人気ブログランキング |

明治神宮散策

明治神宮についてはこのブログでも何回もとりあげたような気がするが、散策という切り口では初めてかもしれない。
さて、散策というからには満遍なく神宮を歩きまわる必要があるが、私の趣味で気付いた施設や場所を紹介していきたい。
d0183174_1937459.jpg
原宿方面から明治神宮をお参りするとまずは鳥居をくぐる必要がある。そして参道を歩いていくと小さな橋をわたる。この橋、神橋というそうである。下を見るとせせらぎが流れている。橋の上からせせらぎを眺めている人や橋の上で記念写真を撮っている人など様々な光景を毎回訪れるたびにみせてくれる。そして今は閉まっている(菖蒲が見ごろになるとオープンする)、御苑の入口を通り抜けると、大鳥居が目に入る。
d0183174_19375898.jpg
大鳥居というだけあり、1枚の写真におさめるには距離をある程度とる必要がある。鳥居で思い出したが、明治神宮の鳥居は東日本大震災で被災していないようである。建物はコンクリート製が丈夫であるが、鳥居は木造のほうが丈夫なのかもしれない。
少し歩くと御苑の入口がある。一時期は清正井人気で入口前には待ち時間の案内がでていたが、人気も一段落したようで、最近は待ち行列はできていない。御苑の入口を過ぎると本殿が見えてくる。
d0183174_19383057.jpg
d0183174_19384018.jpg
時節柄か、結婚式の行列を見学してしまった。さてお参りをすませ、今回散策というか、建築マップに紹介されている「宝物殿」を見学することにする。
d0183174_1939378.jpg
北参道へ向かう参道から折れて、このように東京とは思えない薄暗いが緑の多い参道を歩いていく。すると、目の前が一揆に開けて明るくなる。池に架かる太古橋を渡ると一面芝生の広場が現れる。
d0183174_19392949.jpg
休日となれば家族連れなどがハイキングにやってきそうな場所である。そしてその芝生正面に宝物殿は建てられている。
d0183174_19394519.jpg
入館料を払い入館する。展示物は明治天皇ゆかりの品々があり、見ていて勉強になるが、回りを歴代天皇の肖像画がかけられているのには驚いた。日本史で出てきた著名な天皇もいれば私の知らない天皇もいた。見てみると女性の天皇も数多くいることを発見した。最近の天皇は男子と決まっているが、いつの時代からそうなったのであろう、昔は女子の天皇もいたのにと思うのは私だけなのかもしれない。
さて宝物殿を後にし北参道から帰宅することにし帰宅した。


明治神宮 → 公式ホームページ

明治神宮関連の私のブログ1 → 「ねぶた」が明治神宮に登場
明治神宮関連の私のブログ2 → 明治神宮のパワースポット・清正井
明治神宮関連の私のブログ3 → 明治神宮御苑・パート2

明治神宮関連の私のブログ5 → 明治神宮・御苑の花菖蒲
by motokunnk | 2011-05-18 19:40 | 神社・仏閣・城郭 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kmotokun.exblog.jp/tb/13604981
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 今、エキナカが活気があるようだ 散歩を楽しく/青山番外編 >>