人気ブログランキング |

散歩を楽しく/ケヤキとハナショウブ

6月4日というと、古くは「虫歯予防ディ」を指していた。今朝のメザマシテレビでは「蒸しパンの日」という新しい解釈をしていた。時とともに月日の解釈は変わっていくものであるが、今日は何の日というサイトによれば、ムシの日ということらしい。
そんなことはさておき、ケヤキとハナショウブといえば、渋谷区の木と花であるが、我家のそばにはそれぞれの名所がある。表参道のケヤキ並木と明治神宮の菖蒲園である。菖蒲園の見ごろは6月中旬以降であるが、週末は雨となるケースが多いので、早いが先週末に菖蒲園まで菖蒲を見に行ってきた。
散歩を楽しく/ケヤキとハナショウブ_d0183174_1956132.jpg

表参道から歩いて行ったのだが、ケヤキ並木は新緑の真っ盛りで見事であった。明治神宮に入ると、花菖蒲と書かれた看板が菖蒲園の満開時期を教えてくれる。また気候がよいせいか、団体ツアーのお客さんも多数見受けられ、代々木の地名の由来が書かれた看板の前に人だかりができていた。
散歩を楽しく/ケヤキとハナショウブ_d0183174_195765.jpg
さて菖蒲園であるが、昨年も今頃きたのであるが、菖蒲は1割程度しか花を咲かせていなかった。
ただ、株ごとに花を咲かせるようで、満開となっている株も若干ではあるが見ることができ、来た人はその花の前で記念写真を撮るなどして満足感を味わっていたようである。
散歩を楽しく/ケヤキとハナショウブ_d0183174_19572431.jpg

菖蒲園といえば、清正井が一時期は有名になり、待ち時間が数時間に及ぶこともあったが、最近はそのブームもさり、待ち時間なく清正井を見学することができる。当日もほとんど待つことなく見物することができた。
散歩を楽しく/ケヤキとハナショウブ_d0183174_19574443.jpg
ただし、清正井を見ての帰り路で例の団体さんを見かけてしまった。きっと菖蒲を見てから清正井へいくのであろうから、きっと清正井は待ち時間が10分程度はかかってしまうのではないかと思ってしまった。
散歩を楽しく/ケヤキとハナショウブ_d0183174_19575840.jpg

言い忘れたが、菖蒲園は御苑という明治神宮でも有料の場所にある。そこをでると明治天皇百年祭記念展の展示物がたくさん参道に飾られていた。7月30日が百年祭当日のようであるから、その日はきっと盛況となるであろう。雨が降らないことを祈るのみである。

今日は何の日 → 今日は何の日カレンダー
明治神宮 → 御苑の花菖蒲
by motokunnk | 2012-06-04 19:59 | 神社・仏閣・城郭 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kmotokun.exblog.jp/tb/15984238
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 天地明察と金環日食 散歩を楽しく/エコライフ・フェ... >>