人気ブログランキング |

“大津波”が首都圏を襲ったらこうなる!

テニスの全豪オープンの準々決勝では惜しくも錦織圭は負けてしまったが、全豪ベスト8は素晴らしいことである。4大大会で男子ではあの松岡以来である。まだ22歳と若い(といえるかどうか微妙ではあるが)のでこれから先も大いに期待ができると私のテニス好きの友人が言っていた。
さて今日の話題は夕刊フジの1面にでている(駅で見出しだけをみたので正確なことはわからない)「“大津波”が首都圏を襲ったらこうなる!」である。
先日東大地震研が今度4年以内にマグニチュード7以上の地震が首都圏で発生する確率は70%以上と発表したことを受けての記事のようである。夕刊フジのネット版に昨日の日付けで記事が紹介されているのでその記事を読んでの感想を述べることにする。
東日本大震災では地震の被害もさることながら10m級の大津波の被害が甚大であったことは記憶に新しい。首都圏で地震がおき、10m級の津波が襲ってきたらと考えるだけでも恐ろしいがそれが文章となって目の前に現れると恐ろしさを通りこえ、他人事のように思えてくるので不思議である。
記事では神奈川県の取り組みを紹介しているが、東京も何らかの対応をしておく必要はあると思う。今務めている会社は芝浦のウォーターフロントに立地している。津波がきたら多分2~3階部分は浸水してしまう可能性はありそうである。そのときにどうするか考えておく必要はあるそうだ。記事をよく読んで自分なりの自衛策を考えてみることにしよう。

記事は → “大津波”が首都圏を襲ったらこうなる!横浜駅水没の恐怖
by motokunnk | 2012-01-25 19:16 | 日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kmotokun.exblog.jp/tb/15326987
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 富士山から日露戦争へ 都心はうっすら雪化粧、今朝の通... >>