人気ブログランキング |

今年で3回目となるNECのフォーラムを見学して

招待状が届くようになって3回目のNECのユーザーフォーラムである。初回は「はやぶさ」を見にでかけ、2回目は東日本大震災を題材としたテレビ朝日のディレクタの講演を聞いた記憶がある。そして今年は講演会を2つ申し込んでしまった。
d0183174_19215494.jpg

その講演会が今日開催され、会場である東京フォーラムに出向いてきた。講演直近になると招待状が印刷された葉書がとどくのでそれを持参すればわざわざ受付で登録する必要はないので便利である。過去2回と同様に今回も多数の来場者が来ていて、NECの顧客層の広さに感心してしまう。そして今回の特別講演の講師についても幅の広さを感じてしまう。
私が聴講したのは、佐々木則夫氏と池上彰氏の講演である。いずれも有名人で講演自体は満員で別室まで用意されて映像配信で聴講できる部屋も用意されていたようである。講演タイトルは「なでしこ力、その次へ ~世界のトップクラスであり続けるために~」と「米大統領選挙の結果と日本・世界の進路」、特に池上さんの話はタイムリーなネタであった。
池上さんは一昨日までニューヨークにいたそうで、米国での大統領選の様子を小物を紹介しながらわかりやすく説明してくれた。その中でも、ロムニー候補はモルモン教信者であり、モルモン教信者では初めての大統領となること、歴代大統領は一人(ケネディ元大統領はカトリックの信者)を除いて皆、プロテスタントのキリスト教徒だということ、モルモン教信者はソルトレークシティに数多く住んでいることなどを話していた。
そういえば、だいぶ前になるが、会社で英会話を習うことがあり、その先生もモルモン教の信者であったことを思い出した。彼も出身はソルトレークシティだったことを思い出した。また、オバマ大統領が再選されたが、アメリカも日本と同様、立法府はねじれ国会だそうで、財政の崖をどう切り抜けるかが当面の課題だそうだ。なんでも今のままだと来年1月1日からは財政支出を600億ドル削減することが決まっているそうで、そうなってしまうとアメリカ経済が破綻してしまう。それが大統領選以降のニューヨーク株式市場に反映しているという説明をしてくれた。
600億ドル、48兆円規模の財政支出の削減ということは日本経済にも多大の影響を与えることは必至であり、日本政府も何とかしなくてはいけないはずだが、日本は相変わらずの解散はいつかという民主党と自民党のせめぎあい、何とかして欲しいものである。
d0183174_19221588.jpg

話題がセミナーの話だけとなってしまったが、フェア自体は今はやりのクラウド、スマートデバイス、スマートシティ実現の技術紹介など盛りだくさんで、ためになる一日であった。

参考URL → C&Cユーザーフォーラム&iEXPO2012
参考URL → 昨年のブログ記事
by motokunnk | 2012-11-09 19:24 | 最新技術 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kmotokun.exblog.jp/tb/17138517
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< G1連続7週間のはじまり、エリ... 今日は酉の市、今年は会社の近所... >>