人気ブログランキング |

散歩を楽しく/猫の浮世絵展覧会

随分前にこのブログで紹介した表参道にある大田記念美術館で「浮世絵猫百景」と題して歌川国芳一門のネコに関係した浮世絵の展覧会が開催されている。
一度見に行こうと思っていたが、あいにくの梅雨で行こうかと思う日は雨であった。ようやく昨日、曇り空ながら雨の心配もないようなので大田記念美術館まで足をのばして来た。
d0183174_9372742.jpg

以前来館したときは、入口で下足した記憶があったが、昨日は下足せずに土足のままでの入場が可能となっていた。その旨の貼紙もされていたが、梅雨どきの処置なのか、今後も継続して行っていくのかは?である。
さて、通常は1階と2階の展示スペースで展示が行われているのだが、今回は地下に第3点時スペースも用意されているとこ、楽しみである。1階から見ていくことにした。まずは猫数匹を描いて文字を表現する浮世絵から展示されていた。たこやかつをの文字が猫を使って見事に描かれているのにビックリである。
歌舞伎役者を猫に見立てて歌舞伎の1シーンを描いたものや、すごろくといった遊び道具にも猫が描かれており、当時の庶民の中での猫の人気の高さにまたまたビックリである。昨今のペットブームは江戸時代にもあったのかと再認識してしまった。
浮世絵に限らず、遊び道具や置物など猫にまつわる装飾品も展示されており、猫好きにはたまらない展示内容であった。7月26日まで開催されているので、猫好きに限らず、ペット大好き人間は一度ご覧あれ!
d0183174_9375861.jpg

地下にはかまわぬの直営店も入っているようで、展示会にあわせて猫を題材とした手ぬぐいを中心に商品を販売していた。こちらも要チェックのようである。

大田記念美術館 → 浮世絵百景 国芳一門ネコづくし
てぬぐい専門店 → 直営店
by motokunnk | 2012-07-15 09:39 | 美術館・博物館・美術 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kmotokun.exblog.jp/tb/16359803
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 今日の代々木公園は ”アラブの春”ではないが、”日... >>