人気ブログランキング |

12月14日は赤穂浪士討ち入りの日

毎年年末のこの時期になるとTVでは決まって討ち入りの特集番組が放送されている。今日もドラマ放送はないにしてもクイズ番組やバラエティ番組などで特集が組まれているようである。
多分、日本人という気質は昔から判官びいきといわれているように弱きものに対して味方をする人種のようである。従って、時の政府に楯突いてあだ討ちをしてしまった旧赤穂藩の浪士たちを英雄として褒め称えたようであり、それが今日まで語り継がれているのが実際のところである。それだけアッパレな行動であったと思うし、そのことに対して異論はない。
ただ吉良義央は悪人としてドラマでは描かれているが、領民の評判はよかったようであるという説もあり、本当のところはよくわからない。今度赤穂浪士について調べてみようかと思っている。何かブログを書いていると調べたくなることばかりが見つかってしまう。

赤穂浪士 → ウィキペディアのページ(著作権侵害で削除が検討中だそうだ)
赤穂浪士 → もうひとつのウィキペディア
by motokunnk | 2011-12-14 20:42 | 日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kmotokun.exblog.jp/tb/15109513
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 散歩を楽しく/山手通りの小さな公園 ショックな出来事 >>