通り、鍋島松涛公園にやってきた。このブログでも以前に紹介したことがあるが、結構桜の名所として地元では有名である。
d0183174_10294147.jpg
本店商店街通りをぬけていくと、りっぱな桜の木を見つけることができる。私有地にある桜ではあるが、枝ぶりもりっぱであり、私以外にも通勤途上のサラリーマンっぽい人が写真を撮っている姿を見受けてしまった。さて公園前の消防署では朝の朝礼が行われている脇をぬけて公園は行くと、桜は満開となっていた。
d0183174_1030115.jpg

公園は徳川家の下屋敷を鍋島家が払い下げを受けて茶室を設け、その後児童公園として寄贈されたそうであるが、公園には池があり自然を満喫できる。
d0183174_10301519.jpg
池の傍らには水車もあり、その横には渋谷区土木部の説明書きがある。水質浄化実験を行っているそうで、水車脇に見える白いタンクのようなものがその機械だそうだ。ただ説明プレートも古いようで渋谷区のホームページを見てもこの実験のことは記載されていない。現在も実験が継続されているかは定かではない。
d0183174_10303782.jpg

さて公園内の桜であるが、全て満開で見ごたえのあるものばかりである。写真を見て皆さんで判断して欲しい。
d0183174_1031755.jpg
池のほとりには突き出したデッキのようなスペースがあるが、現在は囲われており立ち入り禁止となっている。花見のシーズンに誰かが池に飛び込んだとか、何か不都合な出来事があったと思わせる忠告が書かれてプレートも見受けられた。
d0183174_10311741.jpg

近くには松涛中学校もあり、こちらの桜も満開であった。小学校、中学校は入学シーズンになると桜の木の下で記念写真という光景が世の定番であったような気がするが、今もその風習が続いているのであろうか。
by motokunnk | 2011-04-09 10:32 | 公園・庭園・遊歩道 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kmotokun.exblog.jp/tb/13344576
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 混戦必至の桜花賞を制するものは? 目黒川散策の旅 >>