人気ブログランキング |

散歩を楽しく/こどもの日と赤十字展

久しぶりの晴天である。神様も子供の日は晴天を用意してくれたのかもしれない。ただ、北海道地方や北陸地方は雨らしいので日本全国晴天とはいかないようである。
昨日のブログでも書いたが、今日は「昭憲皇太后と赤十字展」を見に行くことにした。明治神宮文化館・宝物展示室で開催されているということで、てっきり宝物殿での開催と勘違いしてしまった。宝物殿であれば北参道からすぐなので、渋谷駅から副都心線で北参道駅まで行き、後は徒歩で北参道まで歩くことにした。
そして北参道の入口で、実は明治神宮文化館・宝物展示室と宝物殿は全く違う建物であることを教えられた。それがその案内図である。明治神宮文化館・宝物展示室は原宿駅よりのいつもの散歩コースの途中にある、休憩所のことであった。
散歩を楽しく/こどもの日と赤十字展_d0183174_12242332.jpg

散歩が目的なので、がっかりさもそれほど大きくはなく、まわりを見ながらてくてくと歩いていくと、本殿への参道には「明治天皇百年祭」が開催されており、参道両脇にはパネルが用意され、明治天皇や昭憲皇太后、そしてそれに関わる事項が書かれているようであった(詳しくは見ていないので想像である)。そして目当ての「昭憲皇太后と赤十字展」の場所に着いた。
休憩所の2階が宝物展示室となっており、さほど広くないスペース(うなぎの寝床のような細長いスペース)に昭憲皇太后ゆかりの品物が半分、そして残り半分は赤十字社ゆかりの展示がなされていた。
昭憲皇太后の展示では洋服の着用や女性教育に尽力した功績が書かれており、けっこう参考になった。また赤十字活動にも力を入れられたようで、「エルトゥールル号遭難事件」の際にも救助活動を援助したことが報告されていた。そして西南戦争の際、敵味方の区別なく負傷兵を看護したことも当時の日本としては異例のことであったようである。
散歩を楽しく/こどもの日と赤十字展_d0183174_12245858.jpg

この思想が赤十字の思想とマッチして日本における赤十字活動の普及に尽力されたようだし、基金もいまだに行われており、毎年4月10日に配分が決定されている。
帰りは表参道から帰宅したのであるが、その途中には日本看護協会のビルがあり、その前では赤十字に関連するイベント開催の準備があわただしく行われていた。
散歩を楽しく/こどもの日と赤十字展_d0183174_12251548.jpg
こどもの日ということでイベントが企画されているようだ。また赤十字社は9つの事業を展開しているがその9つを「まちがいさがし」というちらしをつくり白熊をモチーフとしたイラストから間違いを探させるものもあった。表参道自体も赤十字150年を意識して教宣活動をしているようであった。

日本赤十字社 → まちがいさがし
by motokunnk | 2012-05-05 12:25 | 街の風景 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kmotokun.exblog.jp/tb/15820840
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 3歳マイル王決定戦、勝つのはこの馬 散歩を楽しく/赤十字が150周... >>