人気ブログランキング |

Let's try againとUSA for Africa

桑田佳祐が所属するアミューズのタレントに声をかけてチームアミューズを結成して、東日本大震災復興のための一助としてLet's try againの楽曲を作成するという話を聞いたとき、私は20数年前のことを思い出した。
それは、当時アフリカの飢餓救済のためのプロジェクト「バンド・エイド」が結成され、それに続きできたのがUSA for Africaである。後者の方が日本では有名であるが、実際は1984年のイギリスのロック界でバンドエイドが結成されたのが発端である。それに触発され、翌年にアメリカでハリー・ベラフォンテが提唱し、ライオネル・リッチー、マイケル・ジャクソン、スティーヴィー・ワンダー、クインシー・ジョーンズと拡がりをまして総勢45人が集まり、楽曲「WE ARE THE WORLD」が作成された。
当時、多分真夜中の地上波TVで製作段階でのビデオが放送され、それを見た記憶が残っている。ダイアナロスがマイケルジャクソンとスティービーワンダーの間に入り手をつないで歌っている姿が今でも思い出される。
d0183174_20311992.jpg
そして今回の「Let's try again」である。内容は違うが、エンターテイナーとして何かしなければという思いは一緒、そこが事を起こす原点であると思う。何か行動しなければいけないと考えた桑田佳祐の心意気とそれに賛同した福山をはじめ多数のアミューズのメンバーたちに拍手! ということでCD+DVDを購入してしまった。
収益は東日本大震災の義援金となるそうであるから、購入することで震災復興の一助になることは間違いなさそうである。
雑談だが、アミューズに寺脇康文、三宅裕司、三浦春馬らが所属しているとは知らなかった。

チームアミューズ       → 公式ホームページ
USA For Africa → 公式ホームページ(英語)
バンド・エイド        → ウィキペディアのページ

写真は、それぞれのDVDからキャプチャしたものを採用した。
by motokunnk | 2011-06-03 20:31 | 日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kmotokun.exblog.jp/tb/13708175
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 旧芝離宮恩賜庭園を訪ねて とんだ結果となった内閣不信任案採決 >>