人気ブログランキング |

初売りと初詣と箱根駅伝

昨日、ちょっとした買物があり表参道まででかけたが、表参道ヒルズなどは2日から営業開始というショップも多数あり、初売り(福袋)の幟があり、どこもかしこもお正月商戦真っ只中という雰囲気であった。
子どもが小さいときはよく行った「KIDDY LAND」も開店前だったので初売りを目指したお客さんが歩道に並んで開店を待っている状態であった。いつもの表参道に比べると人出はさほど変わらないようにも思えた。お正月といって初詣の神社などと違い爆発的に人が集まるものではないようだ。
d0183174_8343461.jpg

目指す商品は結局なく(なければ困るというものではないので)、隠田神社でお参りして帰宅することにした。キャットストリートを渋谷方面に歩き、ちょっと変わった道標の前にある小路(普通に歩いていると気がつかないような)を曲がりそのまま歩くと隠田神社脇にでる。9月の秋大祭のときは気がつかなかったが、鳥居が新調されて、寄付のお願いがだされていた。いずこも神社新調の時代なのであろうかと思ってしまった。
d0183174_8345323.jpg
d0183174_83596.jpg

帰宅し、こちらも正月定番となっている(私にとってだが)箱根駅伝の実況を見る。今朝の箱根駅伝特集(午前6時から放送されていた)で記憶に残った選手がいた。それは日体大の服部翔太である。日体大といえば昨年は19位に沈み連続シードが途切れた大学である。放送によれば3日の日(駅伝終了後)に、新3年生になる服部に主将がまかされたという。そしてその服部は最愛の父親を直前に癌で亡くすという不幸があったそうだ。その服部翔太率いる日体大が優勝でもしたらドラマになるなあと思いながら駅伝を見ていると、なんと服部は山登りの第五区にエントリーされ、その日体大の順位も2位とトップを狙える順位であった。
山登りはトップの東洋大を追い上げて14km付近で抜き、併走する早稲田大学を振り切って見事な往路優勝! 服部翔太と日体大の夢が実現した瞬間であった。
予選会から出場した大学での往路優勝は神奈川大学以来だそうで、日体大の往路優勝も26年ぶりだそうだ。密かに応援していた青学大は1区の出遅れが響いて6位、復路での巻き返しに期待である。
参考URL → 箱根駅伝公式サイト
参考URL → 読売新聞箱根駅伝サイト
参考URL → 日体大・服部、亡き父に捧ぐ区間賞
by motokunnk | 2013-01-03 08:36 | 街の風景 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kmotokun.exblog.jp/tb/17555045
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< 数々のドラマがあった箱根駅伝 散歩を楽しく/いつもと同じお正月 >>