人気ブログランキング |

東日本大震災からちょうど1年

昨年の今日、未曾有の大震災が東北地方に壊滅的な被害を与えた。あの日からちょうど1年が経過した。私のみの周りでは、震災の傷跡を感じる光景は皆無となったが、東北エリアではいまだ復興の目処すらたっていないエリアが多数存在していると聞く。福島の原発もそのひとつと思うし、南三陸の漁業復興もたいへんだと思う。
そして今日はTVも全てのチャンネルで特番を組んで東日本大震災1周年の放送が流される予定である。昨年の今日、私は外出先から戻って自席で仕事をしていたとき、経験のない揺れを感じて、訓練ではしたことがあるが地震発生したときにはしたことがなかった机の下に隠れたことを覚えている。
また窓の外では遠くで黒煙があがっている光景を目撃したし、友人のワンセグでは津波の映像が流されているのを垣間見た記憶もある。そして帰宅時には普段はそれほど人とすれ違うことのない歩道をあふれんばかりの人で埋め尽くされている光景を目撃した。
あれから1年が経過したのである。ある意味、普段通りの日常生活を営むことはいいことかもしれないが、大震災の記憶を風化させることなく記憶の片隅にしまったおくことも重要かと思う。いまだ3千人以上の方が行方不明となっていると今朝のニュースで放送されていたが、その家族の想いを考えると朝からブログを書いている私自身これでいいのかと思ってしまう。
午後2時46分には黙祷をささげることを忘れず、今日1日をすごしていくこととしよう。
by motokunnk | 2012-03-11 08:05 | 日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kmotokun.exblog.jp/tb/15555872
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 五輪マラソン代表が決定、ボート... 考えさせられる記事「故郷は地球... >>