人気ブログランキング |

散歩を楽しく/竹橋周辺に残る学問発祥の地

竹橋駅周辺には○○大学発祥の地なる記念碑が複数建てられている。まず有名なものは学士会館である。
d0183174_915924.jpg

学士会館のホームページによれば「明治10年東京大学の創立から明治19年に帝国大学が設立されるまでの間、当時の東京大学綜理であった加藤弘之先生の謝恩会を機に創立された学士会に端を発します。のちに、旧帝国大学(現在は国立7大学)の同窓会組織に発展した学士会会員の交流の場として建設された会館が、大正2年の神田三崎町で発生した大火で焼失し、さらには大正12年関東大震災によって仮会館も焼失したため、昭和3年、東京大学発祥の地に再建されたのが現在の学士会館です。この地は日本野球発祥の地でもあり、同志社を建学した新島襄の生誕の地でもあります。プライベートな会員のための施設として発展してきた会館ですが、現在では会員以外の多くの方々にご愛用いただいております。」
とあり、わずか10年あまりではあったが、この地に後の東京大学となる帝国大学が発祥したことがわかる。また神田方面へむかう敷地の片隅にグローブを形にした記念碑が建てられたいる。
d0183174_9152429.jpg
記念碑をみると、日本野球発祥の地とある。詳細は千代田区のホームページを参照してほしい。
記念碑までではないが、同志社を建学した新島襄の生誕の地でもあるそうだ。
さて、通りの反対側には学術総合センターの高層ビルが建設されているが、ここも元はある大学発祥の地である。
d0183174_9153953.jpg

その大学とは「東京外国語大学」でありこれまたりっぱな記念碑が建立されている。その記念碑には「東京外国語大学の起源は 安政1(1857)年に創設された 蕃書調所まで遡るが, 直接の前身である東京外国語学校が開設されたのは, 明治6(1873)年11月1日, この地(当時の 東京府神田区一ツ橋通町一番地)においてであった。
東京外国語大学は この日を建学記念日として, ここに碑を建立する。
   平成14(2002)年3月27日      東京外国語大学」のように記載されている。
そしてその隣が如水会館である。ここが一ツ橋大学の発祥の地と思っていたがそうではないらしい。一ツ橋大学発祥の地は別の場所に記念碑が建立されているとのことである。また別の機会にその地を訪ねてみようかと思っている。
d0183174_916147.jpg

如水会館は一ツ橋大学OB会の名称とのことで誤解をしていたようである。今回、このブログを書くにあたって調べてみてわかった。ブログを書くと、今までの記憶違いを修正することができていいことかもしれない。
そして今は丸紅本社ビルが建っているが、江戸時代には徳川一ツ橋家の屋敷が建てられていたそうで、そのことを示す記念碑も建てられている。
d0183174_9162455.jpg
それで一ツ橋という橋が命名されたのかどうかは定かではないが。
このようにちょっとしたエリアに発祥の地が固まっていつことも東京の面白さのひとつかもしれない。ほんの数分歩いただけで数件の記念碑を見ることができるのだから。

学士会館 → 歴史のページもある 
千代田区観光協会のページ → 観るの中から
発祥の地コレクションから → 東京外国語学校発祥の地
如水会館 → 如水会のいわれがある
by motokunnk | 2011-11-06 09:17 | 記念碑 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kmotokun.exblog.jp/tb/14891609
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 急性リンパ性白血病 散歩を楽しく/代々木公園で「し... >>