人気ブログランキング |

今日は東京フォーラムでシンポジウム

今週は外出が続く1週間のようである。以前から知り合いである某電気メーカーの担当者から是非来て欲しいといわれているユーザーフォーラムのお誘いがあった。昨年も行ったフォーラムではやぶさの展示をこのブログでも紹介したメーカーのユーザーフォーラムである。
今年は目玉はないですがということであったが、特別講演も多数組まれていたのでそのうちのひとつを拝聴することにした。選んだ講演は「テレビは震災で何を伝えたのか ~報道ステーションプロデューサーが見た災害とメディア~」テレビ朝日の若林邦彦氏の講演である。話自体テレビ関係者とは思えないほど言っては悪いが下手であった。
ただ、内容については感心させられることは多々あったように思う。曰くテレビは3割増しで報道する! 確かに100人死傷といって、1人死亡、99人軽傷のケースがほとんどとか、、、。また被災地からの映像といって一番ひどい場所を選んで放送するそうで、実際に現地に行って見るとそれほど被災していないとか。
ただ、東日本大震災は被災地の惨状がはげしく、どこを写してもほとんど全滅という状態であり今までの被災地とは桁が違うひどさであったという。
教訓はTV報道の難しさであるとか、やたら安全ですともいえず、危険です、危険がありますとはもってのほか、特に放射能汚染被害についてはTV報道に携わっている人も知らない単位の放射能レベルの話で、どのレベルが危険なのかさっぱりわからなかったとか、報道するものの無知さを暴露していた点は好感がもてた。
とまあ、講演はこのような感じであった。後は併設して展示会が開催されていたが、映像関係の展示を見て映像技術の進歩にビックリしたしだいである。明日までフォーラムは開催されているので、興味のある人は出かけてみてはいかがであろうか。下記ホームページから登録することが可能である。

C&Cユーザーフォーラム → C&Cユーザーフォーラム
昨年のフォーラムの紹介  → 小惑星探査機「はやぶさ」のカプセル
by motokunnk | 2011-11-10 19:32 | 最新技術 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kmotokun.exblog.jp/tb/14919010
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 江川と巨人の関係/巨人に内紛? 今年もパシフィコ横浜の展示会へ >>